広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

2018年7月

2018年7月31日 (火)

プロ野球にZOZOTOWNが参入?

ファション通販のZOZOTOWNの社長前澤友作氏がプロ野球への進出の意向を公言した。

ホリエモンが「球団を買うより、新しい球団を作って、参入した方がいい」
とアドバイスしたとのこともあって、一気に騒がしくなってきた。

私はその昔、プロ野球球団の買収、球場の建設にちょっと関わったことがあるので、
この話の成り行きにはちょっと興味がある。

いっときはプロ野球球団frの赤字負担が膨らみ、そこまでして持つメリットはないといわれ、
近鉄と阪急が合併するなどとも噂もされた。
結局、近鉄はオリックスになり、阪急は楽天になった。

企業が合併、吸収などされるとは、企業としては縮小する時であり、
分裂するときのは、発展する時だといわれている。

英華を誇った新聞社も鉄道も今は縮小、斜陽傾向の時であり、
リース企業、IT企業は発展的傾向にあるというわけだ。

IT企業のDeNAに、横浜ホエールズ球団は買収されたが、
その前はテレビ放送のTBSがメインのオーナーだった。
メディア企業もやばくなっているようだ。

こうした視点からみれば、中日も巨人もやばいのではないかと思える。

そんな状況のなかで、広島カープは親会社をもたず、黒字経営を続けているのは、驚くべきことだ。松田氏は親会社からの支援を受けず、きちんと黒字経営を続けてきたことは、プロ野球の球団の経営のあり方について新しいビジネスモデルを提案しているといえるかもしれない。

ホリエモンは、ZOZOTOWNはプロ野球球団を買収しても、
球団が端数になるので、上手く試合が組めなくなるから、
この際、セ、パ両リーグにそれぞれ2球団づつ、計4球団つくったらどうかといっているらしい。

そんなこと可能かね。


でも日本ではマイナーリーグともいえる都市対抗野球チームがある。
今年の後楽園ドームでの決勝大会には、参加チームは32チームもあるから、プロ野球の予備軍は相当に整っているともいえる。
その歴史も昭和2年、1927年に第1回大会が開かれたというから随分と長い。

この際都市対抗野球機構とプロ野球をつなげる仕組みができれば、様々の新しい可能性が生まれるかもしれない。

都市対抗野球大会にさんかしているJR東日本、NTTドコモ、トヨタ、三菱グループのプロ野球への参加、それにZOZOTOWN、メルカリとかの企業の参入も考えられる

かってプロ野球球団のフランチャイズのあった川崎、それに新潟、岡山、沖縄等に新しくフランチャイズができるかもしれない。

野球をみる観客としての立場からすれば、より多くのチームが生まれることで、より多様性のある試合が見られるようになり、野球をみることが楽しくなるだろうし、
それはさらには新たな地域創生モデルが生まれるかもしれない。

「スポーツ有料動画配信を手掛けるイギリスDAZNは、サッカーのJリーグと10年間、2100億円の独占放映契約を結んだ」というが、
そうしたことがプロ野球機構にも採用されれば、選手も球団も相当に経済的めぐまれるだろうことも予想される。

ZOZOTOWNの参入ができれば、日本のプロ野球ビジネスも大きく変化し、面白くなることはさ確かだろう。

期待したい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


はたして一流のプロ選手がそれだけたくさんいるのでしょうか。
Jリーグはチーム数が多いけど、トップ選手は海外に行き、そのためにしたから上げる。
今のJ1の試合を見ても、なんか昔の日本リーグの試合を見ているようで、プロなのかと思います。
もし、プロ野球がチーム数を増やすなら、外国人枠を増やすか撤廃するべきですね。
プロ野球が健全な経営をするためには、親会社が人件費を支払っても、広告経費のように扱われるプロ野球だけの特別税制をやめないと。

投稿: やんじ | 2018年7月31日 (火) 08時40分


やんじさま

プロ野球だけに特別減税として認められているのですか。
それはやめたほうがいいでしょうね。

そのけっか、料金がが高くなることもあるでしょうし、選手の給料が減るとということもあるでしょうね。
そうなったことで観客がへり、給料が減り、選手が減って、経営が成り立たなくなって、プロ野球球団が減るようなら、プロ野球なんてやめてしまった方がいいかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2018年7月31日 (火) 16時39分

2018年7月29日 (日)

公園のトイレのネーミングライツ

友人の住む新宿区で、トイレのネーミングライツの募集をしているという。

トイレをネーミングライツ対象にする?

