広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

アニメ・コミック

2016年7月27日 (水)

乙女ロード←女性活躍社会

池袋駅のサンシャイン60に接する東池袋中央公園から中池袋公園までの約200mの間を乙女ロードというらしい。

秋葉原が男性おたくの街になっていったことで、
女性を対象としたアニメグッズや同人誌などを扱う店が密集するようになって女性おたくの街「乙女ロード」といわれるようになったという。
「腐女子の聖地」ともいわれるらしい。
腐女子と書いて「ふじょし」と読むのだという。

サンシャイン60の道を隔てた西側には何軒もの女性おたくのお店が軒を連ね、
8階建てのビル1つが、そっくり女性おたくのお店になっていたりもする。
地下に降りる階段の鉄扉を開けて入るお店もある。
コスプレの衣装や小物、ウィッグを扱うお店も何軒かある。
「お手軽価格で高クオリティ撮影セットが使えちゃう」なんて書かれている。
コンセプトカフェ「animate cafe」なんてのもある。
面白ろそうだが、男だけでは、ちょっと気がひける。

お店の前には買い取りをも申し込んだのだろう若い女性が何人も立っている。

広島にもある「コミックとらのあな」も、
ここでは、男性向けを扱う「池袋店A」と、女性向けを扱う「池袋店B」わかれたというが、
どこにあるかわからなかった。

Image

竹下通りの若者のファション・ブティックの街に始まり、
巣鴨地蔵通りのおばあちゃんの原宿、
秋葉原の男性おたく街、
そして今度は池袋の「乙女ロード」だという。

これはいわゆる集積効果というのだろうが、
極めて計画的に造られたショッピングセンターより、こうした自然発生的な街の方がはるかに面白い。

秋葉原は、インバウンドの拠点になっているが、
ここ池袋の乙女ロードもいずれそうなるのだろう。

乙女ロード、
これも女性活躍社会が創りだした日本の文化なのだろう。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


広島にも骨董通りというのがありますが、再開発で活気が無くなているように感じます。
同じ目的を持った人が集まれる、それをターゲットにした商売が成り立つのはいいですね。
ところで今でも親不孝通りはあるのでしょうか?

投稿: やんじ | 2016年7月27日 (水) 14時45分


やんじ様

東京に住む友人に聞きましたが、
「親不孝通り? 知らないなー」
といっていました。
東京の変化はあまりに早く、新しいことに追いついていくのに、精一杯のようです。

投稿: 元安川 | 2016年7月27日 (水) 18時31分

2016年1月13日 (水)

キャラクターストリート

東京駅八重洲口地下街にユーミン、妖怪ウオッチ、キテイちゃん、ウルトラマン、ポケモン・・・
ジャンプショップもある
様々のキャラクターキャラクターグッズの専門店並んでいる。
どんぐり共和国 ?
何かと思えばスタジオジブリのキャラクターグッズのお店だ。
フジテレビ、NHKのオフィシャルショップもある。
歌舞伎座もお店を出している。

面白いコンセプトのまちづくりだ。

Image


キャラクターストリートと書かれている。
休日の朝10時頃だというのに、凄い混雑だ。
若者や子供だけではなく、お年寄りもいる。

集積効果というのだろうが
それにしてもこれだけ集まると壮観だ。

今現在24店舗あるようだが、
その他にもキャラクターはいくらでもある。
鉄腕アトム、ゲゲゲの鬼太郎、釣りバカ日誌、劇団四季・・・・
まだまだ増える余地はある。

本通りにもジャンプショップができ、
本通りの大手町地区にはキャラクターグッズの専門店もできている。
亀仙人らの「コスプレ」と連携したら面白い。
いずれ広島にも、こんなキャラクターストリートができたら面白い!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ここは大好きな場所です。
雨でも時間が無くてものぞくことができます。
日曜の午後は大混雑ですが、
楽しいところです。

以前、イベント広場で期間限定で
ミッフィーグッズが来ていました。
常設を望んでいましたが、
先日上京した友人の情報によると、
ミッフィーショップが出来ているそうです。
いつか、
行ってみたいものです。

投稿: 緩和ケア薬剤師 | 2016年1月13日 (水) 11時30分

2015年8月 6日 (木)

週プレと「はだしのゲン」

雑誌購読アプリ「ビューン」の週刊誌「週プレ」を久しぶりに覗いた。

「週プレ」は若い男性向けの週刊誌プレイボーイのweb版だが、
普段は芸能記事やグラビアアイドル絡みの記事が多く、殆ど見ることがなかったが、
8月17日号は、被爆から70年ということで、
「大人になったらもう一度「はだしのゲン」を読もう」との特集が掲載されていた。
なかなか力の入った、読み応えのある内容の記事となっている。

