広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

ファッション・アクセサリ

2018年7月13日 (金)

夫婦なんて そんなもん?

妻がパジャマを買ってきてくれた。
DAKSだから、そこそこの値段がしたらしい。

パジャマなんてとバカにしていたが、
着てみれば、意外と寝心地がいい。

B8601e37164e4e08a271c219861a00aa


実は、私は夏でもパジャマは長袖でないとダメだし、
ボタン付きのシャツは嫌いだし、
上のシャツはきちんとパンツのなかに入れないと嫌なのだ。
そのため真夏というのに、冬のパジャマを着て、冷房を効かせた部屋に寝ていた。

暑がりの妻としては、そのくらいの寒さは良かったようだ。

それにしても、真夏に冬のパジャマはおかしいだろうと、
今回私の希望に適ったパジャマを買ってきたというわけだ。

何十年も結婚していて、ようやく私の思いを理解したというのも、おかしな話だが、
まあ夫婦なんてそんなもんだろう。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年6月11日 (月)

花のアレンジメントをいただいた。

3日に自転車 ロードバイクに追突されて、
9日に退院した。

その9日に、タイミングよく、お見舞いにと、ドゥジェム広島三越店から花のアレンジメントが送られてきた。
こんなに嬉しく感じるとは、ちょっと意外だった。

健康保険はこの歳になるまで、虫歯2本しか使ったことがないというのが、最大の自慢だったので、実はお見舞いに花など頂いたことがなかった。

彼の粋な心遣いに感激した。

7182763079f94b1ebc9e630e521f7ff9


バラ、アジサイ、カラー、スカビオサなどがアレンジされている。
淡い紫色の花と緑の葉の組み合わせが美しい。
「給水スポンジに花を刺してありますので、
スポンジと器隙間にたっぷりと水を随時補給してください」
と書かれている。

妻に水の遣り方を説明し、やってもらうこととした。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年5月 6日 (日)

スニーカー 2足をまとめ買い ・ 妻と共用

アウトレットモールで、ニューバランスのスニーカー2足をまとめ買いした。

アウトレットのセールということで、定価よりかなり安い。
2足まとめ買いをしたということで、さらに10%引きになった。

実は、私は男としては足はかなり小さく24.5、
妻は女としては大きい24,5、
つまり、同じサイズなのだ。

スニーカーは特に女物、男物という区別がないからと
今回は、「妻と共用にしよう」ということで、2足まとめ買いをしたというわけだ。

しかし、よく見ると、
ワインレッドのスニーカーは女性用なのか、USサイズ 7.5、日本サイズ24.5と書かれ、
白いスニーカーは男性用ということでか、USサイズ 6.5で、日本サイズ 24.5と書かれていた。

一般的にそうなのだろうか。

Ccfb79350d364288b58b829176b1484d


私は靴の物持ちは特によく、
革靴は20年以上履いているのは何足もある。
いままで履いていたスニーカーももう10年以上は履いているだろう。

靴のかかとが減るだけでなく、
人工皮革の表面がひび割れし、剥がれてきてることもあって、
買い換えることにしたというわけだ。

注意して、周りの人の足元を見みると、
私ようにひび割れしているようなくたびれた靴を履いている人は、一人もいないではないか。

豊かな時代になったということもあるだろうし、
スニーカーが相当に安くもなったということでもあるのだろう。

子供の頃は、運動靴1足しか持っていなかった。
それで365日生活していたのだ。
いまだに、本家の靴箱は、1m四方で、5段くらいしかない。
それで用が足りていたのだ。

帰宅して、今まで履いていたスニーカーを、この時とばかりに、
私は2足、妻は1足、廃棄した。
ついでに革靴も2足捨てた。

最近はスーツにスニーカーという人も見かけるようになった。
私もそうするかな。

スニーカーの方が革靴よりはるかに軽く、歩きやすいし、
価格も安いし・・・
雨にも強いし。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年12月25日 (月)

いくら安物でも、修理して使うことに価値がある!

