広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2019年7月 | トップページ

2019年8月

2019年8月19日 (月)

携帯小型扇風機+ミスト → 最高 !

 

最近、テレビを見ていると、小さな扇風機を持っている姿をよく見かける。

日本に古来からある扇子の現代版というわけだ。

 

ここ数日の気温は40℃近い。

体温より高いのだ。

暑がりの妻は、これはよさそうだと、早速ネットで注文した。

 

持つタイプでなく、首からぶら下げるタイプの方が便利そうだと、

小さな羽根が2つ付いているタイプを注文した。

それが今朝届いた。

Make you cool whenever and wherever you are !

と書かれている。

中国製だ。

デザインはなかなかしゃれている。

3ae3aff16cb54dcaa17dffbb7f1f7b2a

 

早速使ってみた。

音がしないのもいい。

充電はUSB方式で、連続して5時間程度は続くという。

電池を交換せずに済むというわけだ。

なるほど。

これなら隣の人にも迷惑をかけずに済む。

扇風機の部分を曲げれば、卓上にもおける。

 

面白いことを考える人がいるもんだと感心したが、

冷房の効いた部屋に入れば、冷たい風が吹いて快適だが、

焼けたアスファルトの上を歩くと熱風が吹きあげてくるじゃないか。

こりゃ 駄目だ。

暑くとも風さえあればいいという人には最適だが、

と思っていたら、

「使うときは、ミスト(霧)を吹きつけたほうがいい、

汗は拭かない方がいい」とのことだ。

やってみれば、

ウワーッ、最高!

 

◯と鋏は使いようというが、

何事もちょっとした工夫が必要なようだ。

 

女性が持つ扇子はなかなか情緒があっていいが、

そんなこととは関係ないというばかりに、技術は日々進歩していくようだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2019年8月17日 (土)

マイナンバーカードは使いにくい・・・

 

住民票、印鑑証明書、資産評価証明書が必要になった。・・・

 

何年振りかで、マイナンバーカードを持ってコンビニにいった。

久しぶりだったので、ちょっとドキドキしながらマルチコピー機を操作した。

夕方6時頃だったので発行できませんとのことだった。

 

改めて翌日セブンイレブンにいったが、

他都市の書類は発行できないという。

 

仕方なく、広島市に戻り、

最初に行ったローソンにはそもそも行政の書類が発行できる機器がなかった。

セブンイレブンにいき、手続きしたが、

発行されるのは1種類づつしかできない。

資産評価証明書は表示がない、

ということはできないということらしい。

C5a6047295a741308040394209357c8f

 

仕方なく市役所にいって、資産評価証明書は発行してもらった。

 

たったこれだけの書類を集めるのに、2日間もかかった。

 

市役所で発行する書類が多いのにも驚いたが、

あれほど鳴り物入りで発行されたマイナンバーカードも意外と使いにくい。

呆れた。

 

マイナンバーカードは市民のためというより、

行政が自分たちのために発行したと考えた方が良さそうだ。

 

マイナンバーカードを発行してもらうときも、

安全を期してということなのだろうが、まあ大変だった。

 

生きていくのも疲れる。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2019年8月15日 (木)

あそびのじかん

 

Now,it’s time to play

英語のサブタイトルが付いている。

 

東京都江東区の木場公園の一角に作られた東京都現代美術館に、娘一家にお伴して出かけた。

まあそれにしても随分と豪華な建物だ。

展示スペースはそれほど広くはないが、アプローチの通路は広く長く、御影石の建物は水と大きな石の庭を抱え込み面し、冷房の効いた室内は暑さを忘れさせてくれる。

 

また展示が面白い。

チケットを買って中に入ると、真っ白な壁に30棹はあろうかというたくさんの箪笥が3段に積み上げられ、箪笥にはボルダリングの掴みが沢山付いている。

どうぞ登ってくださいというのだ。

かなりの人がトライしていたが、案外登れないようだ。

2段目以上には登らないでくださいと書かれているから、恥をかかずに済む。

 