野球場といえば広島市民にとっては「ズムズムスタジアム」のことであり、
マツダがネーミングライツを取得し、運営している球場であることは誰でもが知っていることであり、違和感はない。

しかし「上野学園ホール」といわれると、ちょっと戸惑う。
以前はは広島郵便貯金ホールといっていたが、その後広島県が所有し、RCCグループが運営管理し、学校法人上野学園がネーミングライツを取得し「上野学園ホール」となって、現在にいたっているようだ。

上野学園ホールといわれて、ちょっと戸惑うことはあるが、
それほど困ることはない。
ネーミングライツに絡んで特に不正も起こっていないようだ。

区で作ったトイレについてみれば、
企業の看板を掲示するだけでなく、同時に清掃、維持管理も任せているらしいが、
企業にとってみればその企業のイメージアップになり、
利用者にしてみれば綺麗なトイレが使えるということになり、
区としてはそこそこの収入になるということらしい。

そんなことなら公共施設はネーミングライツでどんどん売ってしまえばいいのではないかとすら思っていたが、東京都杉並区や渋谷区は2009年度からトイレに限らず、区立の施設をネーミングライツを導入しているのだという。

杉並区では区の体育館や駐車場博物館まで対象を広げているのだという。

税金が上がるよりもいい。

専門の委員会なりを作って、積極的に進めればいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


確かに税収以外の収入で、住民サービスが向上したら良いですね。
ネーミングライツの困る事は、知らぬ間に名前が変わっている事ですね。
地域外からの訪問者は、新しい名前で呼びますが、それを知らなかったら、それどこ?になりますからね。
それとマツダスタジアムは、初めからネーミングライツを利用してますから、あそこが市民球場だと知らない人も少なくないようです。

投稿: やんじ | 2018年7月29日 (日) 05時30分


やんじさま

いつも的確なご指摘をしていただき、ありがとうございます。

ネーミングライツもご指摘いただいたようなことは。導入するまえから懸念されていました。。
導入した結果、プラスの方が大きいだろうと行政では判断しているようです。
名前が度々変更されることなどは、スマホのナビがあるから、それほどデメリットが目立たなくなっているということもありそうですね。
時間をかけて導入されていくというのは、いいことかもしれませんね。

投稿: 元安川 | 2018年7月31日 (火) 16時30分
 

2018年7月27日 (金)

台風12号は西に向かう

台風12号は27日まで東に向かっていたが、それがなんと突如進路を北に変え、関東地方を直撃すると予想されていたが、
27日 10時の予想ではさらに進路を西に変え、明後日29日にはなんと広島の上空を通りそうだというのだ。

D3aedc686903423d90bf0bd7037478d6


私は台風とは西から東に向かうものとばかりに思っていたが、
この「台風12号は東から西に向かう」というのだ。
こんな変なコースをとる台風なんて、私はまったく知らない。

なおかつ高気圧が2つ西にあり、東に低気圧がある。
それでも西に向かうというのだ。

隅田川の花火は明日に延期されたようだが、
羽田空港発の飛行機はほとんど飛んでいる。

台風もおかしくなったようだ。

広島のさらなる被害が心配だ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


クルージングで1000万円!

趣味の教室から帰ってきた妻が、面白い話をしていた。

メンバーの1人が、クルージングから帰ってきて、
「クルージングの参加者は、呆れるほどみんな年寄りだって。
クルージングの間に、必ず1人くらいは亡くなるらしわよ。
そんな時は、次の港で降ろすんだって。
中には、途中で認知症になってしまう人もいるらしいわよ」
と言っていたという。

ヘーッ。

別の友人は
「クルージングなんて、船に乗ってる間、ずっと旦那と一緒なんでしょう。
よく耐えられるわねー」
とも言ってたという。

優雅?
もったいない?