洋服を着替えようと、階段にフッと置いたメガネを、上から降りてきた妻に踏んずけられてしまた。
バリバリという音がした時には、もう遅い。
肢はひん曲がり、レンズはフレームから飛び出してしまっていた。

「なんでこんなところに置いたの」
と逆に怒られてしまった。

壊したのは妻なのに、なんで私が怒られるんだ、
と腹がたったが、文句をいっても始まらない。

このメガネは、近所の明治時代からあるという古いメガネ店で、時計の電池交換をする間に、展示されているメガネを見ていて、そのフレーム、レンズ込みで9000円という安さと、シンプルなデザインが気に入って、衝動買いしたしまったものだ。

メガネのタナカで買った高いメガネから、度付きサングラス、量販店で買ったメガネまで、並べればと、一体いつくあるのだろうか。
中でもこのシンプルなデザインが気に入っていたので、最近はほとんどこのメガネをかけていたのだ。
買い替えた方が安いのではとも思ったが、
ものは試しと、買ったお店に持っていたら
「治ります。
レーザー溶接2ヶ所と部分塗装の修理になります。
<金額> 8500円
 <納期> 2〜3日です」
ウーン。
結局鯖江のメーカーまで送って修理してもらうことになったので、1週間以上もかかってしまった。


壊れた時の状態の写真は撮り忘れた。
9000円で買ったこのメガネ(左)と、
メガネのタナカで5万円以上したフランス製のメガネ(右)を並べて見た。
やっぱりフランス製の方が品があるかな。

8eef349268b94e479127cbdcd6952f1c

修理費用は新品を買ったほどの費用がかかってしまったが、
「いくら安物でも、修理して使うことに価値がある!」
と1人悦にいっている。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年12月15日 (金)

ジェンダーフリーのコート

妻から、亡くなった母の着ていたというコートを「どう、着てみない」と渡された。

「意外と似合うじゃない」という。
軽いのもいい。

496eeded356f41b3b20d3722f2aad602


肩パットをいれたダブダブの服が流行った時代のコートらしい。
物はいいとのことで、捨てるのは勿体無いからと、肩パットを外したのだという。
小さなおばあちゃんだったが、
ダブダブの服だったこともあって、私が着たら、袖丈、肩幅、もぴったりだ。
長さもハーフコートと思えば丁度いい。
ジャケット&ハーフコート?

早速、ゴルフに着ていくことにした。
「エッ、本当に着ていくの」と呆れていた。

帽子は娘がいらないといって、置いていった中折れ帽子。
靴は2nd streetで買った女物。

歳をとったせいか、すっかりジェンダーフリーのファッションになってしまったようだ。
私もLGBTの1人?

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年12月 5日 (火)

ぬいぐるみ ✖️JRエキュート✖️日暮里繊維街

日暮里駅、改札口を入ってすぐの広場に1m✖️1m✖️2mくらいの1面がガラスの白い箱が置かれ、中には犬や熊の小さなぬいぐるみがたくさん並べられている。

通りがかった子供達が一生懸命みつめている。

0f5f2f296e794ac3b4634b916475a6cd


「FELISSIMO HAPPY TOYS PROJECT
世界のことどもたちへ手づくりのぬいぐるみを贈ろう
あなたの作ったぬいぐるみが世界のこどもたちを笑顔にする」
と書かれている。

「写真を撮って、facebook、twitterに載せてください」とも書かれている。

脇の壁には
「日暮里中央通りを中心に布や手作りに関する約90店舗が立ち並び、古くからの繊維の街です。
エキュート日暮里✖️フェリシモハッピープロジェクトに協賛し、ぬいぐるみを製作する参加キットを販売しています。
布で作られた人形を東日本大震災の被害をうけた地域の子供達に送っています」
と書かれ、
繊維街の地図が添えられている。

その脇には
「エキュート日暮里の取り組みとして、
東日本大震災の復興支援活動「駅から元気を with HOPE」の一環として、2011年より被災地の子供たちに寄贈しています」
とも書かれている。

日暮里周辺にこんな多くの繊維卸店の集まった繊維卸街があることもしらなかった。
国内外のフアッション、パッチワーク等の関係者には有名らしい。

ぬいぐるみの参加キットはネットでも売っている。
材料セット込みで2000円だという。
http://www.happytoysproject.com/sp/concept/

