広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

自動車

2019年5月21日 (火)

免許証を返納させるには・・・

近頃よく高齢者による事故が報じられている。

先日は豊島区で87歳の元通産省幹部が3歳とその母親を死亡させるという痛ましい事故があった。

アクセルとブレーキを踏み間違えたらしいのだが、

本人が否定しているので、逮捕されずにいる。

 

私は免許証はアメリカでとっているが、事故は何度も経験している。

だが、幸いなことに、人身事故は1度も起こしたことはない。

 

高速道路での居眠り運転で車を大破、

ニュートラルのまんまで放置したので車が動いてしまった、

アクセルとブレーキを踏み間違え、壁にぶつけてしまった、

街灯のなく、分離帯のある夜道で逆走してしまった、

アメリカにいるときには度々の酔っ払い運転、

交差点での無理な進入、

まあよく大ごとにならずに済んだと思うほど色々な事故を起こしている。

どれも単に運が良かっただけだ。

 

先日の日経新聞には、高齢者による死亡事故率は全年齢平均の倍以上に高いと報じられていた。

やめるに越したことはないが、

高齢者に免許証を返納させるはかなり難しいらしい。

ただ「やめたらいいよ」というのではダメで

 

『危険性を丁寧に説明する。

運転をやめた後のフォロー。

歩くことが健康にいいとかの前向きの話をする』

等かなり時間をかけての説得が必要なようだ。

 

B1570d1abe604a058c27853f024dc7ce

 

最近は、私も歳も取ったせいか、

目も耳も悪くなっているし、思い込みが激しくなって、事故を起こしやすくなっていることは確かだ。

運転する代わりに、出来るだけ歩くようにもしている。

免許証は持ってるが、実質やめたも同然になっている。

 

「お金の問題ではなく、安全が最優先だ」。

 

「無人運転」の時代はいずれ来る。

出来るだけ早く「無人運転」が可能になって欲しいと願わずにはいられない。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

シートベルトが全てのクルマに付き、エアバックも殆どのクルマに付いているのに、20年以上前からある自動ブレーキや僅かな費用で付けられる踏み間違い防止装置が未だに義務化されていないのが問題で、それを阻止してきた国交省に集団訴訟が起きてもおかしくないくらいに思います。

確かに交通死亡事故を起こす年齢は80歳以上の年代に多くなりますが、事故全体でみると保険料率を見れば分かる通り20歳前後が多く、ペダルの踏み間違いのようなトラブルも若者の方が多くなっています。

いずれにしても、毎日十数人、年間で数千人の日本人が交通事故で亡くなるという、まさに「戦争」状態です。その多くの命を救う簡単な方法があるのに、行政の動きはあまりに遅いように感じます。

2019年5月 2日 (木)

カルロス・ゴーンの大罪(3)

カルロス・ゴーンの大罪シリーズ最終回です。

カスタマーセンターをタライ回しにされた挙げ句、三日後に連絡してきたのは「お客様相談室」でした。

ちなみに、この状況は逐一購入先であるメーカー直系のディーラーに報告していましたが、営業担当も、営業所長も、縦割り組織でタライ回しにされるのは、日産の企業体質であり、これでも以前よりはマシになった方だと言います。

さて、その「お客様相談室」の担当者は「もうこれで同じことを言うのは5回目か6回目です」という私の話をひたすら聞き、当面の問題になっている「オーナー情報の変更」についての解決策を2つほど提案してきました。

私は「お客様相談室」の役割を確認した上で、当面の問題の解決より、顧客からの窓口が一本化されておらず、タライ回しにされることや、肝心な部署に顧客からWebの質問ページからしか連絡できない、というのは問題であるということを指摘しました。

それに対して担当者は「担当部署に伝えます」というばかりで、私は「あなた自身が考えて、早急に改善すべきだとは思わないのか」と聞くと「個人の意見は言えない」と言います。

