広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

経済・政治・国際

2018年6月15日 (金)

契約書は破るために作る!

日経新聞の13日の朝刊に、米朝共同声明のポイントとして次の5点が載っていた。
○金正恩委員長は朝鮮半島の完全非核化を約束
○トランプ米大統領は北朝鮮の体制保証を約束
○朝鮮半島で持続的な平和体制を築くため努力
○何十年にもわたる緊張状態や敵対関係を克服する上で大きな意義
○成果実行へ米朝高官で交渉継続

たしかに極めて抽象的だ。
完全非核化のプロセスは書かれていないし、朝鮮戦争終結宣言も載っていない。
拉致の話も書かれていない。
具体的な話は何も書かれていない。
だから失敗だというのは、ちょっと違うように思う。

喧嘩をしていた当事者が戦後初めて会ったというだけでも、極めて評価されるべきだと思うが、
じゃ、これから両者の関係がどうなうるのかというのが問題のように思う。

それには、これは不動産屋のボスとヤクザの親分の会談だと思えば分かりやすように思う。

昔勤務していた大手の不動産会社の大先輩が
「契約書なんてのはな、破るために作るんだ。
破らないことがはっきりしてことなんて、契約書には書かない」
といっていた。
その時はびくりしたが、確かにそうだろうなと、最近は思うようになった。

ボスと親分の会談だから、基本的な方向性だけ示せればいい。
後は事務方が詳細を詰め、その内容でOKとなれば、その時に改めて契約書を結べばいいのだ。
その日が7月◯日ということなのだろう。

ここまで来るためには朝鮮半島の非核化、北朝鮮の体制保証についてはおおよその目処はつけられているようだ。
不動産屋とヤクザにすれば、その商品を売買するためのお金はどうするんだというのが、最大のポイントだろうが、それについては「日本と韓国に計2兆円を負担させる」ことでほぼ話が付いているようだ。

この取引を完全に履行するにはどうするかなんてのは、2人にとっては、
そんなのは技術的な話だ、
「おまえら、ちゃんとやっとけよ」というレベルの話だろう。


戦争を始めた当初にあった共産主義への恐怖感も今はない。
うまくいかなければ、最初からやり直せばいいというのが、2人の共通の理解のように思う。

何しろ今回の契約書には、向かうべき方向だけが示されているのだ。

つまんなく正義を振りかざすのでなく、
ディール、取引の話として、見て行くと極めて分かりやすいように思うが、
さあどうだろうか。


元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


今回の米超会議は、核攻撃される可能性がでてきたアメリカと、アメリカに攻撃され体制の崩壊を逃れたい北朝鮮との思惑が一致したから行われたと思います。
いままでは朝鮮半島の非核化でしたが、今回は北朝鮮がとなっていることがアメリカの望みを叶えていますね。
だから、北朝鮮の非核かと長距離ミサイルの破棄することでアメリが核攻撃されない、アメリカは侵攻して体制を崩壊させないことさえ決まれば良い会議だと思います。二国間なんですから。
朝鮮戦争の終決は、韓国と北朝鮮がやることで、オブザーバーとしてアメリカと中国が加わることで決まると思います。
核廃絶の具体的なプロセスと言われていますが、北朝鮮の各施設がどのようなのか、核兵器を作るための機器がどうなのか、また核爆弾は何発あり、一つ解除するのにどれくらい日数がかかるかわからないのに無理ですね。それと核開発の研究者や技術者をどうすのかも重要です。
条約なら、お互いの実務者が時間をかけて話し合いその結果をその国の首長がサインして締結するから具体的なものなるのでしょうが、今回は方向を決めて、後は実務者が具体的な話し合いをするだけですね。
今回、アメリが会議を了承せずに経済的な圧力を加え続けたなら、最後の手段として北朝鮮が大陸間弾道核ミサイルをアメリカに一か八か打ち上げていたかもしれませんね。そうなれば世界で二番目に核攻撃を受けた国となりアメリカは屈辱を味わったでしょう。または、アメリカに敵対するテロ組織に核爆弾を売ったかもしれませんね。こちらはよりアメリカが核攻撃される可能性が高いでしょうね。
今回の会議では色々と批判している人は多いですが、すくなくとも今までに決めたことよりも平和に近づいたと思います。北朝鮮は、長年の希望が叶ったのですからね。

投稿: やんじ | 2018年6月15日 (金) 04時48分


これで6カ国協議のトップで金正恩と会ってないのは安倍だけになったのに未だに安倍支持の保守層には米朝会談すら安倍の成果だと言う連中がいるのには呆れる。しかし従来はリベラルに反トランプが多く保守にトランプ支持が多かった日本だが会談後はまだ一部だがリベラルはトランプを評価し保守には反トランプが増えた。会見では人権問題で突っ込まれたトランプが何千万人(本当は何百万人だと思うが)の命が失われる戦争が回避できたと言ったが確かにその成果は小さくない。金がかかるから合同演習も止めるというのはトランプらしいがいいことだ。日本政府にも金がかかる武器の購入はやめてもらいたいものだ。

投稿: 現実派 | 2018年6月15日 (金) 08時40分


やんじさま

会談後に、トランプ大統領は1時間もの記者会見をしたことにも伺えるように、
トランプ大統領は相当に満足しているのでしょうね。
まあ話している間は戦争にならないでしょうから、よしとしましょう。
裏切られたと思った時が、厄介ですが。

投稿: 元安川 | 2018年6月15日 (金) 12時26分


現実派さま

米韓合同演習に限らず、アメリカは韓国、日本からの撤退をかんがえているようですね。
その隙に中国は進出を考えているようです。
大きことはいいことだ、というコンセプトはそろそろ限界でしょうね。
お金で済むことは、どんどんそうすればいいようにも思います。

投稿: 元安川 | 2018年6月15日 (金) 12時35分


君子豹変す。
トランプ大統領も金正恩委員長も君子ですね。
さて我が国の首相は?

