広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

スポーツ

2017年10月 4日 (水)

新宿中央公園とサンフレチェスタジアム

東京都庁に道路を隔てて新宿中央公園はある。
淀橋浄水場跡地に1968年に開設されたというから、もう50年近く経つということになる。
50年も経つと樹木はこんなにも大きくなるのかと、改めて驚くが、
中には直径1mはあろうかという大木もあり、鬱蒼とした森になっている。
広さは約8万8千平方メートルというから、ズムスタが建つ貨物ヤード跡地とほぼ同じくらいの面積だ。
そんな森の中に、「水の広場」や子どもの遊び場、フットサルコートなどがつくられているが、
いっときこの辺りはホームレスの住処になってしまい、整理するのに大変だったとも聞く。

7134e35283fb4c37a85f6058efc57823


2020年に合わせて大規模改修をするのだという。
「高層ビルが立ち並ぶ西新宿の景観が楽しめる眺望スポットを設けたり、芝生広場を再生したりする。
民間が運営する飲食店の誘致や、イベント開催許可の基準緩和も検討する。
地域住民やビジネスマンのほか、訪日客も楽しめる場に改修し、西新宿の魅力発信につなげる」
のだという。

今までは公園という公共の場に、民間の施設が入ることは、金儲けのための施設はダメと厳しく制限されてきたが、
今では楽しむ場となるためには必要な施設だとして、公共施設にも積極的に取り入れられるようになってきた。
公園についての考え方も大きく進化している。

旧市民球場跡地計画はどうなっているのかと、検索してみると、
平成27年1月に、かなり具体的な計画案が作成されたようだ。
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1420784208990/index.html

しかし残念ながら
この案からは、楽しさ、広島らしさは伝わってこない。

さらに、どうしてサンフレチェのスタジアムではダメなのかもわからない。
サンフレチェのスタジアムを作ったらどうですかといいたくなる。

より進化したスタジアムパークは考えられないものだろうか。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

日ハムは、札幌で計画している新球場では、ショップは勿論、ホテル、遊戯施設をも包含した複合施設となることを考えているようですね。

投稿: ミックス | 2017年10月 5日 (木) 16時51分


ミックスさま

そんなサッカースタジアムができるといいですね。

投稿: 元安川 | 2017年10月 5日 (木) 18時53分

2017年9月26日 (火)

カープ優勝記念ワインと地域政党

仕事上の相手先に伺う予定となったが、手土産に何がいい?
そういえば、
去年、優勝した時には紅白のワインをお持ちしたことを思い出した。

そごうのお酒コーナーにいったが、ワインはすべての売り切れだという。

もしかしたら、と福屋のお酒コーナーにいったら、
まだ山と積まれていた。

Img_3824_3

三次のワイン、
今年は紅白はなく、赤だけだという。
カープレッドにこだわったということ!
720ml、3240円。
カープという字がデザインされ、なかなか力強さを感じる瓶だ。

他にも優勝記念の小さな樽詰めのお酒セットとか、梅酒、ウイスキー、ビールとかがある。

種類も去年より大分増えているようだ。

カープが優勝したからといって、こうした記念のお酒は東京では売っていない。

そごうには、もうなかったということは、全国チェーンのデパートだからかも知れない。
カープの優勝記念のお酒は、広島の地域に根ざしたメーカーが作っているようだ。

衆議院が解散され、10月22日が投票日だといって、
小池新党が大幅にのびそうだといわれているが、
野球が、日本中ジャイアンツ一辺倒だった時代から、
広島のカープ、福岡のソフトバンク、札幌の日本ハムというように、
政治も地域に根ざした時代に変わってきたのではないだろうか。
そのトリガーに小池さんがいて、その前には橋本さんがいたということなんだろうと思う。
地域政党が自民党の対抗勢力となる可能性を感じる。

さあ、いつ広島から、どんな地域政党が産まれるか、楽しみだ。
平和フースト党?

いいねー。
その時には、三次の赤ワインを皆に送ろう!

