広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

趣味

2019年4月29日 (月)

ライターの「解体」

息子が就職して、家を出てしばらくした後、息子の部屋を片付けたら、大量のガスライターが出てきた。

40~50個あるだろうか。

そもそも彼がタバコを吸ってたなんて知らなかった。

彼なりに苦労してことがわかり、ちょっと可笑しくなった。

 

それをどう処分するかで困ったが、最初は上手く解体出来ずに、それこそペンチで強引に壊したが、爆発するのではないかと怖くもあった。

ネットで調べて見れば、ガスの吹き出し口の蓋を開けっ放しにし、ガスは空中に放出する方法が載っていた。

ちょっと時間がかかりすぎるのと、

1~2個ならいいが、何十個も並べてガスを放出させると、引火したら、ちょっと大変そうだと思い、やめた。

どうすればいい?

 

作るときと逆にすればいいか?

 

金属の蓋を外し、

ガスのボルト状のプラスチックの栓を逆に回せばいい?

やってみたら上手くいった。

素晴らしい!

08fbb905460049c6babc1622ed40349e

 

ガスライターは極めて精巧に出来ているが、この仕組みを発明した人は凄い。

感心した。

組み立ては家内工業的だろう。

使い捨てライターだから1個100円くらいだったのだろうと推察される。

 

ところがこの仕組みで出来ているのは半分くらいで、

残りはちょっと仕組みが違っていたが、なんとか「解体」したが、

1つだけ解体できず、潰して、ようやくガス抜きをしたのもある。

 

なんだかんだと1時間近くかかってしまった。

 

ガス抜きは、庭に出てやれば、まあまあ安全だが、

原発は爆発するは、取り出した燃料の捨て場はないは、

というのだから恐ろしい。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年4月27日 (土)

紫色の花の咲くハナダイコン

実家の近く、放置されている畑の隅に小さな紫色の花が群生している。

綺麗だ。

妻が「ハナダイコンの花よ。大根の花じゃないわよ」と教えてくれた。

なんでハナダイコンなんてへんな名前がついたんだろう。

6ce65487d9f448eb81f0f4c4320a3ed0

 

昔からの農家なのだろう、

所有する広い畑の一部を市民農園として貸したり、道路に接した部分にはタチアオイ、スイセンの花が咲いたりしている。

咲いている花の種類も年によって違っていたりするから可笑しい。

貸しているのだろうか、土の上に直接数台の車が止まっていたりする。

 

 ハナダイコンは明治初期に渡来した花らしいが、

かなり強い品種で、ほっとけばどんどん増えるとのことだ。

 

私の好きな黄色の花が咲くキショウブも外来種とのことだが、

「観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、明治時代に日本に入ってき、その貴重性から重宝されたが、今では湖沼や河川などへの拡散が問題となっている」とのことだ。

 

外来種だからダメというのでなく、

上手くコントロールすることで、共生できるようにすることはできないのだろうか。

もったいない。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2019年3月22日 (金)

今様の生産緑地

3月も末になってかなり暖かくなってきた。
実家近くの市民農園で作業している人も急に増えた。
かなり遠くから通ってくる人もいるらしい。
妻と娘も、先日来は鍬を買ったり、腐葉土を買ったりと準備し、
今日は天気がいいからと、農園に出かけた。
小さく区切られた畑が30〜40カ所もあり、あちこちで作業をしている。
いつも道で会うと挨拶だけしていた人とも、初めてお話ししたといっている。
鍬の使い方とか、種の蒔き方とか色々教えて貰ったという。
ついでにホウレンソウまで貰ってきた。
孫は鍬を持っても、耕しているのか、踏み固めているのかわからない状態だが、
まあそれはそれで可愛いから、いいか。
市民農園がちょっとした「コミュニティセンター」になっている。
いいことだ。
9a8599286778493185948795a992f9fe


