広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2019年5月19日 (日)

ビールの販促→特急列車に乗る→特急券の予約システムに申し込む

 

西武線の座席指定の特急に乗って、

改札口手前で配られいた販促用の小さな缶ビール AsahiのSUPER〝 DRY〝 を飲んだ。 

A4b9d1b0ef564bbaa76bf240aa343e29

 

実はことは逆で、ビールを飲みたいがために特急に乗ったのだ。

改札口の手前で 、アサヒビールが小さなビールを無料で配っていたから、つい受け取ってしまった。

どうせ飲むなら冷たい内にと、乗る電車も特急に変更したというわけだ。

普通の電車の中でビールを飲む勇気はちょっと気が引けた。

無料より高いものはないというが、高さ5cmほどのミニビール缶なんてお店でも見たことがないから、PR活動用に特別に作ったのだろうか。

よく見れば“非売品“とプリントされ、

「飲酒運転は法律で禁止されています。

飲むのは自宅に帰ってから、冷してお飲みください」

とも書かれている。

全国あちこちで配っているのだろうから相当な数になるのだろう。

 

と思ってネットで調べたら、

135mlの小さな缶ビールを売ってるではないか。

24本で2099円とのことだ。

1本 87.45円という計算になる。

 

座った座席の目の前には、

スマホから特急券の予約申し込みができるQRコードが表示されている。

早速手続きをしてしまった。

 

ビールの販促→特急列車に乗る→特急券の予約システムに申し込む。

風が吹けば桶屋が儲かるというわけだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年5月11日 (土)

牛乳パックから手作りヨーグルトを作る

 

妻が、「牛乳パックで手作りヨーグルトができる」という

ヨーグルトメーカー IMY 013を買った。

7d8cceae640c4ab08a93ed0847aab284

 

数年前から、朝食では、体にいいからとヨーグルトにドライナッツやグラノーラを入れて食べるようになってから、ヨーグルトの使用量が急激に増えてきた。

これはもうヨーグルトメーカーを買って、牛乳から直接ヨーグルトを作った方が安いのではないかと思って探していたらしい。

ヨーグルトメーカーに牛乳をいれ、発酵させる菌となる小さなヨーグルトをいれ、

「飲むヨーグルト」「プレーン」ギリシャ」「カスピ海」を選択し、

指定された温度にセッティングして数日間置いておけば、牛乳がヨーグルトになるのだという。

そりゃヨーグルトを買うより、牛乳を購入する方が安いだろうな。

 

できたヨーグルトはなにか買ってきたヨーグルトより美味いように感じるから可笑しい。

 

ヨーグルトメーカーは生協等で買うと8千円くらいするが、

Amazonで買うと4千円くらいする。

注文して翌日には届いた。

Amazon プライム会員になっているので、送料は無料だという。

無料といってもプライム会員の年会費3900円を払っているから、厳密には無料でないが、

物にもよるが、5~6回以上買えば、送料は元が取れるシステムになっている。

なかなか巧妙だ。

 

日経新聞に、Amazonは先日の決算説明会で「ネット通販の翌日無料配達を拡げる」と表明したと載っていた。

アメリカのネット通販市場では「5割のシェアをもつAmazonが翌日無料配達に移行すれば、すべての小売業者にとって、破壊的な影響を及ぼすことになるだろう」といわれているようだ。

 

今まで、お店で買うよりネットで買う方が安いということはよくあったが、

それに加えて、「2日以内の無料配達が翌日配達に短縮される」というのだからすごい。

Amazonは強烈に消費者を引きつけることは確実だろう。

 

デジタル革命の恐ろしさを改めて感じた。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年2月18日 (月)

粋なホテルのレストラン

相生通りの稲荷橋の東詰に広島インテリジェントホテルアネックスはある。

広島駅に近く、八丁堀に近いという絶好の立地にありながら、
この辺りはエアポケットのように人通りが少ない。

正面玄関植えられた木が道路にせり出しているのも面白い。
建物はスラッとした近代ビルだが、正面玄関はコリント風とでもいうのだろうか、
クラシックな風情の門が付いているの面白い。

ホテルの前を通る時、以前から気になっていた。

413a3f9f1cb24123b89fba7dbcb310da

看板には、
お昼のランチはコーヒーがついて850円と書かれている。

1階ロビーには小さな洒落た鉄扉を押して入るようになっている。
面白い。
階段を上がった2階にレストランはある。
レストランは西に猿猴川を望み、北は相生通りに面している。

大型ホテル、ビジネスホテルにもない不思議な雰囲気を醸し出している。
素晴らしい立地だ。

ご飯、みそ汁、果物、コーヒー等はセルフサービス、
メインディシュのみをウエイターがサービスしてくれる。

街中のホテルとしてはなかなか粋なホテルだ。
清潔感のあるのもいい。

客室はどうなっているのだろうか。
ちょっと気になる。
今度泊まってみようかな。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2019年2月 2日 (土)