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年7月28日 (金)

何事もなかったかのように、過ぎてゆく。

先日千葉に住む友人達とゴルフをした。
あまりにも暑く、途中でクラクラしてきた。
食欲もなくなったが、無理して詰め込んだ。
午後はスポーツドリンクを度々飲むようにしたら、なんとか無事回れた。

メンバー12人の内4人が短パンでプレイしていたのには驚いた。
暑いから当然といえば当然だが、かっては短パンでプレイする人なんかいなかった。
それだけ、ゴルフ場も服装に厳しく言ってられなくなったということもあるのだろう。

Img_3585

この真名カントリークラブ・ゲイリープレヤーコースはバブルの頃にできたコースで、クラブハウスは石貼りの豪華な建物だが、コースはゲイリープレイヤーが設計したとあって、日本人の設計したコースとはちょっとした違った趣きがある。
無理しないできちんと真ん中を打っていけば、そこそこのスコアがでるが、ちょっと無理したりすると、悲惨なスコアになってしまう。
上手く設計されている。

あのバブルの頃、
外国人にゴルフ場の設計を頼むと約2億円した聞いたことがある。
それも図面はたった1枚で、後は現場合わせ、
アメリカからブルを動かす担当者が来て、直接造っていったという。

それまでの日本ではまず平らにしてから、凸凹をつけ、バンカー等を造っていったのに対し、
アメリカ人の設計は、元々の凸凹おある丘陵をできるだけ残し、それを削ったり、埋めたりしながらコースを作っていったということと、
芝を貼る際、それまで日本では、それまでの経験で芝の種子を選び、圃場で芝を育て、それを30cm角に切ってから、ゴルフ場に持ち込み、貼って、コースを造っていったが、
彼らは消防車のような車に、芝の種子と養分をいれ、ホースで水を撒くように、芝の種子を撒いていったという。
当時の日本のゴルフ場関係者はそんなことで、いい芝ができるわけがないと、冷ややかに見ていたらしいが、
実際はそれで素晴らしいコースができて、驚いたという話を聞いたことがある。
そのコースのある地形、土質、気候に合った種子が残るから、それでいいのだというのが、彼らの説明だったという。


そのころはまた、今から思えば会員権制度という摩訶不思議なシステムで、ゴルフ場はバンバン造られていったが、バブルが弾けると数千万円、数億円という会員権は紙くずと化し、融資した住専、銀行はバタバタ潰れ、消えていった。
ゴルフ場そのものは消えることなく残った。

友人も3つのゴルフ場の会員権を持っていたことで、
数千万円の損をしたと言っていた。

国の借金は1,000兆円を越え、GDPの倍にもなっているという。
銀行にお金を預けてもその費用を取られるというマイナス金利になっている。
気候もおかしいし、
金融制度も何かおかしいが、普段の生活は何事もなかったかのように過ぎていく。

平和でありさえすれば、まっ、いいか。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年5月15日 (月)

カープロード

対巨人戦 13日土曜日は11: 2で圧勝、
14日 日曜日は 8 : 1と 2連勝だ。
巨人戦に限っていえば、4連勝だという。
エルドレッドは三冠王になろうかという勢いだ。
アメリカの仙人といった風貌になってきた。
鈴木誠也はすっかり4番打者としての風格が出てきた。
セカンド菊池涼介の守りは美しい。

試合開始は13:30からだというのに、
赤いカープのユニフォームを着た家族連れ、カップルが続々と
広場駅からズムズムスタジアムに向かって歩いていく。

広場駅改札口前に設けられたカープグッズ売り場はいつも人だかりができている。
誰もが、去年は黒田の15番のユニフォーム、今年は鈴木誠也の51番のユニフォームというように、
球場に行く度に何か買っているようだ。

今年になって、
さらに、売店がアッセのビルに沿って、アーケードの下に、10店以上もずらっと並んだ。

「昨年、2016年の広島東洋カープのグッズの売上高は50億円もあり、
ソフトバンクで20 億円、ヤクルトで9億円、中日が1億円だった」
というから凄い。

Img_3340_2


広島駅からズムズムスタジアムまでは約800mあるらしいが、
いつの間にか「カープロード」という名前までついている。

途中にある飲食店はパブリックビューイングの場となり、
試合中はもちろん、試合後はカープファンで大騒ぎになっているようだ。

基町にあった旧市民球場が広場駅近くの貨物ヤード跡地に移る計画が発表された時、
広場駅から800mも離れていては、球場に行く人なんていないだろうと、
議会でもメディアでもいわれた。

