広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

心と体

2019年6月10日 (月)

男は 父親を乗り越えて男になる

最近、川崎では、引きこもりの男性が迎えのバスを待っていた行列に襲いかかり、大人の男性と小さな女の子を殺す事件があった。

練馬では元農水省次官だった父親が息子を刺殺するという、

悲惨な事件が連続して起こった。

 

息子を刺殺した父親は、このままいけば、川崎で起こったような事件を息子が起こすかもしれないということで息子を殺したのだといっているという。

背景にはもっと様々な理由があるだろうが、

他人に危害を与える前に、自分がきちんと始末をしなければいけないというセッパ詰まった危機感が、父親にはあったろうことが推察される。

 

私も他人事ではないと、考えさせられてしまった。

 

男は誰でもが、そうした経験をしたことがあるだろうと思うが、

ある瞬間に周りの人々を消してしまいたくなることがある。

 

男は成長する過程で、父親を乗り越えないと男になれないということがあるようだ。

それを反抗期とか色々いわれるのだろうが、どうも父親を越えることがまず最初の課題であるのようだ。

 

私も中学生の頃、父親と大喧嘩して、家中の襖、障子を全て壊してしまったことがある。

 

サッカーで県大会までいったこともあるが、体力には自信もあったが、

何が原因だったのか、どうして終わったのか全然覚えていない。

それ以降「ああ、俺の方が強いな。もう喧嘩はしないようにしよう」と思ったことがある。

 

以後、父とは穏やかに喋るようになったように記憶している。

 

母親ともなんとなくそんな感じになっていったし、

学校でも、社会とも穏やかになっていったように思う。

 

そんな話を妻にしたら

「親子喧嘩は母親の責任も大きいわよ」

「母親が毅然としていないとダメよ」といわれた。

 

「母親に対しても、そんなことあるかな」といったら、

「男はみんなマザコンだから、母親を越えるのは無理ね」といわれてしまった。

ゲッ。

 

男の子は自立するには、どこかで父親と喧嘩し、乗り越えていく必要があるようだ。

それは肉体的にでもいいし、知的分野でも、カラオケでもいい、

なんでもいいから、

何かの分野で、俺は父親を乗り越えたという感覚になることが必要条件のようだ。

 

父親としても、負けたことを素直に認めることが必要なようだ。

 

それを無理すると、

悲惨な結果になるということではないだろうか。

 

「負けるが勝ち」という諺もあるではないか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

父を越えても、次は妻の尻が待っているわけですね。
大変だなー、男は。

 

2019年4月 5日 (金)

健康茶!

先日、40年振りくらいに酷い便秘になった。

浣腸してようやくなんとかなったが、まあ酷い目にあった。

 

妻に「これ飲むといいらしいわよ」と田村園の万能茶と称するお茶を勧められた。

カフェインがなく、ダイエットや健康にいいのだと、妻も友達から勧められたのだという。

 

説明書を読めば、

ウーロン茎、どくだみ、くま笹、柿の葉、大豆、はと麦・・・等16種類がブレンドされ、

カルシューム、マグネシュームビタミンB2が多く含まれているのだという。

妻の友人は便秘にも良かったと言ってたという。

 

http://hiroshima.moe-nifty.com/photos/uncategorized/67fbe4057c5d4bed8f1553aee393f579-thumb.jpeg?1554350183542

 

水分をとるのは便秘にもいいだろうと、

モノは試しと飲んでみたら、たしかによさそうだ。

不味くはない。 

 

亡き母もどくだみを煎じて飲んでいたらしい。

ご飯にいれて炊くと健康にいいからとはと麦や押し麦等いろいろ入れて、ご飯をだしたら、

「こんな不味いの食えるか」と私がいったことがあって以来、

「白いご飯に戻した」と、妻は言っていた。

 

私は漢方薬などというのはなんとなく嫌いで、飲んだことはなかったが、

先日は大学病院にいったら漢方薬を処方された。

 

 

この健康茶は再春館製薬とも協同研究をして、開発されたとのことだが、

「薬と言わない」ところがミソなのだろう。

 

広島には湧永製薬という立派な製薬会社もある。

中国山脈、瀬戸内海と素晴らしい自然もある。

 

そうした企業と農家が組み、

「健康にいい」ということをテーマにした飲み物、食べ物を開発するベンチャービジネスをどんどん進めたらいい。

 

元安川

 

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

2018年11月20日 (火)

健康という病?