投稿: 凡人 | 2018年6月15日 (金) 16時07分


凡人さま

君子には「志」があると思うのですが。
金委員長、トランプ大統領、そして安倍総理にも、
「志」があるとは、思えませんね。

投稿: 元安川 | 2018年6月15日 (金) 18時48分


もともと日本は米国のサイフでしたが安倍さんが首相になってからは世界のサイフですね。米朝問題も最後は日本のカネですから、蚊帳の外の日本が一人負けという結果ではないでしょうか。消費税の増税分も気前よく世界にばらまかれるのでしょうね。まぁ戦争になるよりマシですけど。

投稿: 銀行員 | 2018年6月15日 (金) 20時38分


不動産屋でもヤクザでもトップになるにはそれなりの能力が必要だと思います。トランプさんは何度も失敗もし運も大きかったと思うものの、金正恩は26歳で国のトップになったのは成り行きとしても僅か10年で年齢も倍で、国の規模も軍事力もそれどころではない相手に対してあれだけの交渉ができたわけで、単純にスゲーっと感心しています。
同じ30半ばでフリーターの息子に爪の垢でも煎じて飲ませたいものですよ。

投稿: オヤジ | 2018年6月15日 (金) 20時50分


私が今回の米朝首脳会談が期待できると感じるのは金正恩氏がまだ若いということです。数年後が老後という世代ではなく、今後20年、30年が重要となる世代ですから、その時代に向かうことを考えれば、何がベターかということははっきりとしており、その方向に向かうだろうことが期待できるからです。

投稿: 老人 | 2018年6月16日 (土) 09時29分


銀行員さま

「稼いだ金は寄付する」
と思えば、我慢できますね。
世のため、人のためと言えるように使って欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年6月16日 (土) 11時06分


オヤジさま

北朝鮮のやっていることは、戦前の日本を思えば、他人事とは思えませんね。
フリーター、私の若い頃を思えば、これまた他人事ではありません。
そうしたことが少しでもなくなっていって欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年6月16日 (土) 11時13分


老人さま

老人は老人なりに、自分の子供、孫にはこんなことは経験させたくないと思うのではないでしょうか。
インターネット時代の凄さに期待したいですね。

投稿: 元安川 | 2018年6月16日 (土) 11時19分

2018年4月11日 (水)

モリの次はカケですが

Kake

急遽、カケ問題についてのリクエストを受けたのですが、うまくまとまらないので、半世紀以上前のことを書きます。

私の身内に公立高校へ裏口入学した女性がいます。それを請け負ったのは市議会議員ですが、その女性の父親と政治家の間には、そのことに対する直接的な金銭の授受や依頼は全くなかった、と言います。その合意は世間話の中で、お互にに忖度して成立したことで、そして、そのツケは長い付き合いの中で、支払われるもので、決して検察にも立件不可能だったということです。

Waru

当時、広島市には「裏の市長」と呼ばれ、日本一長い議員として勲章までもらい、獄中当選という「偉業」までなした「実力派」の議員がいましたが、小学生の私も、その議員から直接「イヤな先生がいたらいつでも言いなさい、次の日には替えてあげるから」と言われたことがあります。事実その議員と対立する議員の支援者の前の道路はいつまでも舗装されなかったり、その議員の孫の担任は常に市内でもトップクラスの教員でした。

あるいは、その議員から「政治家より子どもを優先する」と言って反感を買い、「わしの目の黒いうちは校長になれんぞ」と言われた教師は、本当にその議員が亡くなった翌年まで校長になることはありませんでした。

そういう議員を選ぶ社会も問題ですが、私が何より問題だと思うのは、裏口入学のような不正ができるという仕組みです。

おそらく将来的にはAIが入試問題を作り、AIが採点をして合否まで決める、いや、それどころかブラックカードのインビテーションのように、試験などしなくても、自動的にAIが選ぶ時代になるかも知れません。そうなれば不正の余地はなくなるとは思いますが、その前にやるべきことも多くあると思います。

広島市は秋葉忠利広島市長の12年間に不正のできにくい制度改革が行われ、町内会などでは「昔のように力のある議員がいなくなった」と言われましたが、そうした制度改革こそ必要だと思います。

責任追求ももちろんですが、そればかりが先行しているように感じますし、誰もが政局しか気にしていないように思えて仕方ありません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


朝日の記事も、それを伝えるメディアの報道も印象操作にしか思えないが、このブログ記事の写真の使い方もまさに印象操作ではないか。

投稿: 銀蔵 | 2018年4月11日 (水) 08時34分


銀蔵さん

忖度ありがとうございます。

投稿: 工場長 | 2018年4月11日 (水) 08時43分


粋なカケの調理法ですね。

投稿: そば | 2018年4月11日 (水) 10時23分


そばさん

FacebookのCEO(最高経営責任者)であるZuckerberg氏がユーザー情報の扱いで、米国上院の公聴会で証言しましたが、彼は「私がFacebookを開設し、運営しているため、そこで起きたことの責任は私にある」と明確に自身の責任を認めて謝罪し、事実の解明や再発防止に関しても全面的な協力と努力をすることを表明しました。

その上で、更に会社組織としての責任も認め「より広い範囲に及ぶ哲学的変革を進めている」と述べています。

こうした責任者の姿勢を日本の政治家や役人に求めることはできないのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2018年4月11日 (水) 10時51分


ケント・ギルバート氏は今朝の番組で、「忖度は良いこと、口利きするのは政治家の仕事、特区だから首相案件は当たり前、これが悪いという野党の主張は民主主義の否定だ」と怒っていましたよ。

投稿: ケンコ | 2018年4月11日 (水) 11時22分


ケンコさん

「今朝の番組」は、BPO(放送倫理・番組向上機構)から「重大な放送倫理違反があった」と結論づけられた番組(ニュース女子)を制作したDHCテレビが制作・公開しているネット番組「虎ノ門ニュース」だと思いますが、これらの番組の影響で若者の右傾化が進んでいるとも言われています。

