広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

パソコン・インターネット

2017年8月23日 (水)

➕役にたつ自販機へ

街の至る所に自販機はある。
飲み物の自販機だけでも、国内に200万台からあるという。

なんであんなに大きいのか不思議でもあるし、
美しくもない。
街の景観を壊してもいる。

迷惑施設ともなっている。

最近、コンビニで100円コーヒーが売られるようになったこともあって、
急激に売り上げを落とし、数も減っているようだ。
自販機事業から撤退する企業も出てきている。

いつでも、どこでも、手軽に、コーヒー、コーラが飲めるといったビジネスモデルが自販機だけではなくなってきたということだ。

これで街も少しは綺麗になるかなと思ったが、
折角こんなにあるのだ、それをこのまま消滅させてしまうのはもったいない。

最近は縦横それぞれ1mは越えようかという大きなテレビ画像かと見間違えるようなハイテク自販機もでてきている。

今日の天気予報もできるようになっている。

それならいっそ
「役にたつ自販機」に変えたらどうだろうか。

Img_0705_2

街を歩いていて、自分がどこにいるのか、わからなくなることがある、
そんな時、自販機に問いかければ即答えてくれる etc、
ポリボックスの警官のような役割を果たしてくれたら、助かる。
110番、119番にも、音声で応答できるようにしたらいい。
美味しいお店の案内をしてくれてもいい、

無料のwifi拠点にするというのもあるだろうし、
防犯カメラを設置してもいい。

といったように、自販機が街の情報拠点になるといった役割があるのではないだろうか。

水分は人間にとって必須のものだ。
人が自販機に近寄ってくれれば、販売にもつながるはずだ。


「売るための自販機」ということから、「➕役に立つ自販機」というビジネスモデルに多機能化、高機能化するときにきているのではないだろうか。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

確かに、観光客用に道案内をしてくれたら良いですね。
自動販売機にAEDを設置する計画があると聞いたのは数年前ですが、未だにできていないようですね。
駅などに無料の貸し出し傘を置いても、返却率がとても少なかったのに、自動販売機のメーカーが無料の貸し出し傘を自動販売機に設置したら返却率は高かったそうですね。
駅だと借りた駅にわざわざ持って行かないといけないですが、自動販売機だと最寄りの自動販売機に返却できるから返しやすいそうですね。
自動販売機に5分程度スマホの充電ができる設備とか、お金を入れただけ充電ができる設備があれば良いですね。

投稿: やんじ | 2017年8月23日 (水) 12時21分


やんじ様

自販機にスマホの充電コンセントをつけたら、
充電する間、缶コーヒーでも飲もうかなという気になるでしょうね。

そんな仕掛けは色々ありそうですね。
そんなアイデアコンペを自販機メーカーもやったらどうでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2017年8月23日 (水) 13時41分

2017年8月13日 (日)

指を動かすことは、健康にもいい!

アマゾンからのPRメール「iPad air のスマートケース・・・」
off 70%、4800円 につられて、
eflukyのBluetoothキーボードを思わず買ってしまった。

日本郵便の「ゆうパケット」で送られてきた。
郵便受に入っていた。
へー。

取り扱い説明書INSTRUCTINSは英語と中国語だ。
日本語はない。
へー。

昨年の8月に、ヤフオクでキーボードを1つ買っている。
にもかかわらず、新しいのを買ったのは、今までのがちょっと使いにくかったのと、どうも調子が悪いからということもあった。
iPadをすっぽりカバーするデザインとなっていることで、落としても安全性が高いということにも惹かれた。

キーを打ち込むときの感触が素晴らしくいい。

これはもうスマホ+ノートパソコンだ?

作りもしっかりしている。
重量感のあるデザインも気に入ったが、
iPadと合わせて1kgを越えるというのは、確かにずっしりと重い。
ノートパソコン並みに重い。

最近はリュックだから、少し重くてもいいか。
まあ我慢できる範囲だ。

Img_3618_2

私はSiriで音声入力もするが、
このブログを書くときもそうだが、
キーボードを打ちながら書くと、書きたいことが少しずつ纏まってくるということもあり、
キーボードは、それなりに意味がある。

この秋には新しいモデルのiPadが発売されるとの噂も聞くが、
私にとっては、このセットで充分だ。

映画、テレビ番組をダウンロードしておけば、
通信回線に繋がずとも見られるということも、
先日知った。

私にとって、これ以上に必要とする機能は、何があるんだろうか?
指を動かすことは健康にもいいらしい。

呆け防止にもいい?

