広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2021年6月18日 (金)

「サイディング技術」は住宅街の景色を一変させたようです

 

最近住宅街を歩いていると、その景色が一変したことにびっくりします。

F7fbff8a19d844a894beaadc876c73f4

住宅の外壁がレンガ風、、タイル風、石積み風とあり、色も白、黒、茶、ブルー・・・と多種多様になり、街が綺麗になったことです。

 

どうもそれはここ10年くらいの間のことのようです。

外壁にサイディングという建材が使われるようになったことによるようです。

 

サイディングとは

「セメント系の素材強度と木質系の特性である断熱性を最大限生かした上で、表層部のガラス質のコーティングした人造外壁材である」とのことです。

価格が安く、耐候性、耐久性に優れ、工期が短く、品質が安定していることだけでなく、

タイル風、石積み風・・とあり、

洋風の家、和風の家、モダンな家とどのような家にも対応できることから、

最近は圧倒的にサイディングが使われるようになったようです。

 

ハウジングメーカーも建築家も皆サイディングを使っています。

 

こうしたサイディングの技術、デザインが多種多様になったせいもあってか、

外から見ただけでは、最近の住宅はお金持ちの家か、そうでない人の家かということもわからなくななり、どの家もほとんど同じように見えます。

小さいか、大きいかの違いがあるだけとも言えます。

 

この10年くらいの間に「サイディング」は外壁のリフォームにも使われるようになり、

古い家か新しい家かもわからなくなったようです。

 

最近はベンツもトヨタ・・・もちらっと見ただけでは、ほとんど違いがわからなくなったのとよく似ている現象と言えそうです。

日本の軽自動車がベンツBMW並みの美しさと性能を持ちつつあると言った方がいいかもしれません。

 

この「サイディングの技術」により、日本の住宅街もヨーロッパの住宅街とは一味違ったお洒落な住宅街になるといいですね。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

 

 

2021年5月 9日 (日)

我が家の回遊式庭園

 

我が家は山裾の斜面地に建つため、庭の高低差が4m近くあります。

その上、敷地に元々あったコナラを3本も残したため、いまではコナラも30cm、50cm、太いので60cm近くにもなっています。

当初はツツジやツバキも植えられ、それなりに綺麗な庭園だったのですが、しばらく放ってあったので、大木の枝、葉に覆われ、いつの間にかそうした木々は消えてしまい、雑草の生えるままになってしまっていました。

庭の体をなしていません。

昨年息子が大幅に大木の枝を切り、雑草を処分し、数十種類の草花を植えたため、少し見られるような庭になってきました。

 

テラスから庭を通り、向こうの広い共用階段に出られるコンクリートの踏石があったのですが、それだけでは敷地の斜面の上の方には行くの難しかったため、息子はちょっと大きめの石を置いて階段を作ってくれました。

おかげでコンクリートの踏石と石の階段が繋がり、

コナラの木と鉄網で作られた麒麟をぐるっと回る道ができたというわけです。

直径5~6mです。

我が家の小さな回遊式庭園ができたというわけです。

Bfc36007cb5545c2a4385c62387a9937

 

観客としての私は、よくできたと1人で悦にいっています。

すぐにスズメバチが飛んできました。

お祝いに?

 

いやはや色々あります。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2021年4月29日 (木)

クレマチスの花

 

息子が買ってきた花です。

クレマチスというのだそうですが、画家のクレーとマチスを合体したような名前ですので、

ちょっと不思議な感じがします。

命名した人はどんな人なのでしょうか。

C4eed5fe6840468488f89502a19f5215

 

直径18cmもある紫色の大きな花です。

春の花は小さく可憐な花が多いのですが、この花は春の花にしては珍しく大きな花びらの花です。

脇に蕾がもう1つ付いています。

 

蔓性の花と言ってましたので、庭に置かれている針金で作った大きな麒麟の足に絡まるように植えたのですが、60cm程度にしかなりませんでした。

それでも紐で留めました。

 

花を買ってきて植えるのは息子で、

毎朝の水やりが私の役割です。

 

数十種類の花が植えられていますので、どんな花が咲くのか楽しみです。

大根、胡瓜、ひまわりも植えられています。

 

