広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

住まい・インテリア

2017年10月18日 (水)

相続と庭木

義理の母が亡くなった。
近くに住む弟さんが面倒をみてくれていた。

問題ははたくさんあるが、
最大の問題は、その家が空き家してしまいそうなことだ。
子供たちは皆それぞれに家を持ち、その家に住もうという人はいない。
東京の郊外に立地しているということで、
そこそこの価格で売却できそうなので、売却することになりそうだが、
子供たちはその家には、それぞれに様々な記憶、思い、それに都合があるし、
敷地100坪程度のさして広くない家だが、
それでも相続税の控除額が昔に比べ下がったこともあり、
合意に達するまではまだ時間がかかりそうだ。
税金というのは、腹が立つことに、基本的に上がることはあっても、下がることはないと思った方がよさそうだ。

お墓をどうするでももめたが、当分現状維持ということにせざるを得なかった。
お墓が作られるようになったのは、武士でもようやく元禄時代以降のことらしいから、それほど古いことではないようだ。
私は骨は海に散骨するなり、土に帰すなりすればいいのだから、お墓はなくてもいいだろうと思っている。
子供たちが先祖があって、自分たちがいるということを感じて行きてくれればいい。
それには家の中に仏壇があり、位牌があれば充分だろうと思っているが、
誰もが納得してくれるわけではない。

位牌も多くなって困りますが、といったら、
お寺の住職さんは、33回忌が過ぎれば、先祖代々の霊となりますので、処分されてよろしいですよといっていた。
曽孫の代になれば、曽祖父母のことは知らないというのが、普通だろうから、まとめて先祖代々の霊になるというのは合理的ではある。

義母は植物が好きで、特に庭木の手入れはきちんとしていた。
梅、柚子、柿etc.実のなる木は、子供たちが喜ぶだろうからと何本も育てていた。
どの木も随分と大きくなっているが、美しくもあるが、
家の解体と同時に伐採してしまうのはなんとも忍びない。
実家の大きくなりすぎたコナラetc.の木を切って、代わりに植えようかとも考えたが、移植する費用だけでも、数百万円はかかりそうだという。

人が亡くなると、精神的にも大変だが、
資産の始末も大変だということを改めて知った。

A3a7344266d946159e5f29c792413465

15年後の平成33年には空き家率は30%を超えるというし、
「所有者不明土地問題研究会」が行ったサンプル調査によれば、大都市では6・6%、それ以外では26・6%が最後の登記から50年以上経過しているという。
何代も相続登記をされずにいると、そのうち相続人が誰かわからなくなることも多いのだという。
日本の世帯数は約5千万件あるといわれるが、
なんらかの資産を持つようになった現在、その資産の相続をどうするかというのはきわめて厄介な問題にありつつあるようだ。

個人にとって、相続はそう簡単なことではないということを、改めて知った。
政府は相続税をただ取ればいいと思っているように思えるが、
その前にすべきは、この所有者不明になっている土地建物をゼロにするにはどうすればいいのかを考えるべきではないだろうか。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

お墓の問題は、今のような立派な墓石のお墓ができたのはそんなに古くはないようですね。
少子化で、お墓をどうするかは社会問題になりそうですね。
継ぐものがいないと、お墓は結局は処分されるようですね。
集団で供養する施設も増えているようですね。
中には、お墓を処分して、お寺にそれなりのお金を支払って遺骨を保管して永代供養をお願いするのもあるようですね。
増えすぎた位牌は、普段は台座を取り外して、文字の書かれた部分だけを引き出しに収納し、故人の周忌に取り出して供養する方法もあるようです。
安芸門徒には、位牌がないのでその心配はないのですが。
立派なおうちですね。処分するのはもったいないですね。
マンションなんかより、気持ちのよい生活が送れそうですね。

投稿: やんじ | 2017年10月18日 (水) 14時37分


やんじさま

インターネット時代になって、バーチャルなお墓とかもできてきているようですね。
元気だった頃の両親の写真はいいのですが、
動画はちょっと見る気になりません。
日本人の感覚からいうと、
どうも昔のことは、消えていくのが自然なように感じます。
認知症もそうしたことの1つといえるのかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2017年10月18日 (水) 21時26分


