広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« いいちこフラスコボトル | トップページ | 畑の中の小さなカレー屋さん »

2021年9月14日 (火)

リゾートホテル「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」・・・・・

最近私の友人の周りで、

リゾートホテル・ベラビスタ尾道、和風の小さなクルージング船・ガンツウのことが話題になっているとのことです。

ガンツウは23日で100万円を超えるそうです。

https://www.bella-vista.jp/news/173/

尾道にそんな洒落たホテル、クルージング船があるとは、私は全く知りませんでした。

 

友人によれば、

「ベラビスタはもともと常石造船の迎賓館で、20157月まではベラビスタ境ガ浜といっていましたが、今は「ベラビスタ スパ&マリーナ 尾道」となっています。

食事だけ、スパと食事、宿泊と何度か利用したことがあります」

とのことです。

オーナーの常石造船のPRということもあって運営しているのでしょうが、

それにしても大したもんです。

 

瀬戸内海に新しい海のリゾート拠点が生まれたといえます。

 

湯崎知事の唱える「瀬戸内 海の道一兆円構想」を実現するにも、こうしたプロジェクトが生まれたというのは素晴らしいことです。

 

このプロジェクトと広島プリンスホテルがネットワークを組んだら、さらに発展しそうです。

 

岡山にもこれに近いコンセプトのホテルがありますので、

それも加えて、ホテル、旅館、造船所・・・・・といくつもの海に関連する施設を繋げたネットワークができたらきっと面白いでしょうね。

 

岡山には島々で開催されるアートフェスティバルがありますし、

さらに瀬戸内海に面する県、市・・・がヨット、ウインドサーフイン、ビーチバレー・・・のスポーツの大会を開催し、それらを結べば、

瀬戸内海のデラックス、エコノミーの様々のルートができるだけでしょうから、

その時には瀬戸内海沿岸はリモートワークの受け皿としても、

極めて魅力のある場となるだろうと思います。

 

こうしたネットワークとライフスタイルが実現すれば、GDPとは別次元の

いかにも日本らしい、世界に誇れる海のリゾートが実現できるのではないでしょうか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ
今なら、どこに行っても安いし空いているからと、旅行三昧の知人がいます。先日も「今、モルディブのリッツ・カールトンにいる」というメッセージが届きました。「今なら、どこに行っても安いし空いているのだけど、ここは高いし人も多い。スタッフはマスクをしているが、客は誰もしていない」ということです。

モルディブの人口は広島市の半分もありませんが、今現在の一日の感染者数は120人くらいで、それで収束しているということで、一時は1500人だったそうです。どうして日本だけが僅かな感染者で医療逼迫するのか不思議です。

ちなみに、そのモルディブのリッツ・カールトンは1泊30万円から300万円までで、一週間の滞在だそうです。

工場長様

お金はある時にはあるんですね。

モルゲィブの人口は広島市の半分程度というと、60万人くらいですか。
それで感染者数がピークで1500人というと、メチャ多いということですね。
それでも誰もマスクはしない、観光客で溢れているいうのはどういうことでしょうね。
日本が過剰反応をしているとしか思えませんね。

モルディブの人口は、この10年で急増していますが、それでも53万人、広島市の半分にも届きません。何といっても海と島が売りで、リッツ・カールトンの他にも高級ホテルがずらり、首都マレの空港からホテルへは水上飛行機で行くということでしたが、その飛行機代も10数万円とかなり高いようです。

広島市もベイエリアの開発と西飛行場をプライベートジェット空港とかにすれば、狙えたポジションだったと思います。

工場長様

中国やインド等の開発途上国の経済発展は凄まじいものがあります。
プライベートジェット、リージョナルジェットの急激に需要が増えることが予想されます。
西飛行場と隣接する三菱重工が瀬戸内海に接した飛行場としての価値が高まることが予想されますね。
西飛行場はそうした飛行場として再利用することはもう不可能なのでしょうかね。

« いいちこフラスコボトル | トップページ | 畑の中の小さなカレー屋さん »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

今なら、どこに行っても安いし空いているからと、旅行三昧の知人がいます。先日も「今、モルディブのリッツ・カールトンにいる」というメッセージが届きました。「今なら、どこに行っても安いし空いているのだけど、ここは高いし人も多い。スタッフはマスクをしているが、客は誰もしていない」ということです。

モルディブの人口は広島市の半分もありませんが、今現在の一日の感染者数は120人くらいで、それで収束しているということで、一時は1500人だったそうです。どうして日本だけが僅かな感染者で医療逼迫するのか不思議です。

ちなみに、そのモルディブのリッツ・カールトンは1泊30万円から300万円までで、一週間の滞在だそうです。

工場長様

お金はある時にはあるんですね。

モルゲィブの人口は広島市の半分程度というと、60万人くらいですか。
それで感染者数がピークで1500人というと、メチャ多いということですね。
それでも誰もマスクはしない、観光客で溢れているいうのはどういうことでしょうね。
日本が過剰反応をしているとしか思えませんね。

モルディブの人口は、この10年で急増していますが、それでも53万人、広島市の半分にも届きません。何といっても海と島が売りで、リッツ・カールトンの他にも高級ホテルがずらり、首都マレの空港からホテルへは水上飛行機で行くということでしたが、その飛行機代も10数万円とかなり高いようです。

広島市もベイエリアの開発と西飛行場をプライベートジェット空港とかにすれば、狙えたポジションだったと思います。

工場長様

中国やインド等の開発途上国の経済発展は凄まじいものがあります。
プライベートジェット、リージョナルジェットの急激に需要が増えることが予想されます。
西飛行場と隣接する三菱重工が瀬戸内海に接した飛行場としての価値が高まることが予想されますね。
西飛行場はそうした飛行場として再利用することはもう不可能なのでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« いいちこフラスコボトル | トップページ | 畑の中の小さなカレー屋さん »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31