広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

文化・芸術

2017年3月 6日 (月)

先人の知恵! 卒業式

イライザさんが息子さんの卒業式に出席し、感動したとブログに書かれていた。

振り返って、私は?
息子、娘の卒業式、入学式に出席したかな?

息子の大学院の卒業式には出た記憶はある。
娘に聞けば、高校の卒業式にはきてくれたという。

ということは、後は一切出ていないということだ。

そもそも私自身、
高校の入学式には出たが、
そこから後の、高校の卒業式、大学の入学式、卒業式、大学院の入学式、卒業式に出ていない。
当然その頃の卒業アルバムは一冊もない。

全共闘世代に、特に顕著な、既成の権威や概念は無視する、壊すべきだという思いからだ。
教授をバカにし、
大学にはいったが、授業にはでず、近くの喫茶店で、友人達と延々と議論していた。

その頃最も影響を受けた本は、
コリンウイルソンの「アウトサイダー」だ。
ニーチェも夢中なって読んだ。

国家試験はそれこそ一夜漬けでとった。
だから正直なところ、専門についてはほとんど知らない。

息子、娘の教育、子育ても全て妻に任せ放しだった。
その頃は、ほぼ毎日午前様で、二日酔いで、会社にはいつも遅刻していた。

幼稚園に通っていた息子が、
「お父さんの好きなもの」との答えに「お粥」と書いて、
妻が「おたくのお父さんはご病気ですか」と言われたと、妻が怒っていたことがある。
毎日二日酔いでお粥しか喉を通らなかったのだ。

それで、よくここまでやってこれたと、改めて不思議に思う。
好奇心だけに突き動かされてやってきた?

「結婚式はやらない」
という娘に
「駄目。やりなさい」
「結婚式には、先人の知恵が詰まっているのだ」
と説教し、強引に挙げさせた。

可笑しい?!

元安川


*願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年2月 4日 (土)

マンションの外壁の塗り替え

友人の住む、広島駅北口をでて、4〜5分の所に建つ地産マンションの外壁塗り替え工事が終了した。
あたかも新築のマンションが建ったかのような変わり方だ。

新しい素材なのだろう、白い塗料もセラミックのような厚みと光沢があり、凹凸があり、風格すらある。
駅の南に建つシテイタワー等の高層マンションと異なり、鉄骨を建てて、コンクリートを打っている。
手仕事の味わいもある。

Img_9512


竣工したのが1974年というから、すでに43年も経つ。
随分と古い建物だ。
地震に対してちょっと心配はあるが、
それより水道管、排水管等の劣化が著しく、度々水浸しになるような事故を起こしていると、友人はこぼしていた。
そうしたこともあってか。室内をデザイナーズマンションのように、オシャレにリノベーションしている部屋もあるらしい。

最近は、
その立地の良さと、広島駅前周辺の開発に合わせて、マンション価格も5割以上もアップしているようだ。

広島は人口のわりに、市街地が狭いことから、他都市に比べ、圧倒的にマンションが多い。
合人社という全国的レベルのマンション管理会社も生まれている。

今盛んにいわれるコンパクトシティも広島ではごく自然にできてきた。
広電というLRTもあるし、本通りという商店街は賑やかだし、市役所、県庁、デパート、病院もそれこそ歩いて行ける範囲にある。

被爆で71年前の街は消えてしまっているが、
それから以降に人々の作りあげてきた街は、今や時代の最先端をいく街となっている。

43年前に作られたこの地産マンションは、
造られた当時は、ごく普通の商業建築であったが、
いまとなってみると、古くて新しい建物としてそれなりの価値を持ってきている。

こうした歴史を、どう位置づけ、そして次に繋げていくがが、今問われているようだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


新幹線の開通に合わせての開発のひとつなんでしょうね。
まだ国鉄が元気な頃でもあり、宿舎や物資部が賑やか頃ですね。
でも、この辺りは空き地ばかりだったと思います、

投稿: やんじ | 2017年2月 4日 (土) 21時06分


やんじ様

新幹線の開通は広島の街の構造を変えましたね。
次は広島空港駅がどんな形でできるかですかですが。
???

投稿: 元安川 | 2017年2月 5日 (日) 11時04分

2017年1月31日 (火)

パン屋さんもカープレッドに!