聞けば

「生産緑地としての農地が、数年前にこうして賃貸してもいいように法改正がされたらしい」

という。

農地がすべて建物に埋め尽くされていくのでなく、
こうしてある種の公園として残され、市民の繋がりが生まれていく場となっているのは素晴らしいことだ。
戦後直ぐの頃は庭でトマトを植えたり、ジャガイモつくったりしていたが、
生産緑地だなんて洒落た言葉はなかった。
誰かがいっていた。
元安川


お願い

この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。


広島ブログ

2019年2月14日 (木)

住宅街の小さな、小さなカフェ

小さな、小さなカフェ

トトロの森に接した住宅地に、小さな小さなカフェバーを見つけた。
「イルミナツィオーネ」
カウンター席が2つ、4人掛けのテーブル席が1つ、2人掛けのテーブル席が1つ、
全部で8席しかない。
イタリアのイメージだろうか、お店の中はなかなかシャレている。
棚には私の好きなチンザノ、カンパリが置かれている。
昭和の時代の雰囲気もある。
オーナーは中年の女性。

Fb36d705729c4ef6985b1c5d06a20f7f


散歩は健康にいいともいうし、
頭もスッキリしてくる感じがする。

こんなお店が、散歩の途中にあるとついつい寄りたくなる。
駐車場はない。

コーヒー 350円。
コーヒーを飲みながら、このブログを書いている。
スマホからテザリングで飛ばし、iPadを使っているとあっと言う間に時間が経つ。

スタバとはまったく違うコンセプトの個性的なカフェ・バーだ。
古くて新しいカフェ・バーともいえる。

人生100年時代という。
これからの時代もっと増えそうだ。

長生きも悪くない!


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年12月16日 (日)

断捨離するのは難しい

40~50年くらい前に、お祝いに頂いた置時計を修理に出した。
電池を変えたが動かなかったのだ。
もう10年以上前から止まったままだ。
メーカーはドイツのJUNGHANS。
以前は、時計はまだ家の中心にあり、誰でもがすぐに見られるところに置かれていた。

58ecfe331dad4906abc8de78963c2f00


この置時計の外装はクリスタルグラス、かなり重い。
値段もそこそこはしたはずだ。
今となっては、4000円で買えるスマートウオッチの方がはるかに性能はいい。
時刻が正確なのはもちろん、歩数計も付いているし、電話がかかってきたことも教えてくれる。
それにメチャ軽い。
腕に付けていてもまったく気にならない。

しかし、高級腕時計として評価の高いスイスの時計の輸出額は昨年も増えてているというから面白い。
美術品として価値を認められているということだろう。

先日は、いつのまにかたまってしまっていた腕時計や置時計を15個くらい捨てた。
みんなガラクタばかりで、メルカリで売るのも面倒になるレベルの時計ばかりだ。

カメラもちょっと価値のありそうなニコンやペンタックスのアナログカメラは、
すべて甥にあげてしまった。

この置時計はもらった人も困るだろうし、売れるほどの価値もないと思えるので修理することにした。
贈ってくれた方が、大変お世話になった方なので「記念に残す」ことにしたというわけだ。

先日、修理から戻ってきた。
修理にしては随分と安いなと思っていたら、
駆動部分は丸々日本製に代えられていた。
安いわけだ。
蓋を開けなければ、わからないだろうというわけだろう。

車にしても何にしても、最近は修理といっても、関連する部分をすべて代えてしまうようだ。
言葉通りに解体して、掃除して、具合の悪くなった部品を代える方が技術もいるし、
価格も遥かに高額になりそうだ。

まあそれにしても、断捨離するのは難しい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年12月14日 (金)

皇帝ダリア !

コウテイダリア!

