広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 沿線まるごとホテル事業 | トップページ | エコロジカルネットワーク・旧赤坂プリンス跡の緑地 »

2021年3月16日 (火)

えんとつ町のプペル

 

最近はすっかり引きこもりになってしまいました。

テレビを見ていたら最近「えんとつ町のプペル」が大変な人気だそうです。

絵が格別に面白そうです。

 

早速iPadで検索したら

『えんとつ町のプペル』は、日本の絵本。西野亮廣が脚本・監督となり完全分業制で制作した。メインイラストレーターは六七質。20212月時点での累計発行部数は69万部を突破している。 2012年と2020年に舞台化され、20201225日にアニメ映画版が公開された」

と書かれています。

 

iPadでえんとつの町プペルの概要も見られます。

https://poupelle.com/book.ph

絵もなかなか洒落います。

えんとつからでる煙で街は覆われ、星を見ることもできないという設定はSF的でもあります。

現実の街の建物、工場は汚らしくすらありますが、

絵の中の街の建物、工場は極めて緻密に描かれ、幻想的で、美しくすらあります。

こんな街に住みたくなりたくました。

言葉は優しく、含蓄があり、さまざまに仕掛けがされ、刺激的です。

ゴミから生まれてという主人公は現代版ピノキオともいえます。

 

本そのものを見たくなり、駅前の蔦屋家電に行って買いました。

漫画のコーナーにあるかと思っていたら、なんと絵本のコーナーにありました。

Dfd2e6b7f7ce4a37987f1ade812973da

 

絵と文は分業制で制作には35名が参加しているそうですが、それにしてもコンピューがあって初めて可能になった表現だろうと思います。

総括を西野亮廣氏とのことですが、

クラウドファンディングで資金調達をしたそうです。

作品中に登場する店名や企業名の看板は実は出資者による広告となっているのだそうです。

凄い割り切り方です。

英語の翻訳もついています。

 

大人の私が読んでも大いに楽しめます。

 

帰宅してすぐにオーストラリア人の息子の嫁さんに

「どう これ? 面白い?」と言って渡しました。

前から気になっていた本だそうです。

 

舞台化も映画化もされているそうです。

デジタル化時代の絵本、漫画のあり方が示されているように思います。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

« 沿線まるごとホテル事業 | トップページ | エコロジカルネットワーク・旧赤坂プリンス跡の緑地 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 沿線まるごとホテル事業 | トップページ | エコロジカルネットワーク・旧赤坂プリンス跡の緑地 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2021年11月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30