広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

文化・芸術

2018年11月18日 (日)

煙突を看板にした !?

広電に乗ると、車を運転している時とは全く違う景観に出会う。。

これ何?

最近は、配管等をむき出しの天井を多く見かけるが、
これは天井にある排気管が、煙突のように、そのまま建物の前面にまで伸びている。
銀色に光った直径20cmほどの太い管が1階から2本、2階から2本でてきて、小さな建物の前面を覆い隠すように立っている。
格好いい!
こんなの初めてみた。

Aec4d1d8cceb4a3bb6e83a059e3a867b


鉄骨や内部の設備配管をむき出しにしたような建築はパリのポンピドーセンターが有名だが、
街中の、こんな小さな建物で、それに似たような試みがされているのだ。

広電の的場町の電停で降り、
近寄ってみれば、「焼肉ジャンゴ」のお店。
通常、焼肉の網の上にある排気管をそのまま煙突のように外に出しているだけのことだ。
普通はそんなのは隠すが、隠さずに見せ、それをお店の看板にまでしてしまっている。
いい度胸だ。

私の友人は、はるか昔、焼肉の煙がまったく立たないからと、電気の焼肉プレートを使った焼肉店を開いたことがあるが、肉がパサパサになってしまい、不味いと不評を買い、そうそうに撤退してしまったと聞いたことがある。

それをこの店は、目障りであるはずの太い排気管を見事にお店のデザイン、シンボルにしてしまっているのだ。

素晴らしい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年11月 2日 (金)

市民球場跡地で、市民フェスティバルを!

市民フェスティバルを!

所沢に住む友人に誘われ、
10月28日の土曜日、所沢の航空公園で開かれている市民フェスティバルに出かけた。
快晴、天気は最高、それにしても凄い人出だ。
隣接する航空公園駅からは人の波だ。


1911年、ここ所沢に「日本の航空発祥の地」として開かれたというが、
戦後米軍に接収され、返還された後、1978年航空記念公園として市民に解放されたという。
面積は約50haというから、市民球場の7〜8倍の広さである。

公園としてできてから40年も経つことで、木々も大きくなり、公園として様々の利用の仕方も整ってきている。

今回の市民フェスティバルもその1つだといえるが、
市民、行政のあらゆる団体の発表会会場のようでもある。

入場無料、
2日間で、市内、県内からの来場者は30万人を越えるとのことだ。


Cfa8e3cb58c344af96ae3fa27f553306


最新の消防車、ごみ収集車が展示されていたり、
身障者、老人等の福祉団体がその活動PRしていたり、
ハワイアンを踊っていたり、
太鼓のグループが絶え間なく演奏していたり、
大きな紙でカルタ取りをしていたり、
グランドゴルフの教習会をしていたり
マウンテンバイクのデモをしていたり、
チンドン屋さんが演奏していたり、
植木屋さんが大きな木々を売っていたり、
税理士、弁護士の無料相談所があったり、
風船が配られていたり、
・・・・・
する。

あちこちで焼きそば、うどん、ハンバーグ、ホットドッグ・・・も売られている。
弁当を持ってこなくとも、そんなのを摘んでいれば、腹一杯になる。
それはそれでまた楽しいい。

市民の誰もが、主催者になることもできるし、単なるお客であることもできるといった感じだ。それぞれにユニホームを着ているから区別ができるが、脱いだらそれこそわからない。
全てのイベントが、普段の生活の一部という感じだ。
面白い!
楽しい!

こうしたビッグイベントもこれほど広い公園があってこそ開けるのだろう。
こうしたイベントが開けることで、この街、所沢が地域の中心になっているのだろうと思える。

広島も、市民球場跡地、グリーンアリーナ、中央公園、広島城まで含めた地区で、
こんな自由な市民、県民フェスティバルをやったらいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年10月28日 (日)

並木通りに案山子 ?