最近前立腺肥大とか、崖から飛び降りたら捻挫したとか、
何かとトラブルが多い。
妻が使っている血圧計を何気なく腕にあててみたら、165前後ある。
高い?

友人とおしゃべりしていて、血圧のことを聞いてみたら、
「おまえ、そりゃ高いよ」
と言われた。

気になって、近所のクリニックにいったら、何も言わずに、即降圧剤をくれた。

以来ちょっと気になって、血圧に関する記事があると読んでいるが、
雑誌文藝春秋 5月号に五木寛之氏と医師近藤誠氏の対談の中で、近藤氏が面白いことを言っていた。
「最近140を超えたら、自動的に高血圧として降圧剤を飲ませようとする傾向がありますが、そのための弊害がでています。
血圧160以上の高齢者と140以下に下げた場合の高齢者を比較した場合、降圧剤によって140以下にした高齢者の方が死亡率が高くなっています。
2万人以上が降圧剤によって死亡していると推察されます。
なぜ高齢者の死亡率が高くなるのか。
脳の重さは身体全体の2%ですが、血液は15%以上必要としています。
動脈は10代から硬化が始まっていますから、歳をとってからは、脳に十分な血液を送るためには、自ずと血圧が上がるわけです。
血圧を下げると、ボケがでたり、血管内で血圧が下がると脳梗塞のリスクも高まります」
という。

五木氏は
「血圧ひとつとっても巷の解説と違っているのが面白いですね。
数年前に流行った学説が平気で否定されたりしている。
医学会はその都度、メデイアを通じて庶民の前に出てきますから、振り回されます。
これは「健康という病」なのだと考えるようにしています」
という。

面白い!

そんなことを先輩に話したら、
「そうか、そうすると俺は76歳だから、血圧166くらいあっても、正常なんだ」
といっていた。


対談のなかでは、もっと多くのことが話されているが、
人間の体という超複雑な仕組みを、最新の医学で解析のするとはいっても、
ごく微細な部分から対処しようすること自体にそもそも無理があるのだろう。

「都市計画の理論も時代によって、大きく変化しているんだよ」と友人は笑っていた。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ピンピンコロリが良ければ高血圧、認知症やガンになりたければ低血圧が良いようです。
https://www.youtube.com/watch?v=ClI7WoAR3GY

投稿: 高血圧派 | 2018年11月20日 (火) 06時04分


高血圧派さま

私はピンピンコロリ派というわけですね。
こうなると、
降圧剤なんて止めですね。
認知症とか、寝たきり老人とかは真っ平ごめんですね。

投稿: 元安川 | 2018年11月20日 (火) 14時21分


近所でもうすぐ90歳になる方が、大病院に検査入院したら降圧剤を止められて、随分元気になって退院したと言う話を聞きました。

投稿: 金谷 | 2018年11月20日 (火) 16時59分


金谷さま

薬はいいことだけではない
という話は最近よくききますね。
でも医者に勧められると、なかなかやめられませんね。

投稿: 元安川 | 2018年11月24日 (土) 11時20分

2018年9月24日 (月)

介護施設に入ったら、元気になった!

友人の母親が90歳になり、介護施設に入ってもらったという。
ちょっとボケが始まったこともあるが、
買い物が大変なので、面倒をみきれなくなったのだという。

そうしたら、
今までよりも元気になって、
施設に住む人たちと、楽しそうに毎日お喋りしているという。

聞けば、今まで住んでいたマンションでは、殆ど誰とも話することがなかったので、退屈していたのが、
施設に入ったら、お友達ができ、お喋りをしたり、朝昼晩の食事をきちんと食べるようになったことで、元気になったようだという。

旦那は「家の中に知らない人がいるのは、気を使うから嫌だ」といっていたらしいが、
その旦那もなくなり、施設に入ってもらったのだいう。

その夫人は、かなりお育ちのいい方で、
子供のころはいつもお手伝いさんがいて、育った人のようで、
家族以外の人が家の中にいるとか、色々世話を焼いてくれる人が家の中にいることに全く違和感がなかったようだという。
買い物にいっても、店の人とお喋りするのが楽しいようだったともいう。

施設に入っても、お育ちのいい人の方が、他人との付き合いも上手く、楽しく生きていけるようだ?

