広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

携帯・デジカメ

2016年12月31日 (土)

年末にAirPods

自宅を建て替える時に、100年分の整理と一緒に思い切った断捨離を行い、それ以降はコンパクトな家で必要なものしかないようにしていたはずですが、それでも、いつの間にか、モノは溜まっているものです。

そんな今「あって良かった」と心から思えるのが、現在ネットオークションで定価の2倍くらいで売れているApple製のイヤホン=AirPodsです。

発売前は「耳からうどん」とか、落とし易い、失くし易い、と懸念されていたものの、実際に発売されて、その評価の高さに欲しくなった人が多いようで、1ヶ月も待てば確実に手に入る商品にも関わらず、どうしても年末年始に欲しい人が2倍の価格でも買っているようです。

以前から完全独立型のBluetoothイヤホンは使っており、ヒモがないという自由がどれほどのものかは十分に知っていましたが、どの製品も落下を防ぐために耳栓のような窮屈な感じがありました。更に価格に見合わない音質と左右のバランスや遅延なども状況を選んでいました。

ところが AirPods は非常に軽くしか入っていないのに、どんなに体を動かしても落ちません。

部屋を出入りしながら、色々な姿勢をとりながら、着替えをしながらでも、音楽を途切れることなく聴くことができます。

もちろん、Siriも使えますし、電話もできます。iPhoneやApple Watchを操作することからも開放されます。

また、Bluetooth機器はペアリングで手間取ることもありますが、AirPodsは、まるで魔法のように、イヤホンをケースから取り出した瞬間にペアリングでき、iPhoneにはAirPodsとケースの画像と、それぞれの充電量まで現れます。

Airpods

音質は有線の同価格帯のものと比べると劣りますが、従来の倍以上の価格だった独立型のワイヤレスイヤホンよりは明らかに高音質であり、ゲームをする人には遅延も少なく、この価格でこの性能は流石Appleです。今後はAirPodsで聴くことが年末に限られそうにはありません。

AirPods by Apple
https://www.youtube.com/watch?v=RdtHX15sXiU


https://www.youtube.com/watch?v=I3ITitM3vuI&t=27s


http://dl.dropboxusercontent.com/u/30573006/papa2007b.mp3


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2016年9月16日 (金)

広島の無料Wi-Fi

観光客だけでなく、市民も無料で使える無線LANサービス=「Hiroshima Free Wi-Fi」は、NTTが全国に展開している「Japan Connected-free Wi-Fi」の広島版で、広島については殆どの費用をNTTが負担しているということです。

Wifi3

民間の店舗や施設などが月額数百円を負担し、顧客に無料提供しているDoSPOTも同じシステムを使っていますが、こちらは一律に一回15分で一日4回という制限があります。一方、自治体などが導入した「Japan Connected-free Wi-Fi」の制限はそれぞれで違っています。

広島市の場合、NTTの担当者から聞いた話では「今は秋葉市長時代と違って、Wi-Fiという言葉すら通じない幹部が多くなっており、理解してもらうのに時間がかかり、なかなか進まない」とこぼしていました。

例えば Hiroshima Free Wi-Fiの場合、一回の登録で使える期間は2週間、1回の接続時間は30分ですが、観光用巡回バス=「めいぷるーぷ」の車内でも同様で、1巡する間に切れてしまい、イライザさんが経験されているように、却って面倒なことになることもあります。

本来は、国際観光都市をいうのであれば、広島市はもっと使い勝手の良い設定にするか、あるいは独自サービスで、更に使い易くすべきだと思いますが、役人から言い訳として良く聞く言葉は、あまりサービスし過ぎると民業圧迫になる、というものです。

ただ、私自身は以前ほどWi-Fiは使わなくなっており、外出時は殆どWi-Fiは切っています。

外出そのものが少ないため、圧倒的にパケットを使うアプリやOSのアップデートや動画の視聴などを自宅で行えば、ポケモンGOを熱心に行ってさえ、通信量は最も少ない3GBという契約で十分です。