一つ一つの理由は正しいことであっても、結論には飛躍がありますが、多くの人はそれで簡単に騙せる、というのは私が詐欺事件をみる度に感じることです。

投稿: 工場長 | 2018年4月11日 (水) 11時36分

2018年4月 9日 (月)

森友問題について

先日のコメントで「森友問題」についてのリクエストがありましたので、私が感じていることを書いてみたいと思います。

まず、森友問題に関して、問題とされている主なことは、国有財産の売却に関する大幅な値引きと、財務省による公文書の改ざんですが、正直なところ、野党は事実の究明や再発防止対策より、政局=安倍退陣が目的になっているようにみえますし、与党も佐川氏の証人喚問の質問が象徴的であったように「安倍夫妻の関与がない」ことしか明らかにする気はないとしか思えません。

与党側に立つ人たちは、こうした値引きが決して珍しいことではない、と言いますが、確かにその通りであり、だからこそ大きな問題であるという認識はないようです。そうした人たちは国は借金以上の資産があるのだから財政規律に問題ないと言いますが、実は大幅な値引きをしないと売れないような資産であり、簿価は信用できないということなのです。

また、大幅な値引きの根拠である深い場所にあるはずのゴミが、実はなかったということがやっと表に出てきましたが、これは会計検査院も指摘していたことであり、それ以前に関係者が亡くなっていることからも一年前でも容易に想像できたことです。

更に公文書の改ざん問題でも、テレビに出ている元官僚の人たちが「公文書の書き換えなどありえない」と言っていることも正確ではなく、今回のように「明らかにバレるような書き換え」あるいは「問題にされるような書き換えはしない」というだけのことで、それほど稀有なことでもなく、それも土地の値引きと同様によくあるだけに抜本的な解決策が必要なのです。

国会で行われていることは、事実の解明にも、再発防止にも、程遠いという印象しか受けません。

それから、籠池夫妻が長期勾留されていることについても誤解があると思います。これをまるで政権による口封じだと主張する向きもありますが、残念ながら、北村弁護士も書かれているように、この国では決して珍しいことでもなく、そのことは国連の人権委員会にも指摘され、改善されるべきことですが、この件に関連しているからとは言えないことです。

森友問題に関しては、むしろ、大阪地検は繰り返されるリークから考えても、決して政権に忖度しておらず、籠池夫妻の長期勾留は、むしろ、これ以上の死者を出さないように保護している、という憶測すらあります。

また、籠池夫妻が勾留されているのは、森友問題ではなく、幼稚園の補助金に関わることであり、通常なら、よほど悪質でもなければ、逮捕・勾留ではなく「指導」で終わるようなことだということも、正確に報じられておらず、誤った認識を持っている人も多くいます。

いずれにしても、政権の圧力がなくても行われている長期勾留だからこそ、これも抜本的な対策が必要なのですが、これも政権批判にしか使われていないように感じます。

以下は、葛飾区議会議員の立花孝志氏の解説する森友事件の真相です。
十分なエビデンスがあるとは言えませんが、大きくは外れてはいないとも思います。

葛飾区議会議員の立花孝志
https://www.youtube.com/watch?v=yU68EsAj39A

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


そもそも忖度があったとしても忖度した方が悪いだけで忖度された方は悪くないですよね。それに犯罪であれば検察も動いているわけだしいつまでも国会でやっていることの方が8億円どころじゃない国の損失だと思います。

投稿: 60代主婦 | 2018年4月 9日 (月) 10時43分


60代主婦さん

忖度=他人の心中をおしはかること。推察。(株式会社岩波書店 広辞苑第六版)は、私の苦手なことですが、一般的には、組織においてだけでなく、社会生活でも大切なことだと思います。

ただし、上官の命令は絶対的なものだと言われる軍隊でさえ、米軍の司令官が「大統領の命令であっても違法なら拒否する」と言ったように、法治国家ですから、命令でも指示でもない忖度などで法を犯すということはあってはならないことです。

また、今回の問題の発端は国家予算からみると僅か8億円で、これを「年収300万円の人が100円騙されたと大騒ぎしている」と解説している著名な学者もいますが、私が本文で書いているように、決して珍しくないことであり、そこから派生した公文書の改ざんや隠蔽も、決して稀有なことではない、ということが大きな問題だと思います。

さらに、今回は大阪地検からのリークが続いているように、違法行為として検察にできることにも限りがあり、そこは国会で審議すべきだと思いますが、時間の制約もありますし、野党の攻め方にも違和感があります。もっと違う形の調査委員会などで徹底的に行うべきだと思います。

投稿: 工場長 | 2018年4月 9日 (月) 11時00分


方や軍隊でさえ命令より法律が優先するのに、某国では忖度如きで犯罪に手を染めるという違いは何なのでしょうか?

投稿: 高齢者 | 2018年4月10日 (火) 06時22分


逮捕者がでているので、森友問題でなく森友事件ですね。
これは行政が主導した三流の詐欺事件だと思います。
ゴミの値引きの根拠となる資料が行政側には無いようですね。
ゴミの存在を示す写真さえ持っていなかった。
行政の人間が、現場でゴミを確認していたのなら、通常なら証拠となるために立会人とゴミとその深さを示す尺が写った写真があるべきです。立会写真が。それもない。
つまり値引きの根拠となる資料が全くない。
それにゴミが多量に埋まっていたのなら、建設前に地盤調査でわかると思います。
もし仮にたまたまわからなかったとしても、地中深くまでゴミがあったのなら、建物の支持杭の設計変更も必要でしょうが、それもしてないようだし、設計変更したのならその賠償金の請求もないようですし。すべてが、デタラメです。
値引き金額が先にあり、そのための根拠を捏造しただけです。
こんなことは最初に問題になったときにわかりきっていたことだと思います。
安部首相の関与ばかりを野党は追求していますが、本来は行政職員の背任とか詐欺ですね。
首相夫人は、首相夫人という肩書の影響力を分かったいなくっての言動なら、軽薄なバカ女ですね。でも、影響力を知っていながらの言動だと思いますから、自分の力の誇示と自尊心を満足するために利用していたとしたら、日本史上最悪の総理夫人ということになりますね。
内閣総理大臣夫人という肩書を利用した籠池氏とそれに翻弄して詐欺行為を働いた行政職員、そして肩書の巨大な影響力を自己満足のために使った総理夫人が関わった事件ですね。