20年以上前、世界で最初にバーチャル霊園を作ったのは、おそらく広島のお寺で、アメリカやヨーロッパなど世界各国から取材があり、NHKも取り上げていましたが、そのお寺がバーチャル霊園を作ったのは、当時大流行していた「たまごっち」の墓を小学生がネット上で作っていたのがヒントになったということでした。

ただ、ネット上のコンテンツは永久に残ってしまうということもあり、それに対して「忘れ去られる権利」というものも議論されていて、SNSなどでも、そういう仕組みが取り入れられつつあります。

投稿: 工場長 | 2017年10月18日 (水) 22時15分


工場長さま

「忘れ去られる権利」
というのは面白いですね。
尊厳死と同様、
この考えを法制化できないでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2017年10月19日 (木) 11時14分

2017年9月 2日 (土)

仏壇と感謝


アストアムラインの本通り駅を降りてすぐのところに「現代仏壇 GALLERY memoria」という仏壇のお店ができた。

最近は、
壁掛けの仏壇や、仏具がすべてガラスというのもあり、随分とオシャレになっている。
これならインテリアにもなる。

Img_3703_3


実家を建て替えたとき、仏壇も新しくしたので、
それまで使っていた仏壇が納戸の奥に仕舞いこまれていた。

聞けば、桑の木で作られているので、かなりいいものらしい。
折角あるのだからということと、
我が家にも仏壇があった方がいいだろうからと、我が家に持ち帰り、
しばらくして、両親の位牌も作り、壁の本棚の背の高さのところに置いた。

先日、お盆の頃、テレビで、お坊さんが
「仏壇に向かっては、お願いをするのでなく、感謝、お礼をするのです」
といっていた。

朝、夕の2回、手をあわせるようにしているが、
感謝するようになってから以来、何かハッピーに感じるようになったから
可笑しい。

お線香に火を付け、お線香の炎を消すには、縦に振るとスッと消えるともいっていた。
試しにやってみたら、本当にすっと消える。

お墓参りは結構大変だ。
ここしばらくは、お盆、春、秋のお彼岸の年に3回程度しかお参りしていない。

そんな私にとって、自宅に仏壇があって、毎日手を合わせているというのは、せめてもの供養ではないかと言い訳をしている。
最近は孫たちが、仏壇に向かって、手をあわせて遊んでいる。

まあ、それも「よし」だ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年8月19日 (土)

ゴキブリ対策・フマキラーの凍殺ジェット スプレー

ゲッ、
ゴキブリがでた!

慌てて殺虫剤のスプレーを探す。

フマキラーの「凍殺ジェットー85℃」があった。

即吹き付けるが、直ぐには死なない。
動きは鈍くなった。
追いかけて、何度か吹き付けると、ひっくり返って動かなくなった。
トドメにと、もう一度吹き付ける。

凍死した。

Img_3634


改めて説明文を読めば、
ー85℃の超冷温効果で害虫を速攻殺虫、
殺虫剤を使用していないので、キッチンやダイニングなど食品周りで使っても安心。
お子様やペットのいる家庭にもお勧め、
匂いやベタつきが残らない 、
と書かれているが、
火気厳禁、コンロや給湯器等の種火を切ってからお使いください。
人やペットに向けては使用しないでください。は凍傷の恐れがあります。
とも書かれている。

気化熱で超低温環境を作り出し、
凍死させようというわけだ。

なるほど、そんな手があったか。
と感心する。

メーカーがフマキラー、
広島生まれの会社だ。

蚊によるマラリアは熱帯では深刻な問題になっているようだが、
フマキラーはマラリアの撲滅に、多大な貢献をしているらしい。

ヒアリに、刺されれば死ぬ恐れもあるなんて、
恐ろしいアリも日本に上陸したという。
地球が温暖化したこともあってか、
蚊、ハエ、アリ、ハチ等の害虫も多様化し、その被害は益々深刻な問題になりつつある。