現在では、4GやLTEの通信品質が上がり、一般的な公衆Wi-Fiより高速ですから、Wi-Fiを使う意味も少なくなっています。

ポケモンGOはバッテリー消費は激しいものの、パケットの消費は意外に少ないと言われていますが、iOSのマップやGoogleマップなども以前の画像データからベクトルデータになったことで通信量は激減していますので、以前のようにWi-Fiに頼るより、そもそものパケット通信料、特に国際ローミングの際の通信料が高過ぎることの方が問題ではないかと思い始めています。

ただ、総務省が10年以上、日本の通信料金についての指導を行っても、殆ど変わっていないのが現状です。

電力や報道に比べれば通信は遥かにマシな状況とは言え、日本にはまだまだ自由がありません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2016年9月14日 (水)

Wi-Fiに自動接続しない設定

この記事は、先週「ヒロシマの心を世界に」の記事「広島市内の無料Wi-Fiサービス」のコメントにも書いた内容の補足で、スマホの Wi-Fi 設定について書きます。

まず、記事で紹介されていた「Free Wi-Fi Passport」は国際ローミングサービスのWi-Fi版といえるもので、海外の提携業者と契約している外国人向けのサービスです。

Photo

ただ、イライザさんが書かれていたように、Wi-Fiには繋がるものの、インターネットを利用するためのログインができなければインターネットに繋がらないので、面倒なことがあります。

「Free Wi-Fi Passport」のSSID(アクセスポイント=接続先の名称)は「.Free_Wi-Fi_Passport」で、これにはパスワードがないので、接続そのものは、そのSSIDを指定するだけで出来ますが、インターネットへの接続は更にログインが必要ですので、契約のない人は、それでインターネットを使うことは出来ません。

スマホは一度接続したことのあるWi-Fiには自動的に接続するようになっているので、一度そのアクセスポイントに繋いでしまうと、その後は自動的に接続するようになり、ログインできない場合は厄介です。

こうしたことを避けるためには、そのアクセスポイントには自動接続をしないようにすることですが、iPhone(iOS)では接続履歴を削除し、Androidでは自動接続をしないように設定します。

具体的に書くと、iPhoneでは、Wi-Fiの設定画面に表示されるSSID(ここでは「.Free_Wi-Fi_Passport」)の一番右にあるiに丸印のアイコンをタップして削除し、AndroidではWi-Fiの設定画面で、該当するSSIDを長押しして自動接続をオフにします。

ついでに書くとiPhoneのWi-Fiの設定にある「接続を確認」は接続履歴のないWi-Fiがある時に、接続するかどうかを確認するダイアログ(ウィンドウ)を出すための設定で、オンになっていると、かなり頻繁に確認のダイアログが出て煩わしいと思います。

さらに、Wi-Fiのオンオフは、iPhoneの場合、いちいち設定画面までいかなくても、コントロールセンター(どの画面からでも下から上へのスワイプ)で可能です。

コントロールセンターはiOS7からの機能ですが、現在はiOS9、今週にもiOS10がリリースされますので、殆どの人のiPhoneにはあるはずです。

それから、市民も使えるWi-Fi=「Hiroshima Free Wi-Fi」ですが、これについては、次回に書きたいと思います。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


シニアのためのスマホ講座を始めて下さり、有難う御座います。誰に聞いたら良いのかも分らず、知っていそうな人には聞きにくい等々、たくさん問題はあるのですが、このように親切丁寧、分り易く説明して頂けるととても助かります。

もう一度、有難う御座いました。

投稿: イライザ | 2016年9月14日 (水) 17時59分


検索してきましたが、良いことを教えてもらいました。ありがとうございます。
ポケモンGOでも、下手にWi-Fiに接続し、アクセスポイントにアクセスしてもアイテムがもらえなかったり、ポケモンもうまくゲットできないようなことが起きるので、いつもポケモンGOをする時は、パケットを心配しながらも、Wi-Fiを切っていました。これからは、いちいちWi-Fiをオフにしなくても良さそうです。

