広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

旅行・地域

2018年9月20日 (木)

キャリーバッグを買って、スーツケースを捨てる。

スーツケースとキャリーバッグはそもそも同じものを指すらしい?
私にとっては大違いだが。

今回2つのスーツケースを捨てることにした。
いつ買ったのか、もうはっきりしないが、多分2つとも30年以上前だろうと思う。

このスーツケース1つで1ヶ月近く、欧米を旅行したこともある。
57×68×25くらいの大きさだ。

11ba0dff96c44cc3b1cc414924f0e1f5

車輪のついたプラスチック製のバッグが出たときには、こんな便利なバッグがあるのかとびっくりして、買ったのだ。

それが、今度はバッグに「引き手」がついたのだ。
そりゃ引き手のついた方が持ち運びに圧倒的に便利に決まっている。

今回買ったキャリーバッグはMサイズで、4〜5日の旅行用という。
いままでのもっているのと同じくらいの大きさだが、
それが今はさらに大きなキャリーバッグがあるのだ。

今回この引き手のないバッグは捨てることにした。
古いせいもあるが、鍵ももう見つからないのだ。

私は、引き手のついたバッグをキャリーバッグというのかと思っていたが、
車輪をキャリアというそうで、
キャリーバッグというのは和製英語なんだそうだ。

こうなってくると、
スーツケースだろうがキャリーバッグだろうが、言い方なんてどうでもいいじゃないかといいたくなる。

骨董品的価値が出てきそうでなければ、
より便利な物が出てきたら、捨てるより仕方がない!

中に入っていた物も、一緒に断捨離だ。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年9月 6日 (木)

キャンベラのファーマーズマーケット

朝早くといっても7時半くらいかららしいが、キャンベラの街の郊外のファーマーズマーケットに行った。
古くからあるというわけではなく、30年くらい前かららしい。

あちこちに分散して設けられている駐車場に車を停め、人の流れにのって歩いていくと大きなイベント広場の一角に30m×70mくらいの緑色の簡単な建物の中で、大きな朝市が開かれている。
かなりの人出だ。

キュウリ、トマト、ナス、ミカン、マッシュルーム、ハチミツ、バナナ、肉、パン、etc.
農家がそれぞれにお店を広げている。

入り口を入ってすぐの所にはコーヒーコーナーが設けられ、
大きなテーブルに座って、買ってきたパンを食べている人も多い。
面白いのは、座ってすぐ隣の人とすぐにおしゃべりが始まり、食べ終わると自然に離れていく。
誰もスマホをいじっている人はいない。
なんとなくコミュニティが生まれている感じだ。

私もコーヒー、パン、青いバナナを食べたが、
隣の人と英語でお喋りをするほどの自信がなかったので、ニコッとして別れてしまった。

売っているものはスーパーで売っているものに比べて、それほど安いということではなさそうだ。

D7cafb65086c4893ba2394fd6988ce9e


広島でも日曜朝市が平和大通りで開かれているが、廃れ気味だ。

人口35万人のキャンベラで、これだけのことができるのだから、
「広島なら、これよりもっと盛んなファーマーズマーケットができるだろうに」にいったら、
案内してくれた友人が、
「日本では農協が邪魔してるんだろうな」といっていた。
そうかなー。

でも超近代的な街の中に、
こんな人間臭い、クラシックな朝市があるのは面白い。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


旧市民球場跡地で、大きなテントを張ってやってら良さそうですね。
出店料は数百円程度にして、市民農園で野菜を育てている人も参加できたら良いですね。
こんなのが定期的にあれば、変わった珍しい野菜を販売したりする人も出るかもしれませんね。
こんな事するNPO法人ができませんかね。
運営に企業や団体を排除して。

投稿: やんじ | 2018年9月 6日 (木) 18時57分


やんじさま

ファーマーズマーケットを球場跡地でやるなんて、いいですね。
だれか、やってほしいですね。
青年会議所でもいいですね。

投稿: 元安川 | 2018年9月 7日 (金) 08時58分


2018年9月 4日 (火)

アパートメントホテル?