毎晩帰りが遅く、翌日にならないと帰ってこなかったような息子に、

コロナ禍はこんな趣味を教えてくれたようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2021年4月21日 (水)

ダイニングテーブルの花

 

コロナ禍で出かけるのはままならず、自宅にいる日が増えています。

 

息子に庭作りは任せているのですが、

植えられた草花の種類はもう30を超えた感じです。

 

巨木になってきたコナラの葉の影になって、ちゃんと育つのかどうか心配です。

A221c690069a4f929f2ae7415a166e36

右のちょっと黒いウイスキーボトルに入っている花はもう萎れそうになったチューリップの花です。

左の透明のウイスキーボトルの花は白い小さな花はオルラヤホワイトレース、

ピンクの花はシレネピンクパンサー、

ちょっと大きめの花はアズールブルーというようです。

庭の花には小さな白いプラスチックのラベルが添えられていますが、字がよく読めません。

どの花も洒落た名前ですが、今まで聞いたこともありません。

 

ちょっと萎れた花が、こうしてダイニングテーブルに置かれると、

何となく穏やかな気持ちになってきます。

 

コロナ禍のおかげで、私の生き方も変わってきたようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2021年4月19日 (月)

掃除して、掃いた後を見ると気持ちいいだろう!

 

今朝起きて庭を見たら、

狭い庭にもう落ち葉がかなり落ちていました。

どうしようか、ちょっと迷ったのですが、箒とちりとりを取り出し、履くことにしました。

掃いている内にフッと昔のことを思い出しました。

 

いつも敷地の外の階段、玄関先を掃除するのは嫌で嫌で仕方ありませんでしたが、

その昔、私の先生がいつも学生が来る前に研究室を掃除しているのをよく見かけたました。

それも助手が来る前に掃除していました。

○教授に△助手なのですが、研究室ではそれが逆転して△教授に○助手だなんて言われていました。

先生はそんな陰口を全く気にしてませんでした。

何かの時に「先生はなぜ助手より先に来て、掃除するんですか?」

と聞いたことがあります。

「掃除して、掃いた後を見ると気持ちいいだろう」と言っていました。

 

その時は「そんなこともあるか」くらいにしか思いませんでしたが、

なぜか今朝はそんな気分になりました。

初めてです。

 

お寺の小坊主の修行の最初の仕事が庭を掃除することだと聞いたことがあります。

D600895019434500bb30698c6827e253

ようやく私も小坊主になれたのでしょうか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

2021年4月 5日 (月)

息子の庭づくり

 

すっかり息子は庭作りに魅入られているようです。

 

昨日頼んだのでしょうか、エゾキスミレ、カタクリ、クレマチ、アズールブルー、イカリソウ、ピンクパンサー、忘れな草・・・・・の苗が今日午前中にはとどきました。

 

1箱に20種類が入っていました。

計10000円だそうですから、1鉢500円というわけです。

 

すでに20種類以上植えられていますから、庭に咲く草花は随分と賑やかになりそうです。

 

昨日頼んだとのことですが、今朝には届いたのにも驚きました。

段ボール箱は「ゆうパック専用」、「この面を上に」と書かれた 赤い札が貼られていました。

小さな苗が、段ボール箱にびっしりと詰められていることにも驚きました。

セットで売られていたのでしょうか。

こんな簡単な包装でも安全に送れるのにも驚きました。

7fe5ca8d183f4dedac05b4fc32531042

息子はもう朝食を済ませるとすぐに庭づくりです。

脇には

園芸土、腐葉土のビニールのパックがいくつも置かれています。

孫もちっちゃなシャベルで手伝って?います。

 

私は口も出さず、手も出さずです。

ちょっと気に食わないところがありますが・・・。

 

それが一緒に住むことの平和の秘訣でしょう。

???