箪笥の扉を開けると次の部屋に入る。

壁には同じ色のベージュ色の仮面が掛けられている。

その一つをとって、髪の毛をつけてみたり、口紅をつけてみたり、鬼の顔のようにしたりと様々の表情をつけられるようになっている。

誰かが作った仮面をかぶって、周りの子にワーッなんていって脅かしている子もいる。

怖がって泣き出す子もいるからまた可笑しい。

 

Cceed975b8e0431e95ae81405602f7fe

 

そんな遊びの仕掛けの部屋は計6室くらいある。

5歳、3歳の孫は夢中になって遊んでいた。

 

「遊んでいないで、◯◯しなさい」といわれる日頃の生活にあって、

「遊びの時間」は新しい価値観が生まれるチャンスにしたいということで、

企画した展覧会だというが、

「遊んでいないで、・・・・・」といわれる年代の子供達は、まったく見かけないのがまた可笑しい。

 

私の甥が芸大に受かったとき、

「君ももうこれでお金と縁のない人生になることが決まったね」

といったことがある。

今回の展示はそれなりに面白いが、

美術館はなんとも豪華な建物であり、展示スペースは全体の3分の1くらいだろうか。

見にきている人もお金に苦労をしている風はなく、

レストランで、娘は「こんな優雅なレストランで食事したのは、何年ぶりかしら」

といっていた。

 

そんな優雅な時間を過ごさせていただいた。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2019年8月13日 (火)

お墓まいり

 

息子の休日に合わせ、お墓まいりをした。

息子の運転で出かけたが、計7人、道路はじゅうたいするし、往復5時間以上かけてのお墓まいりだから大変だった。

Bff265d5e82d45e39ca2db3db9fde957

 

我が家のお墓は実は2つある。

江戸時代のことらしいが、

父方の家の1人息子と、◯◯家の1人娘が結婚したとき、

いずれ男の子が生まれたら◯◯家を継がせるということだったらしいが、それがそのままになって、実現せず、父が◯◯家のお墓を守ってきたとのことだ。

◯◯家は新田義貞の家来だったとのことで、お墓は6畳くらいの広さがあろうかという立派なお墓だった。

それならと、◯◯家を弟が継ぎ、姓を変えるということにしたが、

姓を変えるということは、江戸時代まで遡る話であり、正式な書類もなく、裁判までしたが認められなかった。

結局、我が家で◯◯家の墓を守ってきたわけだが、

父が亡くなったとき、父のお墓の隣に◯◯家のお墓を移して今に至っている。

 

最近は、墓じまいをしたとか、海に散骨するとか、樹木葬をしたとかいう人が増えているそうだ。

50年くらい前、納骨堂を作られた時には、そんなお墓があるのかと驚いた。

今では、その方がずっと合理的なような気がするから可笑しい。

子孫は、掃除の必要もないし、花もあげなくて済む。

 

我が家では、お墓にお花はあげるが、年に数回のお墓詣りがやっとなので、お花は即持って帰ることにしている。

ネットで調べれば、それでいいのだという。

民間の運営する墓地では、お花は枯れれば、回収いたしますという墓地もあった。

お墓というしきたりの塊みたいなところも、時代にあわせて、どんどん簡略化しているようだ。

 

孫たちが我が家に来ると、面白がって、仏壇にお線香をつけ、手をあわせてくれるから、それで良しとしている。

 

人間はこうして延々と繋がっていくんだということを理解することが大切なことなのだろう。

お墓まいりは、そうしたことを理解する仕掛けだと思えば、頷ける。

 

母のこと、父のことを思い出しながら、今年もお墓まいりをした。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

2019年8月11日 (日)

千葉市の懸垂式モノレール

 久しぶりにJR千葉駅で降りた。

 

千葉駅駅に接して懸垂式モノレールが走っている。

懸垂式モノレールとは珍しい。

太い線路にぶら下がって、大きな車両が走る姿はなかなか壮観だ。

ギネス世界記録にも認定されているという。

0408902a19414092bc95e06481c7c037

 

