広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« インフルエンザの予防薬投与と予防接種 | トップページ | 孫のサッカースクール »

2024年3月 8日 (金)

公園、緑地の中の都市・共有都市

 

日本の公園面積は欧米に比べて狭いとよく言われます。

東京23区の1人あたりの公園面積はわずか4m2、

ロンドンはその約6倍、ニューヨークは4倍の面積があるとも言われれているようです。

 

近年「ビルの緑化」が急激に進んでいます。

それ自体は大変素晴らしいことだと思いますが、

問題は公園の定義です。

 

例えば、都内にある数百の寺社は

ChatGPTによれば「一般的には、お寺の境内は公園として定義されていることはありません。お寺は宗教的な施設であり、境内は宗教的な活動や儀式を行う場所です。しかし、一部のお寺や神社は公開されており、訪問者が静かに散策したり休憩したりすることができる場合があります」

とのことですが、一般的には公園としては指定されていないようです。

欧米の教会には通常庭園、緑地はないようです。

 

東京には川、運河も多数ありますが、そうした空間、施設は公園とも緑地ともみなされていません。

あの大きな皇居も特別な許可がなければ入れませんので公園ではないようですが、

あの広大な緑地はSDGs的に果たす役割は大きなものがあります。

 

住宅の庭、マンションの庭園、緑地も公園とはみなされていないようです。

それら多種多様な空間、緑地、庭園、境内、川、堀をネットワーク化することができれば、

日本は世界最大の緑地、公園がある都市とみなされるかも知れません。

道路を歩くのでなく、公園、緑地の中を歩き、住む都市となるのではないでしょうか。

庭、緑地によって「共有化された都市」です。

 

そのためには「塀を取り外す」ことも必要だろうと思います。

そうするための補助制度も必要かもしれません。

 

塀の防犯上の役割はもう終わっています。

防犯カメラの方が役に立っているのではないでしょうか。

 

東京も、日本の都市は「公園の中にある都市」と言われるようになるかもしれません。

ビル街に塀はないのに、マンション街には塀があるのも変なことです。

 

SDGsの視点から緑、公園・・・

のあり方を見直す必要があるかもしれません。

 

世界に先駆けて、広島市、千代田区、東京都がそうした基準の都市になれば素晴らしい環境の都市だと言えるのではないでしょうか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
  • 広島ブログ

 

« インフルエンザの予防薬投与と予防接種 | トップページ | 孫のサッカースクール »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« インフルエンザの予防薬投与と予防接種 | トップページ | 孫のサッカースクール »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31