Image

漫画「はだしのゲン」は、1973年雑誌「少年ジャンプ」に掲載されたそうだが、
Part 1では、その漫画「はだしのゲン」の
戦時中、「この戦争は間違っている」といった父親が「非国民」として非難され、ゲンもいじめられた実体験ベースに描いた漫画が、冒頭33ページが掲載されている。
Part 2では、解説「今こそ読み返されなければならない理由は」、
いまの社会状況が、中沢啓治氏の経験したその頃と、同じような状況にあるのではないかと指摘している。
Part 3では、解説「その時 頭上に太陽が現われた」、
原爆はどのような状況の中で生まれ、そして広島、長崎に落とされたのかを紹介している。
Part 4では、漫画「はだしのゲン」の「ピカドンのシーン」の12ページが掲載されている。Part 5では、中沢啓治先生夫人中沢ミサヨ夫人へのインタビュー記事が掲載されている。

漫画「はだしのゲン」は、
世界文化遺産としたらいい。

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


子どものころ週刊ジャンプで読みました。
当時神奈川県に住んでおり,原爆のことなど何も知らなかったので,とてもショッキングだったのを覚えています。

投稿: ふぃーゆパパ | 2015年8月 6日 (木) 16時48分


ふぃーゆパパ様

あまりに暗いからと読ませなかった親もいるようですね。
そうした人も、大人になったら、
読んで欲しい本ですね。
麻生大臣は読んだことがあるのでしょうかね?

投稿: 元安川 | 2015年8月 6日 (木) 18時36分

2015年6月 5日 (金)

ハローキティちゃんの傘

弟の赤ちゃんの2歳のお祝いにと、
妻がハローキティちゃんのキャラクター傘を買って、プレゼントした。
片方の耳には赤いリボンもついている。
可愛い!

Image


赤ちゃんの母親がハローキティちゃんを好きだとのことでプレゼントしたのだが、
http://item.rakuten.co.jp/act-co/10013669/
赤ちゃんもひどく気に入ってくれたようで、
その傘をさして、ヨチヨチ部屋の中を歩いていた。

まだ、雨の降る外を歩くのはちょっと無理かな。

キティちゃんのキャラクターはよくできている。
目と口は楕円形の丸が3つ、左右のヒゲは3本づつの線があればいい。
外側は丸でも三角でもいい。
それで、だれもがキティちゃんとわかる。

究極のシンプルさた。

ハローキティちゃんのキャラクター1つでサンリオは世界的企業になったが、
そのビジネスモデルがまたユニークだ。
サンリオはリスクを恐れず、
積極的に洋服、ファション等の海外の企業にライセンスを供与するだけでなく、
かなりのデザインの自由さも与え、柔軟に対応しているのだという。

この子供用傘もそのひとつのケースといえるのだろう。

いわばハローキティのキャラクター1つで、年間1,500億円を売り上げ、200億円近くの営業利益を上げているともいえる。

ディズニーのように厳格にそのキャラクターを占有することで成功する企業もあれば、
多種多様な企業とコラボすることで成功する企業もある。

ビジネスの世界は、
これしか成功の道はないということが「ない」のが面白い。

ふなっしー、くまモン
もそうなる???

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2015年3月24日 (火)

ジャンプとドラゴンボール

広島にも全国で10店舗目、中国地方で2店舗目、そして路面店初になるジャンプショップが出来たことは昨日も元安川さんが書かれていました。

少年ジャンプと言えば、毎週300万部を発行している日本で最も売れている漫画雑誌です。そして、その歴代の漫画の中でも圧倒的な人気を誇るのが孫悟空が主人公で亀仙人も登場するドラゴンボールです。

昨日のブログで元安川さんが「髪をなびかせ、ウワッと手を伸ばした少年」は、その主人公である孫悟空だと思いますが、ドラゴンボールの連載中の少年ジャンプの発行部数は現在の倍以上で、ギネス記録も持っています。

Photo

当時の少年ジャンプはハリーポッターシリーズで最も売れた「賢者の石」 の累積販売数を上回る部数を毎週のように発行していました。

それも、発行部数の推移をみると、ドラゴンボールのみで、現在トップの週刊漫画雑誌の発行部数を上回っていたというわけです。

ドラゴンボール連載中の少年ジャンプは週刊誌では断トツトップの売上げで2位を何倍も引き離し、書店は如何に沢山の少年ジャンプを入荷させるかを争い、殆どの書店で発売日に山積みにされた少年ジャンプが1日で売り切れていました。それが毎週続いたわけで、それはドラゴンボールが連載されていた間だけの今では神話のようなものです。

