広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

心と体

2024年6月 4日 (火)

紫陽花の原種だそうです。

庭の30~40cmの高さに白い4つの花びらのついた可憐花が一輪咲いていました。

つまんで、仏壇の花瓶に飾りました。

Img_8555

妻が「ウワー、切っちゃたのー!」と喚いています。

聞けば「この花は紫陽花の原種で、息子が大切にしている」とのことです。

 

我が家の小さな仏壇はTVの脇に置かれていますので、テレビを見る時には仏壇の花がいつも気になります。

今は南天の赤い実とラズベリーの青い実に、紫陽花の白い花が加わったというわけです。

私と妻は、朝晩仏壇にお参りすることを欠かしませんが、

5年生の孫娘は「私は大きくなったら、オーストラリアにいくの」と言ってますし、

1年生の男の子はなにかどこかに行ってしまうのでしょうか。

 

日本がいいのに、と思いますが、

さー、どうなることやら・・・

 

お好きなようにです。

私も親には散々迷惑をかけてきましたから・・・

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

ヒヨンデ様・匿名希望様

国立市や都市の景観について、こんな論文が出ていました。
https://topics.smt.docomo.ne.jp/article/merkmalbiz/business/merkmalbiz-68529

2024年5月27日 (月)

100歳を越えて、全てがどうでも良くなった・・・

 

俳優の中尾彬が亡くなりました。

テレビのCMに出ていた人ですが、

若い人だと思っていましたが、そう若くはなようです。

CMで毎日見ていた人なので、何か隣の人が突然亡くなったように感じます。

 

私の住む住宅地の65歳以上の高齢化率は40%を超えているそうですが、

大分前に右隣の人が亡くなりました。

私がお誘いして隣に住むようになった人ですが

かって水泳のオリンピック選手でもありましたが、部屋の壁に棚を作ろうとして、

踏み台から落ちて首の骨を折って、亡くなったそうです。

左隣の人には大変お世話になった方ですが、夫人が住み慣れた港町の横浜に

住みたいと言われ、越していかれました。

その後、施設に入られていましたが、2人ともに認知症になり、

亡くなった時には、夫婦も互いがわからなくなっていたそうです。

Img_8550

 

一緒にゴルフをしたり、飲んだり、遊んだりした先輩、友人達が、

次々と亡くなっています。

 

今は、もう古い友人達と会うのはランチ0rコーヒーです。

夜の会食はもう面倒くさくなっています。

 

今では、私の耳は聞こえなくなるは、目は見えなくなるはとあちこち壊れてきています。

車の運転も危ないからと家族に言われ、

歩いた方が健康にいいだろうということで、自動車の免許証は返納しました。

 

こうして社会的にも肉体的にも、だんだんゼロになり、消えていくのでしょうね。

 

100歳になった佐藤愛子氏が「すべてがどうでもよくなった」といっているそうです。

それを解脱というのでしょうか?

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

 

 

2024年5月 3日 (金)

これも終活?

 

「しゅうかつ」と打ち込んだら、「就活」と出てきました。

まあ同じような意味かもしれません。

 

孫娘が私の似顔絵を描いてくれました。

あまりにもよく雰囲気を掴んでいるので、

「この絵を俺の葬式の時の写真の代わりに使ってくれ」と言ったら、

誰も反対する人がいませんでした。

真面目に言っているとは思っていないようでした。

私としては極めて真面目なのですが。

Img_9895_20240429122101

私の人生そのものも周りからみれば、真面目にやってるとはとても思えなかったようです。

 

 

どうも切掛は就職の時からのように思います。

当時は全共闘時代でしたが、就職しようと大学院2年生の8月ごろから、

名簿で学科の先輩を訪ねて行ったことがあります。

2度目の時担当の部長を紹介され、それからいいともダメともなんの返事もなかったので、

駄目かと思っていましたが、

年が明け2月になって「お前、決まったぞ」と連絡がありました。

「進学を決めてしまったのですが」というと「それでいいよ」というのです。

それがデュアル、トリプル人生の始まりだったように思います。

4~5年して、大学院の教師を兼務すると共に、関連会社の社員も兼務するようになりました。

それからは、立場は様々に何度も変わりましたが、

大谷翔平のようにそれ一筋というわけではありませんでしたから、

報酬は大したことではなく、みんなどこかに消えてしまいました。

 

