広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 昆虫食・衣食足りて礼節を知る | トップページ | ハナトラノオが久しぶりに咲きました。 »

2021年8月29日 (日)

工芸品・桜の樹皮で作った茶筒

 

最近、電車に乗ったり、バスに乗ったりしての旅番組がやたら多いようです。

先日は盛岡駅から秋田駅まで電車に乗って、途中駅で降りて、その駅の近くにある名所を訪ねるという番組でした。

 

甥が秋田の大学の先生になって赴任したこともあり、秋田はどんなところかと気になって、夢中なって見てしまいました。

 

単線の田沢湖線は電車のようでしたが、

途中駅の角館では、

桜の樹皮を使っての茶筒を作る技術を170年も受け継いでいるという伝四郎商店が取り上げられていました。

 

妻が「うちにもそんな茶筒はあるわよ」ととり出してきました。

私も普段からその茶筒は見ていましたが、それがそんな謂れのあるものとは全く気づきませんでしたし、3つもあるとは知りませんでした。

 

ちょっとツヤのあるのが、樹皮に磨きをかけたことで、樹皮の模様が際立つ茶筒と、

桜の樹皮そのもののザラッした渋い質感を残した茶筒と大きくは2種類あるようです。

 

作り方は、山桜の樹皮を幹から剥がし、それを2年以上干してから木製の缶にニカワで貼り付けたそうです。

 

我が家にはスチールの缶に樹皮を貼り付けた茶筒もありました。

F20fbb9b6ac14cfdbf441d9a4261b504

 

webには樹皮は防湿性、保温性があることから、お茶、紅茶の保存にいいとも書かれていますが、

そんな謂れのある工芸品とは気付きませんでした。

 

身の回りをちょっと気をつけてみれば、そんな歴史のある工芸品が色々と見つかりそうです。

 

それがまたオーストラリア人の息子の嫁さんには興味を惹かれるようです。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

« 昆虫食・衣食足りて礼節を知る | トップページ | ハナトラノオが久しぶりに咲きました。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 昆虫食・衣食足りて礼節を知る | トップページ | ハナトラノオが久しぶりに咲きました。 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2021年12月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31