それが、どうだ、
今ではこの賑わいだ。

800mの距離は、
球場に着くまで、徐々に興奮を高め、
試合後、駅に着くまでの長さは、一気に駅が人で溢れることを防ぐ緩衝材の役割を果たしている。

800mもあることが、プラス役割を果たすまでになっている。

ズムズムスタジアムは、当初全く予想されていなかった新しいライフスタイルを創り出したようだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年2月10日 (金)

1年ぶりのスキー

もう2月の半ばだという頃になって、ようやくスキーにいった。

東京近郊にある狭山スキー場、
日本で唯一現存する屋内スキー場だ。
人工雪のスキー場だから11月に入るとすぐにオープンしていたが、
そのうち、そのうちといっているうちにシーズンも終わりそうにな頃になって、
ようやくスキーをしたいった。

Img_9547

若い頃はスキー場に雪もないのにいき、スキー板をボロボロにしてしまったこともあったが、今は、このまんまだとスキーもできなくなってしまうのではないかという恐怖感にかられ、スキーにいつたという感じだ。

滑り始めれば、面白くて夢中になる。
相変わらずのスキー場の暴走族だ。
それでも、友人には腰をもっと前にだし、板のエッジをきちんと立てた方がいいといわれる。
何事も「腰が引けてる」というのはよくないというわけだ。

しかしスキーブームが去って、スキー客が激減したせいか、
スキー場にはかってのような賑わいはない。
何十年も改装された事がないのだろう、施設の老朽化も激しい。
楽しさと興奮は消えてしまった。


カープ球場は、
賑わいを取り戻し、連日満員が続き、史上最高の来場者を記録し、はては優勝までしてしまった。
野球場が野球を見る場から、
野球を楽しむ場に変わったことも大きいのだろう。

スキー場もスキーをする場から、
スキーを楽しむ場への変化が必要なのだろうが、
それに全く応えられていない。

インバウンド客も2020年には昨年の倍の4000万人が想定されている。
爆買いもモノからコトへシフトしつつあるという。

広島には芸北国際スキー場はじめ、そこそこのスキー場がいくつもある。
瀬戸内海もある。
冬のスキー、夏の海、そしてオールシーズンの厳島神社、原爆ドームもある。
空き家は増え続けている。

それらを結びつけたアプリも開発されつつあるようだ。
最近はゲレ婚なんていうイベントもあるという。

今年は広島のスキー場に大雪も降った。
芸北国際スキー場は1月末の大雪では積雪130cm越えたが、
先日からまた雪が降り続いている。

広島県のスキー場のポテンシャルは大きい。
変化を期待したい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2016年11月 8日 (火)

優勝記念グッズ

鹿児島に住む妻の母が先日亡くなった。
92歳だった。
義父は4年前に亡くなっている。

両親の遺産の中から、
西武ライオンズが日本一になった時の記念の時計が3つ出てきた。

Img_9064

義父がライオンズの熱烈なファンだったということで、
私が贈った時計だ。

かなり使ったのだろう、ベルトもだいぶ痛んでもいるが、
電池も切れているようで、動かなくなっている。
ケースもちゃんと残っているが、これでは、ヤフオクでは売れそうにない。

ライオンズは三原監督の時代、1956年、1957年、1958年の3回
西武ライオンズになってから1982年、 1983年、 1986年、1987年、 1988年、 1990年、 1991年、 1992年、 2004年、2008年の10回、
日本一になっている。

その西武ライオンズも今季は4位と、かっての勢いはない。
広島カープの勢いには比べようもない。

先日の日経新聞に、横浜ベイスターズは
今年2016年4〜9月期、
主催試合の観客動員数は過去最多の194万人、
売り上げ収益は117億円と51%の大幅に伸び、
営業利益は2.1倍の39億円だったという。
本体のディエヌエーに大きく貢献しているともいう。

横浜ベイスターズ、福岡ソフトバンク、仙台楽天のIT系球団、
広島カープ、千葉ロッテマリーンズ、北海道日ハムファイターズ、東京ヤクルトスワローズの地域球団は勢いがあるが、
対して
西武ライオンズ、読売ジャイアンツ、中日ドラゴンズ、オリックスバッファローズ、阪神タイガースはなんとなく元気がない。

