広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

グルメ・クッキング

2018年5月24日 (木)

牡蠣のための日本酒&牡蠣の燻製缶詰!

新潟に住む友人から「牡蠣のための日本酒」をいただいた。

エーッ、何それ。

瓶には、牡蠣の絵の下に

「 IMA
JAPANESE PURE RICE SAKE
fore pairing with OYSTERS

裏には
牡蠣のための日本酒
甘酸っぱく ジューシーなこのお酒は牡蠣の味にマッチし、栄養を体に摂りこみやすくするリンゴ酸が多く含まれています」

とプリントされている。

ご丁寧に、肴にと
「かき 燻製油つけ」の缶詰までいただいた。

6dd2f242ba054bb3b6b4a1ebc2a8368b


広島といえば牡蠣ということで、
わざわざ私に送ってくれたようだが、
残念ながら、
お酒のメーカーは新潟の「今代司酒造株式会社」
牡蠣の燻製の缶詰は京都の「竹中罐詰株式会社」だ。

早速味わってみた。

ウン、美味い!
牡蠣の燻製が意外と美味い。

一般的に、女性はワインが好きだが、
そんな女性に、ワインのような感じで、飲んで欲しいということで、作ったらしい。
体にもいいというのなら、私にもいいということだ。

こんなお酒の作り方、売り方があったのかと、感心した。

広島の酒造メーカーと牡蠣の生産者が一緒になって、
こうした取り組みをすれば、面白い特産品ができるかもしれない。

期待したい。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年5月22日 (火)

土用はどぜうの日!

浅草寺雷門から歩いて10分ほどのところに「駒形 どぜう」はある。

周辺の建物は全てが高層のビルになっているのに、そこだけが古い木造2階建ての建物として残っている。
200年の歴史があるという「どぜうなべ」は、初代が縁起のいい奇数文字の「どぜう」にしたのだという。
角にある柳の木は「柳の下の2匹目のどぜう」のことわざに因んで植えられたのだという。

D4c45ad5575649c99ec611b3be4ccd6f


1階は昔ながらの畳の広間に座卓が置かれ、座布団に座る。
妻は座るのは苦手だというので、地階のテーブル席にした。

「駒形どぜう」の看板料理「どぜうなべ」は1800円。
木の箱に入った鉄製の火鉢に、深さ5m/mほどの鉄鍋に下ごしらえされた4〜5cmの小さなどじょうが綺麗に並んでいる。
備長炭の炭を使っているという。
そのどじぜうなべに細かく切ったネギを山盛りにして、汁を注ぎ、唐辛子、山椒を振りかけて食べる。
頭はないが、骨、内臓は残っている。
骨があるとは全く感じない。

46ee7cea637343be9549bd0b7d55791d


「どぜうは気持ち悪い」という妻は「どぜう さきなべ」を注文した。1850円。
骨、頭、内臓も取ってある。

そんな妻も「美味しい!」
といって、残さず食べた。

駒形のどぜうは亡くなった兄に、
「どぜうなべはこうして食べるんだ」といって、ご馳走になったことがある。
兄は、子供の頃、浅草寺境内にある伝法院の幼稚園に通ったことを自慢にしていた。

私も浅草雷門の生まれではあるが、その頃の記憶は全くはない。
それでも、懐かしさを感じるから可笑しい。
生まれた場の空気がDNAとして、体の中に残っているのだろうか?


「どぜうなべ」
外人らしきお客は1人もみかけなかった。

「どぜう」は欧米にもいることはいるらしいが、食べる習慣は全くないのだろう。

ドジョウの栄養価は凄く高いらしい。
http://www.suikei.co.jp/gyoshoku/%E3%80%90%E6%A0%84%E9%A4%8A%E4%BE%A1%E3%81%AF%E3%82%A6%E3%83%8A%E3%82%AE%E3%81%AB%E5%8C%B9%E6%95%B5%E3%80%91%E5%A4%8F%E3%83%90%E3%83%86%E3%81%AB%E3%83%89%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%82%A6/


最近は絶滅危惧種にも指定された鰻の蒲焼きはメチャ高く、食べるの難しなった。
どぜうは鰻並みの栄養価があるようだし、
骨もたべれば、当然もっと高いようだ。
価格も鰻の半額程度だという。
ヘルシーで女性にもお勧めだという。
養殖も簡単そうだ。

土用の丑の日は「どぜうの日」としたらいい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年5月18日 (金)

「無名品」の庖丁で料理 美味しい!

