広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 銘の打たれた爪切り | トップページ | 子供は正直? »

2019年3月18日 (月)

ロットリングのボールペン

学生の頃、ドイツ製のシャープペンシル「ロットリング」を使って描くのが流行った。
かなり高価だったが、芯は折れにくく、使いやすかった。
ドイツ製ということもあり、図面が上手い奴が使っていたこともあり、
ロットリングを使えば、「綺麗な図面」が描けるのかと思い、
私もかなり無理して買ったことがある。

先日何気なく、エキシティ・ヒロシマのエディオンを覗いたら、
その「ロットリング」のボールペンがあった。
シルバーに光っていて、
六角形のシャープな感じがなかなかいい。

デパートではロットリング800が7560円もしているではないか。
それが、アマゾンでは39%offの4649円だ。
問題は替え芯だが、日本製の三菱鉛筆のジェットストリームの替え芯と
セットで買うと5151円だという。
替え芯がかなり高いのはプリンターと同じ?
毎日使うボールペンだからままいいかと、注文してしまった。
替え芯は純正品でなくともいいということだ。

4d44921490734f29ace51c49262b2256


翌日には、三角形の箱に入って届いた。
三角形の箱というのも洒落ている。

PayPayで払おうと思ったが、
アマゾンでは使えないようだ。

ロットリング 800、
使ってみれば、
書き慣れればそうでもないが、意外と使いにくいのにびっくりした
万年筆型のボールペンの方がはるかに使いやすい。

あの鉛筆型のロットリングシャープペンシルは使いよかったのに、
ボールペンはどうしてこんなに使いにくいのだろう?
バランスが違うからかな?

当分お出かけ用だな。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« 銘の打たれた爪切り | トップページ | 子供は正直? »

教育」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロットリングのボールペン:

« 銘の打たれた爪切り | トップページ | 子供は正直? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31