「クルージング費用は1千万円もするそうよ」

私は船酔いはするし、
・・・
関係ないか。
???

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私の知人にも毎年のように長期のクルージング旅行に行く知人がいますが、いつも平均年齢70歳以上で、殆どが老夫婦、私と同じで、もうすぐ前期高齢者の彼も最年少であることが多いといいます。何ヶ月もかけて旅行するというのは、そういう年齢にならないと難しいのでしょうね、特に日本人は。

女性としては夫と一緒でも家事をしなくて良いというのが最大のメリットだそうです。

投稿: 工場長 | 2018年7月27日 (金) 07時48分


工場長さま

妻も、夫と一緒に旅行すると料理、家事をしなくていいというのがいいといいます。
家では、私にあれをしてください、これをしてください、といい続けています。
だから旅行に出たいのですが、
先立つものがありません。

投稿: 元安川 | 2018年7月27日 (金) 10時17分

2018年7月26日 (木)

豪雨の予報はスマホで

西日本豪雨災害の解説で、専門家が「雨の予報はスマホで、レーダーの情報を見るように」と言っていました。

つまり「局地的な大雨は、まばらにしかない観測地点のデータでは分からないので、実際の雨雲を捉えているレーダーの情報でないと分からない」ということです。

Photo

以前も「降水量ゼロなのに土砂降りだった」ということを書いたことがありますが、これは大気汚染では、もっとで、自分で測定器を持っていなければ分からないと言ってもいいかも知れません。

特に何故かPM2.5の観測地点は、PM2.5の少ない海辺に多くありますし、例えば東京などでは隣り同士の観測所の値が桁違いに違うこともあります。そして、空気は風向きで一気に変化しますから、今いる地点の状況は判断できません。

過去にも、福島の原発が爆発した時、テレビで解説する専門家が「放射線は距離の二乗で減衰する」などと、まるで現実離れしたことを言い、政府もそれに従って避難誘導したため、放射能の多く降り注ぐ地域に住民を誘導し、無意味に被曝させましたし、東京でも多くの人が被曝しました。

実際に、測定器を持って移動すると、数キロの移動で数値が数倍になることも珍しくありませんが、その間に観測地点は一つもありません。

PM2.5は放射線と同様に感じることはできませんし、健康な人には「直ちに影響はない」ものです。しかし、肺から直接血管に入り、循環器に悪い影響を与え、ある確率で重篤な疾病をもたらします。

ところで私の持っている測定器は200を超えると警報が鳴りますが、例えば、広い部屋の隅の換気扇の下でタバコを吸う人がいると、一気に300を超えて警報が鳴り出します。一度こういうことがあると、今までは隅の換気扇の下でタバコを吸っていた人も、外に出て吸うようになります。ただ、外で吸って入ってきても、数値は上がります。それが副流煙というものなのでしょう。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年7月25日 (水)

真備町死者の9割が自宅で、ほとんどが1階で見つかる

今回の西日本豪雨での被害はかなり広域であったことと、広島県では約5000カ所もの土砂崩れが起こったということに特徴があるようだが、
もう1つ、@nifty ニュースによれば、岡山県真備町の洪水では
「死亡したのは男性22人、女性29人の計51人。
検視の結果、死因の9割以上は溺死だった。
自宅で遺体が見つかったのは全体の9割にあたる45人前後。
65歳以上の高齢者が45人と9割近くに上り、
多くが1階で亡くなっており、2階建て以上の家に住んでいて上階へ避難できれば助かったケースも少なくなかったはずだ」
ということが挙げられるだろう。

この真備町のケースからみれば、垂直避難もかなり有効であったもといえるだろうが、
それだけでなく、家の建設する際、老人は足が不自由だからとして、1階だけで生活できるようにしていたことも、却って仇となっただろうこととも考えられる。

それなら、
高齢者対応の住宅用エレベーターを設置するというのも1案だが、それはそう簡単なことではない。

そうであれば、なおのこと、地域の人たちが協力して「逃げ地図」を作ることの方が、
コミュニティのあり方も考えていくことにもなり、より好ましいことのように思えるが。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


