広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2017年11月13日 (月)

胃腸にくる風邪?とお粥

ここ数日下痢で散々だった。

一昨日、人工スキー場でスキーをした。
全く上手く滑れない。
気温が高く、まだ雪がブカブカで、逆エッジになろうもんなら飛ばされてしまうほどのコンデションだったが、ヘルメット被った若者はスイスイと滑っていく。
負けるもんかと頑張ったからか、妙に疲れた。
骨でも折ったら大変だと早々にやめた。
筋力の衰えだけでなく、反射神経もかなり衰えているようだ
そのせいか、翌日は朝から食欲がなく、下痢にもなった。
熱はないが、気力は失せ、寝込んでしまったが、5回もトイレに駆け込んだ。
4回目のトイレにいってからは、ちょっと元気もでたこともあって、近くのクリニックにいって、診てもらった。
熱もないし、喉も腫れていないという。
1日3回、食後に服用してくださいと書かれた薬をもらった。
ものの数分で済んだ。

昨日の夕食は、ほんのちょびっとお粥を食べた。
お粥を食べるなんて何十年ぶりだろう。

江崎玲於奈さんがアメリカに住んでいる頃、子供が病気になって寝込んでいたので、
「何が食べたい?」と聞いたら、
「ハンバーグ」と答えたということを書いていたことを思い出した。

918a6633bf5842e8877864c04d16d8f9


妻に聞けば、近くに住む知人もそっくり同じ症状だったという。

先日は、四国かどこかの寮に住む学生が、30人近く下痢を起こしたので、救急車で病院に運ばれたとのことが報じられていた。
食中毒を疑われたのだろうが、多分私と同じ胃腸にくる風邪ではないだろうか。

私はこの歳になるまで、健康保険を使ったのは虫歯2本の治療だけというのが、自慢だったが、こうなるともうかっらきしダメだ。

歳とともに、体は確実に老化、劣化し、
スキーだって、昨年のように滑れないし、よけいに疲れたりするする。
簡単に風邪をひいたりする。


どこの病院でも待合室は年寄りで溢れている。
医療は確実に進歩し、普及していることに比例し、
年寄りが増えているようだ。
国の医療費が増えるわけだと改めて実感した。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年11月 9日 (木)

イチジクと子供の頃の思い出

先日、スーパーでイチジクを買った。

痛みが早いこともあってか、すぐ腐ったような感じになるので、スーパー等ではあまり人気がないようだが、
メソタニア地方では6千年以上前から栽培されていただけでなく、
古来ドライフルーツとしても食べられてきたという。
我が家でもネットで購入している。

6322653c0ffd42dba431d6a137526beb


イチジクは、私にとっては子供の頃を思い出させてくれる懐かしい果物でもある。

子供の頃に住んだ家の庭にイチジクの木があり、
青い実が、秋になると紫色になり、割ると小さな無数の種と紫色の実は甘い。


庭には、その他にも何種類もの実のなる木があった。

梅雨時にはグミの実がなり、
棘のたくさんついた枝を掻き分けて懸命に実をとって、頬張ったこともあった。

秋には甘い大きな柿の実がなった。
枝の先についた実を取ろうと、細い枝ののったら、枝が折れ、落ちたことがある。
以来、怖い夢は必ずスーッと落ちる夢となっている。
その柿の木も離れを造った時に切ってしまった。


春になると、2本の八重の桜の花が咲いたが、
脇に設けられたブランコで遊び、私たち兄弟に踏まれたせいか、枯れてしまった。

イチジクは便秘にもいいとか、滋養に利用されたり、痰の多い咳、のどの痛みや痔にも効能があるとされるが、
その昔には不老長寿の果物として珍重されたという。

イチジクはそんな不思議さを感じさせる果物だが、
私にとっては、子供の頃を思い出せくれる果物でもある。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年10月28日 (土)

東京駅構内のアンデルセンのベーカリー &カフェ

東京駅構内の丸の内側南口近くにアンデルセンのベーカリー&カフェができていた。
今まで何度もこの前は通っていたが、気づかなかった。

今回気づいたのは、お店の前の通路に大きく張り出してオープンカフェが設けられていたからかもしれない。
30〜40席はありそうだ。
これまでは店内に小さくイートインのコーナーが設けられていただけらしい。

E2fe118caaa54c6d885fe755de9e34fd


何か妙に嬉しく、懐かしくさえあった。
石川啄木の短歌「ふるさとの 訛なつかし 停車場の 人ごみの中に そを聴きにゆく」
を思い出した。

今回は満席ということもあり、入れなかったが、
次の機会にはここでパンとコーヒーを食べよう。

広島の企業がこうして全国展開をしているのみると、
誇らしくさえある。

東京駅構内に全国各駅の駅弁を集めたお店はいつも大混雑だ。

こうして全国各地の名店を集めるのも、
東京駅だからこその魅力となり、集客力となっているのかもしれなない。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


世界は国と国との距離が縮まりグローバル時代が始まっています。
米国ではネット取引のアマゾンが圧倒的な強みを見せています。
元安川さんの今回のブログは東京の古き良き時代と言えなくも
ないが、時代のスピード上がっている今、10年先この光景は
どうなっているでしょうか?