千葉市のモノレールは

総営業距離15.2km

資本金 1億円

売上高  356千万円(20193月期

営業利益 69千万円

 

対して広島のアストラムラインは

総営業距離 18.1km

資本金 100億円

売上高 488千万円 20193月期

営業利益 5億円

 

 

ざっと見た感じは両社とも黒字になっているから、その違いは殆ど無いように見えるが、

ここに至るまで、千葉市はモノレール会社を黒字化するために大変な苦労をしたようだ。

 

設備投資金額がそれぞれどうであったかは、わからないが、

千葉市のモノレールとアストラムラインをこの数字だけから比較してみると、

営業距離は2割の違いだが、売上高は3割も違う。

千葉市のモノレールはアストラムラインに比べて、売上高が相対的に1割も少ないことが大きな負担になっていたことが窺える。

 

アストラムラインは未だ当初の資本金100億円を維持しているが、

千葉市のモノレールは、これまでに、資本金を99%、1億円に減資したり、

貸付金の204億円を株式化したり、

軌道資産の簿価90億円相当を千葉市に無償譲渡したり、設備更新費の大幅削減を行ったりしている。

 

結果、現在7億円の黒字になっているのだから、その効果は充分あったといえる。

 

若いカップルが住宅ローンの負担で苦しんでいるケースと

住宅ローンの終わった高齢者とに似ている。

 

こうした大きな投資を伴う公共交通機関の場合も、

その 建設に伴う設備投資金額をいかに減らし、スタートさせるかがポイントであることがよくわかる。

慌てることはないともいえる。

 

横浜の新交通システムのように、

営業利益を確保しようと無理をすると、事故が起こることにもなりかねない。

無人化したからだというのは、ちょっと違うように思う。

 

最近鉄道の役割、価値が見直されている。

 

幸い広島地区では、広島電鉄は現在も残っているし、

アストラムラインは新白島駅の建設もあって順調に推移しているようだし、

JR西日本の広島圏内の経営もまあまあのようだ。

 

公共交通機関の充実してしている都市は、観光客にとって大変魅力でもある。

その価値をどのように海外からの観光客の誘致につなげるかが、

今後の課題ではないだろうか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

 

 

 

 

2019年8月10日 (土)

夏は終わった?

 

我が家の庭に、セミの亡骸が転がっていた。

2ed492eb774a4f5a8e54ca4be14ce2e5

 

今年の立秋は8月8日だという。

猛暑日の日々になったと思ったら、もう夏も終わるのだろうか。

 

例年煩いほどだったセミの声も、今年は小さいように感じる。

 

台風9号が石垣島を襲い、10号が沖縄に近づいている。

 

8月に入って、連日の猛暑には参るが、

7月の長雨の異常気象は、猛暑の期間を短くし、あっという間に秋にしてしまうようだ。

 

そして、7月の異常気象は、虫の世界も異常にするのだろうか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2019年8月 9日 (金)

サイディングの家

東京の郊外には、今真新しい家が続々建てられている。

ついこの前まで、畑であったところにどんどん家が建てられている。

 

建売住宅だろうか、同じようなデザインの家が並んでいる。

どの家も随分と立派だ。

しかし駐車スペースを取った後に残るのはマンションのテラスくらいの広さの庭があるだけだ。

白い外壁の家が多く、

張り出したテラスの部分や出入り口の部分の外壁は茶色や黒になっている。

それ程大きな建物でもないのに、細かく外観を変えているのは、日本人らしい感覚だろう。

外壁の材料は、

鉄板系のガルバー鋼板もあるが、

ほとんどはコンクリート系のパネルの表面をタイルのように見せたり、石のように見せたりしたサイディングと呼ばれる資材だ。

4361c856743542748e436f3a8bfeba79

 