デパートのセレクト食材のネット通販

週に1回、ISETAN DOOR から4〜5千円分の冷凍、冷蔵された肉、野菜等の食材が届く。

今週は「金谷HOTERUベーカリーのロイヤルブレッド」
「手間なし便利野菜を加えてごま和えの素」とか、
食材にはそれぞれちょっとしたレシピも付いている。

「Kit2人前/チキンのクリスビーフライ」には
Side として 生ペイネのナポリタン風炒め との野菜も添えられている。
「ご準備いただくもの
調理器具 フライパン
調味料 小麦粉」
なんて書かれている。

D7af4b890c07402b80d79a0234c404ef

先週は「梅の実ひじき」が届いた。
ひじきに「太宰府の梅の実」を和えてある。
ご飯にのせて食べるとメチャ美味かった。

「梅の実ひじき」なんて食べたこともなかった。

日本にはわさび、山椒、梅の実、七味唐辛子なんて不思議な調味料がある。
先人の知恵に感心する。

ISETAN DOORでは、それぞれの週の旬の野菜とか、セレクトされた商品の中から、有料の食材9品、無料の食材3品選んで、ネットで注文するようになっている。
スーパーで買っていると、どうしても毎回の食材がパターン化してくるが、
こうした買い方をすると
「梅の実ひじき」のように意外と美味しい食べ物、知らなかった料理法を見つけるといった意外性な効果もあるようだ。
面白い。

「デパートの信頼性」をベースにした
セレクト野菜のネット通販という新しいネットビジネスを開拓したといえそうだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2019年1月31日 (木)

抹茶とブログ

古くからあるお茶やさんが、茶畑の中に建つ立派なお屋敷の庭の一角にカフェを建てた。
カフェは旧青梅街道からちょっと入ったところにあるが、細い路を走った先にあるのでメチャわかりにくい。

前回友人に連れてきてもらったので、すぐにわかるだろうと思ったが、
なんのなんの、ナビの電話番号検索でも、お店の名称で検索しても出てこない。
仕方なく住所を入れて、やっと辿り着いた。

立派な塀と門があるから、ここだとわかるが、とてもカフェとは思えない、
お寺かなと思える門構えだ。
「cafe de 幸右衛門」

カフェは最近建てられたのだろう、真新しい木の壁、天井、テーブル、椅子、そしてジャズのBGMが心地よい。

D5f2073b68c049b3868257056477fe52


昼食時間だったが、
私はあまり昼食は食べないので、
抹茶とお菓子のセットにした。

お茶を飲みながらこのブログを書いている。

1人で来ている女性も何人かいた。

リタイアしたら、こんな生活もいいな。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2019年1月21日 (月)

鉄道車両の置かれたブック&ステーショナリーカフェ

池袋駅近くのMARUZEN ビルの1階、「ブック&ステーショナリーカフェ ほんのひととき」 で昼食した。
サンドイッチとコーヒーで丁度1000円。

1階部分は吹き抜けになっていて、
洒落たテーブルと椅子が置かれている。

窓際と壁には、黄色い西武線の車両、赤い横縞の東急電鉄、真っ赤な京浜急行の車両の運転席部分が2mほどの幅で切りとられ、展示されている。
ちょっとびっくりした。
でも面白い!

西武鉄道2000系 西武鉄道所沢車両工場で製造 1992年登場・・・
等の説明の書かれた小さなパネルが添えられている。

F986e29109ca4ed898828a4e825c6a97


欧米的な感覚からいえば、展示されるのは彫刻であり、絵画だろうが、
ここMARUZENビルには日常生活の一部分が切り取られて、壁を飾っている。

こうしたことは日本特有の文化だろう。

鉄道オタクが相当な数いることは知っているが、
その人たち向けのカフエというのではなく、
鉄道に殆ど興味のない私から見ても面白い。

面白いという基準で見るのか、
宗教的信仰の対象として見るのかで、
これほどに建築空間・カフェのあり方が変わるというわけだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2019年1月15日 (火)

タジン鍋で料理

その昔、もう随分前だ。

そごうデパートの食器売り場を歩いていたら、真っ赤な可愛らしい三角形のフタのある食器を売っ見つけた。
カープレッドじゃないか。
Emile Henry Franceと書かれている。
フランス製のタジン鍋。

54d8c492b88140bc83b34e5ec33c5b95

モロッコの水の少ない国で使われているらしいが
野菜や肉を鍋に入れ蓋し、蒸せば温野菜ができるのだという。

私はどうも生野菜のサラダは好きになれない。
そんな私にピッタリじゃないかと買ってきたが、
数回料理しただけで、何故かその後料理することもなく、上の方の棚にしまいこんでしまっていた。