投稿: やんじ | 2018年4月10日 (火) 13時49分


高齢者さん

憲法違反があると、憲法に合わせるのではなく、憲法を違反状態に合わせようとする国、公共より身内を守ることが道義だとする社会に問題があるのかも知れません。

投稿: 工場長 | 2018年4月10日 (火) 22時50分


やんじさん

同じような問題が次々に露呈していますが、今度はカケですね。

投稿: 工場長 | 2018年4月10日 (火) 22時51分

2018年3月 2日 (金)

数字は嘘をつかないが、嘘つきは数字を使う

「数字は嘘をつかないが、嘘つきは数字を使う」という言葉があります。

例えば、表現の問題では、この冬季オリンピックで使われた「過去最高のメダル数」も、競技数の増加からすると、必ずしも「最高」といえるかどうかは微妙ですし、同様に災害時によく使われる「かつて経験のない」とか「観測史上最大」という表現も、人類の何十万年もの歴史どころか千年くらいの中でも頻繁に起きていることも少なくなく、単に20年前からのアメダスの観測史上だったりします。

あるいは、相関関係では、現実に相関因子が1つだけということは現実にはないことですが、それを複雑に絡む原因の影響を統計学的に処理せずに、小学生の作るようなグラフでは、ポリオの原因がアイスクリームになったり、原因と結果を取り違えるようなことまで起こります。

また、アンケートで、よく引き合いに出されるのは米国の銃規制の問題ですが、
銃規制に賛成する側の作るデータでは、米国民の3/4が銃規制に賛成し、
銃規制に反対する側の作るデータでは、米国民の3/4が銃規制に反対になり、
要するに、質問の仕方や回答の選択肢などで、簡単に操作されてしまうということになります。

それにしても、今、国会で問題になっている、裁量労働制に関する議論で持ち出されたデータは杜撰過ぎました。

一日の残業時間が24時間を超えるようなあり得ないデータが何百件も発見されたということですが、私が30年前に作ったようなパソコンのプログラムでさえも、そんなことは起こりえません。当然、異常値として入力できないのが当たり前ですし、処理の時にも当然にチェックされます。

さらに、統計的に平均値などを求める場合は、ありえる値であっても、極端な値は排除する、ということも基本中の基本です。

この裁量労働制についての議論は、どちらも論点がずれているように感じていますが、一体、政府がこの調査にどれほどの税金を使ったのか分からないものの、これほど杜撰な資料が出来くること事態が大きな問題です。

これが政府の答弁通り「わざとじゃない」とすれば、それこそ大問題で、政府のデータは全て信用できない、ということになります。

ただ、世の中には裏の裏があるものです。
この国会で、もっと本質的な議論が行われず、このデータ不備のことばかりが報道され、野党の質問が重箱の隅をつつくようにしか見えず、挙句に法案が成立したとすると、見事な作戦です。

日本の官僚は一流大学を出た優秀な頭脳の持ち主が集まっています。まさか小学生のような間違いをするとは思えません。きっと考え抜かれた作戦に違いないと思うわけです。

2018022600026749houdouk0001view

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


Y=aX1+bX2+cX3・・・
というように、説明変数はいくらでも増やしたり、減らしたり、差し替え可能ですからね。
都合のいいように、選択できます。
数字を操る人ほど信用ができないというのは確かですね。
でもデジタル社会はその数字で成り立っているというのが、また厄介ですね。

投稿: ヘンスウ | 2018年3月 2日 (金) 14時36分


ヘンスウさん

そこで、秋葉市長時代に作られた広島型教育の「言語・数理運用科」のような科目が必要になってくるのだと思います。

投稿: 工場長 | 2018年3月 3日 (土) 09時27分


世論調査も似たようなものですね。質問を曖昧にすれば答えを誘導できますからね。
今回の数字は、官僚の巧妙な罠というより、独裁政権になればなるほど、世の中に貧富の差が生まれるように、官僚の世界にも優遇されるものとそうじゃなくなる者の差が大きくなるのではないでしょうか。
官僚の出世の道が独裁者により限られたなら、当然に反逆する人が出てくるのかなと思います。「私より劣るあんな奴が出世して」と思う官僚も少なくないでしょうね。

投稿: やんじ | 2018年3月 3日 (土) 14時47分


やんじさん

廃棄した(隠しておいた)はずの資料が出てきたりするのは、そういうことなのかも知れませんね。

投稿: 工場長 | 2018年3月 3日 (土) 15時24分

2018年2月27日 (火)

複合ビル化の勧め

2月13日の産経新聞に、奈良県橿原市は市役所とホテルの複合ビルをオープンしたと載っていた。
http://www.sankei.com/west/news/180213/wst1802130030-n1.html

東京豊島区が新区役所をマンションと合築することで、税金を一銭も使わずに建てたと話題になったが、
広島県庁も同様のことを考えたらどうだろうか。

広島県庁ビルは、近代建築の代表作でもあり、評価も高いが、
何しろ竣工が1956年4月というから、もう72年も前の建物だ。
老朽化が激しいだけでなく、耐震性にも問題があるとして、その建て替えは、これまでも何度も議論されてきたが、資金的な問題、移転先等の問題が解けずに今に至っているようだ。

県庁は、本館、南館、北館、東館、税務庁舎、農林庁舎、議会棟といくつにも分かれている。
グーグルアースで見ると、その敷地は思った以上に広いのに、驚く。

7f9c6742133f4a86b7173affbd3ff906


2020年にはインバウンドは4000万人を越えようかとい言っている。
広島としても、bnbのような民泊も大幅に増やす必要があるだろうが、
パークハイアットのような世界的レベルのホテルも欲しい。

