広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 「GO  TO トラベル」で出かけました。 | トップページ | 一見愛らしく見えても、食べると辛い? »

2020年10月15日 (木)

レストラン三富今昔村と再生された森・サステイナブルフィールド

 

所沢市の三富新田にできた「レストラン三富今昔村」についてはそれなりに聞いていました。

娘一家に誘われ、今回はそこでランチをしましようと出掛けました。

 

建物は3階分打ち抜きの大きな木造の和風建物です。

案内されたテーブルは厚さ10cmはあろうかという分厚いナラとクヌギの一枚板のテーブルが2つ置かれています。

大人6人が並んで座れるほどの大きさです。

C30c0eb0ee3c439b8956589ba8354868

私が注文したのは「五穀米チーズドリアと採れたてサラダプレート」、

妻は「旬野菜健美洋プレート」、子供は「小麦が香る焼き立てワッフル」・・・です。

 

オーナーの農場のオーガニックファームで採れたのでしょうか、

意外と柔らく食べやすかったのには感激しました。

 

庭は大きなテントの下でBBQができるようになっています。

 

隣接して、「風」「香」「光」・・と名付けられた5つの広大な里山が広がっています。

ナラ、サクラ、カエデ、クヌギの森が広がり、ヤマユリが咲いたり、サクラが咲いたり、カブトムシが取れたりするだけでなく、アスレチックゾーンがあったり、キッチンカーがあったり、ピザを作る木屋があったり、おもちゃの電車が走っていたりします。

 

この里山が素晴らしいのは、

元々は、江戸元禄時代には柳沢吉保によって井戸が掘られ、水が引かれ、間口72m×奥行675mの広さの180区画の開発がされたのだそうです。

日本の高度成長期にはゴミの廃棄物捨て場となってしまい、ダイオキシンの元凶ともなっていたそうですが、

それを、後を継いだ2代目の石坂さんいう女性がクヌギ・・・を植え、森を再生させ、今のサステイナブルフィールドとして大きく転換させたのだそうです。

里山となった森の広さはほぼ柳沢吉保の時代の1区画分くらいの広さのようです。

 

英語の説明文が添えられているのがちょっと可笑しいですね。

 

女性でなければできないコンセプトの開発だと感心しました。

 

さらに、所沢市は近くの荒れるに任せていた広大な雑木林を取得し、

里山として保存する計画を進めているそうです。

 

柳沢吉保の開発もそうですが、

アストラムラインで囲まれた権現山一帯をこんなコンセプトで開発を進められたら面白そうですね。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

« 「GO  TO トラベル」で出かけました。 | トップページ | 一見愛らしく見えても、食べると辛い? »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「GO  TO トラベル」で出かけました。 | トップページ | 一見愛らしく見えても、食べると辛い? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31