そんな生活がいまだに続いているというわけです。

 

企業にあっては ポジションはどうあろうと、通常は決済書類に印を押すことがあるのですが、

私はほとんど押したことがありません。

責任ある立場にならなかったようです。

それでも専務とか社長とか客員教授とかのそれなりのポジションだったことはあります。

 

そんな生き方をしてきて、もう終活だという年齢になったというわけです。

 

そうなった時に、今度は「私の葬式に孫娘の描いた絵を使ってくれ」というのですから、

皆んな真面目に信じようとしないないのは当然だと言えば言えそうです。

 

まあ面白い人生でした。

今も、これからも・・・

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

2024年1月 2日 (火)

手を繋いで歩く老夫婦

 

駅前通りで、私の目の前を、老夫婦が手を繋いで歩いていました。

 

最近は街で老夫婦をよく見かけるようになりましたが、それでも手を繋いでいる老夫婦を見たのは初めてです。

若い時ならともかく、歳をとってからは、なかなかできないことです。

感心してみてしまいました。

 

よく見ればお婆さんは杖をつき、おい爺さんは片足を引きずっていました。

お互いに助け合って歩いているようです。

でも素敵です。

なかなかできないことです。

 

私たち夫婦も歳を取ってから、手を繋いで歩くことはできるでしょうか、

と思ってしまいました。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

2023年11月15日 (水)

街を歩くとお爺さん、お婆さんの姿が目立ちます。

 

最近街を歩くとお爺さん、お婆さんの姿が目立ちます。

顔をあげて、シャンとして歩く人は老人という感じはしないのですが、

杖をついたり、体が曲がっていたりと、やっと歩いているといった人が多いようにも感じます。

こうした高齢者が増えていることは医療の発達と介護施設等の整備等が大きいとのことです。

 

私も4~5年前前立腺ガンを患って一騒ぎしましたが、

今のところ転移もなく、普通に生活できるようになっています。

これも医学の発達がなければ、今頃どうなっていたかと思うとゾッとします。

 

鹿児島の妻の母は90歳で亡くなりましたが、

その歳になっても「その服は私には地味、といっていた」そうです。

その意気たるや立派のものだと感心しますが、

介護する私の妻たちの介護の苦労は大変だったそうです。

 

高齢化している状況にはこうした様々な物語があるようです。

 

日本人の平均寿命は1955年頃には男性63.60歳、女性67,75歳だったそうですが、

今では男女とも平均寿命は80歳を超えているわけですから、様々の問題が起こるのは当然だと

もいえそうです。

それでもなんとかやっていけることは有難いことです。

 

先日のYahooニュースに、中国では

「中国の昨年の65歳以上の高齢化率は約14%となり、「高齢社会」に突入した。

中国の高齢者の「自殺率」が悲惨なことに…!「経済崩壊」が招く老人たちの「過酷な現実」

との記事が載っていました。

まさに深沢七郎の楢山節考の世界です。

 

今では日本の高齢者率は29,1%だそうですが、

中国の高齢者が現状に比べ10%以上も増えたら一体どうなるのでしょうか。

習近平政権は破綻するとも言われているようです。

 

各国それぞれに問題だらけです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

 

 

 

 

2023年9月26日 (火)

墓じまいと利己的な遺伝子

我が家には、江戸時代の話のようですが、

〇〇家と△△家の1人娘と1人息子が結婚し、

いずれ男の子が何人も生まれたら△△家を継がせるという話があったそうです。

その鎌倉時代から伝わるという△△家の大きなお墓を父が面倒を見ていましたが、

68畳ほどもあるそんな大きな墓は子供たちに継がせられないと、母がお寺にお返ししました。

母が今でいう「墓じまい」をしたわけです。

代わりに、当時の住んでいた家の近くのお寺に、母が小さなお墓を作りました。

墓じまいをしたわけです。

息子たちには「この地さな墓は俺が生きてる間はこのままにしておいてくれ」と言っていますが、

さあどうなるのでしょうか。

息子の嫁さんはオーストラリア人ですが、彼女の家のお墓はどこにあるか知りませんと言ってました。

時代時代で考え方はどんどん変わっていくのでしょうか。

 

 

「英国史上最も影響力のある科学書」 とも言われる世界的ベストセラー

ドーキンスの「利己的な遺伝子」を読むと、お墓なんてなくてもいいか!

