広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« シニアゴルファーとグレイヘアの妻の人形 | トップページ | 切れ味のいい爪切り »

2019年8月25日 (日)

モンブランのボールペン

 

あの山ほどあった文具を整理し、その殆どを捨てたが、モンブランのボールペンは2本は残した。

モンブランといえば万年筆が有名だが、ボールペンも作っているとは知らなかった。

 

私の好きな筆記用具は、

昔はシャープペンシル、それからボールペンに代わり、

ここ10年以上は、三菱鉛筆の100円もしないuniball signoに拘っている。

折角だからと、ちょっと細身の握りだが、ボンブランのボールペンを使ってみることにした。

 

ところが、1本のペン先が上手く出し入れできない。

もう1本はペン先は細すぎて、私の好みにあわない。

ということで、修理と替え芯を買いにモンブランの銀座本店にいった。

 

黒の外観のお店はなかなか洒落ている。

黒には高級感があるようだ。

エルメスetc.の銀座のこうした類の高級店は、通常出入り口にはピシッと黒のスーツのむくつけき男が立っているが、

ここは全て黒のスーツ姿の女性が対応してくれる。

3c0827e007184f2c968095b56ac859e2

 

打ち合わせは洒落た木のテーブルだ。

修理するとなるとドイツに送ることになり、3万円以上するとのことだ。

ゲッ。

なんか時代錯誤だな。

ということで、1本のボールペンの芯だけを換えることにした。

替芯は2本セットになっていて、2,180円。

2本のボールペンとも30年くらい前にいただいたものだが、

ボンブランではもう作っていないモデルのようだ。

いくらしたものかもわからいという。

 

バブル時代の品は、持っているだけでもお金がかかるようだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

« シニアゴルファーとグレイヘアの妻の人形 | トップページ | 切れ味のいい爪切り »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

全く字を書かなくなった現代人が、
胸のポケットにモンブランのボールペンを刺してるなんてのは、
何か可笑しいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« シニアゴルファーとグレイヘアの妻の人形 | トップページ | 切れ味のいい爪切り »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31