知人がオーストラリアに住んでいましたが、洪水の多いその地域では、殆どの家は二階に玄関があり、二階での生活が基本、ということでした。

基本的には平坦な土地の広がる地域で、夏には洪水どころか乾燥して地割れするような場所だそうですが、何年に一度か何十年に一度かの災害に備えてあるようでした。知人が住んでいたのは築70年と言っていましたから、かなり昔からそうなっていたようです。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 14時09分


工場長さま

オーストラリアで2階に玄関があるのですか。
初めて聞きました。

まあいずれにしろ、便利な住宅というだけでなく、
安全な住宅というのが、これからの時代のテーマになりそうですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月25日 (水) 17時11分

2018年7月24日 (火)

沖縄が避暑地になる?

最近、沖縄に行った人が「沖縄は涼しかった」と言っていましたが、確かに、今日(2018年7月23日)の気温をみても、沖縄は北海道と雨の仙台を除いて日本のどこよりも涼しいようです。

Photo

これまでも「地球温暖化」という言葉の使い方には違和感を書いてきましたが、「異常気象」とか「想定外」とか「かつて経験のない」という言葉は、どうも言い訳めいたものを感じてしまいます。

日本の平均気温は100年で1度余り上がっていて、東京は4度だという記事を見たことがありますが、もしそうなら、この差の原因は地球規模のものではないように思えます。

そもそも、その地域の気温は海流とか気流(高気圧や低気圧)あるいは天候に大きく左右されるもので、それは100年に何度という小さく緩やかなものではありません。

さらに、日本における気温上昇で最も顕著なのが東京など都市部であることを考えると、自然現象だけとも思えません。

また、災害にしても「観測史上最大」が、単に20年前に出来た観測地点におけるものであったり、「かつて経験のない」という表現も単に個人の経験であり、人類や日本人、あるいはその地域の人でも歴史の上では何度も経験していることであったりします。

大きな地震、巨大な台風、大規模な津波は過去にいくらでも経験しており、土砂災害も毎年のように経験していることです。

地球誕生の時は大気の99%を占めており、恐竜時代には1%、今では0.4%であっても二酸化炭素の増加は温暖化の一因かも知れませんし、温暖化が異常気象の一因かも知れません。しかし、特定の地域の気温上昇や災害、感染症には、もっと大きな要因がありますが、何でも「温暖化」で説明するのは、何か責任逃れのように感じるのです。

人類がかつて経験がないことは、今のスマホ社会であったり、これから始まる完全自動運転であったりで、原発の過酷事故ですら10万年に1度は想定内であり、事故そのものは想定されていたことです。

100年に1度のことが100年に1度起きることに何の不思議もありません。
もう少し歴史という事実を前提に物事を考える必要があるように思います。
そして、災害が想定内のことであるという認識の上に、根本的な対策、体制が必要で、それについては「ヒロシマの心を世界に」に素晴らしい解決策が展開されています。

それにしても、半世紀以上前の東京オリンピックですら、暑くて秋に行ったのに、この「命に関わる危険な暑さ」の東京で行うのでしょうか。「命よりお金」なのでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

先日、40度の名古屋にいましたが、その時に見た他の国の最高気温はニューヨーク25度、ロサンゼルス22度、ホノルル28度、北京30度、と太平洋沿いで日本と同じ緯度の都市の気温は、日本のどの都市より低い気温でした。
その時の那覇は31度で、沖縄にはよく行きますが、いつもは名古屋で長袖でも、那覇で半袖が普通なのに、逆転しているというのは、とても地球の問題じゃないように思えます。

投稿: 沖縄大好き | 2018年7月24日 (火) 11時09分


とにかくこまめな水分補給が重要ですね。

投稿: 通りすがり | 2018年7月25日 (水) 13時38分


沖縄大好き さん

半世紀前に習った経営手法に「ABC分析」「パレート分析」などがありました。
要するに限られた経営資源を影響の大きいところに重点的に配分する手法で、目の前の危機に対しては、短期、中期、長期の取り組みも重要ですが、政府の取り組みはどれもがバラバラに思え、それこそお友達の利権でしか動いていないように思えることが残念です。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 13時54分