シドニーでは中心街に近く、ダーリングハーバーに近いアパートメントホテル OaksGoldsbrough apartment というホテルに泊まった。
元々羊毛の倉庫だったそうだが、これまでの間、何回かの増築、改修を繰り返すことで今の500室のホテルになったとのことだ。
私たちの泊まった部屋は、上の階がダイニング、キッチン、リビングなっていて、下の階に2つのベッドルームがある。
俗に言うメゾネットタイプの部屋だ。

増築、改修の途中、2つの建物をつなげたこともあり、
バカバカしく広い吹き抜けと、左右のメイゾネットをつなげる中廊下ができたのだという。
吹き抜けがあることで、自分の部屋に入るまで一呼吸置けるのがいい。
面白い!

キッチンもお茶が飲める程度の小さなものでなく、本格的な料理ができるほどに大きい。
Apartmentというように下の方には住んでいる人多いらしい。

フロントは小さく、たったの2人しかいない。
シドニーでは由緒ある建物らしく地図にも載っている。

オーストラリアにはこうした類のホテルは多いらしい。
日本ではこんなホテルは見たことがない。

Cd2edeb27f3e4258bf668b2fd5c3967f


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年8月25日 (土)

1人あたりの面積は日本の120倍?

シドニーからキャンベラまでバスに乗った。
驚く事ばかりだった。

数十年前アメリカに行った時、空から下を見ると、緑の中に線が2本引かれている。
道路だったら1本線だろうに、2本に分かれている意味が解らなかった。

なんと片側2〜3車線の道路が、3〜4車線くらいの太さの中央分離帯を挟んで延々と走っているではないか。
それを知った時、ウエーッ、アメリカって広いなと驚いたが、
オーストラリアではそんな道がシドニーからキャンベラまで続くのだ。
それが道路の両脇は緩やかな丘陵地帯が続くだけでなんにもないのだも。
山らしい山なんてもない。
その平地は森と草原、見渡す限りの草原には牛が10頭くらいいるくらいだ。
電信柱も広告もない。
道路にはガードレールもない。
家らしき建物も、家かなという程度にしか見ることできない。
途中サービスセンターが1ヶ所あった。
マクドナルドとガソリンスタンドがあり、セブンイレブンの大きな看板あった。
エッこんなところに日本の企業が?
ちょっとびっくりした。

琵琶湖より広いのではないかと思われる草原には数十頭の羊を見つけた。

こんな景色が、時速100kmを超えるバスからの窓の外に3時間近く。
東京から名古屋くらいまでの間、こんな感じだ。
こんな景色がキャンベラを越えても、北にも東にも西にも続いているらしい。

何だよ、これってなもんだ。


1afc2182c7a34a14b2b8e998e46669fc


オーストラリアの人口は2200万人、面積は770km2
日本の人口は12000万人、面積は38万m2、
オーストラリアの人口は日本の6/1で、面積は20倍。
1人あたりの面積は日本の120倍ということになる。
それも、日本はほとんどが山だが、オーストラリアは砂漠もあるが、ほとんどが平地なのだから、こんな景色になるのだ。

まさに箱庭に住んでる日本人からすると、とても理解できな世界がここにはあるようだ。


日本人が満州帝国を作った時、こんな感覚に陥ったのだろうか?