JR東日本系列のエキュートが地元商店街と連携して、こんな粋な活動をしているとは知らなかった。

今JRの駅では、はその立地を生かして、エキナカの店舗どんどん拡充しているが、
その一方、駅前商店街は衰退しつつあるとすらいえる状況にある。
それがこうして地元商店街と提携して活動するというのだから素晴らしい。

そして、その活動がさらに東日本大震災の被災地の支援となることを目指しているというのだから、なかなかスマートだ。

3つの企業、組織が結びつくとこんなに面白いことができるのだ。
驚いた。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年12月 1日 (金)

ヒートテックのシャツとタイツ

冬のゴルフにと、ユニクロでヒートテックのタイツと長袖シャツを買った。
超極暖?
何それ。

以前買ったのは極暖ヒートテックのタイツとシャツだったようだ。
それが今度は超極暖だというのだ。

極暖に比べて布がだいぶ厚い。
ずっしりと重くもある。
箱にも入っているから高級そうに見える。
値段もそれぞれ1,990円とちょっと高い。

5417c45b6d6c4ab39bed29f023eccc5b

着てみれば、確かに暖かい。
着膨れすることもない。
ストレッチ性能もあり、発熱、保温性能もあり、湿気の吸放出もするというから、
冬のゴルフには最高だろう。

ヒートテックとは上手いネーミングだ。
材質を読むと、アクリル、ポリエチレン、レーヨン、ポリウレタンと書かれている。綿や毛の自然の素材ではない。
化学の創り出した素材であることがわかる。

フリースに始まり、ダウンジャケット、カシミアのセーター、ヒートテックの下着に展開してきた
が、さあ次は何かなと思っていたら、性能のバージョンアップということのようだ。

衣服の素材開発に手を付けたのはユニクロが最初だと思うが、
最近ブラック企業としても、ユニクロがよく取り上げられる。

神戸製鋼は製品の改竄の不正が明らかになり、倒産の恐れさえあるといわれている。
東芝は企業会計の不正からはじまり、買収したアメリカのウエスティング社の原発絡みの巨大な損失を処理するために全く先が見えなくなている。
相撲の横綱日馬富士は暴力事件の責任をとり、一昨日引退届けを出した。

いつからだろう、
こんなに日本の社会がそのマイナス面に厳しくなったのは。

戦後の貧しさの中で追いつき追い越せで頑張り、高度成長に浮かれ、バブル浮かれて、沈み、東日本大震災でフクシマ原発の事故で、日本は廃墟になるのではないかとさえいわれた。

北朝鮮、イスラム国なんて理解を越えた現象も起こっている。

東日本大震災は巨大な自然災害と巨大な人工的災害がセットになって起こった。
その東日本大震災を契機に、コンプライアンス、不正、暴力等に対して、世の中の人々の目が劇的に変わったように思う。
価値観が大きくシフトし、そして多様化したようだ。

そんな状況にあって、
ユニクロにしても、メルカリにしても、iPS細胞にしても、
これからという企業、技術が、
少しでもマイナス面が小さくあって欲しいと願わずにはいられない。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年10月20日 (金)

Made in バングラデシュ

妻と一緒に銀座に行った際、
マザーハウスに格好いいリュックがあるから見に行こうと誘われた。

久しぶりに見る銀座の変わりようにキョロキョロ、ウロウロしているうちに、
昭和通りに面してある小さなお店に案内された。
このあたりになると、昔はもう銀座とはいわなかったはずだが、
小さくともなかなかシャレたお店だ。
若い店員も対応も爽やかで、気持ちがいい。

リュックは made in バングラデシュだという。

マザーハウス

以前新聞か何かで、
「日本人女性が、貧しい開発途上国をの人々を支援するために、その地にある素材、職人の技術をいかした商品を作り、日本で販売し、大きな実績をあげている」とあるとのことを思い出した。
聞けばそのお店だという。

ルイビトンやグッチ等のブランドとは違った、素朴さのあるシンプルなデザインのバッグやリュックが並んでいる。
gentenより華奢で優しいデザインだが、結構な価格だ。