これでは担当者が人間である必要はありません。AIどころか、伝えるだけなら、それこそWebのフォームで十分でしょう。今どき「お役所」でも、そんなことはありません。まさか民間企業、それも国際的な大企業で、こんなことがあるとは考えもしませんでした。

しかも、提案された一つを実行したところ、以前よりもっと悪い状況に陥ってしまいました。
そして、このことを含め、指定されたWebの質問ページからは何度も質問を繰り返していますが、返ってくるのは自動返信のメールばかりです。

日産直系のディーラーによると、こうしたことは今に始まったことでもなく、ディーラーからも改善を要望し続けていることだと言います。

カルロス・ゴーンは一体何をしてきたのでしょうか。

ただ、そんなメーカーのクルマでも、EVから他の国産車=ガソリンエンジンで走るような旧式の自動車に乗り換えようとは思いません。

10年前、小泉首相も認めた「SIM-Drive」は日本の自動車メーカーもEVでテスラとも肩を並べられる状況にあったことを示しましたが、日本の自動車メーカーは一体何をしてきたのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=HKQotrcFWlw

当時は同じレベルだったはずのテスラは既にここまで来ています。

試作車などではなく、既に売られている市販車です。
https://www.youtube.com/watch?v=tlThdr3O5Qo

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

2019年4月30日 (火)

カルロス・ゴーンの大罪(2)

カルロス・ゴーンの大罪(1)の続きです。

6週間以上かかって届いたカード情報を元に、オーナー登録をWebから行おうとすると、登録情報を入れた最後のページで、中古車の場合は、販売店に連絡するようにという警告がでます。「最初に言えよ」というところですが、仕方がないので、ディーラーに連絡しました。

ディーラーでは、担当営業が私の目の前で日産の担当部署に電話し、経緯を説明していましたが、日産の担当部署からはユーザーから直接連絡するように、の一点張りだと言います。メーカー直系のディーラーの担当営業が「顧客は目の前にいる」と言ってもダメな理由も理解できませんが、結局、帰宅して私が直接連絡することになりました。

私が連絡したのは、日産EVカスタマーセンターというところでしたが、カードについては別の部署だとか、オーナー登録については更にまた別の部署だとか、それも直接電話を回してもらえるわけではなく、その都度電話を切って、連絡を待ちます。その時間も数時間だったり、下手をすると翌日になります。

ところが、待ち時間に試行錯誤していると、オーナーとしてログインできましたが、前の所有者の情報が現れ、車検の登録番号も、以前のものが出ています。そして、それらの情報は簡単に書き換えることができます。

これでは4桁の数字さえあえば、他人のクルマでも簡単に登録できて、動かせるということにすらなります。コネクティッドカー時代に、こんなセキュリティの甘いクルマには怖くて乗れません。

Connect

百億円キャンペーンで話題になったソフトバンクのPayPayでも4桁の暗証番号がいくらでも繰り返して試行錯誤できたことから詐欺が起こり、当然、数日で対応されましたが、日産には、これを伝えても「お客様のご意見を本社の担当部署に伝える」という以上は回答は得られません。

更に、どうしても変更できない項目があったので、その点を聞いても、カスタマーセンターでは直接サポートできないので、別の部署に連絡して欲しいと言います。

ワンストップサービスは役所ですら十数年前に取り組んでいたことで、まさか民間企業、それもCMで見る限りは先進的であり、事実としても唯一EVで頑張っている国産メーカーで、こんな体制が維持されているという事実には愕然とするばかりでした。

しかも、その担当部署にはユーザーと直接連絡のとれる電話やメール、メッセージ、チャットなどの窓口はなく、Webサイトのフォームからしか連絡できない、と言います。

流石に時間だけはたっぷり余裕のある私ですが、こういう体制はいくらなんでもおかしいのではないか、と言うと、また別の部署から連絡させるということになりました。

その連絡が来たのは三日後です。

次回に続きます。

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

2019年4月28日 (日)

カルロス・ゴーンの大罪(1)