そんなとき、人間にも有害な殺虫剤を使用するのでなく、
超低温にして、凍死させようというのは、上手い手かもしれない。
副作用も少ないかもしれない。

「フマキラー 凍殺ジェット ー85℃」、
すぐわかるところに置くことにした。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


スプレー式の殺虫剤はあくまで虫の嫌いな人間の目の前に現れた運の悪い虫を殺すだけで、殺生を最小に抑えますが、自宅でそうした虫を見たくなければ、巣ごと全滅させるタイプのものを置かないと駄目です。

アリだと「アリの巣コロリ」などで、ゴキブリではブラックキャップ(アース製薬)、コンバット (キンチョー)、ゴキファイタープロ(フマキラー)があり、フマキラーのゴキファイターなら数百円で1年間ゴキブリを見ることはなくなります。

これらの巣ごと全滅させるタイプのものは、たまたまその毒の入ったエサを食べた個体だけでなく、その死んだ個体を食べる仲間、更にタマゴにまで毒が及び、巣ごと全滅させる、ということです。

投稿: スプレー | 2017年8月19日 (土) 16時40分


スプレー様

ゴキファイターですか、
今度トライしてみようと思います。
でも使い方には注意が必要ということですね。

投稿: 元安川 | 2017年8月19日 (土) 16時54分

2017年8月17日 (木)

インテリアとしての自転車と小さな家

友人が高台に、小さな家を建てた。
両親と一緒の2世帯住宅だ。

収納スペースが随分と少なく、それなりに苦労はしているようだが、
彼は「これでいいのだ」と言っている。

今の時代、沢山持っていれば豊かであるとは必ずしも言えなくなったし、
そもそも大きな家に住んでいること自体があまり格好いいことではなくなった。

彼はサイクリングが趣味だが、
自転車を、彼自身が3台、夫人が1台、それに両親が1台、子供が1台持っている。
なんと計6台もあるのだ。
それだけあれば当然収納するところに困る。

1台は駐車場、1台はベランダ、1台は両親の部屋、
2台は階段の天井に吊るし、
1台はなんとテレビの後の壁にかけている。

それが格好いいのだ。
彫刻なんかよりはるかに格好いい!

Img_3625


最近はツールドフランスやバイアスロン等の自転車競技が盛んになったが、
それに伴って自転車の技術開発も急激に進んでいるのだという。

車体を軽くしながら、なおかつ剛性を高めるために、高価なカーボンやチタンを使っている。
さらに風の抵抗を少なくするために、
ハンドルは低く、小さく、
フレームは、ママチャリのような丸いパイプの棒でなく、薄い板状になっている。
中は空洞で、板の厚さは数mmだという。
継ぎ目がなく剛性を分散させるためにモノコック、一体成型されているのだという。

最高の技術の結集ともいえるギア、変速機は日本のメーカー、シマノ製だという。

彼はそれぞれのパーツをアメリカ、イタリア、カナダ、台湾から平行輸入し、
専門の自転車屋に持ち込み、組み立ててもらったのだという。
このテレビの上の壁にかけられている自転車は、なんと30万円以上はかかっているのだという。

素晴らしいインテリアになっている。

サイクリング専用の靴もある。
それも飾ったらいいじゃないかといったら、それはちょっと言って、笑っていた。

家も軽自動車同様、小さく住み、
それも好みにわせて住むのが、格好いい時代になったようだ。

私の実家はちょっとでか過ぎるな。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年7月30日 (日)

独立二世帯住宅の満足度は95%!

日経新聞の「住宅広告特集」で、
ハウジングメーカー各社が、自社の宣伝をしながら、
今はマイナス金利の恩恵もあるし、耐震構造の建築技術の進歩もあるしで、今住宅のお買い得ですよとの特集が組まれていた。
建設大臣のコメントまで載っている。
なかなか巧妙の宣伝だが、
中に1つ、旭化成ホームズ二世帯住宅研究所の調査「親世帯、子世帯の同居満足度」という調査結果にちょっと惹かれた。

親と一体同居住宅の満足度は、とても満足、やや満足もを合わせて66%、
独立二世帯住宅の場合は、とても満足が41.2%、やや満足が52.5%とあり、合わせて約95%、
だというのだ。