妻につきあって浅草「かっぱ橋道具街」にいった。
いやー、すごい数のお店が並んでいる。
こんなにも同じようなお店が並んでいて、よく商売が成り立つと感心する。
だから商売が成り立つというのも、面白い。

地下鉄銀座線田原町駅をおりて、すぐの交差点を北に曲がると、ずらっと並んでいる。
その数約150店、長さ800mにもなるという。

鍋、釜、庖丁、業務用冷蔵庫、食器・・・
倉庫がそのままお店になったという感じのお店が並んいるが、
安いというだけでなく、その高い専門性、品数、そして在庫が凄いのだという。
ここにくれば、すぐにレストラン、飲食店が開けるほどの道具が揃うのだという。

庖丁の専門店「釜浅商店」に入った。
黒と白を基調にした店内の壁に並ぶ包丁は、なにか芸術作品が展示されているようだ。

お店の真ん中に置かれたカウンターでは、外人のカップルに、店の女性が、熱心に英語で説明している。
「外人さんはネットで調べて、何を買うか、決めて来られますので、必ず買ってくれます。
日本人のお客さんはほとんどとおりすぎていきます。
中国人はほとんど来ません。料理しないのでしょう」
といっていた。

66dbd438abde42eb8877d269dbfd80fb


妻が回転式棚に並んだ庖丁を手に取り、
「これが欲しいですけど」というと、奥から鋼、ステンレスの包丁、それに波紋の入った3本の庖丁を持ってきて、色々説明してくれた。

「庖丁には様々な産地があります。

和庖丁の大阪堺市、生産量日本一の岐阜の関、福井の武生など、それぞれの産地にはそれぞれの歴史・特色があります。
・・・・・」

買った菜切り庖丁は福井武生の製品だという。


「まな板の上で、切ってから、包丁をすべらすと刃こぼれを起こします。
ステンレスでも錆びます。
食器洗浄機では洗浄液の化学反応で錆が発生しやすくなりますし、周りの接触して刃が欠ける恐れがあります。
時々きちんと研ぐ必要もあります。
持ってきていただければ、こちらで研ぎます」
とのことであった。

あとでHPをみると、
「さまざまな産地からセレクト」
「料理庖丁づくりには多くの工程があり、その工程ごとに職人が丹念に仕事をします。

庖丁づくりに携わる多くの職人や産地に敬意を払い、私たちが扱う庖丁は出来たままの状態、つまり「無名品」としてお届けしています」
と書かれていた。

無印良品というのはよく聞くが「無名品」とは初めて聞いた。
箱には「匠 本鍛造 御料理庖丁」と書かれているが、庖丁には何も書かれていない。
箱の中の小さな紙が入っていて、
「釜浅商店」
書かれているだけだ。
いかにも日本の商品らしい。
日本には、古来、欧米のように、個人の名前をつけるという文化はあまりない。

ネット時代になっても、こうして手にとって、蘊蓄を聞いて、買う文化の大切さ、楽しさを改めて感じた。

ついでに釜浅商店著、PHP発行の
「料理道具案内」良い道具には「理 ことわり」がある、
1,800円を買った。
魚の種類ごとに専用庖丁があり、フグにはフグ引、鱧には鱧切・・とあり、
刺身庖丁も、関西では白身魚をよく食べるので先の尖った柳刃をつかうが、
関東では赤身文化なので、先の尖っていない蛸引を使う、
とかのことが、図、写真入り書かれている。

帰宅して、早速その包丁を使って料理した妻は
「よく切れる!
何か料理した食べ物が美味しく感じる」
と感動していた。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年5月16日 (水)

西郷どんが愛した薩摩の味

いつもは東京の地場の「深川弁当」とかを買っていたが、
たまには他の駅弁にもトライしてみようと、
東京駅の中央通りの全国の駅弁を200種類以上集めた「駅弁屋 祭」に入った。

凄い混み方だ。

入ってすぐのところに
「西郷どんが愛した薩摩の味
黒豚角煮弁当」1080円、
と書かれた駅弁が置かれていた。


西郷さんが愛した角煮?