投稿: 通りすがり | 2016年9月14日 (水) 23時30分


セブンイレブンの近くに来ると、勝手にセブンイレブンのWi-Fiにつながり、今までは表示していたものが消えてセブンイレブンのHPにつながります。
他のWi-Fiは、アクセスするかどうかを決めますが、セブンイレブンのは有無もなくつながります。
これを拒否するまたは繋げなくする方法はありますか?
Wi-Fiを切っておけば良いのですが、自宅ではルーターからのWi-Fiを使っているので、いちいちWi-Fiを切るのも面倒なもので。
良い方法があれば、教えて下さい。
よろしくお願いします。

投稿: やんじ | 2016年9月15日 (木) 18時54分


イライザさん

スマホというのは、電話の他にも、GPS、三軸加速度センサー、気圧センサー、カメラ、マイク、通信機能などを標準的に装備しているため、できることもパソコンとは桁違いに多く、用途も多岐に渡りますし、アプリとなると一体、何百万本あるのか検討もつかないくらいです。

従ってスマホ講座と言われると何から書いて良いか検討もつかなくなりますので、タイトルを絞って頂ければ、随時書いて行きたいと思います。

次回は「広島で使える無料Wi-Fi」の予定です。

投稿: 工場長 | 2016年9月15日 (木) 19時31分


通りすがりさん

明日の記事にも書いていますが、ポケモンGOはバッテリー消費は激しいものの、パケットの消費はそれほどでもありません。ですから、パケット通信量が余程ギリギリの状態でない限り、Wi-Fiは切っておいた方がベターだと思います。

公衆Wi-Fiに比べると4GやLTEの方が速い場合が多く、問題なく使えるWi-Fiでも、微妙な位置だと、アクセスポイントへの履歴だけが残り、アイテムがもらえないということもあり得ます。

投稿: 工場長 | 2016年9月15日 (木) 19時34分


やんじさん

内容的には同じなのですが、セブン-イレブンについては、以下のページが分かり易いかも知れません。

http://7spot-info.jp/wi-fi/?1435829729

投稿: 工場長 | 2016年9月15日 (木) 19時35分

2016年8月22日 (月)

「歩きスマホ禁止」の貼り紙

東京の地下鉄の駅の柱に
「駅構内での歩きかながらの携帯電話・スマートフォン・ゲーム機等の使用は、
列車との接触、ホームからの転落、周囲のお客様との衝突等につながる恐れがありますのでご遠慮ください」
と駅長名での貼り紙がされていた。
外人客が多くなったことでだろう、なんと英語、中国語、韓国語の4か語で書かれている。
歩きスマホを、こうしてはっきりと禁止の表示がされているのは初めて見た。

Image


場所によっての喫煙の禁止、自転車の左側通行等、マナーともいえる行為を禁止することはなかなか難しいが、それでも時間の経過と共に、今ではすっかり定着した。
それに今回「歩きスマホの禁止」が加わったというわけだ。
歩きスマホをする人に直接ぶつかったりしなくとも、
こっちはそんな人を避けなくてはいけなくなり、なんとも煩わしい。
ポケモンGOをする人が劇的に増えたことで、放っておけなくなったということだろう。

日本人ははっきりと表示されていれば、
電車に乗る時の列、スーパー、コンビニでの列に並ぶこと等、
外国人が驚くほどに、ルールは守る国民だ。

広島でも、アストラムライン、JR等の駅から、こうした歩きスマホの禁止の貼り紙をしたらいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