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年7月26日 (水)

スキャンダルは新たなネットビジネスを創り出した?

最近のテレビは松居一代さんお離婚騒動の話題で持ちきりだが、
そのネタ元はほぼすべて松居さんの作成したYouTubeとTwitter だ。
それは、あたかもテレビがYouTubeとTwitterのCM メディアになってしまったかという感すらになる。
松居さんのYouTubeとTwitter の読者が数百万人にもなっていることで、
そこからの収入が軽く5,000万円を越えるだろうともいわれてる。
こうなるともう松居さんのスキャンダルというより、
「松居さんは新たなインターネットビジネスを創りだした」と言った方が良さそうだ。

そして、
世の男どもを恐怖に陥れた?

先日の日経新聞には
アメリカの新聞広告費とネット広告費の比較が出ていた。
「2005年に新聞広告費は約5兆円で、ネット広告費は約1兆円くらいだったのが、
2019年には新聞広告費は約1兆円と1/5になり、ネット広告費は約9兆円と9倍に増え、立場も完全に逆転するだろう」という。

Img_0517_4

日本はどうかと見てみると、
「2005年には新聞広告費は約1兆円もあり、ネット広告費は約4千億円くらいだった。
それが2016年には新聞広告費はやく5千億円と1/2と半減しているが、ネット広告費は約1.4兆円と3.5倍に増えている」とのことだ。
その変化はアメリカに比べたら、かなり緩やかだといえそうだ。

Img_0519


緩やかであることで、
日本の新聞社は経費削減という手法でなんとか生き残っているともいえそうだが、
アメリカの状況を見ていると、
広告宣伝費の全ては、ネットにとられてしまうということも時間の問題だとも思えてくる。

新聞社はフエイクニュースの発信元だといわれても、
事実として、世界の変化を読み違える状況に陥っているともいえそうだ。

一刻も早く日本の新聞社は、NewsPicksのように、読者との双方向のメデイアに変身することが必要かもしれないし、
読者欄を拡充し、この広島ブログのような双方向のメデイアを作るのもありかもしれない。

最近は各地で起こった現象を、AIで新聞記事を書くということも研究されているそうだ。

新聞、テレビのマスメデイアは、
存続の危機を迎えているということは、
購読者数、視聴者数の現象ということだけでなく、
この広告宣伝費という収入の激減という状況からも伺える。  


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


いくつものメディアを使って伝えるというメディアミックスによる効果は大きいともいわれています。

松居一代さんの件も、
最初は週刊誌が取り上げ、
そのあとYouTubeに本人が発信し、
それをテレビがとりあげたことで、大きな話題になった感があります。

広告もどれか1つ絞るのでなく、
新聞、雑誌、テレビ、ネット、口コミと総合的につたえることで、大きな効果が生まれるということになるのではないでしょうか。
ということでは、新聞社もいかにネットというメディアと繋がるかが課題だと言えそうですね。

電子版を作ればOKということでもなさそうですね。

投稿: メディアミックス | 2017年7月27日 (木) 16時50分


メディアミックス様

アマゾンがリアルショップのホールフーズを買収したように、
ネットというメディアが、新聞社というメディアを買収するということが、
日本でも進みそうですね。
倒産する前に、早めに身売りした方がいいかも知れませんね。

投稿: 元安川 | 2017年7月27日 (木) 19時05分


2017年7月 8日 (土)

身の安全を確保してください!

福岡、大分の豪雨はまだ続いている。
もう4日目になる。

7月5日、自宅に帰ってテレビをつけると、
「今まで経験したことのない大雨です」
「数十年に1度の大雨特別警報が発令されました」
「まず身の安全を確保してください」と報じている。

広島市内は曇り時々雨、
洪水なんて想像もできない。

画面には、川の水が溢れ、自宅が濁流に飲み込まれる様子が映されている。
凄い!