最近、行われた年代別の掲載漫画ベストスリーでも、全ての年代に入っている唯一の漫画がドラゴンボールでした。

私は鉄腕アトム世代ですが、アニメも漫画も興味はなかったので、私が今までに最初から最後まで読んだことのある連載漫画は、子ども達と一緒に見たドラゴンボールのみです。

長男がアニメのドラゴンボールを見始めたのは既にドラゴンボールZが始まっており、フリーザ編の最初の方でした。その後、子ども達は再放送も再々放送も最初から見ました。夏休みには映画「ドラゴンボール」も一緒に行きました。ステージショーなども行きました。

実は、私が子ども達と一緒にドラゴンボールを見始める前に見たのはシンガポールでした。バスに乗ると、何人もの人が同じ漫画を読んでいます。除いてみると吹き出しが日本語なのです。それがドラゴンボールという漫画でした。その後、フランス人からフランスでドラゴンボール、孫悟空そして亀仙人を知らない人はおらず、アニメも70%近い視聴率を記録していると聞きました。

既に連載が終わって十数年経ちますが、未だにアニメも映画も作り続けられており、スーパーの玩具売り場にはドラゴンボールのグッズコーナーもあり、当然ですが、ジャンプショップの看板キャラクターもドラゴンボールの悟空です。

ちなみに以前も紹介しましたが、広島の亀仙人「Master Roshi 亀仙人・Dot Pixis ピクシス司令官」はFacebookに公式に「著名人」と認定され、有名人ランキングでも佐野元春やプリンセスプリンセス、TM NETWORKあるいは田母神俊雄より上位にランクされていました。

Master Roshi 亀仙人・Dot Pixis ピクシス司令官
https://www.facebook.com/MasterRoshi.japan

ドラゴンボールZ We gotta power!(フランス語字幕)
https://www.youtube.com/watch?v=wNERmpK-Rws

ドラゴンボールZ 僕達は天使だった 影山ヒロノブ
https://www.youtube.com/watch?v=JMZ11B5qqCI

ドラゴンボールGT Blue Velvet 工藤静香
https://www.youtube.com/watch?v=EaY402hw5_Y

ドラゴンボール改 天使の羽根 AKB48
https://www.youtube.com/watch?v=OJkPCey5Be8

多言語、悟飯(日本、ブラジル、メキシコ、イタリア、スペイン、アメリカ、ドイツ、カタルーニャ、)
https://www.youtube.com/watch?v=62M3YXRoz5k

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


悟空や悟飯と一緒に育った世代です(◎´∀`)ノ
どれも懐かしい動画ですが、選曲がツーですね(*^-^)

投稿: アラサー | 2015年3月24日 (火) 06時31分


アラサーさん
息子たちと同じ年代でしょうか。
これからの世界を担う世代ですね。
現実はドラゴンボールのような奇跡は期待できませんから、皆で地道に努力するしかありません。
頑張ってください。

投稿: 工場長 | 2015年3月26日 (木) 19時58分

2015年3月23日 (月)

ジャンプショップ 本通り店

 本通りを歩いていたら、
漫画のキャラクターだろう、髪をなびかせ、ウワッと手を伸ばした少年のフィギュアが置かれていた。
かっこいい!

上を見れば、3階までの壁面に、漫画から飛び出したように、いくつかのフィギュアが張りついている。
お店の中は若い子で、溢れかえっている。

Image


キャラクターの印刷されたTシャツやキーホルダー、ステッカー、フィギュアに若者が群がっている。
奥には漫画本の棚もある。

集英社の人気漫画雑誌「週刊少年ジャンプ」シリーズの公式店舗「ジャンプショップ」だという。
5,000点の商品を揃えているという。

地元の書店「広文館」とも共催し、複製原画展もしているという。

漫画も、どんどんバーチカル化しているが、
こうしたリアルショップがあるとは!
面白い。

私にはさっぱりわからない世界だが、
看板を見てるだけでも楽しくなる。
本通りに今迄のお店とは、全く次元の違うお店ができた。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


こんな面白い看板は、ソレイユ、アルパークでは無理ですね。

投稿: 宇品灯台 | 2015年3月23日 (月) 09時34分


宇品灯台様

本通りのアーケードの上にも、こんな面白さが作れるはずですね。

投稿: 元安川 | 2015年3月23日 (月) 12時57分

2014年8月27日 (水)