通りすがり さん

熱中症対策で水分補給を強調し過ぎるのはやや問題もあるように思います。
確かに、汗をかくような場合は、水分と電解質の補給は重要ですが、熱中症というのはあくまで熱が問題です。

熱中症で亡くなる人を年代別にみると、未成年はスポーツ、成人は仕事、高齢者は屋内それも夜というのが多くを占め、数としては高齢者が圧倒的ですが、その高齢者が水分を過剰にとると逆効果で、最も重要なことは涼しくする=エアコンを使うことです。

各年代で原因は違うので、十把一絡げではない注意喚起が必要だと思います。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 13時55分


カルフォルニアで50度を越したと言う報道がありますが、やはり地球規模の猛暑なのではないでしょうか。

投稿: 通りすがり2 | 2018年7月25日 (水) 14時22分


通りすがり2さん

確かに、カリフォルニア州デスバレーで52度を記録したという報道があり、これもまた「地球温暖化」の結果とする報道がありますが、デスバレーは過去にも56.7℃を記録したことがあり、50度を超えることも珍しくなく、それを体験した知人によると「日本の猛暑ほどは暑くない」ということでした。

それは、ハワイなどでも同じ気温ならハワイの方がずっと過ごし易いように、湿度が10%程度と低いことと、真冬の北海道で寒い目にあうことがない(むしろ暑い)ように、オアシスにはホテルや店もあり、昔から暑かったり寒かったりするところでは、それなりの生活様式ができているようでした。

投稿: 工場長 | 2018年7月25日 (水) 14時40分

2018年7月23日 (月)

ふるさと納税の返礼品で、お墓掃除と空き家見守り

先日の日経新聞夕刊に興味深い記事が載っていた。

ふるさと納税の制度は2008年に始まったそうだが、
私もその制度の始まったすぐの頃、屋久島町の観光アドバイザーともいえる「いとこ」に指名された縁もあり、いくらか寄付したことがある。
その時は、用途も限定せず、返礼品の指定もしなかった。

それが今、
なんとインターネットで簡単に申し込める手軽さと、返礼品の魅力が加わり、納税額が急激に伸びているのだという。
ふるさと納税をする人が増えたのはいいが、返礼品の豪華さを競う風潮になり、ふるさと納税納税額を越えるほどになっていたり、ふるさと自治体の名産品とは関係ない品を返礼したりするケースが増え、顰蹙を買っていたとのことで、とうとう総務省は返礼品の額は寄付額の3割以下に抑えるように通達がだされる状況になっているのだという。

C06d997ec52a4102a3ff3c658a52b5aa

そうしたことに対し、
高松市等いくつかの市町村では、お盆、お彼岸でも先祖代々のお墓参りに帰れない人のために、お墓の清掃やお花を供えるといった「墓地の清掃サービス」をするとか、
空き家となった実家の管理や日本郵便が始めたというふるさとに残った高齢者の「みまもり訪問サービス」を加えるようになっているという。

素晴らしい!

私自身も、さして遠くはないが、先祖代々のお墓から離れてしまっており、
お墓の掃除が難しくなっている。
そのお墓の掃除等をお寺に頼めないかと思っていたところだ。

それをふるさと納税と組み合わせて、やってくれるのであれば大変助かる。

市町村という自治体もただ税金を増やそうというのでなく、
こんな粋なサービスをすることも考えたらいい。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ふるさと納税で物を購入してもそれが減税になり、また購入しているのに消費税も支払わない。商品の価格は、納税額の1%未満だとすべきですね。
ふるさと納税は、その行政と取り組みに対してすべきではないでしょうか。
教育や防災対策など、地方行政の財政に貢献するものに限定すべきだと思います。
それに、ふるさと納税の返礼品をどのように決めているのかも不透明だと思います。
個人の私有財産の維持管理をふるさと納税で使うのも間違いだと思います。これは民間に有償で自分で依頼すべき事です。これが許されるならその他に住んで住民税を納税している人の私有財産の維持管理も行政がしなければならないと思います。私有財産の維持管理費で減税できるなら、住宅の修繕費やリホーム代また生活に必要な家電代も必要経費として控除されるべきです。