どれくらいの人が本気で読んでいるのやら。
あちらこちらに貼ってあったら、またかと気にも留めなくなるてめしょうね。
並ぶのはルールを守るからでなく、誰かについていく事で安心できるだけだと思います。
人と違った事をして批判されたくないだけ。
だから、多くの人がルール違反していれば、それに従うでしょう。
昔あった「赤信号みんなで渡れば怖くない」は、日本人そのものではないでしょうか。
戦争も、みんながするなら構わないってことになるでしょうね。
自転車や歩行者とルール違反はたくさんいるし。
歩きスマホをしている人に、白杖を持った人が点字ブロックの上を歩いていてぶっかったら、謝る人は歩きスマホの人でない事は確かですね。

投稿: やんじ | 2016年8月22日 (月) 07時46分


やんじ様

それでも日本人の倫理観、良心に期待したいですね。

投稿: 元安川 | 2016年8月22日 (月) 12時34分


スマホの画面を見ながら歩く「歩きスマホ」は、どの国でも良くないとされる危ない行為ですが、通話に関しては、車内など西欧諸国でもマナー違反にならない国が多く、日本の方が特殊なので、外国人に対しては、歩きスマホより通話に関して「日本ではマナー違反になります」という注意喚起が必要ではないかと思います。

投稿: 異邦人 | 2016年8月22日 (月) 13時45分


異邦人様

確かに電車の中などで、スマホで話している人がいるので、
よく見ると外国人であることが多いですね。
しばらくすると、なんとなくおかしいなと、気づいて止めるようです。

投稿: 元安川 | 2016年8月22日 (月) 14時18分

2016年5月24日 (火)

生きることを止めますか? スマホを止めますか?

生きることを止めますか? スマホを止めますか?

かなり太った若い男性が、スマホを操作しながら、踏切を渡っている途中で、信号機の音が鳴り、遮断機のバーが下がってしまった。
なんと彼は踏切の真ん中で立ち止まって、まだスマホを続けている。
ワーッ 危ない!
信じられない。
と思っていたら、中年の男性が飛び出していって、その男を引っ張り出してくれた。
彼ははキョトンとして、またスマホを操作していた。
どうなっているんだ、世の中は!

中年の男性の勇気がなければ、とんでもないことになっていたはずだ。

その数日後、
車を運転する私の目の前の横断歩道を、
スマホを操作しながら自転車に乗っていた女性が、
私の車が横断歩道に差し掛かっているのに、
横断歩道でしょうと言わんばかりに、悠然と渡っていった。

急ブレーキを踏んだから、車は辛うじて止まった。

ゲームをしているのか何か知らないが、
これはもう
覚醒剤依存症と同じように「スマホ依存症」に侵されていると言わざるを得ない。

生きることを止めますか?
スマホを止めますか?
といいたくなる。

歩きスマホ、自転車スマホ、車スマホは、
もう絶対禁止にすべきだ。
罰金だって、ガバチョととったらいい。

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


一応人の命を守るために絶対禁止じゃね。
それでも法律違反者は罰金10万円。
あまり高額にすると違反者がいなくなり、
罰金収入がなくなるじゃろ。
10万程度だとまた違反して罰金が取れる。
消費税なしにする位、スマホ罰金取れんじ
ゃろか。

投稿: ノーテン小作人 | 2016年5月24日 (火) 13時11分


ノーテン小作人様
「罰金の収入を、消費税の減額に当てる」
面白いアイデアですね。

投稿: 元安川 | 2016年5月24日 (火) 19時25分


アメリカで、運転中のスマホを勧める広告を葬儀社が出しているのが話題になっていましたが、実は運転中のスマホを止めさせようという団体のCMというオチでした。
でもでも、かつては日本も薪を背負って本を読みながら歩く二宮金次郎が勤勉な日本人の鏡であったように、自動運転の社会になれば、移動中も欠かさずスマホで情報を得る人物が銅像になるようなことはないでしょうか、ナンチャッテ(゚o゚;;

投稿: スマホ好き | 2016年5月24日 (火) 19時41分


スマホ好き様
移動中もスマホをしている銅像ですか、
アハハ・・・
孫さんの銅像???