とみれば、「撮影 視聴者」と書かれている。
なるほど、そこに住む高校生が、スマホで撮った動画を投稿したそのままテレビ画面に使っているとのようだ。
その家に住む人の恐怖感がひしひしと伝わってくる。

Img_0430


NHKテレビでは気象予測の担当者がパソコンで雨雲の様子を操作しながら、
今の雨雲の状態、これから予報を、オタオタしながら説明していた。

東日本大震災にしてもそうだったが、
雨、風、地震による悲惨な被害は、今までは結果として伝えられていた。

それが今やスマホでだろう、
「現場からリアルタイムで、
誰でもが、放送局になって状況を伝えられるようになった」のだ。
そして、それをテレビが取り上げて放映している。

リアルタイムで放送できるというテレビというマス メディアと、
インターネットというパーソナル メディアとが大変上手く融合しているのを感じる。


そして翌日にはドローンを使って、
上空から被害の様子か報じられていた。

まあ、凄い時代になったもんだ。


それにもう1つ。
「今までに経験したことのない大雨」というが、
もう数十年のことだが、
宅地造成の計画をする時、確か1日の最大降雨量を100mmとして河川の堤防の高さを計画していたように記憶している。
それが今や日田市は観測史上最高の336mm/日とのことだし
朝倉市では1時間の最大降雨量は120mmを越えるとも報じていた。

かってフロリダでそんな凄い雨にあったことがあるが、
そうなると、もうワイパーが効かなくなってしまう。
仕方がないから、止まって、少し小雨になるのを待ったことがある。
そんな熱帯性のスコールが、日本でも極当たり前に起こるようになったということのようだ。

いやいや凄い時代になったもんだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


何十年に一度の大雨とかの表現にはいつも、と言うよりその事を学んだ時からとても違和感があります。
あくまで予測値でしょうし、人類が記録をつけ始めてからだと、たいした経験もないでしょうからね。
この予測値をどのように出しているのかは知りませんが、山の下に大昔に崩れたような地形があると、地震で崩れたのか、大雨で流れ崩れたのかと考えます。
もし、大雨だとかなりな雨量だろうな、地震だとかなりなエネルギーだろうなと考えます。
経験のない大災害は、もしかしたら過去にはもっと大きな大災害が繰り返されていたのではと思います。
人間の知能や技術がどんなに進歩しても、自然には抗えないなと、このような災害を見ていつも思います。
本当の意味での防災は不可能で、どれだけ減災できるしかないと。

投稿: やんじ | 2017年7月 8日 (土) 14時48分


やんじ様

いつもコメントをいただき、ありがとうございます。
「防災」ではなく、「減災」以外にはないのではないかとのご指摘、
確かにそう思えてきますね。
ガンにしても、戦争にしても、災害にしてに、
人間はもっと謙虚になる必要があるように、感じますね。

投稿: 元安川 | 2017年7月 8日 (土) 18時06分


今ではレーダーによる細かい観測データがあるにも関わらず、いつまでもアメダスの僅かな観測所のデータのみを観測データとし「今までに経験したことのない大雨」という言葉を使うのは「治水」をないがしろにしていることを隠そうとしているのではないかと勘ぐりたくなりますが、国土を守る、ということは、軍事力ではなく、まずは治水からで、昔の大名の仕事も治水からだったと習ったように思います。

投稿: 工場長 | 2017年7月 8日 (土) 22時53分


工場長様

超高層ビルを建てる建築技術、瀬戸大橋を作る土木技術、ガン、iPS細胞に立ち向かう医学、そして原子物理学、
技術、科学に対する人類のおごりがあるように感じますね。

投稿: 元安川 | 2017年7月 9日 (日) 13時33分

2017年7月 7日 (金)

利用規約

多くのサービスには有料であれ無料であれ、利用規約というものがありますが、殆どの人は読まずに利用しているようです。

最近では契約の場合、重要事項については口頭でも説明し、確認を取りますが、ネットの場合は読まずに「同意する」をクリックする人が殆どです。

ところが、かつては業界最大手であったマイクロソフト社の利用規約すら問題がありましたし、今でも話題のアプリの利用規約に、こんな条文があります。

Photo

つまり、この業者は「利用者に知らせることなく、いつでも勝手に規約を変えることが可能で、それに対する異議の申し立てもできず、それによる損害に対しても責任は負わない」とし「利用者はこれに同意したものとみなす」ということです。

もちろん、どんな契約でも、法律や公序良俗に反するものは無効ですが、それにしても、この条文がある限り、他の条文を読む意味はなくなります。

こうした利用規約が存在するのですから、やはり利用規約は読んでから「同意」すべきものです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年6月26日 (月)

個人運送業者のネットワーク化!