広島駅北口を出てすぐのパン屋さんの外観の塗装がカープレッドに変わった。
綺麗だ。
よく目立つ。

前の色は白だったかな?

Img_9486

以前からあった「ワンコインベーカリー」を塗り替えたのかと思ったが、
お店の名前もBIG SETに変わっている。

BIG SETB宮島本店の系列店として、同じコンセプトの店に変わったということのようだ。
「お店の奥に釜があり、焼きたてを売りにしているが、
すべてのパンが108円というのは無理じゃないかなー」と思っていたが、
やはりそういうことだったのだろう。

パンを1つ買うと100円のコーヒーを50円にしてくれるという。
私の好きなアンパンも?
アンパンとセルフサービスのコーヒーで150円だ。
アンパンも美味いし、コーヒーの味もまあまあだ。

パンの売り場の脇には、赤い椅子とテーブルのイートインのコーナーも設けられている。
軽くランチをしたい時には良さそうだ。

そういえば本通りにあるダイソウの外観もカープレッドに変わった。
他の都市のダイソウの外観の塗装は依然ピンクだが、いずれカープレッドに変わるのだろうか。

マツダの新しいロードスターがカープレッドに塗られて登場した時には衝撃的だった。
ロードスターはその年のカーオブザイヤーも取得した。

広島カープも優勝し、
カープレッドの広電の電車がたくさん走るようになった。

多種多様な施設がカープレッドになっていく。

厳島神社の朱の鳥居はたくさんの人を惹きつける。

赤は広島を象徴する色となった。
広島の街の元気を感じる。

こうしたことを「サラウンド効果」というようだが、
この際元安川の2号線に架かる「新明治橋」もカープレッドに塗り替えたらいい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


マツダ車のあの赤は、マツダの独自の技術でのみできる色だそうです。
他社が真似をしようとすれば、かなりの工程が必要になるとか。
カープのヘルメットの赤は、このマツダの赤です。
それと30年以上前に全国的に流行ったのも、マツダファミリアハッチバックの赤でしたね。
通称マツダ323だったかな?
カープの赤とマツダの赤は、どちらも広島の誇りですね。

投稿: やんじ | 2017年2月 4日 (土) 21時01分


やんじ様

マツダレッドは深みのある赤ですね。
相当な技術が背景にあるだろうことが伺えますね。

投稿: 元安川 | 2017年2月 5日 (日) 10時59分

2017年1月29日 (日)

縮景園と県立美術館と市長公館

浅野候別邸の復元

先日の中国新聞に「広島県は来年度2017年から、県立美術館と縮景園の管理を一体的に管理する指定管理者をイズミテクノと広島緑地建設、広田造園の3社の共同事業体委託する」と載っていた。

今年度まで県立美術館と縮景園がそれぞれ別々に運営されていたわけだが、
だからといって、取り立てて不便を感じたことはなかった。
今後どのように一体化されることで運営の仕方が変わるのかも気になるが、
それならこの際、
隣接するというより、元々縮景園の一部だったろうと思われる広島市長公館も、県が取得し、
一般に解放し、一体的に運営したらどうだろうか。

Img_9484

公館の建物そのものは、建築的にもそれほど価値があるとは思えないが、庭は広くてなかなか立派だ。
それなら公館の建物は、撤去し、その跡地にそれなりに由緒ある建物を移築するなりしたらどうだろうか。

例えば厳島神社の対岸に対岸荘と呼ばれる浅野候の建物があったと聞くが、
その建物を復元するということも考えられる。

昨年「200年前の浅野候別邸泉邸図」が発見されたとのことがニュースになったが、
その資料が、頼山陽史跡資料館に展示されているとのことで見に行った。
こちらは庭園の様子は描かれているが、建物は描かれていない。
以前から頼山陽史跡資料館が所有しているという「縮景園山荘図」巻一・巻二の中には浅野候復元されていない建物も描かれているだろうと思われるが、
それらを復元してもいい。

広島の新しい名所が創れるかも知れない。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


久々に覗かせて戴きました。
昨日縮景園もこれまた十数年振りに訪れ、梅に感動しましたのでコメントします。
三分くらいだろうということでしたが、中には五分六分、白梅のほぼ満開の木もあり見事でした。時間がなく池を半周して帰りました。カメには会えませんでしたが、鯉たちが随分増えたような気がして、三渓園(変換が違うような気もしますが、広島空港近くの、、、)並みに混み合ってました。