面白い!

駄目なのは、誰かさんのように、企業で威張っていた人?
逆に、人との付き合いが上手な人だろうから、施設では楽しく過ごせる?

今度施設の関係者に聞いてみよう。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年8月 9日 (木)

曜日別、朝昼晩別の薬入れポケット

妻が飲むのを忘れないようにと「曜日別、朝昼晩別の薬入れ」を買ってきてくれた。

つい最近まで「私は医者にかかったのは虫歯2本だけだ」と威張っていたが、
前立腺肥大を患ってから、あっちこっちおかしくなり、薬が欠かせなくなってしまった。

慣れないこともあってか、朝昼晩と飲む薬も違うので、結構忘れる。
見かねた妻が100円ショップで「これはどう?」と見つけてきてくれたというわけだ。

縦に曜日、横に朝昼晩と区分され、
薬を分けて入れられるように小さなポケット取り付けられている
残りの薬は下の大きなポケットに入れておけばいい。
次に飲む薬は何かを示すクリップも付いている。
縦45cm 横27cm 程の壁掛けになっている。

すぐに薬が取れるようにと、
テーブルの、私の座る椅子の後ろ掛けてある。

6521cbf2f28149d08fbde2a56bca447f


便利だ。
これで100円とは驚く。

その昔カナダの友人が我が家に来た時に、
「娘は、まだ中学生なのに、食事の時、テーブルの上にピルを並べて、飲んでるんだよ」
と呆れていたのを思い出した。

日本もいずれそうなる???


元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年7月22日 (日)

命にかかわる大気汚染

「命にかかわる暑さ」が、しつこいくらい報道されていますが、全く報道されていないのが「命にかかわる大気汚染」です。

今(2018年7月20日)の広島の大気汚染と、大気汚染が酷いと言われる中国の上海や南京の同日同時刻を並べてみましたが、断然、広島の大気汚染の方が「勝って」います。今や広島と勝負できるのは北京くらいのものでしょう。
20180720_155142
20180720_155206
20180720_155218

私は呼吸器にも循環器にも病気を持っているので、PM2.5を測定できる機器を持ち歩いていますが、これまでは広島市内でも比較的空気の綺麗な自宅は5〜10μg/m3で、市の中心部だと20台という感じでしたし、先月旅行に行った北海道ではゼロか1、筆で有名な熊野あたりでも日頃はゼロか1でした。

ただ、気象庁のPM2.5予想で「非常に多い」となると、実は海辺より山間部の方が、一旦地面に落ちた汚染物質が風などで再飛散するので、我が家では20止まりでも、熊野では50くらいに跳ね上がることもありました。

しかし、土砂災害の翌日から、PM2.5の値は日を追って上がり続けました。

Pm25

気象的に説明すれば、土砂災害は太平洋高気圧の影響によるもので、その後の猛暑はチベット高気圧によるものであり、チベット高気圧は暖気と暖気のために下降気流を作り、PM2.5の濃度が上がる、という説明はできます。

しかし、それを考慮した予想が「少し多い」という予想だったはずですが、観測値は「極めて多い」という結果になっています。

しかも「極めて多い」という表現は36以上ですから、80という観測値は「かつて経験のない」というのか「命にかかわる」とでも言うレベルかも知れません。当然ですがAQIも150を超えています。

大気汚染と言えば、中国あるいは中国からの越境汚染としか報じられませんが、もともと日本の大気汚染に対する環境基準は甘く、多くの死者を出してきたことは、これまでも書いてきた通りです。

呼吸器科の主治医は「マスコミは花粉症の予報は報じるが、大気汚染については報じない。花粉症で死ぬことはないのに」と憤っています。そしてこの数日は喘息の新患が急増しているとのことです。

福島の原発が爆発した後の数日、政府は東京などでは内部被曝を避けるための警告をすべきでしたが、データを出すこともなく、多くの日本人を被曝させ、被曝した人たちは何十年にも渡って内部被曝を受け、それが原因で100万人の日本人が亡くなるという報告もありますが「直ちに」ではありません。