投稿: やんじ | 2018年7月23日 (月) 13時28分


やんじさま

なるほど、言われることもごもっともですね。

返礼品には、参加している企業にも、自治体にも、それなりのメリットはあるのでしょうが、それが現状では、いささか行き過ぎているといると言えそうですね。
上手い妥協点を早めに見つけて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月23日 (月) 14時09分

2018年7月22日 (日)

命にかかわる大気汚染

「命にかかわる暑さ」が、しつこいくらい報道されていますが、全く報道されていないのが「命にかかわる大気汚染」です。

今(2018年7月20日)の広島の大気汚染と、大気汚染が酷いと言われる中国の上海や南京の同日同時刻を並べてみましたが、断然、広島の大気汚染の方が「勝って」います。今や広島と勝負できるのは北京くらいのものでしょう。
20180720_155142
20180720_155206
20180720_155218

私は呼吸器にも循環器にも病気を持っているので、PM2.5を測定できる機器を持ち歩いていますが、これまでは広島市内でも比較的空気の綺麗な自宅は5〜10μg/m3で、市の中心部だと20台という感じでしたし、先月旅行に行った北海道ではゼロか1、筆で有名な熊野あたりでも日頃はゼロか1でした。

ただ、気象庁のPM2.5予想で「非常に多い」となると、実は海辺より山間部の方が、一旦地面に落ちた汚染物質が風などで再飛散するので、我が家では20止まりでも、熊野では50くらいに跳ね上がることもありました。

しかし、土砂災害の翌日から、PM2.5の値は日を追って上がり続けました。

Pm25

気象的に説明すれば、土砂災害は太平洋高気圧の影響によるもので、その後の猛暑はチベット高気圧によるものであり、チベット高気圧は暖気と暖気のために下降気流を作り、PM2.5の濃度が上がる、という説明はできます。

しかし、それを考慮した予想が「少し多い」という予想だったはずですが、観測値は「極めて多い」という結果になっています。

しかも「極めて多い」という表現は36以上ですから、80という観測値は「かつて経験のない」というのか「命にかかわる」とでも言うレベルかも知れません。当然ですがAQIも150を超えています。

大気汚染と言えば、中国あるいは中国からの越境汚染としか報じられませんが、もともと日本の大気汚染に対する環境基準は甘く、多くの死者を出してきたことは、これまでも書いてきた通りです。

呼吸器科の主治医は「マスコミは花粉症の予報は報じるが、大気汚染については報じない。花粉症で死ぬことはないのに」と憤っています。そしてこの数日は喘息の新患が急増しているとのことです。

福島の原発が爆発した後の数日、政府は東京などでは内部被曝を避けるための警告をすべきでしたが、データを出すこともなく、多くの日本人を被曝させ、被曝した人たちは何十年にも渡って内部被曝を受け、それが原因で100万人の日本人が亡くなるという報告もありますが「直ちに」ではありません。

どうも、中国に原因のあることは大きく報じても、国内に原因のあることは報じないのではないか、と勘ぐってしまうのですが、特に「直ちに影響のないこと」は触れたくないのかも知れません。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


数日前に、朝から遠くの景色が見えないほど白くガス?ってました。
ネットで大気汚染を見るとやや多いでしたが、あまりにも酷かったですね。
大きな高気圧が運んできたのでしょう。
そして数日前の夕方には、「光化学スモッグ」の注意報が出ていてビックリでした。久しぶりに聞いた言葉です。
大気を白く濁らせている「もや」が光化学スモッグだと。
公害が酷かった時代には、屋内に避難するようにマスコミは大きく報道してましたが、今は全く報道されないのは良くない事ですね。
気管支系の病気を持ってる人もですが、目や喉を痛めたりする大変な事なのに。

投稿: やんじ | 2018年7月23日 (月) 13時16分


やんじさん

大気汚染は多くの先進国が経験してきたことで、日本も一時期は一年のうちの300日以上、注意報が出ていた時代もありました。流石に今は改善されていますが、それでも一ヶ月近くは注意報レベルです。

何より私は、多くのメディアが花粉の飛散は報じて、命に関わるPM2.5については殆ど触れないことに違和感があります。

特に今回は、まさに「今まで経験したことのない」レベルでしたし、全国を見ると、越境汚染の場合とは違って、豪雨災害の地域に多かったことからも、豪雨災害と無関係とは思えませんでした。

投稿: 工場長 | 2018年7月23日 (月) 19時37分


2018年7月21日 (土)

フランスパンを焼く前にひと吹き!