鹿児島の郷土料理として「とんこつ」があるようだが、
その頃に「角煮」なんてあったんだろうか。

今、NHKの大河ドラマで「西郷どん」の人気は高い。
黒い「掛け紙」のデザインも洒落ている。

0c69dbac60bb43649d046c3e79af2b39


車窓からの景色を眺めながら、ゆったりと駅弁を食べる。
何か特別に美味しく感じるから、可笑しい。

駅弁を包んでいる紙を「掛け紙」もいい。
それのデザインを専門にするデザイナーもいるとのことだ。

「西郷どんが愛した薩摩の味」
というコピーも上手い。

駅弁には色々な楽しみ方があることを知った。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


下級武士だから、テレビに出てくる西郷家の食事は質素ですよね。
ご馳走は、鰻の蒲焼くらいですね。
池田湖の巨大鰻は有名ですから、もしかしたら鰻の蒲焼の方が、薩摩味かもですね。

投稿: やんじ | 2018年5月16日 (水) 11時00分


やんじさま

とんこつはその頃からあったようですね。
とんこつは味噌と黒砂糖と芋焼酎でじっくりと煮込むそうです。
西郷さんは好きだったともいわれているようですね。

池田湖の巨大鰻も有名ですね。
あんなに大きいと、ちょっと美味しそうには見えませんね。

投稿: 元安川 | 2018年5月16日 (水) 13時04分

2018年5月 4日 (金)

美味い! 石のホットプレートで焼肉

我が家でもテーブルを囲んで焼肉をすることはよくある。

「こんなプレートで焼肉をしたら、美味しく感じない?」
と妻が、古い日経新聞を持ってきた。
2月10日付の日経新聞の土曜特集プラス1でホットプレートのランキングで、
プリンセスの製品、テーブルグリル・ストーンが1位になっている。

竹の台座に石板のようなプレートが乗っている。
石の上で焼いているような感がある。
和風のデザインも洒落ている。

妻は料理が大好きだが、
それにしても3ヶ月も前の古い新聞を保存していたとは、
ちょっと驚いた。

HPを読むと
「プレートはアルミダイキャストにセラミックマーブルコーティングを施してあります」
とのことだ。
http://princess-jp.com/product
プリンセスはオランダのメーカーのようだ。

プレートの大きさは 56 x 25.5 x 4.4 cm
と、意外と大きい。
これなら長テーブルの端に座った人も取りやすそうだ。

即Amazonで注文した。
今まで使っていた丸いホットプレートは娘が欲しいと持っていった。

翌日には届いたので、夕食は焼肉となった。

デザインが気に入って買ったが、
実際に使ってみると、なんと、焼肉がビックリするほど美味い!

焼肉は、炭の直火で焼くのが、肉がしっとりとして一番美味いが、
電気で熱した鉄板で焼く肉は何故かパサパサで不味くなる。
それが、このプレートで焼いた肉は、しっとりとし、甘くもなっているように感じる。
その秘密はどこにあるのだろうか?
セラミックのコーティングにあるのだろうか?
不思議だ。
キャベツ、カボチャ、タマネギetc.の野菜も美味い。

Da53f7e230074ab8b2225eefce61ca20


「夕食は、たまにはこれでいいわね」
と妻はいう。
これなら「鍋」より簡単だ。

こうした料理用機器はあれこれ購入するが、
滅多に使われることもなく、しまいこまれている機器が殆どだ。

竹製のだいざというのも洒落ている。
これは、テーブル傍の食器棚に置いても絵になりそうだ。


元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年5月 2日 (水)

温もりのあるフランス料理のレストラン

本通りから北にちょっと入ったところにあるフレンチのレストランLa missionでランチ。

フレンチというからかなり高いと思っていたが、
肉or魚
フランスパン
シェフの手作りケーキ
コーヒー
と、極めてシンプルなランチで1300円。
美味い。

テーブルの上にはピンクのカーネーション置かれ、棚の上には白い花が飾られている。
ちょっとシャンソン風のBGM、
小柄の女性のキリッとしたサービスも心地よい。

満席。
お客は中年の女性ばかり、
男は私ともう1人だけ。

ワインの棚に「ケーキお持ち帰りご用意致します」と書かれた紙がかけられていた。
ちょっと不思議に思ったが、
ケーキはオーナーシェフの手作りだからということのようだ。

間口が2mもない。
お店の前は数え切れないほどに通っているが、
こんな洒落たレストランがあるとは気づかなかった。
チェーン店にはない味わいがある。

670ccfc87dfe43139a94b0c8fd2753f1

「食べログ」のポイントは3.04と低いが、
ポイントの方がおかしい。

次は誰と来ようかな。
ディナーは予約が必要だという。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年4月24日 (火)