畑の畔に、綺麗な紫色をした大きな花が咲いている。
白から紫のグラデーションがついている。
なんとも優雅な花だ。

花の大きさは15cmくらいもあり、
木のようになった幹の高さは3mくらいはある。
太さは3~5cmくらい、竹のように節がある。

12月のこのシーズンにこんなに大きな花が咲くとは珍しい。
まだ蕾が沢山ついているから当分楽しめそうだ。

E653d548a3b8425e82d295daa1d4e7b2


夏に咲くフヨウのような感じだが、
なんの花か気になって、ネットで調べてみた。
即返事がきた。

「みんなからの回答」と「人工知能」とがあるが、
どうも「コウテイダリア」というらしい。
「木立ダリア」とも、「皇帝ダリア」ともいうらしい。

ウイキペディアによれば、
「山地の植物で、標高1,500-1,700メートルの所に生育する。
塊根を有する多年草。」とのことだ。
だから12月になっても咲くんだろうが、
霜が下りるようになったら枯れるらしい。

こんなところに、コウテイダリアが咲いていることに、今年初めて気がついたが、
植える人が増えたらiいいな。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年8月21日 (火)

抜け殻と亡き骸?

実家の近くを歩いていたら、セミの抜け殻を見つけた。
タイミングよくすぐ近くで、セミの亡き骸?を見つけた。
セミの抜け殻は滅多に見かけないが、
亡き骸は路でよくみかけるが、いつもアリが群がっていて、すぐに消えてなくなる。

Df7f526680984318b05fbe0763c06c80


この抜け殻と亡き骸は何という種類のセミなのかまったく見当もつかない。
セミは幼虫として3〜17年もの間土の中にいて、地上に出て、脱皮して、鳴き始めると1週間程度で死んでしまうといわれているが、実はもうちょっと長く1ヶ月ほどは生きているようだ。

儚い命というのだろうか、
まったく違った人生を楽しめるというのもまた面白いだろうなとも思ったりする。

ウイキペディアには、
「中国では地中から出てきて飛び立つセミは、生き返り、復活の象徴として、セミの姿に彫った装飾品として新石器時代から作られてきた。また、西周ごろには、地位の高い者が亡くなった際にこのような「玉蝉」を口に入れて埋葬し、復活を願う習慣が生まれた」

「日本では、セミは古来より感動と無常観を呼び起こさせ「もののあはれ」の代表だった。終齢幼虫が羽化したセミを現身うつしみと連して考えた」
とも書かれている。

夏も終わりが近づくと、ミーンミーン、ジージー、カナカナといったように色々な鳴き方も増えてくる。

鳴き方が増えてくると夏の終わりを感じるが、
ミーンミーンという鳴くセミの声が聞こえるようになると、アー夏がきたなと感じる。

セミはオーストラリアにもいるのだろうか。

楽しみだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年11月19日 (日)

モンブランの万年筆とボールペンとiPad

最近、音楽はCDより、レコードの方がいいとか、
やっぱりPCより、万年筆の方がいいとかいう類の話をよく聞く。

パソコンを使うようになってから、すっかり字を忘れたと誰もが嘆いている。

銀座の伊東屋に万年筆のモンブランの専用コーナーがオープンしたとのニュースも見たことがある。
妻が「そういえば、私も40年以上前に大学の入学祝いにいただいたモンブランの万年筆がある。
しばらく使ってなかったら、ペン先が固まってしまったけど、修理にだしてみる」
といって、銀座にでたついでに、伊東屋に寄ったという。
ペン先をクリーニングしただけなので無料だったというが、
ペン先を替えると3万円以上だといわれたという。
純正のインクをいれ、早速試し書きしていたが、
そのうち昔の10年日記を取り出し、読み返し、面白いと喜んでいた。

モンブランの万年筆といってもボディは黒で、キャップの頭に白い星印が付いているだけで、これといって特に特徴があるわけでないが、
ペン先は14金とかプラチナ製のようだ。

私は、そんないい万年筆を持ったこともないが、
筆圧が強過ぎるせいか、万年筆は好きになれず、今ではすっかりボールペン派だ。
それもゲルのインクだというuniballのsignoに0.7m/mにすっかり嵌っている。