レストランや寿司屋のショーケースの中にあるスパゲッティやお寿司の見本が、プラスチック製なのに、本物より美味しそうに見えるが、

そうしたレベルの高い技術を持ってすれば、

外壁をタイルや岩のように見せるのは、容易いことなのだろう。

 

こうして新しく建つ家も30年も経てば、解体され、

建て直され、街の姿は、また大きく変わるのだろうか。

 

新しい耐震基準に対応するには、立て直した方がいいに決まっているが、

それにしても、住宅の変化の速さには驚く。

「勿体ない」というのだろうか、

「日本経済の発展は凄まじい」というのだろうか。

 

政府は100年住宅と称して長寿命化を進めようとしているが、

カナダに住む友人は

「そりゃ、日本の逞しさだよ」

と極めて肯定的だ。

 

そういえば、友人の1人は数年前に、

父親が建てた古いが立派な家を「エアコンも効かず、住みにくい」と解体し、建て直したばかりだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2019年8月 7日 (水)

壁面インテリアになった植物

久しぶりに、昼食にモスバーガーでテリヤキバーガーをテイクアウトした。

 

できるまでベンチに座って、見るともなく周りを見ていたら、

壁に植物の詰まった箱が飾られていた。

 

最近、あちこちでビルの外壁に植物を植えることが流行りだが、

これは「室内壁面のインテリアになった植物」だ。

なかなか洒落ている。

大きさ20cm四方の四角い箱に入った壁の植物だ。

896fabdffbe04e15880f0c433daf8402

 

太陽のささない部屋の中でも育つ種類の植物は?

水差しが楽だろうと思われるスポンジのような土 ?

etc.

そこには色々のノウハウがあるだろうと思う。

 

ネットでサントリーのCMをみると、

「新素材(パフカル)を使用した、土を使わないインテリアグリーンです。

観葉植物によるマイナスイオン効果でお部屋を癒しの空間に」

なんてことが書かれている。

 

壁に絵や写真を飾るのもいいが、

日本には「生け花」という文化もある。

いずれこうした壁掛け植物も花道の一部門として評価されるようになるのだろうか。

 

ネットでは、

5000円くらいから、同じような製品が売られている。

 

私もひとつ買おうかな。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2019年8月 5日 (月)

ミッキーマウス の門と塀→国境の壁

ミッキーマウスをモチーフにした門と塀の家を見つけた。

塀のミッキーマウスは黒く塗られ、影絵のようだが、

門のミッキーマウスは白い顔にちゃんと目鼻がついていて、赤いパンツ、黄色い靴を履いてる。

Bfea090a88a94546a5a8d911629d220a

 

この家はかなりディズニー フリークということが窺えるが、

それにしても、こんな塀や門が作られているとは、知らなかった。

 

東京駅からJR京葉線に乗り、浦安駅で乗り降りする人がミッキーマウス の帽子を被り、

ディズニーのキャラクターグッズを沢山抱えているのには、ちょっと驚くが、

門や塀まで、ミッキーマウスになっているとは、驚く。

 

 

ネットには、

花壇用の小さなミッキーマウスの仕切りとか、ミッキーマウス の郵便受けとかも

売られているようだ。

 

猫をモティーフにしたハローキティちゃんは、その使用について自由度を持たせたことで、

文房具を中心として食品、パソコンから自動車まで、日常生活のほぼ全領域に渡り

世界中にキティちゃんのキャラクターグッズが溢れているという。

 

アニメのコスプレも、国内だけでなく、世界的な市民権を得た。

 

平和な証拠だ。

 

トランプ大統領もメキシコとの国境の壁を、

ミッキーマウス やキティちゃんのデザインで作ったらどうだろうか。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

 

2019年8月 3日 (土)

熱中症は怖い

梅雨は明け、35℃前後の暑い日が続く。

梅雨は明けたが、例年に比べ、7日遅れとのことだが、

今年の梅雨は記録的な長雨となり、7月の日照時間の平均が4時間を切っていたという。

気温もそれほど上がらなかったが、

やたら湿度が高かったためか、外から戻ってくると、ドカーッと汗が出てきた。

 

