広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« こんな面白い都市がある国とは思っていなかった1 | トップページ | 教育と文化の都市 »

2018年8月31日 (金)

政策的に作られた都市のシンボル!

政策的に作られた都市?

キャンベラの街は大きな三角形のつくる点と線が街の構造を決めている。
その三角形の頂点の1番大きな丸い点の中に国会議事堂がある。

丸い点といっても、点の面積は32ha 10万坪、ディズニーランドほどの大きさだからでかい。
その中に、大きなX字型の屋根が丘状にかけられ、
その下に上下両院の議会、事務棟が配置されている。
建物は床面積は 25ha 8万坪、4500室もあるというから馬鹿でかい。
その周りを緑の公園が囲い、さらにその外側を中央分離帯のあるような道路がグルリと回っているのだ。

http://earthjp.net/dt/img/m_0611040002.jpg
E5e8637b605542cc8876630fb08f2495


その国会議事堂が、キャンベラの35万人の街の中心になっているのだ。

1988年にオーブンしたというから、まだやっと31年しか経っていない。

設計は国際コンペで、アメリカの設計事務所が当選したという。
国にとって最も大切な国会議事堂の設計を外国人に任せたというのだから素晴らしい。
そんなことは通常は考えられない。

X字形の丘状に作られた屋根の上には芝生が張られ、
地面についた端から、人が屋根の上に登れるようになっている。
なんとも大胆な発想だ。
誰でも国会議事堂の上に登れるわけだが、今回は誰も登っている人はいなかった。
建物の中には、空港のチェックよりちょっときついチェックがある。
ベルト、時計まで外すことを強いられた。
私は未だ日本の議事堂すら見たことはないが、内部はそう大差ないように思えた。

この国会議事堂が街の中心となっているのだから、可笑しい。

全共闘華やかりし時代だなら、
真っ先に壊されていただろうと思える。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« こんな面白い都市がある国とは思っていなかった1 | トップページ | 教育と文化の都市 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/67115540

この記事へのトラックバック一覧です: 政策的に作られた都市のシンボル!:

« こんな面白い都市がある国とは思っていなかった1 | トップページ | 教育と文化の都市 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30