新興住宅地の中にポツンと取り残されたようにある畑で「農作業をしている老夫婦?」
近寄ってみれば、案山子(かかし)ではないか。
上手く騙された。
我ながらおかしくなった。
よくできている。

F6800fc9d1204234b1f52ac334c7c352


畑で椅子に座っているのも可笑しいといえば可笑しいが、
ここまでくると単なる案山子というより、一対の現代アートだ。

これまではロダンの「考える人」やミケランジェロの「ダビデ像」のように宗教的な作品が彫刻と見なされてきたが、
最近にあっては、草間彌生の水玉模様のカボチャだって、村上隆のフィギュアだって、素晴らしい作品として世界的に評価されている。

この案山子だって、生活に密着した彫刻といえるのではないだろうか。


割烹着を着たりしているから、雨に濡れて、しばらくすれば、風化してしまうのも、その儚さがいいといえばいえる。
後に残るのはYouTube等のネットの画像というのも面白い。

こんな案山子を集めて並木通りに展示したら面白そうだ。
並木通りは340mもあるという。

案山子をテーマにした作品を全国から募集し、「案山子グランプリ」を開催してもいい。

地元広島はアニメ「この世界の片隅に」の登場人物の案山子を作って応募したらどうだろう。
「案山子の並木道り」として有名になるかもしれない?

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年9月30日 (日)

シドニーオペラハウスのガイドブック

2007年、ウッツォンの設計したシドニーオペラハウスはピラミッドや万里の長城と一緒に世界遺産になった。
いまだに最も新しい建築として、その記録は破られていないという。

シドニーの街の最も景観の美しい岬に建っていることもあり、その存在感は圧倒的だ。
そんな有名な建築について、私が触れるまでもないことだと思っていたが、
オペラハウスで、せっかく来たのだからと買い求めた94ページほどのガイドブックに結構面いことがいくつも書いてあった。

シドニー市内には、このオペラハウスができる以前からオペラハウスはあったとのことだが、さらに大きなオペラハウスが欲しいということになり、
場所はどこにするか、設計をどうするか等様々に議論がされ、
結局建設予定地は現在建っている場所と決まり、世界中からの設計コンペを行うことにしたという。
当選したのは、当時全く無名の39歳のデンマークのウッツォンの案に決まったという。
ウッツォンの案はイメージスケッチということもあって、すんなりウッツォンに決まったわけではなく、審査員の1人であったサーリネンが強く押したからであるとのことだ。
サーリネンはニューヨークJFK空港のTWAビルの設計者として有名だが、丹下健三氏の設計した代々木競技場の設計のヒントを与えた人としても有名である。

設計が決まったのが1956年、
そこから幾多の困難に堕ちいるわけだが、
中でも一番の問題は、あの兜のような曲線を描いた外形はシェルの技術を使えばさして難しいことではないと思われていたが、計算尺を使って計算する時代にあっては、大中小様々の大きさの外形を作るのは容易ではないということが明らかになり、
それこそ計画が継続されるかどうかに直面したのだという。
その時、ウッツォンから「丸い球から切り出したような形にすれば、大きさに関係なく円形の外形ができるのではないか」という提案があり、建設を継続することができるようになったのだという。
確かにそうだ。

D4b6766d895b4df2b9501a692b39a0de

直角で交わるのが常識の建築界にあって、曲線の形を作ることはかなり難しいようだ。
工事期間が大幅に延びただけでなく、予算は何回も変更され、
とうとうもうウッツォンには任せておけないということになり、
最後の頃には、顧問のような立場に追いやられたことから、ウッツォンは辞任して国に帰ってしまったという。

何しろ工事費は当初予算700万ドルだったものが、竣工時には1億200万ドルと14.5倍となってしまっている。
延びに延びた工事期間はオペラハウス工事のため既存施設が解体された時から計算すると、着工1958年、竣工1975年と、なんと17年もかかっている。
その工期の長さ、予算オーバーの額の桁外れの大きさは、現代建築にあってはありえない話だ。