どうも、中国に原因のあることは大きく報じても、国内に原因のあることは報じないのではないか、と勘ぐってしまうのですが、特に「直ちに影響のないこと」は触れたくないのかも知れません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


数日前に、朝から遠くの景色が見えないほど白くガス?ってました。
ネットで大気汚染を見るとやや多いでしたが、あまりにも酷かったですね。
大きな高気圧が運んできたのでしょう。
そして数日前の夕方には、「光化学スモッグ」の注意報が出ていてビックリでした。久しぶりに聞いた言葉です。
大気を白く濁らせている「もや」が光化学スモッグだと。
公害が酷かった時代には、屋内に避難するようにマスコミは大きく報道してましたが、今は全く報道されないのは良くない事ですね。
気管支系の病気を持ってる人もですが、目や喉を痛めたりする大変な事なのに。

投稿: やんじ | 2018年7月23日 (月) 13時16分


やんじさん

大気汚染は多くの先進国が経験してきたことで、日本も一時期は一年のうちの300日以上、注意報が出ていた時代もありました。流石に今は改善されていますが、それでも一ヶ月近くは注意報レベルです。

何より私は、多くのメディアが花粉の飛散は報じて、命に関わるPM2.5については殆ど触れないことに違和感があります。

特に今回は、まさに「今まで経験したことのない」レベルでしたし、全国を見ると、越境汚染の場合とは違って、豪雨災害の地域に多かったことからも、豪雨災害と無関係とは思えませんでした。

投稿: 工場長 | 2018年7月23日 (月) 19時37分


2018年6月21日 (木)

これも運!??

3日に入院し、9日に退院してから、ほぼ2週間経つ。
これまで健康保険は、虫歯2本でしか使ったことがないというのが自慢だったが、
この1年くらいの間にバタバタと医者にかかっている。

改めて保険のありがたみを感じている。
しかし今回は入院したりするのも悪くないなとも感じている。

自転車に追突され、こんなにも大きな事故になるとは思ってもいなかった。
顔を計8針縫う大怪我だったが、
今では、その怪我の後もほぼ消えた。。
あとは脳に溜まった水と、肺の影が消えれば、OKのようだが、
飲んでいる抗生物質のおかげでか、股間にできていた爛れも消えたし、血圧も大幅にさがって、平常値になっている。
入院していた間に予定されていた契約の履行も、相手方の申し入れで今週末に延期された。
まったく想定外のことだ。
気になるのは、認知症や誤嚥性肺炎だが、まあそれは心配したからといって、どうなるものでもないだろうから、心配するのはやめることにした。

今、改めて思うのは野村監督のいったという
「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」という言葉を思い出した。
「負けるときは、負けにつながる必然的な要因がある(不思議な点はない)」
しかし、「勝つときには、(どうして勝ったのかどうも思い当たらないという)不思議な勝ちがある」「運みたいなもんだ」ということだ。
https://www.ladea.jp/b-kachinifusikigino-sonshi/


自転車に追突されたのは、こちらの不注意もあるといえばいえそうだし、
契約の履行が延期されたのなんてのは、まさに運だろう。

この運と不注意、能力etc.の織りなすのが人生ともいえるだろうが、
まあほとんど運の連続だといった方がよさそうだ。

人生は面白い!
???

サッカーのW杯で、日本がコロンビアに勝ったなんてのも、
運だよなー。

元安川

願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年6月 7日 (木)

外傷性硬膜下水腫というらしい。

夜8時過ぎ、横断歩道を渡ろうとしたら、
後ろからロードバイクに追突されたという。

その直後から本人はイビキをかき始め、意識不明になったしまい、気づいたのは救急病院の病室だった。

後ろから追突されたので、背骨が痛く、
顔の左反面が非酷い怪我をしている。
額に5針、鼻の脇に3針も縫ったという、

3日目にMRIをとったら、「ここの白い部分に水が溜まってます。」
「暫く様子を見ましょう」
とのことだった。
外傷性硬膜下水腫というらしい。

289af229e4564023a2d8460d4f83d694


妻からは早速「車の運転は止めてください」
といわれてしまった。

あの関西学院大学のアメフト部のQBが受けたタックルに比べ、もっと酷いやつと言っていいようだ。
背中は痛いし、首も痛い。

これじゃ、オーストラリア行きは暫く延期だな。

人生何があるか、ワカラナイもんだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


大変な目にあいましたね。
自転車はあまりにも酷いですね。
ちゃんと弁護士を利用して、多額の賠償金をもらって下さい。
相手が保険に入っていなくても容赦なく。
自転車で事故した事で、自分が経済的に大変な目に会ったとSNSで拡散すれば、少しはまともになるかも。
自転車は自分達が最優先だと考えているようです。
自動車に行く道を遮られると怒ってます。
また歩行者は邪魔な存在で、障害物と思っているのでしょう。
お大事に!

