広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

育児

2021年10月30日 (土)

わたしの赤ちゃん?

 

小学校2年生の孫娘が椅子を並べてベッドにし、ぬいぐるみ2つに毛布をかけて、寝かしていました。

「1つは熊、もう1つはユニコーン」だそうです。

「ベビーホテルです。わたしの赤ちゃんです。」と、もっともらしいことを言います。

「お年はいくつですか?」と聞けば、

「3さいと4さい。」とのことです。

B57dbc997f464186b272ca4bfec715aa

 

孫娘は「おりょうり」だとか、人の顔を描いて「これはジージ、こっちはバーバ」といっています。

ひたすら生活に密着したお遊びですが、

孫の男の子は車、電車、組み立てるフギュアとかに夢中です。

 

全く遊びが違うのに感心しますが、近づけばもう喧嘩ばかりです。

2人は生まれた時から喧嘩のしっぱなしです。

弟はいつもお姉さんにいじめられていますが、

それでも私がお姉さんを怒っていると、すごい勢いで私に殴りかかってきます。

 

姉弟とはそんなものなんですかね。

 

先日は娘のところの孫と2人で、任天堂のゲームを夢中になって遊んでいました。

 

元気で育ってくれればいいのですが。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2021年10月22日 (金)

「おうさまのおはなし」

 

ダイニングテーブルの上にクリップで綴じた細長い紙の束が置かれていました。

なんと小学校2年生の孫娘が作った絵本です。

左のページにひらがなだけの文字のお話が書かれ、右のページにサインペンで訳のわからい絵が描かれています。

 

孫娘が作った絵本の初めのページを写真に撮ってみました。

7d90e601d6bf4e9f86fa121361079d4c

 

ストーリーは次のようです。

 

 「おうさまのおはなし」

あるところにはじめおうさまがすんでいました。

けらいがふたりいて、おひめさまもいました。

おうさまはけらいがつくったロボットといっしょにおさんぽにいきました。

そしておうさまはおばけやしきにおさんぽにいきました。

おうさまはおしろにかえると、ゆうはんのしたくがしてありました。食べおわったからうみへでかけました。

おうさまはうみであそびました。

おうさまはうみでたくさんあそび、たのしい一日でした。

 

母親は絵本が好きで、図書館から借りてきた絵本を読み聞かせるので、その影響なのでしょうか。

 

なんとなく起承転結があり、ストーリーになっているから驚きます。

 

下の弟は車、組み立てオモチャに夢中です。

 

娘の方の孫娘はクイズ番組が大好きで「東大王」なんてクイズ番組を夢中になって見ているようです。

 

孫と言っても、それぞれに性格、考え方が全く違うのに驚きます。

不思議ですね。

普段はよく一緒に遊んでもいるのに。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2021年7月22日 (木)

梅雨明けと同時セミが鳴き出しました。

 

梅雨明けと同時セミが鳴き出しました。

天気予報を聞いていたかのようです。

 

孫2人と散歩していたら、ドウダンツツジの刈りそろえられた枝葉からちょっと伸びた新芽の先に、孫がセミの抜け殻を見つけました。

もっと近くにいるかなと探したら、なんと6匹の抜け殻を見つけました。

1人の孫は「こわい!」といって触ろうともしませんでした。

確かによく見れば怖くもあります。

Be86aec943fd4e4abcd50a13f6d48480

 

それならまだまだありそうだと、歩きながら探したのですが、

そうはいかず、抜け殻があったのはそのゾーンだけでした。

 

我が家のあたりで今の時期に鳴くセミはミーンミーンと暑苦しく鳴くミンミンゼミだけのようです。

https://www.kodomonokagaku.com/magazine/cicada.php

夏の深まりとともに、また秋が近づくと鳴くセミの種類も変わってくるのはまた面白いです。

 

先週は階段でカタツムリを見つけましたが、

梅雨が過ぎたらいつの間にかどこかに消えていました。

 

孫との散歩もなかなか面白いもんです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2021年5月23日 (日)

雨の中、孫の遊びに付き合わされました

 

雨が降っているのに、「お友達と公園で待ち合わせしているから」という孫に付き合わされました。

 

 お友達の女の子と2人で石のテーブルの上にペタンと座り、傘をさして、その下で、ゲームを始めました。

69f1055f4cc64eeb84cce57d8c4a1e80

セミ、鳥のカードをばらまき、

1枚のカードを小さなケースに入れると、

「いっしょにあそぼう」

「このなきごえなーんだ」

という声でゲームが始まります。

 

例えば、

「ほーほけきょ ほーほけきょ」と鳥の鳴き声がします。

 

広げられたカードから「うぐいす」というカードを見つけて、ケースに入れると

「せいかい」

という声がし、次のカードに移れます。

 

カードの裏にはひらがなで、

「はると なつは ホーホケキョと泣きますが、

あきとふゆはチャッチャッとなくきます」

とひらがなで書かれています。

 