カルロス・ゴーンが犯したとされる犯罪とその対応、つまり繰り返される逮捕と長期勾留については、日本の司法や行政の体制や慣習に大きな問題を感じていましたが、それらとは全く別の理由で、私の中では、カルロス・ゴーンの評価は地に落ちました。

それは日産のEV(電気自動車)=リーフを購入したためです。

購入に至る経緯は、これまでも書いてきましたが、EVとしてはテスラと比べると次元が違うと言えるほど劣るものの、今の日本で入手できるコンパクトセダンのEVとしては現実的な選択です。ただ、新型リーフについては、二泊三日のキャンペーンとディーラーから借りての四泊五日1000キロに及ぶドライブで今の日本では航続距離は意味がないことを実感し、安い中古を買うことにしたものです。

私が買ったのは3年前に販売され、直系のディーラーが試乗用に持っていたもので、走行距離も短い上に、程度もよく、最上位グレードで、通常の整備はもちろん、車検、カーナビの更新、カーコーティング、ウィンドウコーティング、4年間の充電無料まで付いて、格安でした。

ただ、そこからが驚くことの連続でした。
それはリーフについてより、日産の企業体質でした。
カルロス・ゴーンは一体何をしてきたのでしょうか。
あるいは、日産という会社は、カルロス・ゴーンをトップにしても、どうしようもないほど腐っていたのでしょうか。

まず、驚かされたのが、EVには欠かせないはずの充電カードの発行に1ヶ月以上要した、ということでした。
今どき、この手のカードは長くて一週間、ネットに強い企業であれば、2−3日で発行されるべきものです。6年以上前の三菱自動車でも、予定が1週間であり、実際には5日くらいで届きました。日産の営業所で聞くと、以前は2ヶ月かかっており、それが5週間くらいに改善したということでしたが、我が家に届くまでには6週間以上かかりました。

EVは充電が必須ですから、本来は納車時にあってしかるべきものです。我が家には自宅に充電設備もありますし、三菱の充電カードもありますが、初めてEVを買う人はどうするのでしょうか。実際にクレームは多いようですが、それでも常識では考えられないレベルです。

次に、6週間以上かかって届いた充電カードでオーナー登録をしようと思うと、それができません。オーナー登録をすることで、クルマやカーナビとスマホが繋がり、少しでもEVのメリットを享受できますが、それができず、ここからがまた驚きの連続となります。

Nlink

それは、また次回から書きます。

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

2019年4月 8日 (月)

日産リーフ貸します

先日のブログで「自家用車の平均稼働率は4%程度、 つまり96%の自家用車は停まっている」と書きましたが、それを少しでも有効に活用しようというのが、以前にも「単に安いというだけではなく、レンタカーにはないような車種に乗れたり、遊んでいるクルマで稼ぐという可能性もあるシステム」と紹介したことのある個人間カーシェアリングです。

私が初めて個人間カーシェアリングを知ったのは既に10年前でCaFoRe(カフォレ)ですが、今回は最近最もよく見聞きするAnyca(エニカ)に、二台目のEVである日産リーフを登録してみました。

AnycaCaFaReなどに比べると、外車や高級車が多く、利用者にとっては「一度は乗ってみたいクルマ」であったり、オーナーにとっては「乗ってみて欲しい自慢のクルマ」というものが多くあり、Teslaなども登録されています。

私の登録したのは、量産のEVとしては最も実績のある日産リーフのGグレード、パールホワイトです。バッテリーは若干劣化しており、一回の充電で、一般道で条件がよければ190km、最も条件の悪いエアコン使用の高速道路で150kmくらい走り、充電カードはサービスで付けていますので、燃料費は無料です。

また、装備としては、設定した行き先の途中にある充電ポイントも表示する純正ナビには、フルセグのテレビチューナー、AM/FMのラジオチューナー、CD/DVDドライブが付き、全席シートヒーター、ハンドルヒーター、クルーズコントロール、ETC、LEDライト、バックモニター、USB充電ポート、BlueTooth、チャイルドシートなども装備しています。