投稿: 町のウオッチャー | 2017年10月28日 (土) 17時05分


街のウオッチャーさま

コメント、ありがとうございます。

人生100年時代になるともいわれています。
ネット社会に対比してのアナログな文化がより輝くようになるかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2017年10月28日 (土) 17時22分

2017年10月10日 (火)

運動会とお弁当と国際化

孫の幼稚園の運動会にいった。

土曜日に開催予定だったが、雨との予報だったので、1日延期されての開催だった。
気温もあがり、素晴らしい天気にも恵まれ、ゆったりと楽しむことができた。
神社の経営する幼稚園で、都心には珍しい土のグランドと大きな木に囲まれた素晴らしい環境にある。

孫の女の子は今年3歳、
風邪をひいていたとのことだが、まったくそんなことを感じさせなかった。
駆けっこ、父親も参加してのゲーム等なかなか盛りだくさんだ。

オーストラリアではこうした家族も参加しての運動会はないとのことだ。
欧米でもないらしい。
そもそも運動会は、明治時代に組織力を高めるために作り出されたものらしいが、
今ではすっかり家族と地域のイベント、そして平和を象徴するイベントになっている。
面白い!

オーストラリア人の息子の嫁さんはお弁当の作り方がわからないとのことで、
妻が朝4時に起きで作った。

Db9ef7af0ec842fb981c5d0d0ed5c68b


私も、子供の頃の楽しい思い出として、運動会で食べたお弁当はよく覚えている。
日頃料理などしたことのないオヤジが、かんぴょう海苔巻きだけは自分が作るのだいって、巻いていたことも思いだされる。

1歳の男の子は、ピストルがなり、歓声が響く中でも、ぐっすりと眠っていた。

5歳児のマラソン、メキシコ系の女の子かな、
男の子よりタイムがいいのびっくり。

かなりの数の外国人の子、ハーフと思われる園児たちがいた。
時代は急速に国際化していることを、こんなところでも知る。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年10月 8日 (日)

絹さや&シソと「おあいそ」

妻に「絹さや買ってきて」と頼まれた。
maxvaluの棚のどこを探しても「絹さや」なんてない。
仕方なくお店の人に聞けば、
「これです」ととってくれたのは「さやえんどう」と書かれている。

同じものだという。

5bd25a2b78e94143b9f7cfee0bb60741

ネットで調べてみれば、
「エンドウのさやの部分を食べるものは、全部さやえんどうです。
ちなみに、さやえんどうには、以下のような種類があります。
・絹さや
・大型絹さや(絹さやよりでかい)
・スナップエンドウ
・砂糖エンドウ」
との書かれている。

先日は「シソ」を買って来て欲しいと頼まれ、
探したが、ない。
お店の人に聞けば「大葉」がそうだという。

まったく。

ネットで調べてみれば、
「シソ(紫蘇)には、大別して、青紫蘇と赤紫蘇があり、青紫蘇は大葉とも呼ばれます。
梅干しの色付けに使う赤紫蘇は普通に紫蘇と呼ばれています。
京都辺りではシソのことをチソと言うようです」
と書かれている。

へー。

野菜に限らず、
その他にも同じことを、様々な言い方がある。

寿司屋では、お茶を「あがり」なんていうが
元々は吉原などの遊廓で、使われた言葉らしい。
お客がこないとき「お茶を引く」といったことは縁起がよくないということで、、
それに代って、客がきた時に「おあがりください」といったことに由来するらしい。

また
醤油のことを「むらさき」と呼ぶことがあるが、その語源は江戸時代にあるらしい。
その頃、醤油はとても高価なものであったため、高貴な色である「紫色」の染料の紫草から、この異名が生まれたと言われているとのことだ。