鳥やセミがどんな声で鳴くのか覚えていないとゲームはできません。

なかなか良くできているゲームです。

 

ベネッセから毎月送られてくる資料の付属として付いてきたとのことです。

器具そのものにはどこにも名称が書かれていませんので、なんという名前のゲームかわかりません。

しかし付属資料でこれだけ高度な内容になっているのには驚きます。

それをまた、8歳の子どもがいとも容易に使いこなしているのにも驚きます。

 

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2021年4月 1日 (木)

財布にやさしいオモチャ

 

3階のロフトは、孫達のオモチャで溢れています。

誕生日、入園式・・・というとオーストラリアからもお祝いのオモチャが送られて来ます。

オーストラリアではオモチャは作っていないのでしょう、

made in chinaが多いのですが、

中にはmade in germanyとか designed in bangkok & Parisとかもあります。

 

男の子の孫は車と鉄道にしか興味を示しません。

組み立てたり、動かしたりして、夢中になって遊んでいます。

 

ママに買ってもらったのでしょうか、昨日買ってきたのは、

2.5cmほどのゴムの車輪を、ビニールのバンドとプラスチックのねじで留める3角ドライバーがついています。

たったそれだけのことですが、孫にとっては面白いようです。

幼児用のドライバーは先が3角形になっています。

よく考えられています。

 

プラスチックの先についたハンドルを操作すればモノをつかめる工具。

大好きなハシゴ消防車もあります。

73cb2701d58240fdbb98275da3af1ab7

 

どれも皆100円ショップで買ったモノです。

たった100円でよくもこれだけ精巧で、アイデアに富んだものを作るとは感動的です。

でも、これらには生産国も書いてありません。

何も書かれていませんから、のっぺらぼうです。

 

私の息子が幼い頃バーバから買ってもらったミニカーをある瞬間にスパッと興味を失いました。

仕方なく妻の友人の子にあげてしまいましたが、

孫もそうなるのでしょうか。

 

made in germanyと書かれた車のオモチャは、彫刻、芸術作品となるくらい素晴らしい出来です。

棚に飾って置きたいと思います。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2021年2月22日 (月)

これもジェンダーフリー?

 

久しぶりに孫を連れて近くの公園に遊びにいきました。

2月も半ばを過ぎると随分と暖かくなります。

そのせいか、この日は随分と子供達が多く、袋町公園くらいの大きさなのに20名以上の子供たちが集まっています。

追いかけっこをしたり、ブランコに乗ったりしていましたが、

そのうちの1人の女子が、持ってきた可愛らしいソックスを皆に配り、はさみで穴を開け、その穴から指を出して「うさぎ!」といって、はしゃいでいました。

大きくなって、履けなくなったソックスに、色々細工をしているようです。

このグループは、幼稚園から小学校の2年生くらいまでの女の子のようです。

E05f265f426e41e19c86255394b43ba1

男の子は男の子だけで走り回ったりして、別のグループを作っていました。

 

「男女7歳にして、席を同じゅうせず」という言葉がありましたが、

3~4歳の幼稚園の頃から男の子と女の子はそれぞれのグループを作って、遊んでいました。

 

これもジェンダーフリー?

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2020年8月 2日 (日)

孫娘のカブトムシ狩り

近所に住む婿に、小学1年生の娘さんと一緒に、息子の娘がカブトムシ狩りに誘われました。

頭にヘッドライトをつけて、網を持って、長靴を履いて、手袋をして、夜の8時頃、迎えにきてくれました。

あんなに虫が嫌いなのにいそいそと出かけて行きました。

 

カブトムシは夜行性なので、捕まえるのは夜がいいのだそうです。

1時間くらいして帰ってきたら、虫籠の中には5匹もいました。

すごーい。

孫娘の作曲作詞のゾンビの歌を歌いながら、帰ってきたそうです。

44830106d2fe45aba79cdfee2832a243

オスの方がメスよりもちょっと大きく、ツノも堂々としています。

体長3cm+ツノ2cmくらいもあります。

ツノのないメスは普通の虫という感じですが、堂々としたツノがついてると、何か雄々しくあり、立派です。

 

以前我が家のコナラが枯れる頃に樹液が大量に出てきた時に、カブトムシが数匹集まってきたのはびっくりしましたが、そんな樹液を求めて集まってくるようです。

 

3匹はすぐ庭に離しましたが残りの2匹は虫籠に入れて買うことにしました。

 

翌日100円ショップでカブトムシ用の餌、プラスチックの箱、おがくずを買ってきました。

ちょっとしたことは何でも100円ショップで済みますから大助かりです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2016年10月19日 (水)

七五三とお宮参りとお食い始めとデータ

娘夫婦の女の子がもうすぐ3歳になるが、先月双子の赤ちゃんも生まれた。
婿の両親が広島から来てくれ、
実家近くの神明社で七五三とお宮参りをし、
記念の写真をその近くの写真館で撮り、
その後、130年続くという割烹三好で双子の赤ちゃんのお食い初めをした。