投稿: 元安川 | 2016年5月24日 (火) 20時42分


こんな議論があったからだと思いますが、最近の二宮金次郎の銅像は、座って本を読んでいるのだそうです。
投稿: イライザ | 2016年5月25日 (水) 19時50分
イライザ様
二宮金次郎さんには、自動運転の車に乗っていただきましょう!
マツダの・・・

投稿: 元安川 | 2016年5月25日 (水) 20時02分


スマホよりうたた寝ですね。
テスラの自動運転で爆睡ドライバーが目撃されています。
きっと、こんな人が増えますよ(^^)

https://www.youtube.com/watch?v=sXls4cdEv7c

投稿: 睡眠不足 | 2016年5月30日 (月) 23時21分


睡眠不足様

「日本人は電車やバスの中で眠っている」
というのは、世界的にも有名だそうです。
次は「車の中で眠っている」ことが、有名になるのでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2016年5月31日 (火) 08時06分

2016年4月 6日 (水)

歩きスマホ禁止の条例

歩きながらスマホを操作している人をよくみかける。
ほとんど前をみることもなく、スマホを操作している。
ゲームなのだろうか、メールなのだろうか、わからないが、凄く勢いで指が動いている。

ぶつからないだろうか、こっちも気になって仕方がない。

そんな人の心配はなんのその、
彼らは、巧みに避けて歩いていく。

信じられない技だが、
現実には結構事故があるようだ。

ぶつかって怪我をしたり、駅のホームから落ちたりしているらしい。

先日は歩きスマホを注意したら、
逆ギレされて、殴られ、大怪我をしたというニュースもあった。

私も「危ないよ」と注意したくなることもあるが、辛うじて抑えている。
以前、駅の階段でぶつかってきた男性に、頭にきて、ヒョイと足を引っ掛けたら、キレイにつんのめったことがある。
彼は酷く怒って、駅の事務所に連れていかれ、散々文句を言われた。
何の証拠もないので、結局それで終わりになったが、
私もその注意した男性のように殴られることだってありえた。

歩きスマホにしても、日本では法律的には禁止されていないようだ。
アメリカでは禁止している都市もあるらしい。

『NTTドコモの調査では、99%が「歩きスマホは危険」と感じながら、73%が「歩きスマホの経験がある」と回答し、歩きスマホ経験者の66%が「人にぶつかったことがある」、3.6%が「線路に転落したことがある」、18%が「転んだことがある」と答えた』
とのことだが、歩きスマホをしている人のほぼ全員が危険だと思い、
それなりの事故にあっているようだ。

日本人は比較的法律を遵守する国民だ。

この際国会でとは言わない、
広島市が他の都市に先駆けて、「歩きスマホの禁止条例」を作ったらいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


昨日,裁判所の前で某弁護士が歩きスマホをやっていました。
いけませんねえ。
条例を制定する際には,弁護士会から反対が出ないように私が根回ししましょう(笑)

投稿: ふぃーゆパパ | 2016年4月 6日 (水) 10時17分


スマホに、自動車のような衝突防止機能を義務付けましょう。
自分が動いていて、周辺に動くもがあれば、自動で画面が真っ黒なり、数時間スリープするとか。
そうすれば、車や自転車のながら運転防止になりますね。

投稿: やんじ | 2016年4月 6日 (水) 13時33分


ふぃーゆパパ様

この際
弁護士会が、
歩きスマホ禁止の条例案を作成し、
広島市議会に提案したら、いかがでしょうか。

投稿: 元安川 | 2016年4月 6日 (水) 14時50分


本来お勧めできることではないかも知れませんが、歩きスマホに対して、厳しい罰則を
設けることが、最も効果的だと思います。
車や自転車でのスマホも然り。
車は、一発で減点:3にすれば、ぐっと減るのではと思います。