また寿司屋に限らず、よく「おあいそ」という言葉もよく使うが、
これは
「お会計という意味ではありません。
漢字にすると お愛想。
店主が、お客さんから代金をいただくときに、代金をいただくなんて「お愛想がなくて申し訳ございません」と、申し訳なさを込めて使っていた言葉だったのです。
その言葉が、時代を経て「お会計」を意味する言葉へと変化し、
現在では、お店の人だけでなく多くのお客さんも「おあいそ」という言葉を使うようになりました」
とのことだ。

日本の長い歴史の中で、同じもの、同じことが様々に表現されるが、
「あがり」にしろ「むらさき」にしろ、「おあいそ」にしろ、
変に通ぶって使わない方がいいということのようだ。

私もこうしたことについて、きちんと理解していなかった。
日本に住む外国人はさぞかし大変だろうな と同情したくなる。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

海外から日本に来る人の多くは、日本に興味を持っているので、日本の歴史や文化については、平均的な日本人より豊富なことが多く、外国人と付き合うには、まず日本についての勉強から始めないと恥をかくこともあります。

また、20年間も停滞している日本と違い、海外の多くの国での変化は激しく、数年前に行って見聞きしたことをいつまでも記憶していると現状とは乖離していることも多いです。英語ですら30年くらいで意味が変わることもあり、日本では漢字も含め誤用とされていたことが常用になったりと更に複雑です。

投稿: 工場長 | 2017年10月 8日 (日) 17時15分


工場長さま

外国人の日本に対する知識力には驚かされますね。
さらに旺盛な好奇心には、もっと驚きますね。

日本人は妙に現状に満足してしまっているようなのが、ちょっと気になりますね。

投稿: 元安川 | 2017年10月 9日 (月) 15時36分

2017年9月20日 (水)

温もりのあるカフェ・MK Cafe&ものくらす

入間市周辺で「コーヒーの美味しいところ」と検索したら、
食べログのランキングトップに「エムケーカフェ&ものくらす」という変な名前のカフェがでてきた。

国道16号を左に入り、細い道をちょっと走った左側にその店はあった。
駐車場はお店から20mほど入った数軒奧にある。

お店の紹介にはアンティークな外観とあるが、
白く塗られた木のフェンスを抜け、芝生の庭を通って中に入ると
左手がカフェ+ランチのお店になっている。
右手の雑貨屋さんの方は、丸太が1本6,000円、ハンガー50円とか、ランプ、掛け時計、グラス、ペンダント、人形、白い鍋・・・
新品が中古かよくわからない品物が所狭しと並べられている。

床はレンガ、白く塗られた木造の壁、
柱、扉はブルーグレイに塗られている。
壁際には薪ストーブが置かれている。
テーブル、椅子は中古の品を集めてきたのだろうか、バラバラだ。
DIYで作られたような手造り感がいい。
それがここのお店の人気の秘密かも知れない。

入間基地が米軍に接収されていた時代の残りだろうか、
ちょっと素朴な田舎のアメリカの雰囲気がある。

Img_3783

カフェの真ん中にはハンモックがぶら下がっている。

最初に串団子が出てきた。
団子はこの辺りの名物なのだろう。
コーヒーはマグカップのように大きい。

レジには電卓と小さな手提げ金庫があるだけだ。

ペットの犬を連れてコーヒーを飲んでいる人もいる。

ニット、クラフト、ステンドグラス等のカルチャースクールもやっているとのことだ。

運営はこのあたりに住む女性たちがやっているからだろうか、
ここにはオーナーのこだわりと温もりがある。
スマホに占領された感のあるスタバ、
喫煙者の多いドトール、女性のグループの多いコメダ珈琲店等の全国チェーンのカフェとはちょっと違っている。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年9月10日 (日)

カウンターでフランス料理を食べる・ぺサージュ

友人に連れられ、三越近くのビルの8階にあるフランス料理のレストラン「ペイサージュ」に行った。

フランス料理は高いということと、ソース、料理etc あまりに手が加えられていてどうも好きになれなかったが、
ここの料理は美味い。
和のお皿もいい。
野菜も魚も肉も相当に吟味され、選ばれているのだろう新鮮さを感じさせ、味も保たれている。
予約していたこともあってか、
食べ終わるタイミングを見て、何気なく次の料理がでてくるのも素晴らしい。
次にいったときに、食材etcの薀蓄を聞いてみたい。