A1125d2db4ba4f11a646c116823aed6d

今のは格好悪いのだという。
これを買えば、リュックも3つ目になるしなー。

1つ目のリュックは日経新聞に載っていた広告が気に入って、ネットで買った。
まだ大人の男がリュックを背負うのはちょっと憚られる雰囲気の頃で、しばらく使わずにいたが
思い切って使ってみれば、リュックはまことに楽だ。
私としては大変気にいっていたが、
妻と娘は、あんまり似合わないという。

そんなことがあって、2つ目のリュックは、妻と娘と一緒に、
御徒町のJR山手線のガード下のショッピングアーケード2k540に行った際買った。
帰ってきたら即娘に取られてしまった。
そのくせしばらくしたら、飽きたからと返してきた。
しかし改めて使ってみれば、
女性向きのデザインで、小さく、誠に使い勝手が悪い。

というような経緯があって、今回の3つ目のリュックになったというわけだ。

3つのリュックをTPOに応じて使い分ければいい。

「途上国から世界に通用するブランドをつくる」
面白いコピーも気に入った。


こんな具合で物が増えていくから困る。
手提げバッグ、肩掛けバッグ、ボストンバッグ、ゴルフのキャディーバッグ・・・
バッグだけでいくつあるんだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年9月 8日 (金)

思い出の手巻き腕時計

実家に寄った際、腕時計の電池がきれたのか、止まってしまった。
仕方なく実家のすぐ近くの古くからあるイエダ時計店によって、
電池を換えたら、順調に動き出した。

実家のタンスの中に、古い手巻きのWALTHUMの腕時計が動かなくなって、放ってあることを思い出した。
聞けば、「分解掃除するだけで、動くようになる場合もありますし、部品交換をする場合もありますが、多分2万円くらいで、動くようになりますよ」
とのことだ。

妻と結婚する前、デートしていた頃、彼女がWALTHUMの腕時計をしていた。
それがよく似合っていた。
ステンレスのバンドに、わりと大きな文字盤、
男物だという。
その時計に惚れて結婚した?
当時、40年くらい前は「舶来」の時計はオシャレの象徴でもあったのだ。


「今は、この手巻き腕時計のように機械式の時計が評価されるようになってます」
といい、時計の中を見せてくれた。
美しい!
思い出の腕時計を修理することにした。

ネットでも調べたが、同じ腕時計は見つからなかった。

Img_0823

預けて2週間くらい経っただろうか、忘れた頃に、メールが届いた。
「掃除するだけで動くようになりました。
18000円です」
とのことだった。

早速、妻はその腕時計をして、出かけていった。

また惚れなおした?

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年8月31日 (木)

シャレオで靴の修理

私は、ガニ股のせいか、どの靴もかかとの両すみが減ってしまう。
気に入らず滅多に履かない靴もあるが、
私は足も24cmと小さく、体重も軽いせいか、どんな靴でも上の革が劣化して裂けるまで、20年近くは履ける。

そういえば最近地下街シャレオの中央広場のすぐ近くに靴の修理のお店ができていることを思い出した。

ネットで検索すると、「リアット シャレオ店」とある。
会員登録すると10% OFF だという。
早速登録してから、出かけた。

修理に40分ほどかかるという。
可愛らしい女性が1人でやっているという。

スリッパを借りて、近くのカフェで軽く昼食をしている間に、
「できました」との電話が入った。

2376円×0.9→2138円

まあ気に入ってた靴でもあるが、
エコでもある。
元のラバーのベージュの色に、黒のラバーを付け加えるのはどうかなと思ったが、
綺麗についている。
と1人悦にいって、修理した靴を履いて出てきた。

私の後には外国人のカップルが、どこが壊れたのかわからないが、リュックの修理を頼んでいた。

Img_3707


靴の修理だけでなく、カバンの、リュックの修理もするというお店が、目につくところにあるというのは助かる。

シャレオには数年前にセブンイレブンがオープンした。
シャレオは、ファッションの街から、
たくさんの人が通るという立地を生かした、コンビニエントなお店の街に転換しつつあるようだ。

その方が収益性も高いかもしれない。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31