フランスパンを焼く前にひと吹き!

妻がDONQでフランスパンを買ってきた。
長さ8cmくらいの小さなスプレーも付いていた。

そういえば、以前テレビで
「パンを美味しくいただくには、焼く前に水をスプレーするといいですよ」
とのことを報じていた。

その時は「そうかもしれないな」とは思ったが、
丁度手頃なスプレーっもなかったことで、そのままになってしまっていた。

このスプレーは洒落ている。
早速、使ってみた。

Ba9b5470748048a08b90e84ed279f7bb


冷凍してあったフランスパンに、スプレーしてから、
焼いて、食べると、確かに柔らかく、美味しい!

今までスプレーしないで焼くと、ちょっと固くなってしまう。

こりゃ、便利だ。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年7月19日 (木)

私の「逃げ地図」を作ろう!

先日テレビで「逃げ地図」について報じていた。
「逃げ地図」

「ハザードマップが作られているのに、見ていない人がほとんどだった」
「今までも、なんでもなかったから、今回も大丈夫だ」
とういうことが、災害を大きくしてしまったようだともいっていた。

今回の大雨は、前が見えなくなるようなこともなかったが、大雨が延々続き、それも極めてて広い範囲に降り続いたことは、前例のないことだともいっていた。

前例がないことだからといって、諦めるのでなく、
日頃から、いざという時にどうするか、いかに逃げるかということを地域のみなさんと一緒に考えておくべきだという。
そのためには「逃げ地図」を作ったらどうかというのだ。
もっといえば「(私の)逃げ地図」を作ると言った方がいいかもしれない。

考え方としては、7月11日のこのブログでも取り上げた室崎氏の「垂直避難でなく、コミュニティ避難を」というのと同じ考えだが、
http://hiroshima.moe-nifty.com/blog/2018/07/post-aad4.html
この「逃げ地図」を作るというのは、その考えを具体化しているといって良さそうだ。

ネットで検索すると、「逃げ地図」について、国立社会技術振興機構の平成26年度研究報告書として、千葉大学大学大学院教授木下勇氏がまとめている。
https://ristex.jst.go.jp/pdf/anzenanshin/JST_1115080_14532671_2014_kinoshita_YR.pdf

国の研究となっているからか、やたら小難しい言葉使いになっているが、
まあ要するに土砂災害や、地震、火事etc.の災害に対し、
自分の問題として行動するには「逃げ地図」を地域の人たちと一緒に作るべきではないでしょうかといっているようだ。

この報告書の中では広島市八木地区の土砂崩れの地域でのスタディも取り上がられている。

「逃げ地図」の作成の仕方は色々ありそうだ。
少しでも被害を減らすためにも、
全て地域、人々が作成するようにしたらいい。
費用はそれほどかからないはずだ!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


治水や河川計画に想定されていた最大雨量を超えたら、河川は氾濫するのは当然でしょうね。
今のような河川水観測なんて、簡単な目安でしかないのですから、河川の予想最大雨量に近い雨が降ったなら、避難勧告や避難指示でなく、今後予想される降雨量も考慮して、河川氾濫予測をして、何時間以内に氾濫するとした河川氾濫情報やすぐにでも河川が氾濫するとした河川決壊として情報を流すべきですね。
避難するには自分達の地域はどれくらいかかるかを知らないといけませんね。それも徒歩で夜間に。
そして、避難勧告は日没の2時間前には出さないといけないとしないと。
逃げ地図はいいですね。それを考える時には、どんな災害の時には何処に逃げるか、そこまでどれくらいの時間がかかるか、そして家族はそこへ集合する。

投稿: やんじ | 2018年7月19日 (木) 05時04分


やんじさま

今回のように大災害になったのは、
天気予報をする気象庁、
河川etc.をする国交省、
避難指示etc.をする地方自治体
の縦割り行政のあり方にも大きな原因がありそうですね。
それにもまして、
誰もが今回のように、何日も大雨が降るとは思っていなかったことにも問題がありそうですね。
喉元過ぎれば熱さ忘れる、なんてことにしたく無いですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月19日 (木) 10時30分

2018年7月17日 (火)

フリーになって、ネット技術で、収入を得る!