モンブランのボールペンを2本いただいたことがあるが、2つとも妻にあげてしまった。
聞けば、インクがなくなり、替え芯を探したが、この2本とも替え芯がある種類ではないとのことで、仕方なく、みな捨ててしまったという。
今でもそうかな。

9c2a3e2b5aaf4b7ba2807ee9b62148a2


紙屋町交差点脇にあるオフィス24にいけば、signoは100円/本以下で買えるから、
スーツ、ジャケットのポケット、リュックの中、テーブルの上etc.あちこちに置いてある。

日記はボールペンで書いているが、
このブログはiPadで書いている。

Siriでも書けるが、
両指を動かし、モタモタ打ち込んでいるのが、脳の刺激になってまたいいようだ。

ボールペン、ipad
それぞれに使い分けるのが、それはそれでまた楽しい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


最近は昭和の歌、歌手の石原裕次郎、吉田拓郎etc.が若い人に人気があるようです。
ポピュラーソングのクラシックということなのでしょうね。

投稿: 昭和の歌の会 | 2017年11月19日 (日) 21時10分


昭和の歌の会さま

私はもう全く今の音楽はわかりません。
わかりませんというより、単なる雑音でしかありませんから、
TVに映るとチャンネルを変えてしまいます。
絵や映画等のほかの分野ではそんなことはないのですが、
音楽だけはダメですねー。
だからといって、生活にこまることはありませんから、
それでよしとしています。

投稿: 元安川 | 2017年11月22日 (水) 12時00分

2017年4月23日 (日)

花梅の植え替え

春が近いと知らせてくれる鉢植の梅の花が、今年もきれいに咲いた。
全く手入れもしないので、倒れて、今にも根が抜けそうになっている。
元々盆栽としてあったものだが、
枝も切り、形を整えることもなかったので、あちこちにかってに伸び放題になっている。
それがかえってよかったのか、花だけは素晴らしく綺麗だ。
写真は今年の3月9日に撮ったものだ。

Img_9848

いつも花が咲くと、散ったらきちんと植え替えてやろうと思うが、
花が終わると、次に咲くまで忘れてしまい、いつもそのまま放っておかれてきた。

この梅には実がならない。
盆栽梅には花梅系と実梅系があるとのことだが、
この梅には実はならないから、花梅系ということになるのだろう。
花も5弁花ではなく、花びらも多く、八重桜のように華やかだ。

梅にも花梅系と実梅系があると初めて知った。


10年以上も前、
友人から高さ20cmくらいの小さな盆栽をいただいたのが、
今では60~70cmほどにも大きくなり、盆栽とはいえないようなブサイクな形になってしまったというわだ。

植え替えには花が終わった4、5月がいいとのことで、
今年はようやく、ホームセンターで培養土を買ってきて、
大きな鉢に植え替えた。

さあ、来年はどんな花が咲くのかな、
楽しみだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2016年1月 3日 (日)

ベイビー鉄女+ベイビーカープ女子

男の子は生まれた時から、車、電車が好きで、
女の子は生まれた時から、お人形さん、おままごとが好き
と、思っていた。

それが、 最近は鉄道の好きな女性→鉄女 とか、
女性のトラック野郎→トラガール とかが現れてきた。

広島カープの好きなカープ女子、
なんて言葉も生まれた。

妹の2歳になる赤ちゃんは、なぜか電車が大好きだ。
妻が そんな赤ちゃんためにと、幼児用の木の鉄道模型「BRIO」をプレゼントしたら、もう夢中になって遊んでいる。

Image


スエーデン製と思っていたら、デザインはスエーデン、製作は中国だ。
北欧のデザインらしく色も形もシンプルだ。
客車、貨車、機関車が緑、赤、黄、青、黒に塗りわけられている。
アヒルやブタが乗っている。
トンネルもある。
レゴのように列車やレールをそれぞれ買って、連結していくことができる。
よくできている。
木製の踏切もあるらしい。

赤ちゃんの鉄女→ベイビー鉄女
とでもいうのだろうか。

いずれ
「ベイビー カープガール」になる!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31