妖怪ウォッチとスタンプラリー

西武球場駅で電車を降りるやいなや子供たちが、走っていく。

何事かと思えば、
改札口脇に置かれているテーブルでスタンプを押すためだ。

西武鉄道のいくつかの駅に置かれている『妖怪ウォッチ』のキャラクターのスタンプを集めると「妖怪メダル」が貰えるのだという。

任天堂の3DSゲームと、
小学館の『月刊コロコロコミック』と
『ちゃお』の連載漫画と
テレビのアニメで大人気になったのだという。
Huluでは「妖怪ウォッチ」のアニメがみられる。
ストーリーも良く出来ている。
それなりに面白い。

西武鉄道の電車には横、ガラス窓に沢山の妖怪のキャラクターが描かれている。
随分と種類は多いが、
妖怪とはいえ、どれも可愛らしい。

Image_2

水木しげるさんの漫画もそうだが、
日本の妖怪はどっか可愛らしい。

それにしても、
ゲーム、漫画、テレビアニメ、鉄道のスタンプラリー、
考えられる限りの仕掛けを総動員してブームを作っていく。

上手い!

次のクールジャパンを代表するキャラクターになりそうだ。

広島には、何時、このブームがやってくるのだろうか。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2014年6月16日 (月)

COCOちゃんの絵本

妻が銀座の書店で見つけたと「COCOちゃんの絵本」を買ってきた。

縦横15cmくらいの小さな絵本だ、
絵本といっても、大人の絵本だ。

表紙には、
赤い傘に、赤い靴を履き、赤いリボンに白いレインコートを着て、
画面から飛び出しそうに元気で歩いている女の子が描かれている。
主人公のCOCOちゃん、
ちょっとサザエさんに似ている。

Image

「さあて
おちびちゃんにとびきりのお話
聞かせてあげようか。」

「Now・・ I have
a story just for
you, my little COCO・・」

と、
一瞬の場面を、日本語と英語と絵にしている。

英語だとこんな風に言うんだ!

日本語と英語のセリフもひどくシャレている。

かわいいー!

著者は フランス人かなと思ったが、
Ryo Sakamotoさん、
れっきとした日本人だった。

アメリカ、ヨーロッパの大学で、美術、アニメを勉強したという。
感覚もどこかインタナショナルであり、
でも日本的でもある。

世界が、
毎日が、
こんな風に楽しいといいな!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


今回の東方神起のコンサートツアーのテーマもシェル・シルヴァスタイの「大きな木」でした。
子供達に読み聞かせた本ですが、童話って、大人が読んでも深い内容を持つものが多いですね。

投稿: サチ | 2014年6月16日 (月) 10時15分


サチ様

絵本、漫画、アニメ、映画・・・
現実とは違った世界を見ることができます。
最近はそれに、
You tube、ゲーム・・・
も加わってきました。
でも、
素朴な絵本の世界にはまた独特の味わいがありますね。

投稿: 元安川 | 2014年6月16日 (月) 10時42分

2013年8月28日 (水)

ユルキャラと萌えキャラと女性運転手

広電の吊り輪のバーに、
なんとも愛嬌のある表情の小さなマスコット人形があちこちにぶら下がっている。
思わずニヤッとしてしまった。
面白い!

Image_3

映画「モンスター ユニバーシティ」のPRらしい。

女子高生のカバンに付けられる飾り、マスコットのように、
ぶら下がり広告という発想がユニークで面白い。

電車にもこんな遊びがあっていい。

と思って調べてみたら、
広電には“萌えキャラ「鷹野みゆき」がいます“
と友人が教えてくれた。
http://tetsudou-musume.net/contents/special/meguri02.php

一部のマニアには知られているらしいが、
もっと大々的に宣伝したらいい。

萌えキャラ、ユルキャラ、そしてPRの仕方、
女性社員に任せたら面白いアイデアが出てくるかもしれない。
今、男とは違った発想が求められている。

そういえば、
萌えキャラのモデルも、車内放送も女性だ。
今は運転手も車掌もほとんど全て男性だが、
この際、広電の運転手と車掌はすべて女性にしたらどうだろう。

「ユルキャラと萌えキャラと女性運転手」
世界中から広電に乗りにくるかもしれない。
???