Img_0542

えー、
両親と子供夫婦と孫が同居することが、そんなに満足度が高いの、
とちょっとびっくりした。

ハウジングメーカー他社も同様の調査をし、ほぼ同じような結果になっているようだ。
http://www.sekisuiheim.com/info/press/20120531.html


よくいわれる嫁姑の問題もあるだろうし、
子育てについても、意見の食い違いもあるだろうし、
結婚してから親と同居するのはそう簡単なことではないと思うが、
それが同居して良かったというのだから、びっくりだ。

近頃なんとなく気になっていたが、
実家の周辺の住宅には、異なる苗字の表札が2枚掛かっていることが増えたようだ。
マスオさんは大変だろうななんて思っていたが、余計な心配だったというわけだ。

町内会のお祭りにも親と子と孫で参加しているとか、
この家は親と子と孫の2世帯で住んでいるだなと思えるような家も増えているようには感じてはいた。

聞けば、
経済的な理由もあるようだが、
女性は結婚して子供ができても、働くようになり、子供の世話を両親がしてくれれば助かるというのが、どうも1番の理由のようだ。


阪神姫路震災以降、
いざという時を考えると親が近くにいると助かる、心強いということもあるようだ。
https://www.athome.co.jp/contents/trend/051/

こうした傾向は2009年以降顕著になってきたということらしい。

超高齢化社会を迎え、
親の方にしても、さして長くないこれから先、少しでも長く子供と一緒に住みたいという願いもあるのだろう。

孤独死防止にもいいことだ。
人口増にもなる。

住まい方も時代と共に変わるいうわけだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私も子どもが生まれてから、親が居た方が何かと便利だろうと思って同居しましたが、何より子どもにとって良かったと思っています。

孫というのは無条件に可愛いもので、どんな場合でも自分を受け入れてくれる祖父母が日常的に身近にいるということは、子どもの成長を支えたと思いますし、人が老いて亡くなるということを目の当たりにすることも大きな意味があったと思います。

私が聞く事のなかった母の被ばく証言も子ども達は聞いていましたが、祖父母に限らず、身近に色々な立場の大人が居るということが子どもの成長に重要だと思いました。

投稿: 工場長 | 2017年7月30日 (日) 08時33分


工場長様

なるほど、「人が亡くなるという厳然たる事実を知る」というのは、大きな意味があるでしょうね。
それだけでも同居する価値がありそうですね。
ちょっと気づかないことですね。

投稿: 元安川 | 2017年7月30日 (日) 11時36分

2017年7月18日 (火)

風にも質の違いがある・ミミクリー扇風機

鹿児島生まれの妻は、そのせいか、ヒドイ汗っかきだ。
冷房だけでは足らず、風もないとダメなのと言って、扇風機も各部屋に置いている。
扇風機だけでも何台もあるのに、
今度は、雑誌「通販生活」で紹介されていたという「カモメファン」を購入したのだ。

電気代は安いようだが、価格は19、800円とかなり高い。

使ってみれば、確かにいい。

Img_0465

普通の扇風機のように直接風に当たるというのでなく、
フワーッとそよ風に包まれるような感じだ。
妻は普通の扇風機だと、長く当たっていると皮膚が痛くなるんだけど、この扇風機だと痛くならないという。

私は妻ほどの汗っかきでもないし、クーラーの風に当たるのさえ嫌だが、
このかもめ扇風機の風なら、ほとんど気にならない。
音も静かだ。

秘密は羽根の設計にあるのだという。
かもめの羽ばたきを模して作られた羽は、根元に近い部分の風量は少なく、先端に近い部分の風量は多くなるように作られていることで、柔らかい風が乱れずに遠くまで届くのだという。

風を一番強くしても、テーブルの上に置いた書類は飛ばされない。

風には強風、微風という違いがあるとは知っていたが、
優しい風、痛い風と、風にも質の違いがあるとは知らなかった。

生態模倣学ミミクリーの製品だという。
普通の扇風機に比べ、羽根の形は微妙に曲がっている。
かもめの羽を真似たというが、
かもめの羽は、羽ばたいても獲物に感ずかれないようにと微妙に進化したのだろう。