この際、
藤原京の歴史もあるという橿原市が観光客を誘致しようと市役所とホテルと合築したように、
東京ガスが本社ビルの上にホテル パークハイアットを作ったように、
県庁ビルを建て替え、
上層階に、ホテルパークハイアットクラスのホテルを誘致したらどうだろうか。
低層階には、コンビニ、スタバ、そしてレストラン、店舗があってもいいだろう。

広島商工会議所ビルも移転を検討しているという。
そうした類のオフィスも積極的に受け入れたらいい。

最近は事務所ビルの区分所有も始まっているという。

容積率だって大幅に緩和し、
民間の施設を大規模に取り込むことで、
建設資金の調達も、様々な手法が考えられるだろうと思う。

県庁の敷地に大きな集客力をもった施設ができることは、
地盤沈下が続く紙屋町、八丁堀地区にとっては、大きく貢献する事でもあるだろうと思う。

県庁は県庁だけの単一機能のビルでなけれならないという拘りから脱皮することが、
まずは必要なことではないだろうか。


工事中の仮設の県庁にしても、
あれだけ広い敷地だ。
工程的にやりくりすれば、なんとかなるだろうと思われる。

県庁には、一般市民、県民は意外といかない。
私もこの数十年間行ったことがない。
区役所には年に1〜2度は行っている。
県庁そのもののあり方も、再考するときにきているのではないだろうか。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


電気自動車ですと県庁の駐車場は開庁時間帯でも無料で充電と駐車ができるので、よく利用しますが、本当にあの土地は勿体無いと思います。

県の職員や県議会議員に言っても、予算のことを言いますが、お役所には機会損失という概念が全くないのでしょう。民間であれだけの土地をあの状態で放置することはあり得ないと思います。

パークハイアット東京のようなビルにして、同じように自家発電で近隣にも電力を供給すれば最高ですが、県庁があの場所に必要かということにも疑問があります。近くにある裁判所や合同庁舎も、一般の市民は殆ど行くことはないでしょうし、県ということで考えれば西風新都などの方が利便性が高いようにも思います。

民間出身の湯崎知事でも出来ないとなると、我々では知り得ない相当に高いハードルでもあるのでしょうか。

投稿: 工場長 | 2018年2月27日 (火) 09時52分


工場長さま

県庁には、私ももう何十年といったことがありません。
殆どの県民市民はそうだろうと思います。
工場長さんのように、充電に行く人がいるとは、
初めて知りました。
議員、県の職員の人々にとって、あの場所は都合がいいのでしょうね。
まあ無理せず、複合化すれば、
東京ガスの本社+パークハイアット のように、県庁の機能を取り込むことはは十分可能だろうと思います。

県庁のように、県のシンボルである公共施設を民間企業と一緒にするわけにいかないという拘りが強いように思いますが、
どうでしょうかね。

豊島区役所は、そこを、
税金は一切使わずに建て替えるという言葉で乗り切ったのではないでしょうか。

投稿: 元安川 | 2018年2月27日 (火) 10時30分


広島の中心市街地の中に、小さな町ができる、
いわば「ケンチョウマチ」ができるというわけですね。
面白そうですね。

投稿: ケンチョウマチ | 2018年2月27日 (火) 10時33分


県庁の敷地のひろさからいったら、
サッカーグランドも入りそうですね。
いっそのこと、サンフレッチェのスタジアムと一緒にしたらどうでしょうかね。

投稿: 3本の矢 | 2018年2月27日 (火) 10時43分


3本の矢さま

確かにサッカースタジアムも入りそうですね。
湯崎知事に教えてあげてください。

投稿: 元安川 | 2018年2月27日 (火) 10時47分


私は呉の市役所を新設するのでなく、駅前のそごうのビルを使えば良いと思ってました。下層は商店や病院に上層を市役所にすればと。
駅前であり便利ですからね。
でも、市の関係者はどうしても新築ビルが欲しかったのでしょうね。
県庁も高層ビルにして、余った土地は民間に販売するかな貸すかすれば県庁の建て替え費用補えると思ってます。
とても古いビルに(還暦は超えたのでは?)、効果があるかわからない耐震補強なんてナンセンスですね。
それか広島駅北口に建設すれば良いと思いますね。県庁ですから。
県庁にしても、そこでないといけないと思っているのは、本当は誰なんでしょうね?

投稿: やんじ | 2018年3月 1日 (木) 05時17分


やんじさま

県庁が今の場所でなければ、困る人は誰でしょうか?
県の職員、議員、それに出入りの業者・・
普通の市民、県民はほとんど関係なさそうですね。
だからといって、西風新都や埋め立て地に移す必要もないとおもいます。
高層化し、、複合化すれば充分県庁用のスペースは確保できるだろうと思いますが。

投稿: 元安川 | 2018年3月 1日 (木) 09時49分

2018年2月 8日 (木)

仮想通貨の落とし穴

私の周りには仮想通貨、主にビットコインで、数億円儲けた人から、先週買って数分後には数万円、数日後には数十万円損した人までいますが、先日は税理士の方と話していて、手数料に関して勘違い、あるいは騙されている人が多いことに気づきました。

ビットコインに代表される仮想通貨はブロックチェーンという技術に信用を担保されており、その技術は疑いようのない素晴らしい技術であり、ビットコインは手数料の要らない決済用の国際通貨として拡がっていくはずでした。

ところが投機対象となってしまい、ペイオフ(1,000万円までの預金保護)もなく利息も付かない仮想通貨が、さらにギャンブルの対象になるという致命的な欠陥を持つということが分かってしまったわけです。

そもそもは、現在の米国で「庶民の年収が300万円、ファンドマネージャーの年収が300億円」とも言われるような極端な収入格差が、グローバリズムで世界中に拡がり、技術革新で上がった収益も、その殆どが金融に流れてしまうという社会に最も大きな問題があり、更に低金利政策によってお金の行き場が金融商品に集中していることも問題なのだと思います。