丹下健三氏の設計の代々木の国立競技場は予算の3倍かかったと大騒ぎになったといわれていたが、そんなのは可愛いいもんだとすら思えてくる。

当初計画ではコンサート、オペラのための大ホール3000~3500席だったのが、
完成した時には大ホールは2679席と大幅に縮小されただけでなく、大ホールではオペラを演ずることもできなくなってなっているそうだ。

設計者が生きてる間に、設計した建物が世界遺産になったのは史上初めての人だという。
結果として、ウッツォンは極めて幸せな建築家となったということだ。

ここで忘れてならないのは、こんなとてつもないプロジェクトを作ろうと決断したのは時の首相ジョン・ジョセフ・カールだという。
彼はこうなることをイメージしていたのだろうか。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


形が奇抜なだけで、オペラホールを作る目的なのにそれができないホールとなったのは、建築としては失敗になるのではないでしょうか?
東京オリンピックのために新築される国立競技場の最初のコンペに合格した案を、強引に建築したとしたら同じようになったのでしょうか。

投稿: やんじ | 2018年10月 2日 (火) 05時07分


やんじさま

当初想定した「3000人を超える規模の収容人員のオペラハウス」
という目的が実現でなかったから失敗だ。
というのか、
「世界遺産に登録された」から大成功だというのか、
面白い議論ですね。

どうも今のシドニーの人たちは「3000人を超える規模の収容人員のオペラハウス」を作るなんて目的はすっかり忘れてしまっているようでした。

投稿: 元安川 | 2018年10月 2日 (火) 13時54分

2018年8月 2日 (木)

子供たちが町の賑わいを作り出す!

東京の近郊の実家のある町内会のお祭りに参加した。

孫が6時半頃に太鼓を打つから見に来て欲しいと娘にいわれていたのだが、
「祭り」ときいただけで、なんとなく興奮して来るからおかしい。
今年は、妻が1歳の孫に甚平さん、4歳の孫には浴衣をプレゼントをしたのだ。

町内会のお祭りだから小さなもんだが、
それでも今年は子供が多いのに驚いた。
外人も、役員となっていたり、盆踊りの輪の中にも数人見かける。
浴衣にスニーカーというのも時代だろう。

7a30e0080e4840ca88a66ea18c76c374

参加しているのは主催する町内会の住民だけでなく、周辺からの参加も多いらしい。
自治会はできてまだ50年くらいらしいが、
周辺の町内会にはお祭りそのものがないこともありあり、
周辺の人たちも、ここの町内会のお祭りを楽しみにしているらしい。
子供が、参加者の半数くらいを占めているからだろうか、
随分と賑やかだ。

何か特別な出し物があるわけではない。
ヤグラが組まれ、東京音頭etc.に合わせ太鼓が叩かれ、
浴衣の女性、子供が踊るといったごくシンプルなお祭りだ。

テキ屋さんの出店はなく、
代わりに、町内会の運営する焼きそば、焼き鳥、缶ジュースのテントが何店かあるだけだ。
運営は結構大変らしい。

盆踊りの翌日には、子供たちが山車を引いて町内を練り歩く。
近くには地域であは有名な神社もある。
この際、山車を神社に奉納するようにしたらどうだろうか。
この町内会のお祭もさらに盛り上がるかもしれない。
!!!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


お祭りは、
神輿を担ぐ男性達、
踊る女性達、
裏方となって取り仕切ってくれる高齢者達、
屋台を覗く子供達、
といったバランスが取れていないと面白くありませんよね。

投稿: マツリ | 2018年8月 2日 (木) 09時35分


マツリさま

確かにお祭りは多様性があることが重要ですね。
同時にそこに宗教的シンボルも必要ですね。

投稿: 元安川 | 2018年8月 2日 (木) 10時52分

2018年7月 1日 (日)

孫の代になると、どうなるかな?