さあ、明日からが楽しみだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年8月23日 (木)

オーストラリアへの旅

オーストラリアへの旅

羽田からオーストラリア・シドニー行きの飛行機に乗った。
海外に行くのも久しぶりだが、羽田国際空港ターミナルビルからの出発は初めてだ。
10年くらいの間に空港の飛行機も随分変わっている。

シドニー行きの便は夜の10時発ということだが、何かあっては大変ということで、
早めに家をでたので3時間ほど前に着いた。

ビルは、外国人を意識してだろう木を使った和風のデザインの店が多く、天井の格子には絵も描かれている。
人造の朝顔が衝立に使われたりしているがこれはこれで面白い。
日本のお土産として売られている赤、青、黄色に塗られた草履、模様の描かれた地下タビなども売られている。
寿司、天ぷらetc.をテイクアウトして,緋毛氈の敷かれた座卓に腰掛けて食べるのも面白い。
日本語、英語、中国語韓国語と4ヶ国語での案内もきれいにデザインされている。
ちょっとお金をかけて、日本の良さを理解して欲しいという意欲があって作ると、こんな面白く、楽しい施設ができるのだろうか。

429dcc890c404ef1adf558748330a0a8


ゲートを入るとデューティフリーだからかバーバリーetc..の高級ショップが並んでいる。
それも直線で1kmくらいの長さになっている。
ユニクロのお店が混じっているのはちょっと可笑しい。
まあ銀座通りもそうか!

シドニーに着くのは朝の7半時、現地時間の8時半。
時差は1時間だ。
東京ーシドニーは8006km。
乗っている時間は9時間半もある。

昔の成田空港に比べ、チェクインカウンターも数も多いせいか、はるかにスムーズに通過できた。旅行客 が少ないのかと思えばそうではない。
カンタス航空のジャンボジェット747の機内は満席だ。

座席には搭乗案内から映画、ゲームetc.の見られるタブレットくらいの大きさの画像が付いている。B747なんて随分と古い飛行機だ。
機内はかなりリノベーションされているが古い飛行機は飛行機だ。

夕食がでたのは11時半。
どうしてこんなに不味いのかというくらい不味かった。
私は寿司を頼んだが、結局残してしまった。
全部駅弁にしたらいいのにと思った。
朝食は5時半、リンゴ、ミカン、スイカパイナップル、バナナ&コーヒー、
これは美味かった。

「健康に注意」ということでかなり長いメモが流れる。
ペットボトルの水は欲しいだけくれる。

明け方、東の空が真っ赤の染まって、明るくなった。
なんとも美しく、神々しい。

シドニー空港で早速Sydney free Wi-Fiをインストールし、このブログを送っている。
上手く届くかな。

素晴らしい旅になるはずだ!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


海外に行ったことがないから羨ましいです。
機内食はパイロットも客室乗務員も食べるのでしょうから、生魚の寿司だと安全のために消毒をするのでしょうから、不味くなるでしょうね。消毒された輸入されたウニのように。
機内食は、セブンイレブンなどのレトルトパックも良さそうですね。
そうすれば、機内食もバイキングのようにできそうですね。

投稿: やんじ | 2018年8月24日 (金) 13時35分


やんじさま

かっては機内食といえば、美味しさの代名詞のようなものでしたが、
それが駅弁より不味く感じるというのは、
それだけ日本国内の食事のレベルが上がったということではないでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2018年8月24日 (金) 19時01分


2018年7月27日 (金)

クルージングで1000万円!

趣味の教室から帰ってきた妻が、面白い話をしていた。

メンバーの1人が、クルージングから帰ってきて、
「クルージングの参加者は、呆れるほどみんな年寄りだって。
クルージングの間に、必ず1人くらいは亡くなるらしわよ。
そんな時は、次の港で降ろすんだって。
中には、途中で認知症になってしまう人もいるらしいわよ」
と言っていたという。

ヘーッ。

別の友人は
「クルージングなんて、船に乗ってる間、ずっと旦那と一緒なんでしょう。
よく耐えられるわねー」
とも言ってたという。

優雅?
もったいない?

「クルージング費用は1千万円もするそうよ」

私は船酔いはするし、
・・・
関係ないか。
???