なぜだろう?
プロ野球のあり方が変わったことは確かだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2016年9月 8日 (木)

嘘数と実数と想定外数

嘘数と実数とバーチャル数

昨晩もカープが勝った。
5ー0の圧勝だ。
カープは今日にも優勝するかもしれない。
25年ぶりだという。

広島の街は赤いカープのレプリカを着た人で溢れている。
皆誇らしげに着て歩いている。
東京でもどこでもこんな街は見たことがない。

昨晩の試合後の広島駅はJRの駅も広電の駅もバス乗り場もユニホームを着た人で溢れていた。
凄まじい混雑だ。

Image_13


こんな混雑は旧市民球場でも25年前にはあったのだろうか。
旧市民球場も設立当初は収容力17,422人だったが、最終的に31,984人まで増加したというが、その昔の観客数の発表は球団がこのくらい来ているはずだという大きく水増しされた数字であったし、途中から実数といわれて発表される数字も、年間シーズンシートとして販売済みの席も観客数としてカウントされているようだから、本当に客席に着ている人数は相当に割り引いてカウントする必要があるようだ。

それが今はどうだ、
本当に満席であるだけでなく、
なんと6日の朝日新聞デジタルによれば、
「すでにカープ主催の残り試合の一般チケットは完売。チケット売買サイトでは7日の内野指定席(定価3千円)が26万円で売りに出され、8日の中日戦の外野指定席(同1900円)は30万円の値が付いている」という。

実に定価の157倍だというから、
3万人×157→471万人 ?
の観客がいるとみてもいいのだろう?

今期はテレビやインターネットで見る観客数も凄まじい数だろうが、
今期はそれだけでなく、
席を買いたくても買えなかった膨大な数の観客もいるというわけだ。
想定外数?

初めての経験?
25年ぶりの経験?

まあそれにしても凄いことが起こっていることは確かだ

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2016年9月 7日 (水)

ど素人とアマチュアとプロ

台風12号が近ずいているというのに、尾道ゴルフ倶楽部でゴルフをした。

Image_2

長崎に上陸したという台風は島根県北の日本海にあったのだろう、
午前中は雨に降られたが、10時半頃には雨も止み、
風はなく、霧も出ていて、気温も低く、
「軽井沢でゴルフをしているような感じですね」
なんて、いいながらプレイをした。

台風が近ずいているのに、ゴルフをするなんて物好きは今時極めて珍しいのだろう、
前も後ろも誰もいず、快適にプレイができた。

フエアウエイは平らで広い。
殆ど全てのホールで、テイグラウンドに立つと、ピンが見える。
ゴルフ場と本来そういうもんらしいが、凸凹の激しい日本では、こうしたコースは極めて珍しい。
いいコースだ。
費用も安い。

元々グリーンは2つあったのだろう、
それをワングリーンにしたのか、グリーンはやたら広く、傾斜もきつい。
グリーンに乗ったと喜んでいると、そこから、3パットを直ぐしてしまう。
ラフも短く刈られているので、ボールが見つけやすい。
ハーフ2時間でプレイができた。

ドライバーのミスは数回しかなかったのに、パーは3つしか取れなかった。

ドライバーさえ当たっていれば、そこから後はご機嫌でプレイができる。

昔、有名なプロゴルファーが、
「ど素人とアマチュアの違いはドライバーが当たるかどうか。
アマチュアとプロの違いはアプローチがきちんと打てるかどうか。
プロと一流のプロの違いはパットで決まる」
と言っていたのを思い出す。

私なんぞは、ようやくど素人からアマチュアというレベルに近ずいたということなのだろう。

ノーベル賞を受賞した大村智さんは、ハンディキャップ5だというのだから、凄い。
ハンディキャップ5くらい人になると、まず3パットはしない。

私は、いつかハンディキャップ9以下のシングルプレイヤーになりたいが、
それはいつの日だろうか。

それでもプロと一緒にプレイができるのが、ゴルフの面白いところだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ゴルフの面白さは、
ど素人とアマチュアとプロが一緒にプレイできることですね。
ハンディキャップをつけて、
皆、マジになってプレイします。
老若男女の組み合わせも自由にできます。
そんなスポーツは他にないでしょうね。