投稿: ロマンスグレー | 2016年4月 6日 (水) 18時06分


ロマンスグレー様

「歩きスマホ」はペナルティの対象になるような行為です、
ということをはっきりさせた方がいいかも知れませね。

投稿: 元安川 | 2016年4月 7日 (木) 08時07分

2015年11月 1日 (日)

進化する地図アプリ

登場した時は、散々な評価を受けたAppleの純正地図アプリ「Maps」ですが、最近は広島市内の3D表示も可能になっており、太陽光パネルの乗った我が家も、その前に停まっている3台の車も、バッチリ3Dグラフィックになっていました。

完全なCGですから、航空写真やストリートビューとは違い、道路には走行している自動車はなく、歩行者もいません。そのため画像は継ぎ接ぎではなく、滑らかでシームレスです。

ドローンがなくても、自由自在に空から見る景色を見ることができます。

我が家を公開するのは控えて、これは原爆ドーム付近の映像ですが、実際にMacやiPhone、iPadでは、これ以上に綺麗な画像です。

原爆ドーム(Apple Maps)
https://www.youtube.com/watch?v=aySwma8zU78

当然、東京はもっと前から3Dになっています。

東京(Apple MapS)
https://www.youtube.com/watch?v=eLboDc6P8Uc

ドローンを飛ばさなくても、世界中のこうした風景を自由自在に見ることができます。

先行するGoogleでは、Google EarthからStreetViewに繋がって表示できますが、現在、AppleもStreetViewのようなものを作っているとも言われています。

原爆ドーム(Google Earth)
https://www.youtube.com/watch?v=OfzNBNv42Gw

原爆ドーム(IndoorView)
https://www.youtube.com/watch?v=FOVJjIOyy94

まだまだ写真を継ぎ接ぎにしているだけですが、Apple の Mapsのようになれば、非常にリアルでスムースな動きが期待できるようになります。

かつて地図データも、写真のようなラスターデータから、ベクトルデータになり、ナビでの利用が格段に便利になったように、こうした3Dの地図データは、これから始まる自動運転にも欠かせないものになるのかも知れません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2015年10月10日 (土)

スマホの基本中の基本

私は電話(=音声通話)という通信手段は滅多に使わないのですが、それでも一応iPhoneで電話をすることはありますし、最近はApple Watchでも通話するようになりました。

ところが、iPhone歴の長い人でも、電話のかけかたや受け方を知らない人は決して少なくありません。

電話をかけるのは「誰々の携帯に電話」とか「誰々の会社に電話」と言えばいいのですが、リダイヤルの時は、ただ「発信」ボタンを押すだけで、いちいち履歴など表示しなくてもできます。

これだけでも知らない人は多いのですが、もっと知られてないのが、着信の時の動作です。

流石に、電話の取り方は誰でもご存知ですが、最近、一家全員がiPhoneで、それも3台目くらいなのに、電話が鳴った時、その電話を取るか切る以外の操作を知らない人に出会い、その後、何人かに聞いてみたものの、意外に知られていないことに驚きました。

まず、iPhoneに電話がかかってくると、画面には4つのボタンが表示されます。大きく「拒否」「応答」と小さく「後で通知」「メッセージ」というボタンです。

Iphonecall

ロック画面でなければ「拒否」は表示されませんが、画面にボタンがあろうがなかろうが、スリープボタン2回押し、もしくはボタン付きイヤホンの場合はボタンの長押しで電話が切れます。

その時、留守番電話サービスを使っていれば、留守番電話に切り替わります。

また、拒否や留守番電話にせずに音やバイブだけ止めたい時は、「スリープボタン(電源ボタン)」や「ボリュームボタン」を1回押すと止まります。

あるいは、かかってきた電話に対して、通話で出ずに、メッセージで返信することも可能で、それが「メッセージ」というボタンです。

そのボタンを押すと、定形の文章「今は電話に出られません」とか「後でかけ直します」「そちらに向かっているところです」など、定型文を即座に返すことが出来ますし、文章は予め作って登録しておくことも可能です。