残念ながら、Teslaのようにスタートボタンすらなく、無人での車庫入れ、駐車場内の無人お迎えから最も進んだ自動運転、あるいは大型モニターに映し出される炎で温まり、実際のクルマを使ってレーシングゲームをするなど異次元のEV体験はできませんが、それでも、ガソリン車では味わえないEV体験は可能です。

Anyca 

ちなみに、登録直後に利用した学生さんは24時間で1000km近く走っていたので「燃料無料」のメリットは大きかったと思います。

さらに連休にはご家族での利用にも予約が入っていますので、稼働率は結構あがりそうです。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2019年4月 6日 (土)

EVが世界を救う

EV(電気自動車)は世界を平和にします。

走る凶器とも言われるような自動車、つまり、人間が運転するという、極めて危険な自動車が公道を走ることがなくなり、交通事故で毎年亡くなる100万人以上の人の命が救われるだけではありません。

電力供給に革命を起こし、中東を中心に、石油利権の争奪戦から起きる紛争の原因を取り除きます。

日本の自動車メーカーの「自動運転」が所詮「運転支援」でしかないのは、エンジン=ガソリン等と空気から可燃性の混合気を作り、それをピストンで強く圧縮し、最適なタイミングで点火プラグの火花によって爆発させ、そのピストン運動をクランクシャフトにより回転運動に変え、更に必要な力が得られるように、複雑にギアを組みあせた変速機でトルクと速度を調節する、という極めて複雑なもの=内燃機関の自動車を前提にしていることも足を引っ張っているわけで、これが最初から回転運動で、その制御も電流量を変えるだけというモーターを前提とすれば、完全自動運転も無人車も実現はより早くなります。

そして、その実現が1年早いだけでも100万人以上の命は救えることになります。

列車が蒸気機関車から新幹線になっていったように、自動車も必ずEVが大勢を占めるようになります。

よく、EVに懐疑的な人の意見に「いくら走行時に二酸化炭素を出さなくても、その電力が石油では同じこと」というものがありますが、テスラが当初から全米に設置している多くの充電ステーションには太陽光パネルと大容量蓄電池を設置しています。

合理的思考と革新性で経済的にも世界の頂点に立つApple社は、本社や工場の電力だけでなく、全世界のビジネス活動で使う電力をすべて自然エネルギーへと転換し、それを全関連企業、取引先にまで広げていますが、こうした姿勢は全てのEVメーカーにも求められるものであり、EVの普及は脱石油社会を促進します。

今現在の電力供給システムは「電気は貯められない」ことを前提にしていますが、EVは電気を貯めて走るものであり、前述の自然エネルギー社会も、電気を貯めることが前提となります。

また、EVに否定的な人の意見に「全ての自動車がEVになれば、電力が足らなくなる」というものもありますが、それは逆です。自然エネルギーの普及は、余った電力を捨てずに貯めて、テスラがオーストラリアで証明したように、スマートグリッドによって、必要とする電力を劇的に削減し安定もさせます。

日本でいえば、自家用車の平均稼働率は4%程度、 つまり96%の自家用車は停まっているわけで、これがEVなら電力系統に繋いで、スマートグリッドの一端を担うことも可能です。

その結果、化石燃料への依存は極めて低くなり、紛争の大きな原因もなくなるわけです。

EV(電気自動車)への転換は確実に世界を平和にします。

Ev2home

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

 

広島ブログ

 

2019年4月 4日 (木)

2台目のEV

我が家に2台目のEV(電気自動車)がやってきました。車種は日産の初代リーフで初めての車検を迎える中古車です。購入を決めたのは1ヶ月以上前でしたが、決算期ということもあり、営業が納車に忙しく、中古なのに納車に時間がかかってしまいました。

そのリーフは最高グレードですが、価格は初めての車検込みで新車の三分の一以下と安く、走行距離も2万5千kmと少なく、カーナビの交換と、ボディーコーティング、ウィンドウガラスコーティング、最新の2カメラドライブレコーダーの取り付けなども行い、更に4年間無料充電まで付いてきたので、かなりお買い得でした。

