広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 鉄道車両の置かれたブック&ステーショナリーカフェ | トップページ | フクロウの根付 »

2019年1月23日 (水)

次はデジタル公園?

久しぶりに昭和記念公園にいった。

まあそれにしても広い。
180haというから、ざっとマツダスタジアムの36個分程の大きさになるわけだ。

広い広いと言われるニューヨークセントラル公園の広さは341haというから、この公園のざっと倍の広さだ。

1983年に開園したというから36年も経つ。
その間、少しづつ整備され、今の姿になったという。

その広さと時間の経過と共に、レインボープールや子供の森、日本庭園、砂川口、盆栽苑、田圃を持つ茅葺の農家も作られ、随分と多様な公園になっている。

入り口を入ってすぐのところには、
大人用、チャイルドシート付き、子供用と数百台のレンタサイクルも用意されている。
園内を1周するサイクリングコースもある。
園内をセグウェイの二輪車で走るグループがいたりする。
子供用のキックボードで走る子もいる。

Bb1481aa266f4322856fc86869dbb126


ジョギングする人もいる。
広い中央広場ではかなりの人が凧を揚げてる。

犬を散歩させるのもOKだ。

昭和記念公園は東京大震災を想定してだろう、
防災拠点となることも考慮して作られているのだという。
いつの時代にあっても防災対策は重要なことだ。

これだけ広いと様々のスポーツを受け入れることも、歴史の再現も可能となってくるが、
経営をより民間に任せることで、
単なる公園としてではなく、より多様なエンターテイメントを受け入れられる場にしたらいいと思う。

この昭和記念公園は昭和天皇の在位50周年記念として作られたというが、
次は平成天皇の退位を記念しての公園も作られるのだろうか。
その時はより新しい概念の公園を作って欲しい。

デジタル公園?
何それ?

ポケモンゴーはその一つ?

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


最近、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を使った観光案内が増えてきました。例えば震災前の熊本城でも、スマホをかざすと、今現在の風景に、戦国時代の武将などが投影され、その戦闘シーンを目の当たりにするような仕掛けがありました。

広島市でも秋葉市長時代には、平和公園周辺にWi-Fiを整備し、こうしたARを取り入れた解説などが試行されていましたが、松井市長はそれらを全て撤去してしまいました。そして、Pokemon Go で行われていた記念碑の説明なども撤去されたということです。

今年は、その市長選挙をはじめ、選挙ラッシュとなりそうですが、いくら選挙権があっても、投票できる候補者がいなければ、選挙権の行使はできず悩ましいことになります。それにしても未だにITも取り入れず多くの民意を切り捨てている現行の選挙制度(特に小選挙区)は憲法違反としか思えません。すっかり話題がズレてしまいましたが…

投稿: 工場長 | 2019年1月23日 (水) 05時21分


工場長さま

プロジェクションマッピングとかeゲームとか色々ありそうですね。
でも今の市長に期待するのは無理そうですね。

投稿: 元安川 | 2019年1月23日 (水) 09時52分


工場長さん。
広島市の各地に原爆時のモニメントのようなものがありますが、そこでVRで当時の現状が再現できたら、もっと関心が生まれるでしょうね。
真剣に話を聞いている人もいれば、退屈そうな人もいますが、話でなく映像なら関心は大きくなるでしよわうね。

投稿: やんじ | 2019年1月24日 (木) 20時58分


やんじさん

以前「ポケモンの平和利用」という記事で書いたことですが、市内にある多くの慰霊碑やモニュメントはPokemon GOでアイテムのもらえるポケストップという場所になっています。

http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2016/07/post-02f1.html

広島市は、そうした絶好のチャンスを活かすどころか排除しましたが、鳥取ではポケモンイベントでかつてない観光客をゲットし、いきつけの理髪店の一家も行っていましたし、東京の知人経営コンサルタントは、そのイベントで鳥取に行き、行っていない都道府県は島根だけになった、と言っていました。

ポケモンに限らず、多くの観光地でもARによる解説が増え、スマホやタブレットをかざして見ている人が増えていますが、一時は進んでいた広島市のICTは、すっかり後退しています。

また、今、映像による世論操作は圧倒的に保守が優勢で、YouTubeの視聴数も、保守系メディアがリベラル系を桁違いに圧倒しており、若者の保守化=安倍支持が多くなっていることも気になるところです。

投稿: 工場長 | 2019年1月25日 (金) 15時44分

« 鉄道車両の置かれたブック&ステーショナリーカフェ | トップページ | フクロウの根付 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

最近、AR(拡張現実)やVR(仮想現実)を使った観光案内が増えてきました。例えば震災前の熊本城でも、スマホをかざすと、今現在の風景に、戦国時代の武将などが投影され、その戦闘シーンを目の当たりにするような仕掛けがありました。

広島市でも秋葉市長時代には、平和公園周辺にWi-Fiを整備し、こうしたARを取り入れた解説などが試行されていましたが、松井市長はそれらを全て撤去してしまいました。そして、Pokemon Go で行われていた記念碑の説明なども撤去されたということです。

今年は、その市長選挙をはじめ、選挙ラッシュとなりそうですが、いくら選挙権があっても、投票できる候補者がいなければ、選挙権の行使はできず悩ましいことになります。それにしても未だにITも取り入れず多くの民意を切り捨てている現行の選挙制度(特に小選挙区)は憲法違反としか思えません。すっかり話題がズレてしまいましたが…

工場長さま

プロジェクトマッピングとかeゲームとか色々ありそうですね。
でも今の市長に期待するのは無理そうですね。

工場長さん。
広島市の各地に原爆時のモニメントのようなものがありますが、そこでVRで当時の現状が再現できたら、もっと関心が生まれるでしょうね。
真剣に話を聞いている人もいれば、退屈そうな人もいますが、話でなく映像なら関心は大きくなるでしよわうね。

やんじさん

以前「ポケモンの平和利用」という記事で書いたことですが、市内にある多くの慰霊碑やモニュメントはPokemon GOでアイテムのもらえるポケストップという場所になっています。

http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2016/07/post-02f1.html

広島市は、そうした絶好のチャンスを活かすどころか排除しましたが、鳥取ではポケモンイベントでかつてない観光客をゲットし、いきつけの理髪店の一家も行っていましたし、東京の知人経営コンサルタントは、そのイベントで鳥取に行き、行っていない都道府県は島根だけになった、と言っていました。

ポケモンに限らず、多くの観光地でもARによる解説が増え、スマホやタブレットをかざして見ている人が増えていますが、一時は進んでいた広島市のICTは、すっかり後退しています。

また、今、映像による世論操作は圧倒的に保守が優勢で、YouTubeの視聴数も、保守系メディアがリベラル系を桁違いに圧倒しており、若者の保守化=安倍支持が多くなっていることも気になるところです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 次はデジタル公園?:

« 鉄道車両の置かれたブック&ステーショナリーカフェ | トップページ | フクロウの根付 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31