投稿: やわじ | 2018年6月 8日 (金) 05時25分


やんじさま

貴重なアドバイス、どうもありがとうございました。
つい最近、自転車の保険ができました。
ママチャリだったら、こんあ大きな怪我にならなかったでしょうが。
スピードの出るロードバイクとレースのように若者が体力に任せて走るようになったからでしょうね。
ちょっと友人の弁護士に相談して見ます。

投稿: 元安川 | 2018年6月 8日 (金) 08時30分

2018年4月20日 (金)

「男って、みんなアホね」

テレビを見ていた妻が
「男ってみんなアホね」
と、ばっさりだ。

出会い系サイトで知り合った女の子と肉体関係を持ち、お金を渡していたということで、
新潟県知事が辞職した。

女性記者にセクハラ発言をしたということで、
財務省事務次官が辞職した。

モリ カケ問題では忖度だ、改竄だと、まだ騒ぎは続いている。

ニュースもバラエティ番組も大忙しだ。
テレビの存続のために、事件が起こっているかのようだ。

これを平和ボケというのだろうか。

東京で育った私にとっては、
「アホ」と「バカ」は微妙に違う。

「アホ」という言葉には、どこか可笑しさがある。
「バカ」という言葉には、真面目に知能の低さを指摘しているような冷たさがある。

かって、部下に「お前はバカか」をいったら、
彼は酷く憤慨し、
「バカとまで言われて、お仕えするつもりはありません」
と、バタンとドアを閉めて、出て行ってしまった。
その後、関係を修復するのに大変苦労したことがある。

某部長のセクハラについての投書があった時、
「あんな真面目な人に限って、そんなことはあるはずがない」
といったら、
「男は臍の上と、臍の下は人格が違う」
と、上司にいわれたことがある。

そんな話を妻にしたら
「男って、可哀想ね」
いわれてしまった。

😔 😹 😭

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


確かに財務省の事務次官のセクハラには「バカか!」と思いますが、東大を出てハーバードにまで行き、医師免許も弁護士資格までとり、知事にまでなったのに出会い系を使わないといけないなんて哀れですよね。同情を禁じえません。

投稿: トット | 2018年4月20日 (金) 17時14分


トットさま

男も同情されるようになったら、終わりですね。
男はプライドを持たなくちゃ。

投稿: 元安川 | 2018年4月20日 (金) 18時47分


2018年4月 7日 (土)

クモ膜下出血と心臓マッサージ

今日は、コメントでリクエストのあった森友問題についての記事を書いていましたが、急遽、原稿を差し替えることにしました。

https://youtu.be/35aIqDTYOD8

それは、京都府舞鶴市で行われた大相撲春巡業で、土俵上で挨拶をしていた市長が突然倒れ、女性が「女人禁制の」土俵に上がり、胸骨圧迫(心臓マッサージ)を施し、市長の命を救った、という件に関し、広島市内の医師で議員でもある方が「あの場での救命処置が必要であったのか疑問に思う」と書かれ、それを鵜呑みにするコメントが続いていたからです。

私は実名で異論のコメントを書きましたが、医師がそう言えば、そう思う人も少なくないようなので、敢えてブログにも書くことにしました。

その医師は「クモ膜下出血と同時に心肺停止になることはありません。」「むしろ安静にすべきです。心臓マッサージによって出血部位の安静が保てなくなった可能性も否定できません」と書かれていますが、クモ膜下出血による意識消失の場合、不整脈の場合も多く、その不整脈は心室性頻拍という致命的なものになります。