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私の知人にも毎年のように長期のクルージング旅行に行く知人がいますが、いつも平均年齢70歳以上で、殆どが老夫婦、私と同じで、もうすぐ前期高齢者の彼も最年少であることが多いといいます。何ヶ月もかけて旅行するというのは、そういう年齢にならないと難しいのでしょうね、特に日本人は。

女性としては夫と一緒でも家事をしなくて良いというのが最大のメリットだそうです。

投稿: 工場長 | 2018年7月27日 (金) 07時48分


工場長さま

妻も、夫と一緒に旅行すると料理、家事をしなくていいというのがいいといいます。
家では、私にあれをしてください、これをしてください、といい続けています。
だから旅行に出たいのですが、
先立つものがありません。

投稿: 元安川 | 2018年7月27日 (金) 10時17分

2018年7月24日 (火)

沖縄が避暑地になる?

最近、沖縄に行った人が「沖縄は涼しかった」と言っていましたが、確かに、今日(2018年7月23日)の気温をみても、沖縄は北海道と雨の仙台を除いて日本のどこよりも涼しいようです。

Photo

これまでも「地球温暖化」という言葉の使い方には違和感を書いてきましたが、「異常気象」とか「想定外」とか「かつて経験のない」という言葉は、どうも言い訳めいたものを感じてしまいます。

日本の平均気温は100年で1度余り上がっていて、東京は4度だという記事を見たことがありますが、もしそうなら、この差の原因は地球規模のものではないように思えます。

そもそも、その地域の気温は海流とか気流(高気圧や低気圧)あるいは天候に大きく左右されるもので、それは100年に何度という小さく緩やかなものではありません。

さらに、日本における気温上昇で最も顕著なのが東京など都市部であることを考えると、自然現象だけとも思えません。

また、災害にしても「観測史上最大」が、単に20年前に出来た観測地点におけるものであったり、「かつて経験のない」という表現も単に個人の経験であり、人類や日本人、あるいはその地域の人でも歴史の上では何度も経験していることであったりします。

大きな地震、巨大な台風、大規模な津波は過去にいくらでも経験しており、土砂災害も毎年のように経験していることです。

地球誕生の時は大気の99%を占めており、恐竜時代には1%、今では0.4%であっても二酸化炭素の増加は温暖化の一因かも知れませんし、温暖化が異常気象の一因かも知れません。しかし、特定の地域の気温上昇や災害、感染症には、もっと大きな要因がありますが、何でも「温暖化」で説明するのは、何か責任逃れのように感じるのです。

人類がかつて経験がないことは、今のスマホ社会であったり、これから始まる完全自動運転であったりで、原発の過酷事故ですら10万年に1度は想定内であり、事故そのものは想定されていたことです。

100年に1度のことが100年に1度起きることに何の不思議もありません。
もう少し歴史という事実を前提に物事を考える必要があるように思います。
そして、災害が想定内のことであるという認識の上に、根本的な対策、体制が必要で、それについては「ヒロシマの心を世界に」に素晴らしい解決策が展開されています。

それにしても、半世紀以上前の東京オリンピックですら、暑くて秋に行ったのに、この「命に関わる危険な暑さ」の東京で行うのでしょうか。「命よりお金」なのでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

先日、40度の名古屋にいましたが、その時に見た他の国の最高気温はニューヨーク25度、ロサンゼルス22度、ホノルル28度、北京30度、と太平洋沿いで日本と同じ緯度の都市の気温は、日本のどの都市より低い気温でした。
その時の那覇は31度で、沖縄にはよく行きますが、いつもは名古屋で長袖でも、那覇で半袖が普通なのに、逆転しているというのは、とても地球の問題じゃないように思えます。

投稿: 沖縄大好き | 2018年7月24日 (火) 11時09分


とにかくこまめな水分補給が重要ですね。

投稿: 通りすがり | 2018年7月25日 (水) 13時38分


沖縄大好き さん

半世紀前に習った経営手法に「ABC分析」「パレート分析」などがありました。
要するに限られた経営資源を影響の大きいところに重点的に配分する手法で、目の前の危機に対しては、短期、中期、長期の取り組みも重要ですが、政府の取り組みはどれもがバラバラに思え、それこそお友達の利権でしか動いていないように思えることが残念です。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 13時54分