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


そう言えば「鷹野みゆき」っていましたね。
随分と前に新聞で見て以来です。
平和な時なら、ゆるキャラですが、これから軍事色が強くなると制服姿のりり(りりしい)キャラになるかも。(笑)

投稿: やんじ | 2013年8月28日 (水) 05時34分


やんじ様

リリキャラ?
うーん、
それはあんまりねー。

投稿: 元安川 | 2013年8月28日 (水) 07時55分


最近乗ってないので知りませんでした。
こういの見たら乗ってみたくなりますよ。
おっしゃるとおり,テレビや新聞に売り込んで宣伝してもらうべきでしょう。
口コミでは限りがあります。

投稿: もみじ日記 | 2013年8月28日 (水) 13時41分


もみじ日記様

新幹線等ではちょっとあり得ないことでしょうね。

投稿: 元安川 | 2013年8月28日 (水) 18時05分

2013年3月 9日 (土)

広島市まんが図書館 とはぐれ雲 

広島現代美術館にいく途中、広島市まんが図書館に寄った。
広島市まんが図書館は日本で最初の漫画図書館だという。
漫画が今のようにまだきちんと市民権を得ていないころに作られたようだ。
大した慧眼だ。
感心する。

Image

中に入ると、置かれている漫画は意外と少ない。

折角だからと私の好きなジョージ秋山の漫画を探したが見つからない。

司書の人に聞けば、「ジョージ秋山の漫画は大人向けなので、開架式のゾーンにはおいていません。
受け付けで申し込んで下さい」といわれた。

ジョージ秋山の漫画が大人向けとは思わなかった。

貸し出しを受け、
隣の現代美術館のカフェでコーヒーを飲みながら、ゆっくり読んだ。
客は私1人。
いい大人が漫画をと、ちょっと恥ずかしかった。

ジョージ秋山の浮浪雲 遊の巻

いわれてみれば確かに大人向けだ。
豊満な裸体の女性はちょっとエロチックで、
主人公の品川宿の雲助の頭 雲さんは、
女物の着物を着流し、遊び惚けている。
適当にスケベで、はたからみれば、いつもフラフラしていて、働かない。

宿場の飯炊き女と遊んでいるかと思えば、ちょつとした正義感で困っている人を助ける。
しかも仕込み棒を使っての剣術はべらぼうに強い。
悪い奴を苦もなく、やっつける。

出てくる女は皆なんとも色っぽい。

「おっ・・
新之助こんな夜更けまで勉強かね。

父上はこんな夜更けまでお遊びですか。

難しい本を読んでるんでありんすな。

父上のようになりたくありませんから。

父上を見ていると、私がしっかりしなければという気持ちになります」
というような会話が、息子と交わされる。

父から聞いた私の爺さんを見ているような感じになる。

東京で生まれ育った爺さんは、戦前は軍需産業で華々しく儲けていたようだ。
雲さんのように強くはなかったが、
金はあったから、文化人のスポンサーになったり、都々逸を唄って色街で遊んでいたらしい。

しかし日本が、戦争に負けると、一切の仕事を止めてしまった。

それからは、ウイスキーを枕に、本を読んで過ごすというなんとも優雅な生活を送っていた。
男物の下駄は重くて履きにくいからと、
お婆さん用の下駄を履いていた。

金はなかったろうと思うが、それでも3人の子供を大学にまでいかせた。

だんだん私もそんな祖父に似てきたようだ。
もっとも私には金もないし、強くもない。
似てきたのは、ブラブラしていることだけだ。
?!

続きは自宅に帰ってから読んだ。

本は区の図書館の壁に設けられている返却ボックスに返した。

図書館がもっと便利な所にあればいいのにと思うが、
返却ボックスくらい駅、シャレオに設けて欲しい。

そうなれば図書館の利用者ももっと増えるだろうに。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


広島では図書館で借りた本を公民館に返せますよね。
広島に来た時、それが凄く便利だと感激しました。
投稿: 田舎者 | 2013年3月 9日 (土) 09時18分


田舎者様

返却ボックスがもっと増えるといいですね。
でも、お金がかかるかー。

投稿: 元安川 | 2013年3月 9日 (土) 09時52分


今時どこにでもあるのはコンビニなので、コンビニに返却ポストがあればいいですね。

投稿: コンビニファン | 2013年3月 9日 (土) 14時08分


コンビニファン様

コンビニに返却する、
グッドアイデアですね。
公共料金の支払いもコンビニでできますから、
図書の返却に限らず、
図書の返却も含めたもっと包括的な業務委託契約をしたらいいですね。

投稿: 元安川 | 2013年3月 9日 (土) 15時10分

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30