投稿: 一ノ瀨厚 | 2017年1月29日 (日) 10時56分


一ノ瀬厚様

広島空港近くの三景園も年を経るにつれ、
味が出てきましたね。

投稿: 元安川 | 2017年1月29日 (日) 18時23分

2017年1月23日 (月)

フエア 広島空旅・シャレオ中央広場

昨日3時近くシャレオ中央広場をと取りかかったら、ムーミンの曲が聞こえてきた。
スプリング・グリーンバンド、
LCCの春秋航空の客室乗務員と成田空港の職員で結成したバンドによる演奏だという。
サックス、ギター、ドラム、それにボーカル
皆素人だろうが上手い。
演奏の後じゃんけんで勝ち残ると、広島空港と成田空港往復のチケットをくれる。
広島空港から成田空港まで片道5690円でいけるとのPRをしている。
成田空港はLet's go on a girl's trip to Chiba 「千葉で女子旅」の小冊子を配っている。

Img_9464


ラスベガスのコーナーでは、iPadでアンケートに答えるようになっていたので、
クリックして答えたら、ボールペンと、分厚いアメリカの観光案内の本をいただいた。

ただPRブースがあるだけでなく、
ゆるキャラがいたり、ミス沖縄と松本裕見子さんのインタビューがあったり、
一緒に写真を撮ったりしている家族もいる。

こうしたイベントがあると、シャレオも随分と賑やかになり、なんとなくウキウキしてくる。

東日本ホテルズ、沖縄、イタリア、ラスベガス、フィリピン、タイ・・のブースもある。
全部で18ブースもあるというが、
18も集まるとこれだけのイベントができるというわけだ。

シャレオ中央広場は、寒くても、雨が降っていても、
こんなイベントができる数少ないポイントだ。
今日はアストラムラインに乗る都合があって、通りがかったらこのイベントに遭遇したが、
この中央広場では、他種多様なイベントがそれこそ毎週末に開かれている。

シャレオは事実上市の所有する施設だ。
「ひろしま市民と市政」にも載せたらいいだろうし、
もっとたくさんの市民に知らせたらいい。
シャレオの経営にも寄与するだろうと思う。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2016年12月20日 (火)

我が家のクリスマスツリー

平和大通りのドリミネーションも年々充実してきている。

我が家の小さなクリスマスツリーも年々飾り物が増え、モミの木が見えなくなりつつある。
点滅する赤、青、黄のイルミネーション。
それにサンタさん、星、ハート、雪だるま、ソリに乗った少女、スキーをする少年、箒・・・・・
飾りを見ているだけで楽しくなる。

Img_9274

24日のクリスマスイブにはオーストラリアからの息子の嫁さんの両親も加わり、
皆でケーキを食べ、プレゼントを交換したりする。
娘夫婦は「花札」をプレゼントしようかなと言っている。
近頃は英語の遊び方なんてのも付いているらしい。

アメリカでは「メリークリスマス!」とはいわず、「ハッピーホリデー」ということにしたらしい。
クリスマスは、キリスト教の宗教的行事だから、ユダヤ教やイスラム教など他の宗教に配慮したのだという。

へー。

日本ではクリスマスセールもやるし、歳末バーゲンセールもやる。
10月31日には、アメリカから伝わったのだろうハロウィンと称する仮装した若者たちで街は溢れ、東京渋谷では警察が出るほどの騒ぎになったという。

我が家では、先日は神社で七五三のお祝いをした。

そして大晦日には除夜の鐘を聞き、お正月には初詣をする。

日本人のこのなんでもありには我ながらいささか呆れるが、
コンプライアンスだ、セキュリティだ、サイバー攻撃だと何かと堅苦しくなってきた時代にあって、この「ゆるさ」は心地よい。

もっとも最近は、除夜の鐘がうるさいから止めることにしたとか、
臼でついたお餅は衛生上問題があるから販売はしないことにしたとか、
?、 なんてことも起こりつつあるようだ。