と、思えてきます。

 

裏表紙には

「自らのコピー、遺伝子を増やすことを最優先とする遺伝子は、いかに生物を操るのか?

私たちはなぜ、生き延びようと必死になり、なぜ恋をし、なぜ争うのか?――

本書で著者は、動物や人間の社会で見られる、親子間の対立や保護行為、夫婦間の争い、

攻撃やなわばり行動などがなぜ進化したかを、遺伝子の視点から解き明かす。」

と書かれています。

Img_9348

 

 

私には女の子が4人、男の子が1人の孫がいますが、

その子たちを通じて、私の遺伝子が未来永劫続いていくのでしょうか。

 

将来に残されるのは、戒名、遺骨、お墓、思い出・・・ではなく、

自らの遺伝子というわけです。

 

???

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

墓じまい。そこにあった お骨はどうされたのですか 親戚の例 山の畑の墓、墓じまい後に納骨堂に移しました。3代のお骨です。それ以前のお骨はお寺の墓です。跡取りは母親からその場所を教えてもらってない?  先祖 本家・・・・総本家の墓…京都となります。うちは分家・分家・・・です。
祖父宅の墓所。代々夫婦墓となっています。 うちは祖父からですが、父が墓所を二つ購入。祖父・父となっています。私は、夫婦墓は無理です。父の所に入れてもらいます。

匿名希望様

〇〇家を継ぐ話は江戸時代の話です。
墓石として残っていたのはお地蔵様だけですので、お寺に納めました。
そのころは何も書かなかったようです。

問題は我が家の墓ですが、
「死ぬまでは現状のまま。死んだ後は、息子の好きなようにしろ」といっています。
「遺伝子は継がれていくから、それでいい」と思っています。
それが利己的かどうかは知りません。

2023年3月24日 (金)

リアルなOB会

 

コロナ禍もちょっと落ち着いたこともあって、

かって勤めていた会社の、同じ大学卒のOBと現役の計6人で、

それこそ初めて同窓会を開きました。

30年以上勤めた会社でしたが、こんなOB会をやったことがなかったのです。

 

メールやフェイスブックであってはいましたが、直接顔を合わせて飲むのは初めてです。

 

意外と昔の思い出話にならず、

話題の中心は、親から相続した土地、建物の不動産事業の経営をしているK氏の話、

皆にとって羨ましくもあり、関心を集めたようです。

どのようにして税の申告をしたのかわかりませんが、年金は30万円を越え、健康保険の個人負担は1割だと言っていました。

ちょっとおかしいように思いますが。

 

G氏は68歳まで常務取締役をしていましたが、彼は月に1度くらいゴルフをする程度で、今は何もしていないといっていました。

彼のことですから、何か他に収入はあるように思われます。

 

現役であったり、再雇用されての人たちは、それぞれ微妙な立場にあるのか、意外と何をしているかについて話をしませんでした。

もっぱら聞き役です。

社長は変わっても、社長権限は以前同様に強いものがあると言ってました。

 

私は?

肩書きだけのNPOの理事をしていますが、実態は遊んでいます?

 

損得は除いて、

リアリティの飲み会は、オンラインの集まりとは違った楽しさ、温もりがあるようです。

 

次は来年?