最後に「後で通知」というボタンを押すと「1時間後」「ここを出るとき」と通知のタイミングを選択することが出来て、1時間後、そこから移動した時に、電話をかけ直すことを忘れないように通知してきます。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


「後で」は使っていましたが、
「メッセージ」は使っていませんでした。
教えていただき、ありがとうございました。

投稿: ゲン | 2015年10月11日 (日) 00時21分


ゲンさん
Apple製品は直感的に使えてしまうので、長く使っていても細かい機能は知らない人も少なくありません。せっかく便利な機能があるのに使わないのも勿体無いので、たまには「ヒント」などを見てみるのも良いと思います。

投稿: 工場長 | 2015年10月16日 (金) 08時27分

2015年9月26日 (土)

アイフォンのケーブルは保証付き

iPhone 6s が発売され、「3D Touch」や「Live Photo」がもたらす生活の変化に興味津々ですが、その前に、iPhone 6 Plusのケーブルを交換しました。

iPhone 5 から使われるようになったAppleのLightningケーブル(充電用USBケーブル)は裏表を気にせず使え、何故これまでのコネクターに裏表があったのかが不思議なくらい便利で、人生における無駄な労力と時間を省いてくれるものですが、純正品としては信じられないほど脆弱で、普通に使っていてもケーブルフィルムが剥がれ、そして断線してしまうことが珍しくありません。

Lightning

それにも関わらず、買えば、1mでも1900円、2mのものは2900円もするため、サードパーティからは「丈夫」をウリにするケーブルも沢山売られています。

ただ、多くの人は知らずに買うことが多いケーブルですが、このケーブルもAppleの保証対象なので、1年以内であれば、無償交換してもらえます。

Appleの保証内容は紙の保証書によるような旧式のものではなく、全てデータで管理されていますので、保証書は不要です。

おそらく、広島市内ならエディオン本店4階のクイックガレージで交換してくれるのだと思いますが、Appleのサポートセンターに電話するか、ホームページから申し込んでも、宅配で届けてくれます。

買って1年以内にケーブルが断線しそうな人は、是非、保証制度を利用して新しくすることをお勧めします。

また、付属のイヤホンや電源アダプターも、もちろん保証対象です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2015年7月 4日 (土)

視覚障害者向けアプリ

これまでもアップル製品は、標準的な機能で、ITを使う上で最もハンディーのある視覚障がい者にも使えることを紹介してきましたが、iPhoneも、もちろん全盲であっても使えるものです。

ただ、ショップでも、全盲の人に、うまく説明できるスタッフが少なく、広島市には、秋葉忠利前広島市長の時に、広島市視覚障がい者情報センターが作られたものの、市長が代わり、有能な担当局長も代わり、現在は、あまり機能していないようです。

そこで、今回はソフトバンクから、視覚障害者を対象とした、学
習アプリ「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」が無料配信されました。

この「視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone」では、視覚障がい者と晴眼者が一緒になって、基本的な構造や操作方法をはじめ、読み上げ機能の利用、タッチパネルの特徴的な操作方法の練習といった項目毎に、各操作を学習ができるようになっています。

スマホが使い難い、と思っている人にも良いかも知れません。

Screeniphone

視覚障がい者向け使い方教室 for iPhone
https://itunes.apple.com/jp/app/shi-jue-zhanggai-zhe-xiangke/id989735084

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


いつも視覚障害者向けの記事を有難うございます。
いつか視覚障害者の友もiPhoneを持つときが来ると思い
情報として伝えています。

有難うございます。

投稿: ときどき | 2015年7月 4日 (土) 07時17分


ときどきさん
いつも紹介頂き、ありがとうございます。
まだまだ視覚障がい者用に便利なアプリはありますので、時々に紹介していきたいと思います。
これからも、よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2015年7月 8日 (水) 21時25分

より以前の記事一覧

関連書籍

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31