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2021年3月20日 (土)

カシノナガキクイムシによるナラ枯れ

 

もう春です。

 

北斜面に建つ我が家の庭には息子が植えた草花が花が咲き、大変綺麗です。

リモートワークのおかげでフレックスタイム制になり、自宅勤務も増え、体力的にも時間的に余裕ができたのでしょう、ホームセンターでクロッカス、ラベンダー・・・の草花を20~30種類買ってきたり、ブルーベリー、サンクランボ、梅の苗木・・・を買ってきては植えたりしていました。

 

先日はその斜面に20cm角の石を並べて、階段を作ってくれました。

男の子の孫がパパの真似をして小さなシャベルで土を掘ったりしていますが、邪魔でしかありません。

石の階段は思った以上に便利なだけでなく、なかなかお洒落にです。

これで、今まで殆ど行ったことのなかった斜面の上の方にも行けるようになりました。

Ffb892ef81c945a584fe7f10b5021b41

 

問題は直径50~60cmはあろうかという3本のコナラの木です。

隣接する狭山自然公園で広がり始めたカシノナガキクイムシによるナラ枯れが始まり、かなりの木が伐採されています。

「全長5mm程の小さな昆虫で、主にコナラやミズナラ、カシ類に穿孔し、 樹木の枯死引き起こします。 被害木は根元にフラスと呼ばれる木くずが見られるのが特徴です。」

とのことですが、

我が家のコナラの木には木くずはまだはっきりとはみられませんが、

昨年木の枝を強剪定したための相当に弱っているはずですので、

キクイムシにやられそうな気配があります。

 

以前テラスの真ん中に残したコナラがやはりキクイムシにやれて枯れたことがあります。

木も大きくなると格好はいいのですが、大きくなったというのは老化したということもあるので、キクイムシにやられる恐れは大きいのだそうです。

 

朝起きて庭を歩くのは楽しくもありますが、

庭の手入れは大変です。

「自分では何もしないのに、何を言ってるんですか」

と妻に言われそうです。

 

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2021年3月10日 (水)

世界の摩訶不思議な家

Netflixの

「世界の摩訶不思議な家」を尋ねて歩くというシリーズにはまっています。

 

建築家のピアーズ・イラーさんと女優のキャロライン・クエンティンさんが世界の家を訪ねて歩くのですが、超重いドアを開けたり、ベッドに飛び乗ったり、庭のプールで泳いだり、「ワー 凄い」と歓声をあげたりするので、

私が直接その家の中にいるような感じになります。

 

初回はスペインの家シリーズです。

 

バカでかく、分厚い鉄板だけで、壁を作り、屋根を作り、地元産の石で床を作り、

キッチン、寝室、テーブル等の家具は全て、その鉄板で仕切られた壁の後に隠されているのです。極めてシンプルなコンセプトの家なのですが、それが妙に聖的な空間を作り出しているという面白い建築から始まります。

 

次は、土木で使う巨大なプレキャストコンリートを柱、梁として使い、

透明のガラスで空間を仕切るだけで、巨大な空間を作りだすというこれも極めてシンプルなコンセプトの家です。

土木的スケールの材料を使って、柱、梁を作るというだけのことで、こんなに不思議な家が出来上がるのかと驚きます。

 

次は、直径50mくらいはあろうかという大きなドーナッツ状の屋根が架けられ、内と外とはガラスで仕切られ、5LDKくらいの部屋が作られているというこれまた完全にスケールアウトしている家です。

それがまたメッチャ面白い家になっているのです。

アップルの本社みたいな形の家を個人が作ってしまったようでです。

Df5f45feebf143f5ac0d814e11b09b60

 

かって日本の建築家、石山修氏の初期の作品に、直径4m以上はあるだろうかという巨大なコルゲート管を使った家を作りましたが、

最先端を行く近代技術を使っての家はこんなにも多様で、面白い家ができるのかと感心しました。

 

こうして作られる面白い建築はどうしても巨大になりますから、

郊外というより、街から相当に離れた山の中とかに作られているようです。

 

そんなことは車があってこそ可能になったことでしょうし、

リモートワーク時代になって、都会に住むことが必ずしも住む必要がなくなったという現代社会では今後さらに増えるだろうと思われます。

 

私の母の実家には3万m2くらいの山林が残されています。

こんな大きな建物を作る余裕は私にはありませんが、

子供、孫が作ってくれるかも知れないと思えば、

人生も楽しくなります???