オーナーシェフの中村政司氏は、
会員制クラブ LUSSO の『ルッソダイニング』で料理長をしていたのだという。

フランス料理をカウンターで食べさせるというのもいい。

Img_3737

京都の祇園では料亭の料理人が独立し、料理だけに拘ったカウンターのレストランがあるが、そのフレンチ版というわけだ。

高級なフランス料理をカンターを介して、シェフと向き合って、食べるなんて日本独特の文化だろう。
これもスマートジャパンの1つといえよう。

高級ホテルにあるフレンチレストランの厨房は、客席からは全く見えず、
厨房の面積は広く、客席の面積と同じくらいだったりする。

そうしたことでは、ここペイサージュは、
全く中村氏流に創られたフランス料理だといえそうだ。

そんなスマートなフランス料理が広島に生まれたというのは嬉しい。

全く宣伝もしていないという。
是非、この味と雰囲気を理解する人に、味わって欲しいレストランだ。

21:00からはワインバーとしての営業もしているという。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年8月27日 (日)

UCCコーヒープラザのランチセット

街を歩いていて、お昼時になった。

平和大通りと鯉城通りの交差点に面したカフェ、
以前何度か入ったことのあるカフェの前の看板に
サラダ&カレーとコーヒーのセットで840円とある。

コーヒーはサイホンで入れてくれる。
古典的なコーヒーの味だ。
ビーフカレーは辛口、
BGMはクラシック、
840円は安い。

Img_0727_3

壁際の席の後ろにはコンセントが付いている。

ここでも、お客は女性の1人客が多い。
若いカップルはそれぞれにスマホを操作していて、ほとんど喋らない。
何かおかしい。
静かでいいが。


UCCカフェプラザ 平和大通り店、
コーヒーメーカーのUCCが全国展開しているお店のようだ。
このお店も広島では随分と古いが、
スタバのような今の若いスマホ世代を対象とし、捉えたカフェでなく、
ちょっと余裕を求める上の世代にはぴったりのようだ。

広島の街も多様化し、随分と美しくなった。
街歩きも楽しくなった。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年8月15日 (火)

デパ地下弁当で 1人夕食

妻が鹿児島に出かけているので、今週は1人夕食だ。

デパ地下でトンカツとコロッケの弁当を買い、
トマトとプラムを切って、インスタント味噌汁、
それに妻の作った梅酒、
デザートはフルーツ缶詰。

Img_0632


デパ地下で買ったカツとコロッケの弁当は、
コンビニ等で買う弁当と同じような茶色のプラスチックのケースに入っているが、
そのケースが、模様のついたスチロールのカバーで巻かれている。
たったそれだけのことなのに、ちょっとした高級感が出ているからおかしい。
それに美味い!


6時過ぎて買いに行ったから100円引き、
(定価700円ー100円)×消費税8%→648円
まあまあの価格だ。

売り切れ弁当が多い。
弁当売り場が随分と広がっているのに。
デパ地下はダブルインカムのカップルが増えたせいだろうか。

当分デパ地下弁当での夕食になる?

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年8月 3日 (木)

メロンとトウモロコシの美味しい食べ方

北海道に遊びに行った友人から、
宅急便で夕張メロンとトウモロコシが送られてきた。
メロンもトウモロコシもスーパーに行けば売っているが、
やはり本場北海道から直接送られてくると、
その気持ちも加わって、メロンもトウモロコシは特別美味しそうに感じるからおかしい。

段ボール箱に、美味しい食べ方についての解説が添えられていた。
「メロンはヘタの部分が少し萎れてから食べた方が美味しいですよ。
トウモロコシは茹でる時は皮を一枚残して茹で、
焼く時は2枚残して焼くと美味しいですよ」
と書かれていた。

「トウモロコシは生で食べても美味しいですよ」
とのことなので、早速トライしてみた。
意外と柔らかく、甘くて美味しい。

Img_0583_2


妻も
「皮を残して茹でたり、焼いたりした方が美味しいとは知らなかった」
という。

そいえば昔高原キャベツの産地妻恋に行った時、
キャベツには包丁を入れない方が美味しいと聞いたことがあり、
以来、私はキャベツと豚コマの野菜炒めを作る時などは、
キャベツはを手でちぎるようにしている。

美味いかって?

そのはずだ。

トマトだって、皮も剥かずに、一緒に食べた方が栄養があるという。
「りんごの皮には3種類のポリフェノール「エピカテキン」「プロシアニジン」「アントシアニン」が含まれています。「ペクチン」という食物繊維も含まれています」
とのことだ。
何事もできるだけ原始的な方が、身体にもいいということ?

環境にもいい!

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


戦後、あれほど忌み嫌った回虫も、今では少しならでしょうが、体の中にいた方がいいと言いますからね

投稿: ゲン | 2017年8月 3日 (木) 15時41分


ゲン様

最近は薬の飲み過ぎというのも、問題になっていますね。

投稿: 元安川 | 2017年8月 3日 (木) 16時21分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31