制作は岡山の船の世界的なプロペラメーカーのナカシマプロペラだという。

ICTではなく、
こうしたまったくのアナログな技術もまたいい。

掃除機ではイギリスのダイソンがサイクロン技術を搭載したという革命的な製品を開発し、市場を席巻したが、
この「カモメファン」は、日本発の革命的扇風機として、世界を席巻することになるのだろうか。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


数年前から登場している、音の静かなDCモーターに、羽根の形状による風質を工夫した扇風機は、デザイン性重視の日本のベンチャー企業バルミューダのグリーンファンが火付け役だったように思います。

こうした製品を見ると、日本の家電はコモディティ化で優位性を失ったかのように言われますが、まるで周回遅れのICT分野に比べると、白物家電の方がモノづくりの底力を発揮しているようにも思えます。

投稿: 工場長 | 2017年7月18日 (火) 06時59分


工場長様

確かに白物家電は質の違いがなくなり、
安い方がいいということで、一気に日本製品が売れなくなりましたが、
ところがドッコイ、日本の品質の良さが改めて見直されてきたということのようですね。
新幹線の輸出なんかについては威力を発揮しそうですね。

投稿: 元安川 | 2017年7月18日 (火) 08時03分


船のプロペラは、船舶の航行の省エネや効率に大きく関与するそうですね。
日本の潜水艦のプロペラは、世界一だとか。
静音でいかに航行するかだとか。
そして日本も潜水艦は、アメリカの原潜と模擬戦闘でかなり勝ち越しているらしいですね。

投稿: やんじ | 2017年7月18日 (火) 09時06分


やんじ様

日本の職人技は世界的ですね。
職人気質も大切にしたいですね。

投稿: 元安川 | 2017年7月18日 (火) 09時36分


中国には陶器等を作るためのロクロもないとのことです。
今、日本の焼き物等が高く評価されているそうです。

投稿: ロクロ | 2017年7月18日 (火) 18時55分


ロクロ様

千年以上続く皇室、
数百年も続く企業
・・・・・
は日本だけだそうです。
日本て不思議な国ですね。

投稿: 元安川 | 2017年7月19日 (水) 15時43分


潰れるべき企業が政治的に生かされて発展を阻害して来た歴史もある様に思います。東電が筆頭ですがNTTとかもそうですしこれからトヨタもそうなりそうですね。

投稿: 懐疑派 | 2017年7月19日 (水) 23時57分

2017年6月 2日 (金)

SeriaとDAISO

Seriaが100円ショップとは知らなかった。

店内は広く、ゆったりとしていて、
いわゆる100円ショップよりきれいで、お洒落で
商品も高そうに見えるが、
実はいわゆる100円ショップだ。

エールエール、アクアにも出店しているし、
広島県内にはすでに12店もあるようだ。

Img_3398


普通のお店なら数百円はしようかというものが、100円で買えるのだから、
ついつい買ってしまう。

報告書、レポート、参考資料etc.
その都度DAISOで100円のファイルを買い、保存していたら、あっという間に数十冊のファイルになり、書棚にどうにも収まらなくなってしまい、捨てるのが大変だった。

もうそうはならないぞと、
書類、ファイルが増えるのと、同じ量を捨てるように心がけているが、
なかなかそうはいかないのが、辛いところだ。

こんなに安い値段で、
こんなに広いスペースを確保し、オシャレな100円商品を展示、販売できるのか、
不思議ですらある。

そもそも「100円ショップビジネス」は、
「広島」の矢野博丈氏が様々の失敗、苦難を乗り越え、
1991年に高松市にオープンした店舗に始まるのだという。

それが今ではDAISOは
国内に約3,000店舗、
海外に26の国と地域、1,500店舗になっているというから凄い。

広島発の世界に誇るビジネスはマツダ、アンデルセンetc.何社かあるが、
DAISOもその1つなのだ。

Seria etc.の100円ショップ、
空き店舗の増加による賃料の下落、仕入れ、販売システムのオリジナリティによるのだろう
が今の時代を的確に捉えている。
同じようなビジネスモデルの企業がいくつも生まれてきた今、
たった26年の歴史の企業が古典になろうとしている。
広島の誇るDAISOは、今後どのように変化していくのだろうか。
楽しみだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