ただ、金融商品化している仮想通貨ですが、私の周りで言えば、株やFXすら行ったことのない人が多く、ビットコインの手数料についてもよく理解していない人が多いようです。

私もそうですが、これまでビットコインを説明する時に、最も大きな特徴として語られることは、政府や銀行が関与していない分、手数料がかからず、限りなくゼロに近い費用で送金できるというものでした。

ところが、金融商品としてみる場合、普通に売り買いしてしまうと、かなりの手数料を取られてしまいます。

仮想通貨を扱うのは取引所と呼ばれ、これは銀行にあたるものです。この「銀行」の中に、さらに「販売所」と「取引所」があります。ここが、株の売買やFXの経験のない人には分かり難いのですが、「販売所」は設定された価格で売買するもので、買値と売値の差=スプレッドが数%あります。

これに対して「取引所」は指値=自分が指定した価格での売買が可能ですから、手数料は限りなくゼロに近づきますが、価格を設定するのは自分であり、その値付けでいつ売買できるかは分かりません。

ここで、販売所での買値と売値の差=スプレッドは実質的には手数料なのですが、どこも決して手数料とは呼ばず堂々と「手数料無料」と表示しています。

これは大手銀行でも行っている表示で、例えば、為替手数料1ドルあたり1円と書きながら、下の方にスプレッドが1ドルあたり2円(通貨によっては8円)と書かれていたりします。つまり実質を書けば、片道3円、往復で6円、つまり1ドル100円なら6%の手数料ということになります。これで年利3%という外貨預金をすれば、実質はマイナス3%のマイナス金利というわけです。

Photo

こうしたことは株やFXをやっている人にとっては当たり前のことかも知れませんし、小学生でもできる計算なのですが、それでも私には、何割かの人は誤解することが分かっていて、それを期待している詐欺的行為だとしか思えません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


恥ずかしながら私も全く気づきませんでした。
ビットコインを買おうとは思いませんが、外貨預金はいいのかもと思っていましたが、実質手数料を差し引いて考えないといけなかったのですね。
いつも肝心なことは下の方に小さく書いてあるのですね。

投稿: マリア | 2018年2月 8日 (木) 08時02分


ビットコインにもメリットはあるが、ご指摘のとうりデメリットもある。コインが盗まれる
やマネーロンダリングに使われる、取引所の管理保管や税制の規定が不明等です。
最も注意が必要なのは投機目的でしょう。株に例えれば、トヨタやメガバンクの様に
毎日大量の取引がある企業は、仮に悪材料が出て株価が下げても一定の価格で
売りと買いで売買が成立する。ビットコインは取引量が少ないので投資家全員が
同じ方向を向いてしまって、商いが成立しなくて価格だけ値下がりする心臓に悪い
状況も想定されます。昔から言われている、生兵法は大怪我のモトです!

投稿: 鯉の応援団 | 2018年2月 8日 (木) 08時41分


マリアさん

不都合なことを書かないのは詐欺だと思いますが、小さく目立たないようにしか書かないのも同じことに思えます。安い手数料を大きく書いて、スプレッドを小さく書くのは詐欺的行為だと思います。

とは言え、為替の場合は金利以上に相場の方が大きく動きますし、仮想通貨に至っては%ではなく倍率で桁違いの動きをしますから、所詮ギャンブルにしか思えません。ギャンブルとしての規制はかけられないものかとも思います。

投稿: 工場長 | 2018年2月 8日 (木) 09時03分


鯉の応援団さん

最近になって仮想通貨を買った人に聞くと「スマホを見るたびに刻々と利益や損失が表示され、気になって仕事にならない」と言っていましたが、数年前に買った人は一瞬一瞬で数百万円あるいは数千万円の利益が上下するわけです。もともと数百円のものが数億円になっているとはいえ、精神衛生に良いわけはありません。

株にしても短期の売り買いはギャンブルでしかなく、携帯電話の契約のように2年に1度しか売れないとか、そういう縛りがあっても良いような気がします。

投稿: 工場長 | 2018年2月 8日 (木) 09時05分


普通預金の金利が0.001%、定期預金でも0.01%、それなのにちょっと時間外にATMを使うだけでも手数料取るのが今の銀行です。これではまるで預金するなと言うようなものですね。みんなに株や金融商品を買わせて、儲けたいと言う作戦なのでしょうか。これがアベノミクスの実態なのでしょうか。

投稿: 庶民 | 2018年2月 8日 (木) 10時18分


庶民さん

楽天銀行なら普通預金でも0.1%、イオン銀行なら0.12%ですから「大手銀行の100倍の金利」の金利をうたっていますが、元金の少ない私などには誤差の範囲です(^_^;)

それより、イオン銀行などはATMの利用も365日24時間無料だったりしますし、ネット専業銀行では、一定の条件で時間外のATMや他行への振込みも無料になりますし、利用に対してポイントを付ける銀行もあります。何よりネット専業銀行の多くはセキュリティも利便性も大手銀行とは比較にならない高いレベルです。

いずれにしても、アベノミクスは金融で儲ける人たちを潤し、実質賃金を引き下げ、格差を拡げただけかも知れません。

投稿: 工場長 | 2018年2月 8日 (木) 10時33分


金融商品には、まったく縁のない貧乏人ですが、仮想通貨って通貨とは言いますが通貨じゃないですよね。ましてや株とは違いますよね。
この取引には消費税はかからないのでしょうか?