我が家で最初のEVは、世界で最初の量産型EVである三菱自動車のiMiEV(アイミーブ)で、当時の我が家には、他にガソリン車とハイブリッド車もあり、EVは近所でしか使わない妻用と考えていましたが、私も、小さく取り回しが楽な上に、圧倒的にパワーがあって運転の楽なEVばかり乗るようになり、長距離ドライブにはレンタカーやカーシェアリングと割り切って、マイカーはiMiEV一台だけになっていました。

iMiEVは我が家で初めての軽自動車ですが、本当はもう少し大きなコンパクトカーが欲しかったこともあり、買った当時は補助金の関係で4年間は乗るにしても、4年後には、どのメーカーもEVを出しているはずなので、4年後には買い換えるつもりでしたが、新しいEVが出るどころか、期待していたマツダのデミオEVも姿を消し、ルノーやフィアットの小型のEVには右ハンドルがなく、iMiEVのMモデルは予想していたバッテリーの劣化も殆どなく、軽自動車も乗ってみれば市街地ではこの上なく便利であったため、そのまま6年以上が経ちました。

今、EVとして最も完成度が高いのは、何度も書いているようにテスラであり、トヨタやホンダなどの日本車にとってはもちろん、ドイツ車にとっても脅威になっていますが、何しろアメ車であり、日本で乗るには大き過ぎる上に、最も小さなモデル3は、納車が2年先か3年先か検討もつかない状況です。

そこで、今回は、初代リーフ、新型リーフで100kmほど試乗して、中古の初代リーフの後期型のGグレードを買うことにしました。

今回の決定は、単に自動車の購入ということだけでなく、シェアリングエコノミーや電力の将来なども考慮しました。また、納車までの間に新型リーフで800kmの長距離ドライブをして改めて感じたこと、更には、これまで試乗やレンタカーで何度も乗っている初代リーフですが、日常的にEVに乗るようになり、テスラなどにも試乗してきた上で、改めてリーフに感じたことなども含め、日をあらためて書きます。

Img_9131 

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

 

広島ブログ

 

2019年4月 2日 (火)

トヨタは馬で勝負する

世界でもトップを競う日本の大手自動車メーカーであるトヨタ自動車の豊田章男社長が17年ぶりに復活を遂げた「スープラ」について熱く語っています。「百年前のアメリカには1500万頭の馬がいて、それが1500万台の自動車に換わり、残っている馬は競走馬だけだ」と。

https://youtu.be/QIuiPDjoStM?t=147

そして、その1500万台のガソリン車が1500万台のEV(電気自動車)さらには、桁違いに少なくて済む自動運転のシェアリングモビリティーに置き換わるのも目前の変化です。

少し前まで、ヨーロッパでアメ車が売れるなど考えられもしませんでしたが、テスラのモデル3はヨーロッパでもかなりの勢いで売れており、「欧州高級車メーカーのEVはテスラに迫れるか」という記事にすらなっています。

さらに、2019年3月21日には、フォルクスワーゲンとダイムラー、そしてBMWというドイツの大手三社が一致した意見として「燃料電池車は普及の見込みがない」と結論付けました。

ドイツの大手三社が「バッテリー式電気自動車(BEV)しかない」としたEVを避け、あくまで「普及の見込みがない」と結論づけた燃料電池車にこだわるトヨタですが、日本では、いつまでも馬で商売できると考えているのでしょうか。

産油国ノルウェーの首都オスロでは、新車販売の77%がEV、それもプラグインハイブリッドなどは含まないピュアEV=バッテリー式電気自動車になっています。本格的なEVが登場してから10年も経っていません。しかも、当初はiMiEVやリーフなど日本車だったのですが、今やフォルクスワーゲンのe-golfやテスラのモデルSが増え、モデル3も爆発的に増えています。

ガラケーは数年でスマホになったが、ガソリン車がEVになるためには数十年かかると思っているのが今の日本のメーカーに思えますが、実際には数年で起きる変化なのです。

日本車には、人間が運転することを前提とした動力性能だけ比較しても、普通に公道を走る自動車としてはテスラのEVに敵うものは1台もありませんし、経済性や安全性を考えれば、比較にすらならないでしょう。

ただ、日本ではテスラで私の欲しい車種は当分手に入りそうにありませんので、妥協の産物として、我が家に2台目のEV(電気自動車)がやってきました。

それは日産の初代リーフですが、経緯は、また書きます。

Leaf 

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

お金持ちなんですねえ!