アンデルセンファームのワイン

友人から頂いたアンデルセンファーム 2014年製造のワインがでてきた。
大切にと仕舞い込んでいたのだ。

「志」は赤、
「幸」は白だ。

F3fee228ef6d43889f80bd96a2a496ce

アンデルセンがパンを作るだけでなく、その前のプロセスもきちんと理解して、パンを作ろうとの思いから、北広島町で農場を始めたというのは知っていたが、
ワインも作っているとは知らなかった。

HPを読むと
「アンデルセンファームはアンデルセングループの農業分野への新たなチャレンジとして、2005年10月14日に設立されました。広島県北広島町から借り受けた10.4ヘクタールの土地で、デンマークをお手本にした「土から食卓まで」のトータルストーリーのもと、パンのある食卓に役立つ農作物を育て、加工しています。

オーガニック(有機)栽培をめざし、果実栽培に適した土づくり、品種の選定、栽培方法の検討を行いながら、ぶどうとリンゴを栽培。2010年には初収穫を迎え、リンゴは広島アンデルセンでパン、洋菓子、ジャム、ソースに、ぶどうはワイナリー奥出雲葡萄園様に醸造をお願いし、2011年3月に念願のファーストヴィンテージワイン「志」170本を販売、即日完売しました。

その名「幸(さいわい)」は、お客様の暮らしのお役に立ちたいと願うアンデルセンの「志」が、お客様の食卓に、暮らしに、パンのある「幸」をもたらすようにとの思いを込めて名づけられました。」

アンデルセンはレストランも経営している。
従業員も皆しっかりしている。

東京ではワインを飲みながら、パンを食べるという「ワインバー+パン」のお店も生まれているという。

アンデルセンはユニークな組織、
株式会社アンデルセン・パン生活文化研究所も持っている。

企業に「志」がある故に、色々なアイデアが生まれ、新しいビジネスが生まれてくるのだろう。

広島生まれの企業、
アンデルセンからどんな「モノ・コト」が生まれてくるのか、
楽しみだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年4月22日 (日)

バースデイランチ

サンマルクから誕生日のランチサービスのハガキが届いた。
ランチのコース2,500円が2,000円だという。

娘の家の近くのベーカリーレストランサンマルクに娘たちと一緒に出かけた。
本通りにあるサンマルクカフェの姉妹店とのことだが、
ベーカリーレストランサンマルクは南区のゆめタウンにも1店あるようだ。
https://www.saint-marc-hd.com/b/saintmarc/info/192/?brand_type=R


何年ぶりだろう、このお店に来たのは。
確か以前はサンマルクと言っていたはずだが、
名称もベーカリーレストラン サンマルクに変わっている。
店内も少しリノベーションされ、綺麗になっている。

ハガキを見せると、
Happy Birthdayとプリントされたランチョンマットが敷かれ、
細く、高いグラスの真ん中に立つ赤いローソクが置かれた。

食べ放題だという、店内で焼かられた小さなパンが次々とサービスされる。
ドリンクバー、
ポタージュスープ、
野菜サラダ、
若鶏と彩り野菜のグリル
アイスクリームのデザートのお皿にはチョコレートで Happy birthday と書かれている。
どれも美味しい。

一コマ一コマが洒落てる。

E72f34822005462784660e039de6b578


誕生日おめでとう?
無事今日まで生きてこられ、
こうしてお祝いできることに、改めて感謝すべきなのだろう。

それに娘が支払いをしてくれたし。

ありがとうございました 😊

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年4月 6日 (金)

デパ地下のコーヒー豆売り場とイートイン

先日、デパ地下に食品売り場に新しくコーヒー豆売り場設けられた。
どの豆にしようかなとみていたら、
「どうぞ」とアイスコーヒーを勧められた。
飲んでみたら思いのほかうまかったので、そのインドネシア産 グヌンブラウ100g 700円という豆を買った。

売り場のすぐ脇には、7〜8席のカウンターのイートインコーナーが設けられている。
コーヒー1杯 400円だからかなりの値段だ。

76d3c9ba61174bc0bd913d91af09a25c


最近、デパ地下のお酒の売り場の脇には、5〜6席のイートインのコーナーが設けられていたり、
お茶、寿司、ピザのイートインのコーナーが設けられていたりするのをあちこちで見かけるようになった。