投稿: ど素人 | 2016年9月 7日 (水) 09時32分


2016年8月24日 (水)

報奨金と賞金

リオオリンピックも終わった。
2020 TOKYOへの引き継ぎ式もされた。

Image


リオオリンピックでは、最初の種目サッカーでは予選で敗退した。
今回のオリンピックはあんまり期待できないなと思っていたら、
なんと重量挙げの三宅選手は最後の踏ん張りで銅メダルをとり、
それからは柔道の大野選手の美しい一本勝ち、女子レスリングの逆転勝利での金メダルの連続、足し算からはありえない男子陸上の400mリレーの銀メダル・・・・・
と続き、オリンピックの番組を夢中になって見てしまった。
結果、日本のメダル数は 金メダル 12 銀メダル 8 銅メダル 21の計41個で、史上最大となったという。
最終日前日にはブラジルがサッカーで劇的な勝利を勝ち取った。
収容人数78,639人、世界最大といわれるエスタジオ・ド・マラカナンが1つになっての興奮、熱狂は凄まじかった。
ブラジルにとっては初の金メダルということだが、ブラジル人にとってはサッカーさえ金メダルなら、あとは脇役、刺身のツマみたいなもんだろう。
表彰台では18人の選手が金メダルを授与されていた。
それでも公式のメダル数は1個とカウントされる。

団体競技と個人競技は授与される人数分のメダル数でカウントしたら、各国の獲得メダル数も随分と変わるのだろうと思う。

ということで、
メダルは一体いくつ与えられているのか調べてみると、
リオオリンピックでの数字はわからないが、
シドニーオリンピックでは3,100個が作られたとのことだから、
リオオリンピックでは3、500個くらいだろうか。
ただし監督、コーチには与えられないという。
2000年のシドニーオリンピックは28競技、300種目、メダル数は公式には900個といことになるが、
参加選手10651人とのことだから、
1人で2~3個も貰う選手もいることを考慮すると、3人に1人は何らかのメダルを貰っていることになる。

リオオリンピックでの日本のメダル数は41個ということだが、
受けたメダル数はその3倍の約100個くらいにはなっているということになる。

しかし、
オリンピックでメダルを取ったからといって、「賞金」はない。
しかし、
日本オリンピック委員会からは金は500万円、銀は200万円、銅は100万円、総額.1.46億円の「報奨金」が支給されるという。
テニスで銅メダルをとった錦織選手には100万円が支給されることになる。

ゴルフのマスターズや全米オープンなどでは、賞金総額1000万ドル、優勝賞金は180万ドルだという。
優勝すれば、2億円近い賞金が貰えるのだ。
リオオリンピックで3位だった錦織選手は、4000万円くらい貰ってもおかしくないはずだが、
それでも錦織選手は参加したのだ。
オリンピックで疲れてしまったのか、アメリカに戻ってのレギュラーツアーでは初戦で敗退してしまった。

オリンピックは放映権収入、スポンサー収入が入るようになって大きく変わった。
いずれ、オリンピックで金銀銅のメダルをとった選手には、かなりの額の賞金がでるようになるのだろうか。
すでにほぼすべての国が「報奨金」という名目でのお金が支払われるようになっているのだ。

2020年以降には、オリンピック実行委員会にインターネット絡みの放映権収入が2、000億円以上入ることも可能となるだろうから、その時には選手にかなりの額の賞金がでるようなるのだろうか。
そうなったとき、
オリンピックはどのように変わっているのだろうか。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


 オリンピックでは色々なことを考えさせられます。
 もともとはアマチュアの競技大会でしたが、共産圏ではアマチュアというのは意味を持たず、資本主義国でもお金を堂々と得るか、コッソリ受け取るかの違いになり、プロも参加するようになり、それでも一流のプロ選手にとっては、その額は少なく、しかし賞金よりCMの出演料の方が大きくなると、それはそれで大きな意味を持つようになり、お金を絡めるだけでも色々と変遷があるものです。
 また日頃、世界選手権ですら興味のない競技をオリンピックだけは見ますし、競っているのは個人ですが、国対抗で皆がナショナリズムの塊のようになって盛り上がるのもの良いのか悪いのか、それが選手に与えるプレッシャーも大きく、過去には自殺者も出しましたし、メダルの数ばかり報道され、それぞれに金を期待される選手、何でも良いからメダルを期待される選手など「参加することに意義がある」から遠く離れている今のオリンピックです。