その頃まで生きているかな。

 

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

今週の週刊ポスト。大前研一・ビジネス新大陸。いつも、スルーですが。。今週は、よかったです。電力、EV関連。ソースは????私も、同感です。言ってはいけない、風潮が、あります。数値、数字。実証例なのですが。・・・・・・スーパーで、買い物・、ビニール袋が、有料。台で、水物とかを入れる、ロールから取り出すビニール袋。取り放題です。。パック入りで、売っていますし。ピーマンの、袋詰め。バラでないし。バラで、買っても,台の上で、客が、自分で、ビニール袋に、まとめます。買物ビニール袋を、有料で、啓蒙していますか。小泉談。プラスチックのスプーン。有料にするとか。。小泉さん、若すぎます。こういう表現に、します。に、します。買い物袋関連は、ほかの物とに、整合性がありません.EV、バッテリー、CO2のことは、大前さんが、詳しく解説。大前研一の本、数冊あります。モトクロスバイク。奥さんは、アメリカ・?オーボエ奏者・・・・・。・・・・・。学問的なことは、自分には、難解でした。合理的な主張はは、なんとなくとなくわかりましたとなくわかりました。でも、日本では、受け入れが、難でしょうでしょうね、と。

匿名希望様

大前氏は民間企業のこと、そしてインターネットのこと・・・
と博学ですね。
もうかなりの年ですが、貴重な人材ですね。

2021年2月28日 (日)

三角関数でデザインされたペンダント照明

 

我が家はニューイングランド風の外観ですが、リフォームした際あちこち和風にしました。

 

出入り口はこれまで全て開き戸、ドアだったのですが、

原則引き戸にしました。

狭い家には引き戸の方が使い勝手がいいようです。

 

食卓テーブルのペンダント照明も変えました。

 

白いプラスチックの板を波のようにデザインして丸い形を創り出しています。

かなり日本的なデザインです。

https://www.momoda.co.jp/leklint/leklinttop.html

B43a547d39e8432aa78030ca8bbce2fc

その昔イサム・ノグチがデザインしたというのですが、

白い和紙を、和傘によく使われる竹籤を曲げて作られた丸い球の上に貼られた極めてシンプルなデザインのペンダントの照明器具が流行りましたが、

その流れの中で、プラスチックの特性を活かしてデザインされたペンダント照明だと言えます。

「この証明器具はデンマークのLE KLINTの製作、

1971年に発表され、「サイナスライン」とも呼ばれるフォルムは、数学的な三角関数の描くサインカーブをモチーフとして開発されました」

とのことです。

私は折り紙のように直線的に折り曲げて作られたペンダントの方が好きですが、

妻はこちらの方が好きだというので、こちらにしました。

 

直径330mm、プラスチックが波打っていますから、波の重なる少し暗いところ、暗いところというように、グラディエーションがあり、下の真ん中には穴が空き、LEDの光が漏れてきています。

なかなか洒落ています。

 

明るさが足りなければということで、天井にはいくつかダウンライトが埋め込まれています。

 

日本の家のはこうして「和洋折衷の家」になっているところが面白いところです。

今では、それが「個性的な家」となっているようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2021年2月16日 (火)

コロナ禍で生活が変わった!?

 

孫の女の子が大きなシャベルで穴を堀リ、その土を下の男の子が小さなシャベルでプラスチックの鉢に入れています。

パパの真似をしてやってるのですが、何の意味もありません。

それでも一生懸命やっています。

Aa0c653d20eb49b9bd36e6241d744a84

 

かなり長い間庭の手入れはしていませんでしたから、

コナラはやたら大きくなり、下に植えたツツジ、ツバキ・・・はほとんど消えてしまっています。

 

見かねたのか息子が近所の植木店から

クロッカスや クリスマスローズや 赤い葉のクローバー・・・を買ってきて植えています。

これまで土休日にも家にいたことがなかった息子が

リモートワークで自宅勤務が増え、体力的にも精神的に余裕ができたのでしょう、

庭の手入れをする気になったようです。

 

周辺は典型的な昭和、平成の住宅ですが、

我が家の向こうには木造の山小屋風の2世帯住宅と、

極めてメカニカルな白いパネルに覆われた家とが建っています。

極めて対照的な家が建っています。

 

この辺りは東京の郊外の斜面地ということもあり、敷地が広いこともあり、それぞれがかなり個性的な家が建っています。

 

コロナ禍で、自宅でのリモートワークをせざるえなくなったことで、

建物だけでなく、

かなりの面でこれまでと違った生活形態を創り出しているようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30