広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 核戦力の保持は無意味になった? | トップページ | 関電会長ら役員20人 3.2億円受領 !? »

2019年9月29日 (日)

ラグビー日本代表が勝った

スシローで食事をして、帰宅したら、

「ラグビー日本代表が 19:12で勝った」とテレビが報じていた。

エッ!  

ホント?

B4bf79859f4a4d7684218fdf37fa8762

 

世界ランキング9位の日本が、2位のアイルランドに勝てるなんて思ってもいなかった。

先日の対ロシア戦には勝ったが、格下相手だからなと思っていた。

 

ワールドカップが始まる前のテストマッチでは、前回のワールドカップでは奇跡的に勝った世界ランキング5位の格上・南アフリカ代表に7-41とコテンパにリベンジされた。

 

それが蓋を開けてみれば、初戦のロシア戦に勝ち、なんと2連勝なのだ。

凄い。

 

前回のスター選手の五郎丸のいないラグビーもここ数年で大きくプレースタイルが変わった。

キックが増え、見えない味方にパスをしている。

リスキーではあるが、見ている方はメチャ面白い。

 

しかし出ているのは主将のリーチ選手始め、外国人選手ばかりだと思えるが、

その前回大会のヒーロー五郎丸選手が、

「出場資格はその国に3年以上継続しての居住、通算10年以上居住していれば、国籍いかんにかかわらずその国の選手として認めるのです。

最も国際化が進んだスポーツだといえます」

とテレビで解説していた。

なるほど、だから31人の選手のうち15人もの選手が外国籍なんだ。

面白い。

 

勝利インタビューも皆日本語で対応している。

皆日本語が上手だ。

 

まあ国籍なんていうのも、人間が作ったルールだから、

プレーする選手たち、観客、皆が認めれば、それでいいわけだ。

 

今回のラグビーワールドカップだって、その盛り上がり方をみれば、ルールを皆が認めているこということだ。

 

ラグビーはイギリスが世界に進出して行った際、

現地の人たちとの融和を進めるために、勧めた戦略でもあったとのことだ。

 

植民地政策はすべてが悪いわけではなく、中にはこんな素晴らしいこともあったということだ。

 

10月5日には対サモア戦がある。

楽しみだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

 

« 核戦力の保持は無意味になった? | トップページ | 関電会長ら役員20人 3.2億円受領 !? »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 核戦力の保持は無意味になった? | トップページ | 関電会長ら役員20人 3.2億円受領 !? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31