ついにトヨタがハイブリッド特許を無償で開放することになりましたが、何が何でもエンジンを使ったシステムにしがみつきたいのでしょうね。

お金がないから、太陽光発電で稼ぎ、燃料費もメンテナンスコストも安いEVに乗り、更に、それを貸し出して稼ぐわけです。

令子さん

ついにドイツの大手自動車メーカーも揃ってハイブリッドや燃料電池車に見切りを付けましたが、トヨタはいずれ消えていく運命にしかないエンジンにこだわり、少しでも仲間を増やして、エンジンで走る自動車の延命にやっきなのでしょうね。

かつてパソコンの世界で、Appleに破れたIBMがIBM-PCの技術を公開し、最終的にはパソコン部門を中国企業に売り渡すことになりましたが、トヨタには二の舞を演じて欲しくないですね。

2019年2月16日 (土)

バス停、バス会社の集約を!

2月12日の中国新聞に「バス停集約開始へ」という見出しで
「相生通りのバス停は、銀山町から原爆ドームにかけて23ヶ所のバス停がある。
八丁堀という名称のバス停だけでも11ヶ所ある。
利用者からわかりにくいとの声もあり、
まずは立町バス停を八丁堀バス停に集約することになった」
といったような記事が載っていた。

エッ、バス停が23ヶ所もあるの!
バスには普段滅多に乗らないからわからなかったが、
あのあたりにはやたらバス停があるとは感じていた。
皆どうやってバス停を探すのかと不思議ですらあった。

わかり易くしようとしていたら、逆にわかりにくくなってしまったということであろうか?

Ac9109b1082d4ed99be5cae8b06211d1


そもそもバス停は探すのも大変だし、時刻表を探し、時刻を確認し、遅れを計算するのも大変だ。
もっとうまく整理出来なのかなーと思っていたら、
ようやくまずは集約することから始めるということになったようだ。

広島市には8つものバス会社があるようだが、
相生通りでよく見かけるのは広電バス、広島バス、広島交通バスの3つ程度だ。
ガラガラのバスが走っているのもよく見かける。

バス停の集約は元より、
この際バス会社の集約をしたらどうだろうか。
1つにしてもいいと思うが、
集約することで、運転手、バスのやり繰りが楽になるだけなく、
バス会社の経営も楽になるのではないだろうか。

最近は少子高齢化でバスの運転手の応募も少なくなっているという。

市街地からちょっと離れると、
1日にバスが数便という地も多い。

バス会社を集約するだけでなく、
デマンドバス、自動運転のバスとかの新しいシステムの開発、
さらには宅配便に乗客を乗せる等、
利用者の利便性を高める工夫を考えて欲しい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