投稿: やんじ | 2018年2月 8日 (木) 15時22分


やんじさん

仮想通貨はものやサービスではありませんから消費税は関係ありませんが、税金という面では、外貨や株よりは不利、というか預金や株が優遇されているのですが、それがないので、通常の所得になり、大儲けした人は半分は税金でもっていかれます。

ただ、通常の通貨に変えずに仮想通貨として使った場合の捕捉はかなり難しいのではないかとも思います。

投稿: 工場長 | 2018年2月 8日 (木) 15時39分


工場長さんも書かれているように大手銀行のセキュリティーはボロボロで、年間3000億円程度のお金が盗まれています。それが公表されないのは保険で補填しているからで、当然その保険料は預金者が負担することになり、いつまでも金利はゼロという仕掛けです。

投稿: 元銀行員 | 2018年2月 9日 (金) 15時58分


元銀行員さん

私も大手銀行のセキュリティが、私が50年前に大学で習ったレベルにも達していなかったことを記事にしたことがあります。AppleやGoogleなどとは比較にもならない、ネット専業銀行より遥かに劣るレベルでしたから、年間3000億円という額も不思議ではないように思います。

どうせ、その保険も系列企業で、お互いに儲けるばかりなのでしょうね。

投稿: 工場長 | 2018年2月 9日 (金) 16時14分

2017年12月12日 (火)

脱・法治国家=日本

逃亡の恐れどころか、取り調べには自ら積極的に応じ、国会の証人喚問も厭わず、言われてもいない証拠まで提示していた容疑者が、事件の発覚から随分経ち、証拠隠滅の恐れもなくなってから逮捕され、未だに長期勾留が続いているという、法律も人権も無視した国家権力の行使が、北朝鮮でもなく中国でもない、この日本で起きています。

========== 以下、参議院内閣委員会より ==========

4ヶ月を超える長期勾留に加え、接見禁止、手紙のやり取りすら禁じられている。籠池夫妻がこれだけの厳しい措置を強いられる合理的理由、見つかりません。

明らかに、国際被拘禁者処遇最低基準規則、いわゆるネルソンマンデラルールに違反する行為でございます。その基本原則、規則1には、すべの被拘禁者は、人間としての生まれながらの尊厳と価値に対する尊重をもって処遇されなければならない。規則58−1、被拘禁者は必要な監督の元、定期的に家族及び友人と、以下の方法で連絡を取ることを許さなければならない。A:文通、利用可能な場合は遠距離通信、電子・デジタル、及び他の手段、及びB:訪問を受けること。

世界から見ても非人道的な扱いを平然と行い、総理大臣夫人が自ら首を突っ込んだ問題の、もう一方の当事者である籠池夫妻という不都合な存在を社会的に抹殺し、本人の心まで破壊するようなやり方は、拷問以外の何物でもありません。

すぐに接見禁止や、手紙のやり取りを認めるよう求めるとともに、一刻も早く、保釈の請求を認めることを求めます。

========== 以上、参議院内閣委員会より ==========

こうした国家の動きに加え、過剰とも思える力士の暴行事件の報道があります。皮肉なことに、今朝の報道番組の街頭インタビューで、その暴行事件に関して「日本は法治国家だから…」とコメントしている市民がいました。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

典型的な人質司法ですね。
私が担当している事件では,客観的行為は認めているのにもう7か月間接見禁止が付いている人がいます。
国民に知られざる闇の世界です。

投稿: ふぃーゆパパ | 2017年12月12日 (火) 17時15分


女子高生の間で「あべ過ぎ」という言葉が流行っているそうです。
その意味は「馬鹿過ぎる」「人の話を聞かない」「聞かれた事に答えない」「聞かれてもごまかす」だそうです。

投稿: 女子高生の母 | 2017年12月12日 (火) 19時04分


ふぃーゆパパさん

大手メディアだけ観ていると、あまりに多くの「知るべきこと」を知らないままですが、ネットばかりみていても「賢い検索エンジン」の選ぶ情報は、その人の「知りたい情報」=「都合の良い情報」が優先され、その結果「安倍支持の若者」も増えていますし、どういう方向であれ、考え方が偏ってしまうという傾向もあるように感じます。
なかなかバランスをとることも難しいのですが、やはり個人では限界があり、もっと大手メディアに頑張って欲しいものだとも思います。

投稿: 工場長 | 2017年12月14日 (木) 08時08分


女子高生の母さん

日本語としてはともかく、正しい認識をもつ女子高生も多いということですね。

投稿: 工場長 | 2017年12月14日 (木) 08時13分

2017年11月29日 (水)

土地の相続と東京赤坂にある空き家

今年の2月に弟が亡くなった。
今年の年賀状は失礼しますと、友人に話したら、相続が大変だったろうといわれた。
妻と子供に法律通りに相続することにしたから、それほど揉めることはなかったけど、
それでも大変だったようだと答えた。

もし彼の妻も子供も亡くなっていて、孫の世代になっていたら、連絡のつかなくなっている人もいるだろうし、中にはへそ曲がりがいて、印を押さない人いるただろうから、もっと大変になことになっていたはずだ。
祖父は10人兄弟だったが、兄の1人が亡くなって、相続問題が起こった時、仲の悪かった兄が1人いて、祖父は「俺は印はつかない」といっていたが、祖父そのまんま亡くなってしまった。
あの土地、建物は、その後どうなっていまったたんだろうと気になっていたが、
そんな相続でもめて、そのままになってしまっただろうと思える土地、建物が旧赤坂プリンスホテルの真ん前にある。

70b5fbd712094d018d29d1161e2ce25e

平家の木造の建物は、都心とは思えないような鬱蒼とした木々にかこまれ、
表札はなく、人の住んでいる気配はなく、建物は今にも崩れ落ちそうになっている。
目隠し、風対策を兼ねてだろう設けられた分厚いベニヤの塀は風化し、そのまんま残されている。

普通だったら、開発されるまでの間、駐車場などで利用されているはずだし、
シャッター街のように利用者がいなくなったわけでもないだろうし、
過疎地の土地建物のように住む人いなくなったわけでもない。
売ろうとすれば、買い手はいくらでもいるはずだ。
にもかかわらず廃墟になりつつあるのは、相続問題でもめ、現在に至っていると思わざるとえない。
売れば軽く○億円は超えるだろう。

相続税の納付はどうしたんだろうかとも思う。

実は、日本の土地の20.3%、面積にして約410万ヘクタールが登記上の所有者を特定できないのだと増田寛也元総務相ら民間有識者でつくる研究会が発表している。
なんとその面積は410ha、九州の面積を上回ほどになるのだというから凄い。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22722990W7A021C1MM0000/