何より、あの現場で「クモ膜下出血」という判断は不可能であり、看護師が呼吸も確認せずに胸骨圧迫をすることはありませんし、仮に呼吸をしていても死戦期呼吸(心停止の直後に起きる呼吸)ということもあるので、迷うようなら、胸骨圧迫かAEDが救急救命の基本です。

もちろん、心臓マッサージにもリスクはありますが、必要のない人に心肺蘇生を施すリスクと、必要な人に心肺蘇生を施さないリスクでは後者の方が圧倒的に高いリスクとなります。心肺停止は数分で死に至るような事態ですから猶予はありません。

しかも、報道されている女性看護師は、隣の人に時間確認の指示を出していることから考えても相当に訓練され、冷静に対応していることが分かります。

そして、AEDが到着し、後から上がってきた女性に変わり、更に、救急隊員に変わっていますが、そうしたタイミングも完璧に思えます。

とは言え、私は医師ではありませんし、医療関係者でも学者でもありませんので、もし専門家の方で、更に詳しいコメントが頂ければ幸いです。

ちなみに私の場合、既に人生には満足しているので、そっとして楽に逝かせてください。
いつも仏説阿弥陀経で聞かされている素晴らしい浄土に早く行きたいのです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


救急救命士です。
この記事に書かれていることは、専門家としか思えないほど正確ですが、少し補足しておきます。
私もネットで医師が「脈もとらずに胸骨圧迫をしていた」と、女性看護師の行動を非難するような書き込みを見ました。しかし現場ではあのように急に意識を失ったような場合では触診での脈拍の確認は無理なことも多く、現在の心肺蘇生ガイドラインでも省かれています。
工場長さんの書かれている通り、通常ではない呼吸であれば胸骨圧迫やAEDというのが救命活動の基本です。広島の方ならズムスタで倒れた木村拓也監督がクモ膜下出血だったことも記憶されていると思います。不幸な結果でしたが、今回は倒れた市長さんも回復されているようですし、あの女性の対応が良かったことを疑う余地はありません。
それにしても工場長さんの年齢はぞんじあげませんが、これほどの記事の書ける方にはまだまだ長生きして欲しいものです。(^-^)

投稿: 救急救命士 | 2018年4月 7日 (土) 09時25分


ネットの記事からですが、この市長さんは元医師で、救命をされた女性は医師だった頃から知っていたベテランの看護師さんだそうです。
だから的確な判断と行動をされたと思います。
くも膜下は、その後にわかった事でしょうから、その時の判断を批判をするのは後出しジャンケンのようなものですね。
日赤の救急救命の講習を受けた時に、素人は脈を見るのは難しいから、意識がなく呼吸がなければ、最優先するのは胸部圧迫だと教わりました。人工呼吸はその次だと。ただし、大量に出血していたら止血が先だと。
まあ、経験ない素人には、簡単にはできないですよね。

投稿: やんじ | 2018年4月 7日 (土) 20時04分


救急救命士さん

まさに最も専門とされている方からコメントを頂き感謝いたします。

診察室に来る患者を診察し一々エビデンスを要求される医師と、救急現場で命を最優先に時間と戦う救急救命活動では観点も違うのだと思いますが、それでも「脈もとらずに」と非難する医師と「女性は土俵から降りて下さい」とアナウンスする行司は同じように思えます。

投稿: 工場長 | 2018年4月 7日 (土) 21時46分


やんじさん

先のコメントにもあるように、専門家でも、急に気を失った人の脈を頸動や大腿動脈の触診で確認することは難しく、聴診器を当てるかモニターを装着しないとなかなか分からないものです。

人工呼吸についても様々なケースがあり「倒れた瞬間を目撃している成人の(心原性)心停止」については胸骨圧迫が一番ですし、人工呼吸は心理的な抵抗も大きいので講習でも胸骨圧迫しか教えないことも多いようですが、子どもや溺水などの「呼吸原性心停止」では人工呼吸も必要なのでプールや海に関係する場合は、ちゃんと人工呼吸もマスターしておく必要があります。

しかし、スポーツだけでなく、公的なイベントやボランティアに関わっていれば、救急救命処置の講習も一度といわず何度か受けているはずですが、いざとなると、あの土俵上の男性諸氏のように、何もできないものなのでしょうね。

投稿: 工場長 | 2018年4月 7日 (土) 21時50分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31