Img_8959


まあ忙しかった。
3歳になる女の子に着物を着せるだけでも大変だったが、
神社では途中で泣き出すし、
写真を撮るときには双子ちゃんはちゃんと正面を向いてくれないはで、
すっかり疲れてしまった。

写真はプリントしたアルバムとしてではなく、
データでもらうようにしたら8万円だったという。

いい金額だが、これなら広島の両親にも簡単に送れるし、保存も容易だ。
以前は写真館がデータでくれるなんてことはなかったが、これも時代の変化だろう。

来週は息子の家の女の子の七五三だ。

しかし親族一同が顔をあわせるのは、こうしたことでもないと会うことはない。

この後は入学式、卒業式、成人式・・・
そして還暦、古希・・・
と様々のイベントがある。

息子のオーストラリア人の嫁さんに聞けば、
オーストラリアには入学式、卒業式はあるが、
お宮参り、七五三なんてイベントはないという。
それがまた日本で住むことの面白さらしい。

神社では黒人との混血の子、白人との混血の子と、見かけた。
中国、韓国、台湾等との混血は、それとわからないだけで多分相当にいるのだろうと思われる。

グローバル化は、こうした日常の生活のレベルで、確実に進んでいるようだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2016年10月 1日 (土)

病気と闘う 子供たちの笑顔のために

「最近マックが変わったよ。
美味くなったし、お店も綺麗になったし、安いメニューもあるよ」
といわれ、友人に誘われ、マックにいった。

私はバリューランチコンビのビッグマック+コーラS→400円を注文。

友人はバリューランチセットのテリヤキマックバーガー+ポテトM+コーヒー→550円を注文し、
お釣りの50円を、レジの脇に置かれていた透明のプラスチックの箱に入れた。

最近あちこちのお店でお釣りを寄付してくださいと呼びかけるこうした募金箱を見かけるが、
お釣りをちゃんと入れているのは、初めて見た。

募金箱は、
20cm角の四角い透明の箱の上蓋には赤く家の形が縁取りされ、
そこに可愛い子供の写真が貼られ、
「病気と闘う 子供たちの笑顔のために」
ドナルド・マクドナルド・ハウスと書かれている。

Image


ハンバーグを食べながら、
ドナルド・マクドナルド・ハウスって何?
と聞けば、
「難病で入院している子供を持つ親が、病院の近くに寝泊まりできるような施設を、マクドナルドが寄付して作った。
それをロナルド・マクドナルド・ハウスという」のだと教えてくれた。

難病の子供のために、夜も家に帰らず、
ベッドの脇に仮眠用の小さな布団を持ち込み過ごす人もいるのだという。
そんな人のために、病院の敷地内に安く泊まれる施設をマックが寄付を集めて作ったということのようだ。

改めて調べてみると、
日本では東京大学病院脇にあるマクドナルドハウス等11ヶ所あり、
2015年5月現在、世界38ヶ国に347ヶ所のハウスあるとのことだ。
http://www.dmhcj.or.jp
基本セルフサービスで、1,000円くらいで泊まれるらしいが、
運営はすべてボランティアに支えられているとのことだ。

こうした施設は、国が作ればいいとも思うが、
こうして人々の好意でできると、
難病の人々にとっては、人の暖かさ、温もりを感じることができ、
国で作った施設とは違う意味を持ってくるように感じる。

ロナルド・マクドナルド・ハウスは、まだ広島にはないということだが、
それなら、広島青年会議所等が呼びかけて、
樽募金で、広島市民の力で作ったらいい。

元安川

安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2015年10月15日 (木)

天才だ!

今年は梶田さんと大村さんがノーベル賞を受賞した。
今回の受賞で、努力も才能だというのが、よくわかった。

赤ちゃんは日ごとに大きくなり、
ハイハイをするようになり、
そして歩き始め、
そして自分の意思をきちんと表現するようになり、
iPhoneに興味を示し、いじり始める。
表情も豊かになり、日本語らしき言葉を喋り始める。
そうした変化する姿を眼にしていると、
「この子は、もしかしたら、天才かもしれない?
ノーベル賞をもらえるかもしれない?」
なんて思えてくる。
???

Image


友人の女性は
「うちの子は、赤ん坊の時は天才だと思ったんよ。
それが小学校に上がったら、なーんだ普通の子じゃないかというのがわかったんよ。
もっと大きくなったら、バカだというのがわかったんよ」
なんていっていた。

ある先輩は、
「孫は、俺のDNAを受け継いだ。
これで俺は、人生を3回楽しめることになった」
なんていって、脂下がっていた。
???

彼のDNAじゃたかが知れている。
!?!

子供を持つ、孫を持つって、
そんなもんかね。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31