道路用地の買収が遅々として進まないのも、そうした理由もあるのだろうか。
道路工事に関わる友人が「土地買収が終われば、道路工事はほとんど終わったようなもんだ」
といっていたのを思い出す。

いずれにしろ土地の売買に関わるロスが膨大なことが伺える。
研究会は土地所有不明での経済的損失は40年までとして計算すると6兆円になるともいっている。

6兆円の損失といわれてもピンとこないが、
日本の経済を活性化するには、土地の所有権、相続に関して、相当な規制緩和などの政策が必要なようだ。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


我が家は真言宗ですが、
通常33回忌を過ぎれば、先祖代々の霊として、個々のお位牌は処分するのだそうです。
お墓もお寺によっては、なんの連絡もなく、3年を過ぎれば、無縁墓地として処分するとのことも聞きました。
まあいずれにしろ、期間を切って、それを過ぎたら、
「土地は国のものとする」ことも必要でしょうね。

投稿: シュウカツ | 2017年11月29日 (水) 16時18分


シュウカツさま

「俺のものは俺のもの。ひとのものも俺のもの」
という思考は、争いの元ですね。
俺のものとして、所有しても、たかだか100年です。
全てのものは、シェアする時代になったと考えるべきでしょうね。

投稿: 元安川 | 2017年11月29日 (水) 16時52分


2017年11月17日 (金)

品川駅西口駅前計画と立体道路制度

日経コンストラクション9月12日号に
品川駅西口広場計画が西武、京浜急行、JR東日本の3案を融合した案に決定したと載っていた。

品川駅西口広場といっても現状は広場といえるほどの広場はない。
小さなタクシー乗り場がある程度で、すぐにあの箱根駅伝の選手の通る国道第1京浜 幅員33mが接しているような狭い場所だ。
国道の西側には品川プリンスホテル、高輪プリンスホテル、ガーデンシティ品川等の巨大ホテル群が並んでいる。

計画は「立体道路制度」を活用し、
国道を広げるだけでなく、道路の上空に巨大な広場を作り、道路で分断されている品川駅とホテル商業施設群の敷地を繋げ「これからの日本の成長を牽引する国際交流拠点・品川」を創ろうという壮大な思いの込められた計画だ。
http://www.ktr.mlit.go.jp/ktr_content/content/000682821.pdf
コンペの要項は5月に示され、9月には結果が発表されるという慌ただしさだ。

4d86f67c4eac4701b605f91c81362dc7


応募したのは京急、JR東日本、西武の3社で、
結果はその3社の案を融合したものにするという。
http://kenplatz.nikkeibp.co.jp/atcl/knpnews/14/660651/00058/?SS=imgview&FD=322442446
融合というより、3社の所有する部分はそれぞれに任せるということだろうが、
それにしても巨大な計画だ。

3eff79e660be4b908974bdbbbfb2ddca


京急の線路と品川駅は1階に降り、
道路にそって、バスターミナルを設置されるという。

いずれ品川駅と羽田空港の中間には巨大な新幹線基地があるが、そこを通っての、羽田空港への新幹線の乗り入れも実現するだろうと思われる。

品川駅の2016年の1日平均の乗降客数は37万人を超えているが、リニア新幹線駅も決定したこともあり、羽田空港との結び、日本の窓口となるような地域にしようというのだろう。

国道の上に建物を作るというような規制緩和も急激に進んでいるようだが、
それは同時に国、都、民間企業数社の連携があってこそ、初めて実現可能なプロジェクトの時代にもなったようだ。

面白い。
まあしかし、世の中の変化は凄まじい。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年10月22日 (日)

日本文化の外在化ファースト、再認識セカンド

2020年にインバウンド 4000万人を目指すと政府はいっている。
銀座、新宿、浅草を歩くと、ほぼ全員が外国人ではないかと思えてくるほど多い。
外国人の日本への関心が強いことはわかるが、
かれらが、日本のどのようなことに興味を持っているのかについては、
実は私たち日本人はあまり知らない。
爆買いとおもてなし、そして寿司を目指してくるのだろうくらいにしか思っていない。

そうではないのではないかと、
カナダのケベック州立大学の教授を長く勤めていた友人が面白いことを教えてくれた。

「観光は日本ではこれからの分野で、日本の文化や風景、習慣がすごい勢いで英語などで紹介され
続けており、たとえば英語で書かれたものを読むと見方が変わるよ。
一度外に出して、改めて見直しててみるというプロセスをすると面白いよ。

例えばyoutubeの
https://m.youtube.com/watch?v=itqlZAzvdGQ
のシリーズなど「そうなんだ」と思うことの方がたくさんあるよ。


「鳥居」は日本人にとっては、あまりにも日常的に目にしていることで、「神社の門」になってしまっているけど、
外国人に説明するとき、その本来の意味の「結界」、
つまり俗界と聖界を結ぶものとして説明することができれば、
楽しいコミュニケーションができるようになると思うよ。
外国人に説明することで、それが日本人にとってもためになる、
という逆転現象がいたるところで起こりつつあるようだよ。

そういう意味で「観光」は名所案内だ、ホテルだ、レストランだという『産業』を超えて、
日本文化の日本人による「外在化」ファースト、
そして続いて「再認識」セカンドみたいなプロセスが始まっているように思うよ。
これが日本のすべてのものに適用されてくると思うと愉快だね」
と言っていた。


そして
「日本にくる外国人はこのくらいのことは、皆勉強してからしてからくるよ。
日本人がこの程度のことを知らなければ恥ずかしいよ」
ともいっていた。

外にいた彼だから理解できる事だろう。

日本人がきちんと自らの日本のことを知り、
外国人に説明することで、世界の人々と友達になり、
益々インバウンドが増え、
そしてそれが日本の経済発展になり、
その結果として世界が平和になれば素晴らしい。

「核の傘」より、はるかに楽しい事であり、効果的ではないだろうか。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31