先日の日経新聞に
「アマゾン 独自の配送網
個人事業者 1万人囲い込み」
との記事が載っていた。


その背景には、
平成27年度の宅配便取扱個数は37億4,493万個にもなり、この10年で倍増したというように宅配便の急激な膨張は凄まじく、運転手の過重労働の問題や人材確保も難しい状況になってきたことで、
ヤマト運輸が「当日配送から撤退する」ことになり、
ネット通販企業としては、その対応を迫られていたということがあったようだ。

私としては、ゴルフバックを担いで行く必要がなくなったとか、友人に荷物が容易に送れるようになったとかで、その便利さに感動していたので、なにも当日配送なんてなくもいいと思っていたが、アマゾンにとっては、他社と差別化するには譲れないサービスだったようだ。

それにしてもアマゾンは軽貨物の個人運送事業者を囲い込み、新たな配送システムを作りだすとは驚いた。
軽貨物の個人運送事業者は全国で15.5万社もあるとは思わなかった。

宿泊施設といえば、ホテル、旅館だと思っていたが、
airbnbのように個人の所有する空き家、空き室を宿泊施設として提供するネットビジネスが生まれたように、
このアマゾンの目指すのは、
運送業にあって、零細な個人事業者をネットで繋げたビジネスモデルだといえるようだ。

運送用に使用する軽貨物自動車は精々500万円/台程度だろうから、
それをアマゾンで購入して、1万社に貸し与えても500億円だから、アマゾンにとってはどうってことのない負担だろう。

アマゾンの年間発送個数は3億個ということだから、宅配便個数の1割にもならない。
宅配便の急激な伸びの殆どはメルカリ、ヤフオクのように、個人が発送者になるというケースによるといわれている。

ヤマト運輸の営業所はいつも混んでいる。
そうした個人の通販システムを利用している人にとって
依頼する場所が、
家のすぐ近くにあるヤマト運輸の営業所は極めて便利な施設だともいえる。

ということでは、
ヤマト運輸の営業所に代わり、個人配送ネットと提携したコンビニで配送の受け付けをし、個人運送業者が配送するということだってあるだろうし、
ネットで受け付けたあとは、個人運送業者がすべて行うというビジネスモデルもありえるように思う。

民泊のairbnbの宅配便版ともいえるビジネスモデルの企業が生まれる可能性もありそうだ。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


自動車を貸してもらえるからと、借主にとっては決したよい条件ではないでしょうね。
それと個人事業主だから、労働基準法も関係ない。
自動車を貸して契約解除できなくして、ブラック労働を強要し、安く働かす。
どこにも助けを求める事が出来ない。
アマゾンにとっては、いい事尽くめてすね。

投稿: やんじ | 2017年6月26日 (月) 09時59分


やんじ様

インターネット時代の現象は、
フエイクニュースのように、当初予想もしていなかった嘘、ミス、ロス、リスクが生まれえくることですね。
民泊の airbnbも膨大な数のクレームがあるようです。
歩きスマホ、運転しながらスマホも重大な事故を起こしているようですし、
アマゾンにとっても、マイナス面をどうやってカバーしていくのかを深刻に考えておく必要はありますね。

そうでないと、
人の命を救うはずのエアバッグのメーカーのタカタのように、
あっという間に会社が倒産してしまうということになりかねませんからね。
東芝もそうした例の1つでしょうね。

炎上なんてこともありますし・・・


投稿: 元安川 | 2017年6月26日 (月) 10時42分


以前にアメリカの養鶏農家さんが、大企業と契約し、設備の改善は求められ大きな借金をし、簡単に契約解除もできず、借金に追われて儲かりもしないというのを読んだ事があります。
アマゾンと配達で契約すら人は、必ず弁護士を加えないと大変な事になるともしれませんね。
日本の企業との契約とは、全く別物の契約だとしないと。