日本はあまりに衛生的な国になったことで、インドやエジプト等の外国に行くと、すぐに病気になって倒れてしまう人も多いと聞く。

「ゆるさ」「多様性」に耐えるのもなかなか楽なことではないようだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


最近のイベントでの餅つきでは、餅つきはパフォーマンスで、そこでついた餅は全て廃棄し、食べるための餅は厨房などで作ったものを出しているそうです。餅を喉に詰まらせて窒息死する人は毎年100人くらいいますから、いずれ餅を食べることも禁止されるのではないでしょうか。
「もちが禁止されてから10年が経った」という記事があります。
http://anond.hatelabo.jp/20161129165629

投稿: はてな | 2016年12月20日 (火) 08時37分


はてな様

餅つきが禁止なら、
いずれ、
お好み焼きも客の前で握る寿司も禁止になる可能性がありますね。

投稿: 元安川 | 2016年12月20日 (火) 11時02分


最近は、許さない世の中になってしまいましたね。
あまりにも綺麗になり、少しの菌にも耐えられないようになりつつあるのでしょうか。
昔は聞いたことのない嘔吐下痢とかもありますし。
そのうち、昔は無害だった菌で大病になるのかもしれませんね。
管理された衛生では、自分は守れないでしょうに。

投稿: やんじ | 2016年12月20日 (火) 13時43分


やんじ様

過保護で育ったウドの大木?
日本人は核、原発事故で滅びる前に、
細菌、ウイルスで絶滅するかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2016年12月20日 (火) 17時19分


 かつては疫病で数千万人という人が亡くなっていたが、先進国では公衆衛生のレベルアップで、そういうことはなくなり、今では100人死んでも大騒動だ。
 日本人が飲むと一発で下痢になるような水を平気で飲めるような鍛えられた体を持つ人の暮らす地域では、今でも多くの人が疫病で亡くなり、不衛生なことが原因で視力を失う子ども達が何百万人もいる。
 ひ弱な人間が淘汰され頑強な人間だけが生き延びる社会より、ひ弱でも生きていける社会を目指すべきではないか。

投稿: パンデミック | 2016年12月20日 (火) 19時18分


パンデミック様

ひ弱でも、
身障者でも、
LGPDでも、
楽しく、生きていける社会であって欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2016年12月20日 (火) 20時51分

2016年10月31日 (月)

床に貼られた売り場案内図

床に貼られた売り場案内図

「ビックカメラ広島駅前店」が9月14日にグランドオープンした。
地下2階から3階まで、
売場面積は約7,000㎡と随分と広い。

ビックカメラというお店の名前のように元々カメラの量販店とスタートしたが
その後、家電、パソコン、スマホの販売を始め、
今では酒類、ゴルフ用品、寝具、メガネ、薬、自転車、玩具など、多様な生活用品を取り扱う大型店になっている。
広島駅前ということで、広島土産の販売もしているようだ。

駅前の地下広場からの入り口がメインの入り口といえそうだが、
それにしても、どこに何があるかを探すのも大変だ。

通常各階で何を売っているかは、大体わかるが、
困るのは、そのフロアに着いてからだ。

エスカレーターを降りてすぐ脇の柱にフロア案内の地図が貼られていたりするが、
自分がどこにいるのかを確認するのも結構大変だし、
そもそも小さくて見にくい。

天井からは、エスカレーターの方向、トイレの位置の方向の表示はあるが、
どこで何を売っているかの表示はない。


それがここビックカメラでは「床に貼られた売り場案内図」があり、
今自分がどこに立っているのか、
どっちにいけば、目指す売り場があるのかわかるようになっている。

1m四方はあるだろうか、
随分と大きな案内図だ。

Img_8991


これはいい。

私の目指すゴルフ用品売り場にもすんなりと行けた。

ソレイユのような大きな店舗ではこうした「床の売り場案内図」を貼るようにしたらいい。
本通り商店街でも、通りの床に案内図を貼ったらいい。

元安川

安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2016年10月 9日 (日)