その最たるのはファミマのイートインコーナーだろう。
売り場の広さと同じくらいのイートインのスペースがあることもあるし、
2階がイートイン専用になっているところもある。

食品という「物」の売り場が、イートインという「事」の売り場と一体になったのだ。
複合化したというわけだ。

そういえば、ブックカフェなんていうのもある。
コーヒーは様々に姿を変えて現れる。

所得が高くなるほど、食料費の割合が低くなるという「エンゲル係数」という法則があるが、
戦後ずっと下がり続けていたエンゲル係数が逆に高くなりつつあるという。

食物に困っているという話は聞かない。

どうも飲食の形がこのように多様化し、高級化、遊び化することで、
より贅沢になったことによるのではないかと思われる。

なにしろ今は如何に断捨離するかに悩む時代だ。

蛇足だが、
英語 eat in は「家で食べる」という意味だとのことだという。
「イートイン」はまったくの和製英語というだから面白い。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


昔は、珈琲は喫茶店の儲けのメインでしたが、安い缶コーヒーがでてからは、珈琲の地位は下がり続けましたね。
珈琲専門の喫茶店は、今は増え続けていますし、その場で焙煎しながら販売と喫茶をやる店も増えてますね。
100gで700円とは、高級な豆ですね。でも、珈琲は高級志向になっていますから、普通なのかも。
コンビニでも500円コーヒーが販売されていますしね。

投稿: やんじ | 2018年4月 6日 (金) 12時15分


やんじさま

学生の頃、
コーヒー1杯とラーメンの値段が同じくらいで、
コーヒーを飲みながら延々議論し続け、昼食は無し、
なんて生活をしていたのが、思い出されます。

投稿: 元安川 | 2018年4月 6日 (金) 16時27分

2018年3月13日 (火)

納豆は認知症にもいい!

妻が、「もうこれだけしか残ってなかった」
といって、納豆を2包買ってきた。

最近のテレビは「たけしの家庭の医学」とか、やたら健康・医療に関する番組が多いが、それもクイズ形式でやっるからつい見てしまう。

先日は、発酵食品の納豆には最高レベルの効能効果のあると、
その効果と食べ方について放送していたと、
納豆なら安いし、医者にかかるよりいいと買ってきたのだという。

2937037df1c247b6891173e5b31e9c6f

・納豆独自のナットウキナーゼは高血圧にもいいので、心筋梗塞、脳梗塞の予防にもなる。 免疫機能を高めるので、ガン予防にもなる。
・イソフラボンは更年期障害や骨粗鬆症の予防にもなる。
・レシチンは認知症にもいい。

しかし、その効能をきちんと発揮するには、
醤油をかける前に50回以上かき回した方がいい。
温めるとその効果は減ってしまうから、ご飯は冷たい方がいい。
大きな豆の納豆より、細くなった引き割り納豆の方がいい。


という。


もう何年も前になるが、
友人の1人は、食事のとき必ず納豆を食べていたので、
随分納豆が好きな人だなと思っていたが、
そうではなく、彼は血圧が高く、糖尿病の気もあったので、
その予防にと納豆を一生懸命食べていたということが初めてわかった。

食べ物には、それぞれ固有の効能があるということで「医食同源」という言葉があるが、
納豆には、こんなに凄い効能があるとは知らなかった。

冷凍して保存してもいいのだという。

納豆は醤油、Ajino Moto に次ぐクールジャパンを代表する食べ物になりそうだな。

残念ながら、
オーストラリア人の息子の嫁さんは納豆は食べられないといってた。
納豆は外人にはもっとも苦手な食べ物らしい。

発酵食品がいいというなら、
味噌にも、なにか凄い効能がありそうだな。
「ぬか漬け」なんてのも凄いらしい。
「梅干し」なんてのもある。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


最近は、腸内環境を整えることで免疫力があがると言われてますね。
料理には、いろいろな調理方法がありますが、発酵食品を考えた人は凄いなと思います。
私も、味噌汁や納豆やヨーグルトを摂るようにしています。
発酵といえば、日本酒も腸には良いのでしょうかね?(笑)

投稿: やんじ | 2018年3月19日 (月) 10時05分


やんじさま

赤ワインが体にいいということで、飲む人は多いですね。
日本酒も当然いいと思いますが、
それも飲みすぎなければ、といいということでしょうね。
わかっちゃいるけど、やめられない、
というのが困ったところですね。

投稿: 元安川 | 2018年3月19日 (月) 13時27分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年5月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31