この記事は、取材なんてやってませんね。
バス停がわかりにくいのは、そのバス停には、どこのバスが何処を経由して何処に行くのかわかりにくいからです。
そもそも、わかりにくいと言っている人は、ほとんどバスを利用しない人ではないでしょうか。
そして、バス停には、路線番号と行き先と発着時間しか書いてません。その路線が何処を通るのかわかりませんね。
バス会社の数の問題ではないです。
同じ路線に複数のバス会社が競合することはないと思います。
経路が重なっているだけです。
紙屋町から八丁堀交差へは、宇品、吉島、江波、観音、己斐から、宮島街道から、バイパスから、185号線で横川から十日市経由、54号線経由、バスセンター発、県庁前発、メイプループそしてエキまちループの路線が通ります。そのほとんどが広島駅行きです。
ですから会社の数は関係ないと思います。
また、乗客の乗り降りも、たしかにあの様な状況はありますが、ほとんどはぼすの運転手が自分都合で停車して、歩道から離れて止まります。中には切り込みに入らず車線で停車して乗客を車道を歩かせます、雨が降っていても。そして足の悪い年配の人はよろけながら歩道から降りてます。
バスは3〜5台連ねて紙屋町交差点から来ます。今なら複数のバス停に分かれて停車しますから、来たバスにすぐに乗れます。
これを一つのバス停にしたら、そのバス停に4〜7台連ねて停車することになります。自分が乗りたいバスが目の前にありながら、順番待ちになります。複数台並んだバスは、バス停の前の交差点の手前まで連なります。その手前の交差点で一般車両は左折できなくなるか、真ん中車線から強引に左折する車もでるでしょうから、事故の可能性も高くなります。また、左折する車が並んでいたら、バスは真ん中車線に停車します。こんな状態になれば大渋滞となります。十日市方面から紙屋町交差点までの渋滞の原因になります。
実際に試行期間にもありましたし。
今回のバス停の集約では、バスの運転手だけが運転しやすくなり、乗客や周りの自動車には、迷惑なだけです。
まあ、広電が言えばなんでも通るのが広島ですから、仕方ないかもしれませんが。
広電本社前には、交通妨害の電停もできましたし。
もし、あの記事を書いた記者が、本気で取材し、試行期間にも十分に観察したなら、あんな記事は書けなかったのではと思います。
まあ、わたし個人の意見ですが。

投稿: やんじ | 2019年2月19日 (火) 21時37分


やんじさま

コメント、ありがとうございます。

そもそも利便性と安全性を両立させるというのはなかなか難しいことですね。

バスの利用客は地元の人だけでなく、観光客もいます。
そうした人たちを取り込もうとしたら、もっとわかりやすくして欲しいですね。
バスの利用客が減っている今、もっと革新的な変革が必要でしょうね。

投稿: | 2019年2月20日 (水) 09時22分

2019年2月13日 (水)

デザインは最高なのに

これまでは親のお下がりのトヨタ マークX 300Gプレミアム、プリウス 30系1.8G、三菱 コルト1.5Gを乗り継いだ息子が初めて自分で買ったクルマは「カッコよさ」を最重要視して選んだカープレッドのマツダのアクセラ(MAZDA 3)でした。

Photo

確かに魂動(SOUL of MOTION)デザインのマツダ車は、日本車の中でも群を抜いて素晴らしいデザインだと思いますし、かつてホンダのNSXに目を輝かせていた息子が選ぶのも理解できます。

Nsx

そして、2年後に発表されたMAZDA 3は更に完成度を上げています。

新型マツダ3世界初試乗!/MAZDA3 World First Test Drive
https://www.youtube.com/watch?v=uJIWaOGY5NI

この新型マツダ3は、エクステリアだけでなく、インテリアのデザインも日本車とは思えないほど、洗練されたものになっています。

ただ、それだけに返すがえすも残念なのは、MAZDA3が内燃機関=エンジンで駆動する自動車だということです。いくら「走りが良い」と評価されても、所詮はエンジン=蒸気機関車でしかなく、モーター=新幹線とは比較にはなりません。いくら高機能でもガラケーはガラケーです。一度、EVの走りを味わってしまうと、いくら格好が良くてもスマホからガラケーに戻ることはできないのと同じように、動きが鈍く、何かと面倒なエンジンで駆動する自動車には乗れなくなります。

未来への1ページを切り拓くEV(同じ車種でもこの動画より進化し続けています
https://www.youtube.com/watch?v=NREINTS5rYo

本当に残念です。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


リンクの記事を見てもマツダ3がEVならトヨタやホンダは軽く超え、テスラのモデル3にも対抗できる世界的ヒット商品になるのに残念ですね。
https://www.goodspress.jp/reports/215309/

投稿: マツダファン | 2019年3月 4日 (月) 09時34分

より以前の記事一覧

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31