オーストラリアのお花見と世界の花の樹広場

息子の嫁さんの両親から、
オーストラリアの自宅の桜の木の下で、お花見をしている写真が送られてきた。
キャンベラはちょうど今桜の花の咲く季節のようだ。

今年の春、両親が日本に来られた時、
一緒にお花見をしたのが、よほど楽しかったようだ。

桜の木の下にブルーシートを敷き、2人でお弁当を拡げて食べたようだ。
あのお花見がそんなに楽しかったとはちょっと意外だったが、
10月8日の日経新聞に、
外人観光客に日本旅行で体験してみたいことについてアンケートしたところ
約7割の人が「伝統的な日本料理を食べたい」についで「桜の鑑賞」を挙げているというから、
お花見は日本を象徴するイベントと映っているようだ。

ネットで改めて調べて見ると
http://omiyagejapan.blue/place/sakura.html
桜そのものの美しさに加えて、
お花見は日本の自然、文化、そして日本地域を感じられるからのようだ。

外国人には、広島の桜というと宮島の桜が人気のようだ。
私は友人たちと毎年、平和公園脇の元安川に面した桜並木の下でお花見の会を催しているが、
お花見がそんなに外国人にも人気があるなら、
市民球場跡地の広場を整備する際、桜を植えたらいいと思う。
せっかくなら、アメリカのハナミズキ等世界各国の花の樹を植えたらいい。
中華民国の国の樹は梅のようだし、
イギリスはバラのようだ。
国の樹でなくとも、その国を象徴するような花の咲く樹ならいいとしてもいいだろう。
そんな花の咲く樹を植えることで、市民球場跡地を「世界友好の広場」としたらどうだろうか。
場所が足りなければ、平和大通りや中央公園に、〇〇国の花の樹広場を設けて、整備していったたらいいだろう。

そうすれば、1年中お花見ができる?

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2016年9月11日 (日)

マチオモイ帖とヒロシマモノコトストア

本通りから2本入った袋町の通りを歩いていたら、面白そうなお店を見つけた。
「ヒロシマ モノコト ストア」

ギャラリーといえばいえるが、入り口近くには数個の盆栽や陶芸品が置かれ、
中に入ると、可愛らしい小さな冊子が何冊も並んでいる。
自分の育った島の思い出や、学生時代を過ごしたマチの思い出が、手描きの絵や写真に添えて言葉で綴られている。
小さなランドセルのような形をした冊子には、子供の頃の思い出が描かれている。
全くのアナログの感じがいい。
思い入れ、温もりがある。

瀬戸内の島に住むあるクリエイターの町を思う1冊から始まった活動が、
「マチオモイ帖」として全国に広がったのだという。
広島展は9月23日までやってるという。
http://machiomoi.net

Image


誰がプロヂュースしたのだろうか、
素晴らしい企画だ。

広島市立大学芸術学部の学生全員にこのようなことをさせたら、どんな作品を創るのだろうか、
やってみたらいい。
広島市立大学なら「まちおもい」かな。


螺旋階段を上った2階はオリジナルのカバン、財布が数点並んでいる。
商品ではなく、どれも作品だ。

脇にはカウンター席があり、コーヒーも飲めるようになっている。

次はどんなイベントがされるのだろうか、
楽しみだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2016年8月10日 (水)

ドライミストと花

クレドホールを出て、アストラムラインの県庁前駅に降りる階段下の広場の一部にウッドデッキのテラスが設けられ、パラソルの下で飲食もできるようになっている。
その脇にドライミストを噴射するポールとお花のボックスが立っている。
随分と涼し気だ。

Image


「ドライミストは、水を微細な霧の状態にして噴射し、蒸発する際の気化熱の吸収を利用して主に地上の局所を冷却する装置。
水の粒子が小さいため素早く蒸発し、肌や服が濡れることもない」
とのことだがが、
確かに霧の中に立って見ても、すくに蒸発するからだろう、霧を感じることはない。
それでもドライミストは周辺の温度を2~3度下げる効果があり、
使用電力はエアコンの1/20程度だというから、かなりエコな冷房装置だといえる。

見た目にも涼し気であり、
下に咲いている花への水の補給にもなっているのだろう。

暑い夏に、
パラソルの下で、コーヒーを飲みながら、本を読んだり、スマホをするなんてのもシャレている。
NTTもなかなか粋なことをする。


平和公園脇のカフェ・ポンテのテラス、京橋川脇のオープンカフェ等にも、
このドライミストを設置したらいい。

広島の夏の風物詩の1つとなるのではないだろうか。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

より以前の記事一覧

関連書籍

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31