広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 健康という病? | トップページ | サンタクロースの絵のある住宅 »

2018年11月22日 (木)

「野外×アート×まちなか」のイベント

善福寺公園で開かれているイベント、
「野外×アート×まちなか ・トロールの森 2018」に行ってきた。
https://www.chuosen-rr.com/event/trollsinthepark/

2002年からスタートしているという国際野外アート展。
トロールとは、北欧に住む妖精のことだという。
展示されているアート作品を「トロール」に見立て、森で妖精が遊んでいる様子をイメージしている」
とのことだ。
「30組以上のアーティストが参加し、野外での作品展示のほか、日曜・祝日を中心に行われる身体表現やライブ、ワークショップなどの多彩なプログラムがあります」とのことだ。
プログラムを見ると空間展示、身体表現、展示、ライブ、公演等に分類されている。
個人、グループの参加があることはもちろん、大学の研究室等の参加もある。
多種多様だ。

人が行動すれば、「アート」になるし、
最近は外国人の住民も増えているから、彼らがやれば「国際的」イベントになるというわけだ
面白い。

現代版町内会のお祭りといったらいいのだろうか。
こんなコンセプトなら、どこでもできそうだ。


11月3日〜11月23日とかなり長期間だが、イベントの殆どは土休日にしか開かれないようで、この日は平日とあって、まったく閑散としていた。

いくつかの作品は、作って置かれたままになっている。

その1つ、
池の淵に、井戸が掘られているのだろうか?
まさか。
母子が夢中になって遊んでいる。

古い鉄の把手を押すと、水がでてきて、
竹を割って作られた樋を流れる。
「素麺流し」みたいだ。
樋の上には、小さな可愛いらしい水車がいくつも置かれ、
鴨らしき形をした水鳥が流れに逆らって泳いでいる。
幼児を連れた母親が懸命に水を汲み出している。
よく見れば、井戸は掘ったのではなく、池の水を組み上げ、池に流している。
面白い。
タイトルは「ガチャ・くるっ・水池」、空間展示に分類されている。

930446038cb04413aec5b4ac3de60c80_2

大きな樹の枝に、絵馬がかけられていたりする。
森の妖精にお願いしたということだろうか。


このようなイベントなら、参加イベントが少しづつ増え、いずれ大きなイベントになるのだろう。
広島でもやったらいい。


元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 健康という病? | トップページ | サンタクロースの絵のある住宅 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/67403542

この記事へのトラックバック一覧です: 「野外×アート×まちなか」のイベント:

« 健康という病? | トップページ | サンタクロースの絵のある住宅 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31