確か、最初の頃は、商品を持ち歩き全国のスーパーなどの店先で売っていたと聞いたことごあります。
商品は検品せずにコンテナ丸ごとを安く買っていたとか。商品の継続性は求めず売り切れごめん。
作る側も検品をして出荷しなくてよいので安くすんでいたようですね。
だから昔は、????って商品も多かったですね。
でも、今は違うようですね。
会社が大きくなれば、従ってくれる会社も増えているようですね。店舗数が多いと、1店舗で数個しか売れなくとも、全体ではかなりの数になるので採算が合うとか。売り切れごめんだから、沢山の在庫は必要ないので、1店舗あたりの卸す数は少なくとも、採算が合う一度限りの生産ですみそうですね。
同じ事は、コンビニのオリジナル商品でも言えるのでは。

投稿: やんじ | 2017年6月 2日 (金) 12時00分


やんじ様

確かにDAiSOで
「○○ありませんか」とサイズ違い等を聞いても、
答はすべて「ありません」ですね。
展示品の現品限りのようですね。

投稿: 元安川 | 2017年6月 2日 (金) 12時09分

2017年4月 5日 (水)

水栽培のヒヤシンスの花が咲いた

テーブルの上に赤いヒヤシンスの花が置かれていた。
綺麗だ。

Img_9896

結婚式の引き出物にいただいたという水培用のガラス瓶もなかなか洒落ている。
高さ28cm・直径9cm位、
下から7cm位のところがくびれていて、そこにアルミだろうか、ちょっと凹んでいて、その真ん中に穴が開いているプレートが置かれ、
そこに、ホームセンターで買ってきたというカトレアの球根が置かれ、
根が生え、葉が伸びて、数ヶ月したら花が咲いたということだ。

水だけで、こんなに綺麗な花が咲くのだから、凄い!

水の中に伸びた白い根も綺麗だ。
白い根、緑の茎、葉、赤い花のコントラストも美しい。
ビンはデンマーク製、menu。
デザインは petnille veaさん、女性。
洒落ている。


咲いている期間は長いようだが、
ヒヤシンスは春にだけ咲く花とのことなので、
夏、秋、冬にはまた別の球根を植えればいい。

さあ、次は何を植えようかな。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月16日 (木)

鍵社会

なんとなく、なんとなく、
気がつけば、いつの間にか、持ち歩いている鍵だけでも7個にもなっている。

Img_9703

自宅マンションの鍵、
事務所の鍵、
実家の門、玄関の鍵
東広島事務所の鍵、
それに・・・
ここには写っていないが車の鍵、
ポケットは重いし、
鍵の束を忘れた時には、それこそパニックになる。

それが怖くて、スペアキーをカバンの中に入れているし、
忘れたら大変といういくつかは財布に入れている。
ということまで勘定すれば、20個近くの鍵を持ち歩いていることになる。

若者がジーンズのポケットから、格好いいだろうといいたげに、
鍵の束をジャラジャラとぶら下げているのを見かけたことがある。
変なフアッションが流行っているんだなと思っていたが、
あれは忘れ物防止策なのだろうか。

インターネットのパスワードも多い。
その多さにもいささか参っている。
こちらが入力するパスワードだけでなく、
向こうが指定してくるパスワードもある。
私の記憶容量をはるかにオーバーしているから、その保存にも困る。
セキュリティ確保のために時々変更してくださいといわれたって、そんなのとても無理だ。

メールアドレスもじわじわ増えている。

クレジットカードなんか、無料で発行しますとか、申し込めばポイントが付きますとか、
いわれても、即断っている。

しかし現代社会とはなんでこんなに鍵社会になってしまったんだろう。
その割に安全ではない。

面倒臭くてかなわない。

なんとかなんないのかなー。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


日本でもやっと Apple Pay が使えるようになって、対応するクレジット・カードはiPhoneに入りましたし、Suicaもカードを持ち歩く必要がなくなりました。