まあそんなことはどっちでもいい。
早速、タジン料理レシピを見ながら、久しぶりに作ってみることにした。

塩と胡椒を鍋の底にパラパラとまき、
ジャガイモ、玉ねぎ、ブロッコリー、人参、椎茸を入れ、その上にシャブシャブ用豚肉を乗せて、蒸す。
水はいれず、野菜がもつ水分だけで料理する。
10分ほどで出来上がり。
オリーブ油と塩をかけて食べた。
なかなか洒落た味だ。
醤油をかけても美味い。

何もしていないから料理とはいえない?

この簡単さ、
高齢者、若者の単身者には最高だろう。
教えてあげよう。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年12月30日 (日)

日本人はそれが楽しいのだから可笑しい

久しぶりに銀座に出た。

承知してはいたが、あまりの人混みにうんざりした。
それもほとんどが東洋系外国人だ。
訪日外国人は前期
1600万人近いから、年間では確実に3千万人は越えそうだ。
これである時何かの拍子に、日本の街からパッと外国人が消えたら、日本はどうなってしまうんだろうなんて想いにかられたりする。

銀座三越もご多分にもれず凄まじいい数の外国人で溢れているが、上の階に行くにつれ、激減している。
レストラン階になるとお客は疎らだ。

12階の「天ぷら ひさご」に入った。
私が入った時は外国人客は1人もいなかった。
テーブル席も空いていたが、天ぷらは揚げたてを食べるに如かずだ。
カウンター席に座り、コースと日本酒を注文した。
天ぷらはカウンター席の方がテーブル席より値段が高いというのも全く日本的なサービスによるのだろう。
面白い。

私は天ぷらはさして好きではないが、滅多に外食しない妻が食べたいというのだから仕方がない。歳をとってからは何事も「婦唱夫随」だ。

鮟鱇の天ぷらなんて初めて食べたが、そんなに美味いもんではない。
ネギは下仁田ネギ。太くて甘いのだという。
ワカサギは小さな足がついて、敷紙の上に浮かせて出される。
「頭からお食べください」という。
イタさんの薀蓄を聴きながら食事する。
こんな面倒くさい食事なんて、外国人は嫌だろうなと思えてくる。
日本人はそれが楽しいのだから可笑しい。

5380bf062257413ea071ba2cbc985d76


たまにはこんな食事もいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年12月28日 (金)

大きな大根と市民農園

妻と娘が実家近くの農家の畑を市民農園として借りた。

私自身はそんな面倒くさい事はまっぴらゴメンだが、
妻は昔市民農園を借りて野菜を作っていたとのことだ。
子供達は畑仕事を手伝ったたことで、嫌いだった野菜が好きになったのだという。
そんなことがあったとは全く知らなかった。
娘は大学の造園出身とあって、是非やりたいのだという。

申し込んでから、5年も待ったのだという。

所有者の農家のお婆さんから、別れ際、畑に植わっていた大きな大根をいただいた。

見たこともない大きな大根だ。
お店で売るには大きすぎて売りものにならないのだという。
太さ11cmくらい、長さは52cmくらいもある。
iPad 5sがやけに小さく見える。

A7d658cb8046495081d403f3de09a704

早速野菜サラダにして食べたが、素晴らしく美味い。
新鮮な野菜は美味いということのようだ。

「おでん」にしたら美味そうだ。

楽しみだ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年12月18日 (火)

手作り日替わりランチ

金座街を北に上がったところに、地下駐車場に入る斜路の上にレストラン「リーブル Libre de cafeteria」がある。
道路から半階分上がっているので、ちょっとわかりにくい。
斜路の両脇には赤い大きな植木鉢が置かれている。
広島らしい。

0a4d25c9ec064ee09f91314edf6d5dd7
中に入ると、白い壁と黒い天井、
小さなショーケースにはコーヒーカップと小さな赤いライオンと豚の置物が入ったショーケースが置かれている。
ガレのようなスタンドがカウンター席の前に置かれ、
椅子席にはソファも置かれている。
なかなか洒落ている。

ウオッシュレットのトイレも綺麗なのもいい。

この日は入ったのも遅かったので、日替わりランチは終わってしまっていたので、
鍋焼きそばを注文した。
600円。
味はちょっと濃いめだったが、美味い。

先日食べた手作りが売りの日替わりランチは家庭料理風で、美味しかった。

働いているのは皆女性だ。
経営者は主婦だろうか、夜の営業はしないという。
お客も女性が多い。

こんなお店は珍しい。
東京ではちょっと考えられない。
広島にはある。

これも「1億 女性活躍社会」の表れ?

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31