投稿: やんじ | 2017年6月26日 (月) 10時50分


やんじ様

アメリカは裁判で衰退、破滅するのではないかとすら、思える国です。
それがまたグローバルスタンダードともなっているようです。
大変な時代になりましたね。

投稿: 元安川 | 2017年6月26日 (月) 12時35分


公道を人間が運転できる時代もそう長くはないと思いますが、AIを中心として労働市場が極端に少なくなった時の社会体制がどうなるのか、この点についてはなかなか楽観的になれません。

鉄の鍬の発明により、全員で働く必要がなくなり、支配層や奴隷が出来たと言われますが、これからは数百年単位で起きていた変化が、数年で起きてくるように思います。

投稿: 工場長 | 2017年6月26日 (月) 13時14分


工場長様

先日乗ったタクシーの運転手さんは、
自動運転の技術やネットアプリの進歩で、最初に失業するのは自分達運転手ではないかと心配していました。
未来に対して、楽観的になれないのが現実ですね。

投稿: 元安川 | 2017年6月26日 (月) 14時04分

2017年5月25日 (木)

ファミマ‼︎でコーヒー&スマホ充電

赤坂プリンスホテルの跡地にできた巨大なビル、紀尾井タワーの30~36階には、
プリンスホテルの中でも最高級の「ザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町」が入っている。
そのビルの店舗ゾーンの2階にコンビニのファミマがある。

レストランはどこも超高級店ばかりだが、
コンビニのファミマということでだから、100円コーヒーもあるかな?
と寄ってみた。

ここが最初かどうか知らないが、ファミリーマートのワンランク上のコンビニ「ファミマ‼︎」がここには出店している。
コンビニもどこにいっても同じというわけではないというわけだ。

ここでうっている商品はどれも少しオシャレで、ちょっと高い。
ピシッとスーツを着た客が殆んどだ。

コーヒーもSサイズで「ブレンド 190円」だ。
セルフサービスではなく、お店の人がカップに入れて、渡してくれる。
コーヒーマシンはドイツ製だという。

脇のイートインコーナーの「ファミマ‼︎ LOUNGE」に座って、飲む。
美味い。
ちょっとしたカフェだ。
40~50席はある。
柱を囲んで作られたテーブルには、コンセントもついている。

最高!

Img_0143

ちょうどスマホの電池が切れそうになっていたので、
充電もした。

こんな環境でコーヒーが190円で飲める、
スマホの充電もできる。

なるほど、こうすれば値上げも納得できる!

進化するコンビニに改めて驚く。

元安川

*願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ファミマ‼︎はまだ広島にはないようですね。
http://www.family.co.jp/famima/store.html

投稿: こんびに | 2017年5月25日 (木) 20時28分


こんびに様

広島ではグランドプリンス広島に最初にできそうですね。

投稿: 元安川 | 2017年5月26日 (金) 05時49分

2017年4月 9日 (日)

ネット広告とオリンピック

4月7日の日経新聞に
「世界の広告費、ネット 初の首位」との見出しで、
「ネット広告費が2017年には2000億ドル 22兆円を越え、21年間頂点にあったTVを追い抜くだろう」
との記事が載っていた。
ネット広告が始まったのはその21年位前のことで、10年前にはまだやっと300億ドル程度と、TV広告の1/7程度でしかなかった。
その頃は、何か胡散臭い広告媒体が生まれたなという程度にしか見られていなかった。
それが今やTV広告すら追い抜こうというのだ。
新聞、雑誌の広告は凋落は目を覆うばかりだ。
ネット広告に食われたということもあるが、広告費自体は年率4〜5%の成長はしているようだ。

Img_9909

7年前の2010年の頃、オリンピックを2020年に広島で開催しようと、
当時の秋葉市長が呼びかけた。
その頃に作成された計画案を見ると、総予算4329億円のうち982億円を寄付金、助成金公営競技等で賄うとのことだったが、その根拠が曖昧だとかなり議論になった。
平和市長会議に加盟するいくつかの都市が、オリンピックを広島で開催すことは大きな意義があると賛同し、寄付をするとの意向を示したが、
当時の秋葉市長が次の市長選にでないと表明したことで、当選した現松井市長がオリンピック誘致に反対したこともあり、オリンピックの開催についての議論はそれ以上進まなかった。