投稿: 傍観者 | 2016年8月24日 (水) 05時58分


メダル数なんて報道するから、わかりにくいんですよね。
金メダル獲得競技(種目)数ですよね。
報奨金が多ければ良いのかと考えると、莫大な報奨金を貰って競技人生が終わったようになってしまった選手がつい最近いましたから、どうなんでしょうね。
大企業のスポンサーが付きながら犯罪行為をした金メダリストもいれば、中小企業に支えられての金メダリストもいますから、報奨金を多く出すよりそのお金を強化対象選手への個人的な手当にしたほうが良いのではと思います。

投稿: やんじ | 2016年8月24日 (水) 06時01分


傍観者様

国による報奨金は止めさせ、
オリンピック実行委員会による賞金だけにしたほうが、案外いいかもしれませんね。
そうなると、アフリカ勢が半分くらいもっていきそうですね。
それもまたいいかもしれませんえ。

投稿: 元安川 | 2016年8月24日 (水) 08時55分


やんじ様

2020 東京オリンピックに向かって、
スポーツ関連予算も大幅に増え、スポーツ人口も増えそうですね。
経済効果も
日本人の健康への効果もありそうですから、
そうなれば、めでたしめでたしですが、
本当にそんなにいいことばかりでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2016年8月24日 (水) 09時01分


リオオリンピックでのメダル受賞は、
41種目、55人、報奨金14,600万円
だそうです。
金は想定以上に多かったそうですが、
団体での受賞が少なかったので、予算内で収まったそうです。

投稿: 元安川 | 2016年8月25日 (木) 16時14分

2016年7月15日 (金)

グリーンバーズゴルフ倶楽部

今にも雨が降りそうな空模様の中、
久しぶりに友人2人と、グリーンバーズゴルフ倶楽部でゴルフをした。
初めてプレイするゴルフ場だが、思った以上にいいゴルフ場だ。
コースもよくメンテナンスされている。

Image


スコアはたいしたことなかったが、
雨も降らず、
ドライバーはそこそこ当たるし、フェアウェイウッドは当たるしで、
楽しいゴルフだった。

さして練習もしていないのだから、きちんと当たらないのが、当たり前なのに、
当たらないと、失敗した、こんなはずではないと思うから、可笑しい。
ゴルフは大いなる錯覚のスポーツでもある。

「ゴルフは健康にいい」というが、
「健康だからゴルフができる」といった方が、正確だろう。

国会議員の〇〇氏は国会中にもかかわらず、ゴルフをしていたと顰蹙をかったということもあった。まあそのくらい面白いスポーツというか、遊びであることは確かだ。

そんなに人を夢中にさせるゴルフ場は、広島県内に丁度50ヶ所もあるとのことだが、
私のプレイしたのは、そのうち半分くらいだろうか。

広島市内から車で50分くらい、広島空港からまっすぐフライトロードを北に走り、深い谷を越える長い橋を渡り、長いトンネルを抜けるとグリーンバーズゴルフ倶楽部はある。
平成6年にオープンしたというが、このフライトロードがなかったら、
アクセスはかなり大変だったろうと思われる。

コース設計はオオバ、監修は杉原輝男氏というが、
コースは中国山脈の丘陵を上手く活かし、適当にアップダウンがあり、池や川があり、
赤松に囲まれ、日本庭園のように美しい。
関東のゴルフ場のようにフラットで広いフェアウェイではないが、
それが却って戦略性を高めている。

クラブハウスもシンプルで使いやすい。

バブルの頃には、
リージャスクレストのような、まさに豪華絢爛なコース、クラブハウスができたが、
そうしたゴルフ場に比べて、ここグリーンバーズゴルフ倶楽部は、
親しみやすく、広島の風土を感じさせるゴルフ場でもある。

ゴルファーの減少がいわれて久しいが、
料金にしても、混み方にしてもバブルの頃が異常だったともいえる。
料金も随分と安くなった。
今はセルフのプレイも当たり前にもなった。

こんな優雅にゴルフができる、
平和だから、できることだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31