広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« カマキリ vs  セミ | トップページ | コロナ禍対応型の駅ビル? »

2020年9月 3日 (木)

カブトムシ・・・

 

10日ほど前、娘の夫が、息子の子供たちも一緒に連れて、カブトムシを獲りに行きました。

カブトムシは夜行性とのことで、頭にヘッドライトをつけて、虫籠と網を持ってと、格好は本格的です。

雑木林に生えるコナラとかの木の根のあたりで蜜をっているので、そんなところを探せばいのだそうです。

数時間後、7~8匹のカブトムシを捕まえてきました。

立派なツノの生えているオスのカブトムシ2匹とメス1匹をいただきました。

メスはツノがありませんから、ちょっと大きな普通の虫といった感じです。

私もカブトムシをしげしげと近くで見たのは初めてです。

孫の3歳の男の子は「ほら、捕まえたよ!」と自慢そうに見せてくれました。

7歳の女の子は「怖かったー」とさっさと部屋に入ってしまいました。

こんな小さい頃から男の子と女の子は違うのかと驚きました。

 

翌日早速ダイソウで虫籠と、コーヒーについてくるミルク入れのような小さなプラスチックに入ったカブトムシ専用の餌を買ってきました。

結局餌をやるのは私の役目です。

夕方餌をやるのですが、カブトムシは昼間は土の中に隠れていて見えません。

暗くなってから餌を食べているのです。

飼っていても何も面白くありません。

 

そんなカブトムシを昨晩大きなコナラの木に放しました。

明るうちに放すとカラスに見つけられて、食べられてしまうのだそうです。

1匹のオスはサーッと登って、葉に隠れてすぐに見えなくなりました。

もう1匹のオスとメスはしばらく顔を合わせていましたが、オスはのろのろと木を登って行き、

メスのカブトムシは1度地面に降り、草の中に隠れていましたが、しばらくしてから出てきて、木を登っていきました。

男の子の孫は飽きずにジーッとみていました。

振られたオス、仲の良かったオスとメスのカップルといった感じです。

05ca78db9cd4433cbb8800135b307989

 

1時間くらいして見に行きましたら、もう3匹とも姿形もありませんでした。

 

無事に、どこかに飛んでいってくれるといいのですが、

その後どうなったのでしょうか、

気になります。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

« カマキリ vs  セミ | トップページ | コロナ禍対応型の駅ビル? »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カマキリ vs  セミ | トップページ | コロナ禍対応型の駅ビル? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31