広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 西武鉄道の新型特急の斬新さ | トップページ | ロットリングのボールペン »

2019年3月16日 (土)

銘の打たれた爪切り

爪が伸びすぎ、
妻には汚らしいと文句をいわれたり、足の親指の爪で靴下の先に穴が開いてしまうことがよくある。

たまに気分が向いた時、爪を切るが、
爪切りが見つからないことがよくある。

妻には「いつものところに置いてあるでしょう」と文句をいわれるが、
先日は「私の使ってるのが、ここにもあるわよ」いわれた。

使ってみれば抜群の切れ味じゃないか。
日頃私の使っていたのと比べると全く切れ味が違う。
硬い足の親指の爪も簡単に切れる。
びっくり。

「お父さんに貸すとすぐなくすから、教えなかったのよ」という。

妻のは相当に高いものらしい?
妻は巻き爪なのでいいものを買ったらしい。

ネットで調べてみれば、
「爪切りは、クリッパー型、ニッパー型洋鋏型、和鋏型と4種類ありますが、
このペンチのような形をしたニッパー型が欧米では主流で、足の爪を切るとか、変形した爪をきるのには適しています」
「最も多く使われ、100円ショップ等で売っているクリッパー型だと、安価でコンパクトです」
と書かれていた。

菊一文字のニッパー型爪切りで 11,800円もしているのが載っている。

妻の持っている爪切りには「菊一文字」なんて銘が打たれていないが、
切れないのに、私のにはきちんと「菊一文字」と銘が打たれている。

E8e804d2ace9476fb60f97949ec5c92c


歯の部分がカーブしているので、自分で研ぐには難しそうだ。
捨てるには勿体ないと、
研いでくれるところを探してみればあった。

研いでもらうのは高そうだが、それだけの価値はありそうだ。
爪切りもスマートジャパンの1つかな。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« 西武鉄道の新型特急の斬新さ | トップページ | ロットリングのボールペン »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 銘の打たれた爪切り:

« 西武鉄道の新型特急の斬新さ | トップページ | ロットリングのボールペン »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31