当時私の友人の何人かは、
「これからはインターネットの時代だ。
インターネットからの広告収入も982億円を軽く達成できるはずだ。
なぜネット広告収入を見込まないのか」
といっていたが、
「前例のないことは認められない」
として、一切考慮されなかったという。

その時の計画案では、テレビからの放映権収入を729億円と見ているから、
現在の広告状況をみれば、テレビ広告収入を上回るネット広告収入を得ることは、容易いことだろうと思われる。

ネット企業の「DAZN(ダ・ゾーン)がサッカーのJリーグに、10年間で2100億円の放映権料を払う」という時代なのだ。


競輪と比べるのはちょっとどうかとも思うが
競輪の本場での収入は、平成25年度時点で、8.6%と1割を切っている。
ネット収入は22.5%となっている。
http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2017/04/post-a7a7.html
今ではさらにネット収入は増えているだろうと思われる。

単純に類推すれば、
オリンピックの観客席の規模は、東京オリンピックの観覧席の規模の1/10で充分だということにもなる。

ロサンゼルスオリンピック以前は観客収入が、収入の全てであったようだが、ロサンゼルスオリンピックでは広告収入、スポンサー収入も加えて開催費用を賄うというビジネスモデルに大きく変換することで、成功したといわれている。
その後、オリンピックは儲かるということで、激烈な誘致合戦繰り広げられるようになったといわれている。

東京オリンピックの費用は2兆円とも4兆円ともいわれている。

その膨大な開催費用を賄うのには、国の支援がなければとても無理だ。
後に残された施設の維持管理の費用を賄うのも容易なことではないことは、長野オリンピックを開催したことで苦しんでいる長野市、県の状況からもよくいわれている。
国家の威信をかけたオリンピックの開催そのものがかなり無理にもなってきているのだ。

このインターネット時代にあって、オリンピックのあり方そのものが変わらなければ、オリンピックの存続そのものが難しくなっているということは、かなりの人が指摘していることでもある。


ヒロシマ・オリンピック計画は、
平和の祭典としてのオリンピックの趣旨にかなっているというだけではなく、
ヒロシマ・オリンピックは、これからのインターネット時代に適った極めて革新的なビジネスモデルを提案していたということができそうだ。


ヒロシマ・オリンピックが開催されれば、
世界の100万都市、どこでも可能だということにもなる。

今からでも遅くはない、
次の次orさらにその次に、ヒロシマオリンピックを開催すべく立候補したらいい。
その時には、ヒロシマオリンピックの名誉会長に、秋葉元広島市長にお願いしたらどうだろうか。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


アメリカ大統領選も、
斜陽の新聞メディアに乗ったクリントンと、
日の出の勢いのネットメディアに乗ったトランプの違いが、
あのような「番狂わせ」といわれる結果になったのでしょうね。

投稿: 宇品灯台 | 2017年4月 9日 (日) 08時33分


宇品灯台様

そういえば、
ネットを注視していた人たちは、早くからトランプ氏が当選するかもしれないといってましたね。

投稿: 元安川 | 2017年4月 9日 (日) 08時43分

2017年4月 1日 (土)

観客ゼロの競輪と新広島競輪場

とうとうここまで来たか!
という感じである。

3月30日の日経新聞に、
「観客ゼロの競輪が開催され、インターネットで車券を買うことができるというミッドナイト競輪の売り上げが好調で、開催自治体の財政にも貢献するまでに、競輪は復活した」
との内容の記事が載っていた。

観客が1人もいない!
その売り上げが急速に伸びている!
なにそれ?、である。

競輪は、1991年頃をピークとして客数、売り上げとも坂を転げ落ちるように減り続け、競輪はいずれ消滅するのではないかとまでいわれていた。
そうしたことの対策として、場間場外の車券売り場が作られたり、
夜の9時から11時過ぎまでと営業時間を伸ばして開催するという小倉競輪のミッドナイト競輪も開催された。