通りすがり さん

熱中症対策で水分補給を強調し過ぎるのはやや問題もあるように思います。
確かに、汗をかくような場合は、水分と電解質の補給は重要ですが、熱中症というのはあくまで熱が問題です。

熱中症で亡くなる人を年代別にみると、未成年はスポーツ、成人は仕事、高齢者は屋内それも夜というのが多くを占め、数としては高齢者が圧倒的ですが、その高齢者が水分を過剰にとると逆効果で、最も重要なことは涼しくする=エアコンを使うことです。

各年代で原因は違うので、十把一絡げではない注意喚起が必要だと思います。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 13時55分


カルフォルニアで50度を越したと言う報道がありますが、やはり地球規模の猛暑なのではないでしょうか。

投稿: 通りすがり2 | 2018年7月25日 (水) 14時22分


通りすがり2さん

確かに、カリフォルニア州デスバレーで52度を記録したという報道があり、これもまた「地球温暖化」の結果とする報道がありますが、デスバレーは過去にも56.7℃を記録したことがあり、50度を超えることも珍しくなく、それを体験した知人によると「日本の猛暑ほどは暑くない」ということでした。

それは、ハワイなどでも同じ気温ならハワイの方がずっと過ごし易いように、湿度が10%程度と低いことと、真冬の北海道で寒い目にあうことがない(むしろ暑い)ように、オアシスにはホテルや店もあり、昔から暑かったり寒かったりするところでは、それなりの生活様式ができているようでした。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 14時40分

2018年6月 5日 (火)

パスポートの写真はメガネをはすして、撮ってください?!

息子の嫁さんの里帰りに同行して、オーストラリアに行くことになった。
息子は仕事でいけないということなので、
実態は、程のいい孫の世話係というわけだ。

初めてのオーストラリアだから、楽しみではあるが、
片道9時間のフライトだというから、ちょっと大変そうだ。
孫達はじっとしている筈はないし・・・

前回の海外旅行はシンガポールだったが、もうあれから12年にもなる。

パシポートの有効期限は切れているので、改めて取り直すことになった。

パスポートセンターにいって、
戸籍抄本と写真を撮って、それから申請書に書き込む。

「写真は,メガネを外して、撮ってください」
といわれたのは初めてだ。
ちょっと驚いた。

15b794f883fd482e866ae03d767ae9dd


まあ確かに、
数年後には、メガネも変わるだろうし、
今でも度付きサングラスだけでなく、数本のメガネを持っているから、
その日の気分でメガネを変えることはある。

途中、壊すこともあるだろうから、予備のメガネも持っていく必要もあるだろう。

以前に比べ、メガネ劇的に安くなったことの恩恵は大きいが、
その影響はこんな所にもあるとは!?


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私も10年くらい海外に行ってないので国際線のことは知りませんが、国内線ではチケットレス(=QRコード)でApplePayの使えるiPhone(=7以降)を使うと、航空会社のアプリや画像だけだと、バーコードリーダーにかざした途端にApplePayに切り替わるため、Walletへの登録が必要ですが、現場では説明できるスタッフが少なく、飛行機の搭乗だけはバッテリー切れなどにも備えて、紙のプリントも持っておいた方が安心です。
https://www.ana.co.jp/ja/jp/topics/notice161109/

投稿: 工場長 | 2018年6月 5日 (火) 07時51分


工場長さま

apple pay ですか、
便利そうですね。
私のappleはまだapple5です。
この際、変更しようかな?

投稿: 元安川 | 2018年6月 6日 (水) 12時30分


顔認証をより精度よくするためなんですかね?
テロ対策で。

投稿: やんじ | 2018年6月 8日 (金) 05時18分


やんじさま

テロ対策ですか!
なるほど。
その意味は大きいでしょうね。

投稿: 元安川 | 2018年6月 8日 (金) 08時23分

2018年4月12日 (木)

庭木の伐採?