数年前に本棚の一部に、小さな仏壇を置くことにした。
桑の木で作られた45×30×60cmのくらいの小さな仏壇だ。


Be9af8065fc84cbab407999191a5c337


本家を建て替えた時に、仏壇も新しいのに替えたが、何故か母は古い仏壇を残していた。

弟も妹も「お兄ちゃんのために残してくれたよ」というから、引き受けて、我が家に持ってきて、飾ることにしたが、
先日、その本家も処分したので、位牌、大日如来の仏像、それに仏具一式も持ってきて飾ることにしたというわけだ。

我が家は真言宗豊山派だが、妻の実家は浄土真宗本願寺派だから、位牌はない。
そんなこともあってか、仏壇の脇には妻と私の両親の写真が飾られている。

毎朝、毎夕、礼拝しているが、
なんとなく気分が休まるから不思議だ。

お彼岸、お盆にはお墓参りもする。

その時には息子のオーストラリア人の嫁さんも一緒にお参りしてくれる。
日本の習慣に馴染んでくれている。

孫たちの世代になるとどうなるかな。
日本にいるか、どうかもわからないしな?

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年6月23日 (土)

30年以上もの間、お中元、お歳暮を贈ってくれる人!

私もお世話になった方には、長く、お中元、お歳暮をお贈りしているケースはあるが、
単なるビジネスのお付き合いで、30年以上もお中元、お歳暮をいただいているのはこの会社だけだ。

それも、私が、もうその頃勤務していた会社を辞めてから、20年以上は経つし、
担当の方には1〜2度お会いしただけなので、顔も覚えていない。
お贈りしてくれるのは1度もお会いしたこともない、その会社の社長名で贈られてくるから、
当時の担当者の名前すら覚えていない。
なんとも律儀な人だ。

贈られてくるのは夏は山形のサクランボ・佐藤錦、冬は西洋梨・ラグランスと決まっている。

B60fb7f3720341d4988be80542baacd2


お中元、お歳暮を贈る意味は、ご自愛くださいという意味もあるらしいが、
感謝の意味が大きいようだ。
https://rp1l.net/203.html

日本人の不思議なお付き合いの仕方を改めて思わざるを得ない。

そういえば、私は大変に苦労したのに、なんの反応もない会社、なかった人もいる。
この会社には、ほとんど何もしていないのにこれだ。

このサクランボを贈ってくれる会社は、その後も上手くいっているのだろうなと思わざるを得ない。

お中元、お歳暮が欲しいわけではなく、
心から、これからも、その会社が上手くいってほしいと願っている。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年6月 3日 (日)

まちかど回遊美術館 ・ 自宅のアトリエを解放

友人のお母さんの画家安増千枝子さんの作品は、グランドプリンスホテル広島の客室に数多く掛けられている。

部屋に戻って来たとき、女性らしいホワーッとした絵には、癒される。

その安増さんのアトリエが、豊島区の呼びかけで始まった「まちかど回遊美術館」として一般にも解放されるとの案内をいただいた。
http://kaiyu-art.net/about.php

F3afab8e8f2c45f0b3f8336f3fdb57d5


会期は過ぎていたが、娘さんの友人ということで、特別に見せていただいた。

古い住宅地の一角にある蔦の絡まったRCの建物のアトリエに展示されている若い頃の作品や、花、鳥をテーマにした絵は、また違った味わいがある。

2階のテラスに咲く紫陽花を見ながら、
お喋りをするのもまたなんとも楽しい。

文化勲章受章者だったという祖父の写真も飾られていた。

984fd7f977e142eebc8283f294eb3c3b


広島には数多くのマンションがあるが、
マンションにも画家が住み、アトリエはあるだろうと思う。
こんな風に、マンションのアトリエを解放するということはできないのだろうか。

セキュリティ上、難しいかもしれないが、
なんとか工夫して、解放できないかなー。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年5月20日 (日)