梅雨明けの29日には、遊園地でぬいぐるみを着てトレーニングをした若者が、熱中症で亡くなった。

 

熱中症はそれほどに怖いものらしい。

 

母は平成16年7月19日に亡くなったが、

その頃は、連日40度を越える暑さだった。

お経をおげてくれた住職さんも大汗をかいていた。

クーラーの嫌いな母は「エアコンを付けてやる」といっても、頑なに拒否していた。

母は「人間は自然に暮らすのが、一番体にいいのだ」といって、冬でも炬燵程度の暖房しか取ろうとしなかった。

 

今思うと、亡くなった頃は体調も悪かったようだが、

死亡の原因は「熱中症」だったように思う。

 

昔は、「運動して、喉が乾いても水は飲んではいけない」ともいわれていた。

それが原因で亡くなった人も相当にいただろうと思うが、当然、全くニュースにはならなかった。

 

妻は、夜中に「足が痛い」と目がさめることがあり、

水を飲ませただけで、痛みが引き、スーッと寝いったりする。

これも熱中症の一種のようだ。

 

私も試しに、昨晩は寝る前にポカリスエットをコップ一杯飲んで寝たら、

今朝は調子が良かった。

 

健康に関しての知識もどんどん進歩している。

中には間違いもあるだろうが、

こうした医療知識の進歩が長生きの理由になっているのだろう。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

 

 

2019年8月 1日 (木)

「これが暮らしを変えた」ランキング

7月27日の日経新聞に「これが暮らしを変えた」ランキングの特集が載っていた

これがなかなか面白い。

 

20世紀最期の日の前日2000年12月30日付のランキングは

1位 コンビニ

2位 携帯電話

3位 電子ネット

4位 テレビ

5位 コンピューター

 

8位 自家用車

9位クレジットカード

が入っていた。

 

前回の調査から2年も経っていないのに、

21世紀 「これが暮らしを変えた」のランキングでは、

1位 高速ネット通信

2位 LINE

3位 ネット・テレビ通販

4位 iPhone 

5位 電子マネー

6位 グーグル

7位 SNS

8位 ユーチューブ

9位 地図アプリ

だという。

全部、デジタル、IT系だ。

驚くほどに変化していることと、その速さだ。

「21世紀」なんて、大げさなタイトルにしたくなるわけだ。

 

孫正義氏は10兆円を超える2番目の投資ファンドを設立し、IT系企業への投資を拡大しているという。

20兆円からの投資を数年間でしようというのだから凄い。

銀行の役割は終わったとすらいいたくなる。

 

ビックカメラは「売らない店舗」を続々設立しているという。

店内で商品を確認すると、脇に置かれたQRコードを、スマホで読み取って、値段や口コミをチェックし、注文できるようにしているのだという。

 

テレビのニュースでもスマホで撮ったと思われる動画が増えている。

 

デジタル化は、買い物の仕方、人と人とのコミュニケーションの仕方、読書、知識のあり方等を大きくに変えつつあるようだ。

新しいビジネスがそれだけ起こっているということでもある。

 

人生は多種多様でいいんだとも思えてくるから可笑しい。

 

このデジタル化の発展、浸透によるビジネス、生活の劇的変化は

1800年代の蒸気機関をベースに始まるとされる産業革命とは全く次元を異にしているようだ。

 

元安川

 

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。
広島ブログ

この変化は何年も前から予想されていたことですし、これからもっと大きな変化がやってきて、自動車産業をはじめ殆どの産業がICTに飲み込まれますが、そうした時期に「ITは嫌い」とか、ICTでは日本のトップクラスが揃っていた審議会に対し「あんな偉い先生方は広島市には必要ない」というような市長が就任していることは、とても残念で不幸なことです。
https://youtu.be/hDy3bJ7iANU?t=20

 

工場長さま

それでも「自分は頭がいい」
と思っているリーダーは困ったもんですね。

« 2019年7月 | トップページ

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31