散歩していたら、道路に巨大なクレーン車がとまり、
家越しにワイヤーを降ろしている。

F8da338f9d4f405c970264c1d5c41314


「樹木伐採中」と書かれた、看板が立てかけられている。
この家の庭は、家の向こうにあり、
育ちすぎたコナラ等の枝を切るには、
木に登って切るのは危険なのと、切った枝の処分をするに、
大型クレーン車を使った方が安全だということなのだろう。

昨年、実家のコナラの木の枝の伐採を植木屋さんに頼んだら、
「木に登れるような若い職人が木から落ちて、怪我をしてしまったので、今職人がいないのです」と断られてしまったことがある。

しかしそれにしても大きなクレーン車だ。
さらに搬送用にだろう、小さなクレーンのついた小型トラックが2台も停まっていた。
作業員は4人もいる。

この辺りは森に隣接していることで、別荘地のような自然な環境が確保されているが、
反面その自然を制御するには、とんでもない手間とお金がかかるということのようだ。

コナラの木が育つのは思った以上に早い。

今年は、スギ花粉だけでなく、ヒノキ花粉で悩まされる人も多いという。
ヒノキ花粉はスギ花粉より強いだけでなく、その量も昨年の43倍だという。

自然と共生するのも大変だ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


父がよく「庭に、屋根より高い木を植えてはいけない」
と言っていたのを、思い出しました。

投稿: チチ | 2018年4月12日 (木) 17時09分


チチさま

おばあさんの知恵、
お祖父さんの知恵、
色々教えられますね。

投稿: 元安川 | 2018年4月12日 (木) 17時13分

2018年4月 2日 (月)

インタナショナルなお花見

息子の嫁の叔母とお友達がオーストラリアから来日した。
「日本のサクラを見たい」とのことだったので、新宿御苑でお花見の会をすることにした。

それにしても凄い人出だ。
チケット売り場は、あまりの人の多さに、行列制限をしていた。
周りは全て外国人客という感じだ。
中国人等のアジア系、オーストラリア等の欧米系、
なんともインタナショナルなお花見だ。
皆一生懸命サクラの花の写真を撮り、サクラの花をバックに自撮りをしていた。

来日を計画した数ヶ月前には、
この寒さではちょっとは早かったかなと心配したが、
3月に入ってからは、今年の開花は平年に比べ10日くらい早いといわれるようになって、
今度は、花が散ってしまうのではないかと心配した。

それがどうだ、まさに満開、
今年のサクラの花は、ピンクの大雪が降ったかのように、花の多さも尋常ではなかった。
ちょっとサクラの花が散る風情もあり、
最高の花見になった。

シートを敷き、座ってパーティをするのも初めてだといっていた。
デパ地下で買った装飾品のような弁当を一生懸命写真に撮っていた。

D54a08bdba634fe0ad109deb418e125d


こんな
インターナショナルなお花見をできる時代が、これからもずっと続いて欲しい!

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


次回は、平和公園でのお花見を!

投稿: やんじ | 2018年4月 2日 (月) 07時01分


やんじさま

お花見を目的に日本にくる外国人がこんなにも多いとは驚きですね。
広島のお花見はそうしたことでも価値がありますね。

投稿: 元安川 | 2018年4月 2日 (月) 10時41分


2月3月には、広島でも外国人観光客はとても少なかったです。
桜が開花してたくさんの花が咲いたように、とても多くの外国人観光客が一気に増えました。
欧米人だけでなく、イスラム教の国の人達も増えてますから、この人達を地方にも誘い込むのも地域の活性化になると思います。

投稿: やんじ | 2018年4月 3日 (火) 08時29分


やんじさま

広島は中四国地方でもっともインバウンドの誘致に成功している県だそうですが、
それでおまだまだアジア系のインバウンドは相対的に少ないようですね。
佐賀県はタイの映画のロケ地として優遇したことで、タイからの観光客が大変に多いそうです。
広島に行くと長生きするとか、
何かそうした訴えるポイントが欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年4月 3日 (火) 15時13分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30