広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« レオ神社のご利益 | トップページ | 伊賀焼の「かまどさん」に「しゃもじ」がついていた »

2019年9月17日 (火)

「作る」から「保つ」に、パラダイムシフトを

 

9月9日夜中、千葉市に上陸した台風15号は、最大瞬間風速60mと途轍もない暴風であったが、

上陸した地点が、千葉市ということもあってか、ちょっと経験したことのない被害をもたらした。

千葉県全域が停電となり、予想以上に広範囲に、深刻、長期間となっている。

 

停電すれば冷蔵庫は使えず 、ガソリンスタンドは給油できず、スマホは充電できなくなり、断水でトイレが使えなくなるといったことが起こる。

「風が吹けば桶屋が儲かる」といったように、連鎖的な被害を及ぼす。

死者、建物等の損壊は地震、洪水等に比べ少ないが、

地震、洪水等とはちょっと異なる性質の被害をもたらすようだ。

0250f4c16d4244e7ae70522c25398a1e

 

 

台風15号による停電は、最大瞬間風速50m以上と想定以上に風が強かったこともあったが、鉄塔が倒れたり、樹が倒れたりしたことで、電線がキレたことで、停電になったわかだが、

その範囲が都市部だけでなく、山の中にも、それがほぼ千葉県全域にわたったことで、復旧に時間がかかっているようだ。

1週間、1ヶ月と、停電が続くのだからたまったもんではない。

さらに復旧予定日が次々と変更され、遅れたことで、事態をより深刻にしているようだ。

 

鉄塔は1970年代に建設されたものが多く、50年以上経って、劣化していたということのようだし、

山の樹々が長い間伐採されなかったことで、育ちすぎて、電線より高くなっていて、倒れた際、電線を切ったということも多かったようだ。

 

戦後、懸命に国中に電気を巡らせたが、

並行して維持管理をしてこなかったことが、今回のような大規模な停電を引き起こす原因になったともいえるようだ。

 

劣化による危険性については、

橋の劣化についてもいわれているし、

上下水道管の劣化についてもいわれている。

インフラ施設の劣化問題は、残念ながら、今回のようなことを経験してみないとわからないというのは残念なことだ。

 

住宅については、劣化より先に、空き家問題として顕在化したようだし、

人間の劣化は介護問題として深刻化してきている。

 

今回のような大規模な停電になったのは事態を甘く見ていたということもあるだろうが、

それよりも、全てのことが

不足しているから「作る」時代から、

劣化しているから「保つ」時代に、大きくパラダイムシフトすべき時代になったことを理解すべきだといえるようだ。

 

それは同時にAI等のデジタル技術等のはるかに高度な技術も求められるようになるだろうと思われる。

 

大変だ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

 

« レオ神社のご利益 | トップページ | 伊賀焼の「かまどさん」に「しゃもじ」がついていた »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« レオ神社のご利益 | トップページ | 伊賀焼の「かまどさん」に「しゃもじ」がついていた »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2022年7月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31