周辺住民に迷惑をかけないようにと、観客はゼロにし、車券の購入は、「競輪ネットバンクサービス」(ジャパンネット銀行または楽天銀行加入者対象)会員への販売と電話投票に限定した。
損益分岐点と予想した6500万円を越える8000万円もの売り上げがあったのだという。
無観客での開催により、場内での投票券販売・場内警備・無料バスの運行などの費用が不要となり、開催経費を通常開催の半分以下にすることができたことで、利益がでたのだという。

その後、SPEEDチャンネル・競輪公式サイト「KEIRIN.JPストリーム」・小倉競輪場公式サイト・ニコニコ生放送などでの動画配信で競輪の生中継などが行われるようにもなり、
ミッドナイト競輪を専門とする必勝予想のサイトまで生まれているようで、
新たに若者の競輪ファンも獲得できるようにもなっているという。

1991年に1兆9553億円あった売り上げは、2013年には6063億円と1/3に減っているが、
興味を惹かれるのはその内訳だ。
1991年時点では、本場での売り上げは80.3%とあったのが、
2013年には、本場での売り上げは8.6%に激減している。
代わりに電話、インターネット売り上げが1991年の4.8%から2013年の22.5%に増えている。
その電話、インターネットの売り上げは確実に利益がでるということだ。

Img_9857


観客数についてみると、1991年は2745万人だったが、毎年本場での観客数は減り、2013年には423万人と15.4%に激減している。

しかしここで興味深いのは、
場間場外及びインターネット等を含めた総利用者は4423万人から7454万人と169%に増えているのだ。

Img_9858

競輪の人気は上がっているというわけだ。
それもバーチャルな人気になっているから、現場の競輪場の様子とは全く違うというわけだ。
競輪場に行って、かっての賑わいがないから、競輪は廃れた、もう明日はないと思うのは大間違いだというわけだ。

競輪場のビジネスモデルが大きく変わっているのだ。

広島競輪場についてみれば、
ミッドナイト競輪は即刻始めたらいいだろし、
駐車場も、道路を隔てた東側にある駐車場は今後はもう不要だろうから、売却し、
その収益を、老朽化した競輪場の改修費に充てたらいい。

その際、
ただ改修するのでなく、自転車を市民のスポーツとして楽しめる場となるように競輪場を改修をしたらいい。

競輪はオリンピック競技にもなっているし、
ツールドフランスというヨーロッパでは自転車競技は大変な人気となっているし、
ツーキニストという健康とお金を考慮して自転車で通勤するサラリーマンも増えてている。

新広島競輪場を作るにあたっては、そうした様々の自転車利用のメッカとなるような計画をすることで、
新市民球場ーズムズムスタジアムのように世界に誇れるような広島競輪場を作ったらいい。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ









2017年3月18日 (土)

タイムシェアリングオフィス ・ シェイクハンズ

これは「タイムシェアリングオフイス」とでもいったらいいのだろうか、
本通りからちょっと脇に入った広銀本店近くのビルの3階に、
「シェイクハンズ」というカフェ+時間貸個人オフイスとでもいった使い方ができる場ができた。

お店を見つけるのにちょっと手間取った。

コーヒー等はセルフのフリードリンク。
どのテーブルにも充電用のコンセントが付いている。
無料のWiFIもついているからYouTubeやNetflixを見るには最高だ。
スキャナーもプリンターもある。

テーブル席もあるが、
私は窓際のカウンター席に座った。
隣の席とは半透明のガラスで仕切られ、私の使用する部分だけで幅⒈5mくらいある。
結構ゆったりしている。

そこで、このブログも書いている。

Img_9713

お客は皆若い人だが、
結構席は埋まっている。

疲れたらゆったりしたソファの席もある。

気分転換にも、ちょっと時間潰しにもいい。


ミーティングもできるというが、個室になっているわけではないので、
5〜6人程度のちょっとした打ち合わせができるといった方がよさそうだ。

望むべくはシャワーがあるといいなー。
そうなると徹夜で仕事もできる!?

広島市内でも空き事務所が増えている。
そんな空き事務所の活用法として、これから増えそうだ。

世の中、全てがシェアリングビジネスの時代になりつつあるようだ。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31