和製中国語? 笑門来福

浅草寺二天門前のお土産屋さんで「笑門来福」と書かれたシールを買い、
iPadにつけたキーボードの裏に貼り付けた。

Dc1eb0b3a11444b5835a38835858aa46


妻には「何で、そんなに大きいの貼り付けたのよ」
と笑われてしまった。

芸妓さんの1cm×5cm程度の小さな名刺を貼るなら、粋といえようが、
こんなに大きくては、ちょっとドンくさい。


これはキャリーバグなどの大きなバッグに貼ることを想定して作られたものなのだろう。
でも「笑門来福」という言葉が気に入って、まあいいかと、貼り付けたというわけだ。

「笑う門(かど)には福来たる」
いつもにこにこと笑って暮らす人の家には、自然に幸運がめぐってくる、という意味のようだが、「笑門来福」という4文字熟語はないようだ。
そもそもこれは「和製中国語」のようだというから、可笑しい。

余計気に入った!

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


札の背景色が赤いのがいいですね。
年賀状にそう書いたりするようですね。
既に市民権を得ている
「四字熟語」
だと思っています。

投稿: 緩和ケア薬剤師 | 2018年5月20日 (日) 20時00分


緩和ケア薬剤師さま

コメント、ありがとうございます。

ナイターは英語?
アベックはフランス語?
アルバイトはドイツ語?
それぞれもう立派に日本語として市民権を得ていますね。
日本人の造語力は凄いということでしょうね。

投稿: 元安川 | 2018年5月20日 (日) 20時42分

2018年5月14日 (月)

美しい黄菖蒲にはご注意を?

「愛でる」と書いて「めでる」と読む。
美しい「やまとことば」だ。

そんな言葉が相応しい花だ。

元々は小川だったのだろうが、民家の敷地をひろげるためもあってか、コンクリートの擁壁に囲まれた幅2〜3mの狭い側溝のようになってしまっている。
そこに、
黄色い菖蒲の花がその狭い溝を埋めるほどに群生し、咲いている。

溝の長さはたった10mほどと短く、
川下は太い道路の下をくぐるところで、切れてしまっている。
その先は、コンクリートの蓋がされ、通路になってしまっている。
ちょっと残念だ。

8313bbd5402b459dba46d658883eeb22


いずれがアヤメかカキツバタという言葉もある。
立てば芍薬、座れば牡丹というほどの華やかさはないが、
狭い水辺に、楚々と咲いている黄色い花はなんとも美しい。


と思って、得々して、調べてみると、
なんとこの花は「黄菖蒲」といい、アヤメ科アヤメ属の帰化植物で、警戒が必要だとのことだ。

ウィキペディアには、
「西アジア、ヨーロッパの原産の植物で、明治頃から栽培されていたものが日本全国の水辺や湿地、水田脇に野生化している上に、林縁など湿地以外の場所にもよく生育するため、拡大の懸念がある。
観賞用に栽培されているハナショウブには黄色系の花がないため、その貴重性から重宝されたが、湖沼や河川などへの拡散が問題となっている。
環境省は「要注意外来生物」の一種として「栽培にあたっては、逸出を起こさない」「既に野生化している湖沼等があり、在来種との競合・駆逐等のおそれがある場所については、積極的な防除または分布拡大の抑制策の検討が望まれる」として警戒を呼びかけている」

ウーン。
そういえば菖蒲園の黄色い花の菖蒲は、他の花菖蒲とは隔離された場に咲いている。

でも綺麗だよなー。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


帰化植物だからといって、一律に規制するのでなく、
綺麗な花を咲かせるからということで、
植栽を奨励するということも、あってもいいのではないでしょかね。

投稿: Gen | 2018年5月14日 (月) 22時06分


Genさま

日本には約4000種の植物があるそうですが、その内1200種が帰化植物だそうです。
あの秋に咲く、可憐なコスモスも明治時代にメキシコから日本にきた帰化植物だそうです。
一概に帰化植物だから駆除するというのでなく、
上手く制御して、楽しむことが必要なようですね。

投稿: 元安川 | 2018年5月15日 (火) 10時54分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30