自宅や事務所の鍵をスマホで開け閉めできるようにするキットも売られていますが、スマホに入ることによって鍵束が不要になるだけでなく、鍵を閉め忘れて外出しても、どこからでも鍵の開け閉めができるなど、便利にもなります。

早く免許証やマイナンバーカードもスマホの中に入らないものかと思っているところです。

投稿: 工場長 | 2017年3月16日 (木) 09時03分


工場長様

鍵やカードがスマホに入るのはいいのですが、
スマホを忘れたり、失くしたりしたら、それこそパニックですね。
その時のために、スペアスマホを持つのですかね。

投稿: 元安川 | 2017年3月16日 (木) 10時22分


カードはカードで存在しますし、落としたスマホのカードは指紋がなければ使えません。カードも鍵も所詮データですから、その場では困りますが、失くしたスマホ以上の損害はありませんし、沢山ある鍵やカードを失くす可能性より、常に身近にあるスマホを失くす可能性の方がずっと少ないと思いますよ。

ただ、スマホがなければ1日でも不便だ、という人は故障などに備えて予備のスマホを持っている、という話しは今日ビックカメラでイライザさんと一緒に聞きました。

投稿: 工場長 | 2017年3月16日 (木) 22時18分


工場長様

インターネット社会には、
それなりのルールがある ということでしょうね。

投稿: 元安川 | 2017年3月17日 (金) 10時42分


ついでに書いておきますと、iPhoneの場合、他のスマホやパソコンあるいは、家族のスマホやパソコンから現在位置が確認できますし、音を鳴らしたり、拾った人へのメッセージを表示したり、あるいはクレジット機能の停止やデータの消去も可能です。

実は私もどこに置いたか分からない時に位置情報を見たり鳴らしたりしますが、近くであれば「Hey! Siri」と言えば「私はここにいますよ」と返事もあります。

投稿: 工場長 | 2017年3月17日 (金) 10時59分


工場長様

今新幹線の中ですが、ひたすらiPadの画面と睨めっこです。
メールを書き、ブログを書き、dマガジンを読み・・・
もうすぐ、東京です。
大きな打ち合わせもメールのやり取りですみました。
カラオケ用の歌もiPadで覚えます。
凄いですねー。
リタイアしてもiPadさえあれば、退屈しそうにありません。
それに鍵、カードもスマホに入るとあれば、
あの世にも、スマホを持っていかなければいけませんね。

投稿: 元安川 | 2017年3月17日 (金) 13時07分

2017年3月10日 (金)

梅を愛でる

空き家になっていたのだろうか、
実家の近くの家の解体が始まった。
まず庭の解体、撤去から始まった。
端正込めて手入れがされていたのだろう見事に咲いた梅の木も切られてしまった。
垣根に数本の花の咲いた梅の木の枝が立てかけれた。
「これいただけますか?」と声をかけたら、
「どうぞ、どうぞ。あまりに綺麗だったので、通りがかりの人にあげようと思って、とっておいたのです」
とのことだった。

高さ数mはあろうかという花の咲いた梅の枝を持ち帰り、実家の玄関に飾った。

Img_9671


実家の玄関の正面はガラスになっていて、
その向こうに庭が透けて見える。
ガラスには梅の赤い花をデザインした風呂敷が掛け軸のようにかかっている。
庭には盆栽の梅の花が見事に咲いている。

梅の枝の切り花、
梅の花の掛け軸、
梅の花の盆栽、
と3点の梅の花が並んだ。

梅を愛でる、
これもクールジャパン!

元安川


*願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


「桜を観る」ですが、
「梅を愛でる」ですね。
日本人は、梅には特別な思いを感じるのでしょうね。

投稿: ケン | 2017年3月10日 (金) 09時03分


ケン様

同じような言葉に「愛おしむ」という言葉がありますね。
日本人の言葉の感覚の鋭さには感動しますね。

投稿: 元安川 | 2017年3月10日 (金) 11時12分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31