お開きになってから、「またやりましょう」と皆言っていました。

 

「天の時は、地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」

ともいうようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

 

 

 

 

2023年3月 8日 (水)

卒業式とコロナ禍

 

3月になって,卒業のシーズンになりました

 

先日のテレビでは高校の卒業式の様子を報じていました。

高校3年間で、コロナ禍で授業はほとんどONRINEだったこともあり、親しい友人ができなかったとか、

学校に行っても、誰もがマスクをしていたので、顔もよくわからなかった、

というような発言が多くありました。

喧嘩をすることもなかったそうです。

 

びっくりです。

 

9711d48f3f1e4c4a996f6135a94bafc4

 

考えて見れば、私も高校生の頃は1人で塞ぎ込んでることが多く、クラスで友達と話すこともありませんでした。

大学生の頃には大学には行くのですが、校門を入らず、門の近くにあった喫茶店で同じクラブの友達とひたすらお喋りしていました。

だからと言ってその友人達とは、卒業後会うこともありませんでした。

 

 

しかし、ひょんなことから友人になった友達から、その友達の友達ということでできた集まりもあります。

その集まりは当初8人くらいでしたが、

連絡しても来なくなったり、海外勤務になったり、亡くなったりと、1人欠け、2人欠けで減り、今では3人のメンバーになってしまっています。

中には自殺したメンバーもいます。

 

人と会うことがコロナ禍で難しくなってから、改めて思うことは、人と会うことは面白いし、楽しいということです。

 

「天の時は、地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」

という言葉もあります。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

 

2023年3月 6日 (月)

初めてのOB会

 

コロナ禍もちょっと落ち着いたこともあって、

かって勤めていた会社の、同じ大学卒のOBと現役の計6人で、

それこそ初めて同窓会を開きました。

30年以上勤めた会社でしたが、こんなOB会をやったことがなかったのです。

 

意外と昔の思い出話にならず、

話題の中心は、親から相続した土地、建物の不動産事業の経営をしているK氏の話、

皆にとって羨ましくもあり、関心を集めたようです。

どのようにして税の申告をしたのかわかりませんが、年金は30万円を越え、健康保険の個人負担は1割だと言っていました。

ちょっとおかしいように思いますが。

 

G氏は68歳まで常務取締役をしていましたが、彼は月に1度くらいゴルフをするくらいで、今は何もしていないといっていました。

彼のことですから、何か他に収入はあるように思われます。

 

現役であったり、再雇用されての人たちは、それぞれ微妙な立場にあるのか、意外と何をしているかについて話はしませんでした。

もっぱら聞き役です。

社長は変わっても、社長権限は以前同様に強いものがあると言ってました。

 

私は?

肩書きだけのNPOの理事をしていますが、実態は遊んでいます?

 

損得は除いて、

リアリティのあるこうした飲み会は、オンラインの集まりとは違った楽しさ、温もりがあるようです。

 

次は来年?

お開きになってから、「またやりましょう」と皆言っていました。

 

「天の時は、地の利に如かず、地の利は人の和に如かず」

ともいうようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

 

 

 

 

2023年2月20日 (月)

散歩のパターン

 

最近はすっかり散歩に嵌まっています。

往きは所沢駅まで歩き、

カフェでコーヒーを飲み、

駅ビル地下のスーパーで、妻に頼まれた食品を買います。

復りはバスに乗って帰宅です。

 

雨でも風でも、毎日歩くようにしていますので、

平均で8000歩くらいは歩きます。

 

服装もほぼ決まっています。

googleの広告で買ったメーカーのわからない白のスニーカー

ユニクロの裏地つき、裾紐つきの黒のパンツ、

MILLETのブルーのアウトドアウエアー、

Borusalinoの黒の帽子です。

4f3b4a88b5844b4fac06662fad4af4fe

 

最近は黒のスーツなんかはほとんど着ませんから、

夏服、冬服のそれぞれ1着づつ残して、あとは断捨離してもいいのですが・・・

 

お葬式もこのコロナ禍ですから通知だけで、葬儀場の案内は来ません。

道を歩いていても知っている人の殆ど会うこともありませんから、挨拶することありません。

 

ちょっと頭が痛いかなとか、ちょっと今日は気分が悪いかな、

と感じていても、家に着いた頃にはスッキリしています。

 

最近はこんな生活スタイルをすっかり気に入っています。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

 

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31