これって、彼の奥さんのことじゃない?

7月13日の日経新聞夕刊に
「フリーランスの働き方多彩に、
クラウドソーシングの大手5社の登録者 、18年末500万人」
との記事が載っていた。

彼の奥さんは、最初のころの4〜5年は平日にきちんと会社に出社していたが、
ここ数年は会社にはまったく出社せず、週に3〜4日「自宅で仕事」をして、給与をもらっているのだという。
会社には、仕事を始める時と終える時に連絡、それと業務内容について上司との連絡、
さらに重要らしいのは、愚痴を聞いてあげ、種々の相談に乗ることらしい。
それで、そこそこの収入になっているようだが、
決めた休日には「私の収入で賄っているのだからと、威張ってと、趣味の教室に通っている」のだと威張っているのだいう。

今の時代、ネットが使えなければ、生きていけないというほどになっているが、
そんな類の業務をわざわざ会社に行ってやらず、
ネットを使って、フリーな立場で仕事をする人を「クラウドワーカー」というらしい。
子育て中の女性に向いているというが、定年になった中高齢者にも向いているだろう。
それは女性に限ったことではない。
副業にしたっていい。
そんな人がなんと「昨年末で500万人を越え、4年前の3.5倍」にもなっているのだという。

仕事はウェブサイトの作成や翻訳など専門性の高い内容から、データ入力など経験が浅い人でもできる業務まで幅広いとのことだが、
クラウドワークスやランサーズなどの会社は、
仕事を紹介するだけでなく、そうしたウェブ技術などを学べる専門校と組んだ講座を開いたり、トラブルの対応までしているらしい。

彼の奥さんは正社員ではないから、
時代の最先端をいってるというわけだ。

素晴らしい!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私はこういう仕事を長いことやってきましたが、
フリーランス、クラウドワーカーをもてはやすような感覚に違和感が感じています。
私はひねくれているのかもしれませんし、頭がカタイのかもしれませんが、
フリーは安く使える労働力。制作側からすれば、値崩れの原因になっているような気がします。さらにパクリやコピーなど、モラルの面でも問題があります。
実際に優秀なwebデザイナーなどが廃業しています。
広告のあり方も激変している昨今、時代の流れかもしれないのですけど、
一定の収入を得て、続けていくことは難しいことです。
私は最近まで求人情報を見ていました。

投稿: nancy | 2018年7月17日 (火) 11時54分


Nancyさま

時代の最先端をいかれているのですね。
素晴らしい!
でもそんな人ほど、同時に、絶望感も感じていられるようですね。
頑張ってください。

投稿: 元安川 | 2018年7月17日 (火) 12時14分

2018年7月15日 (日)

ラッピング・カー

ラッピング・カー

ダイキン工業のショールームの前に停まっている面白い形をした車を見つけた。
何これ?

76f3fad9fd41452e8747c782174217c4


ショールームの受付の人に聞けば、ダイキン工業のマスコットだという。
名前は「ぴっちょんくん号」。
水に縁のある会社なので、こんな名前を付けたのだという。
面白い!
可愛らしいし、やたら目立つ。

トヨタの2人乗りの車 iQの屋根をちょっととんがらせ、キャラクターのぴちょんくんを描いたということのようだ。
200年の春、同社のルームエアコンのCMキャラクターとして誕生したとのことらしいが、
今では計7台も走らせているという。

私は初めて見た。

ダイキン工業は、そもそも工業用空調機やフッ素科学では世界屈指のメーカーだというが、
名前は聞いたことがあるが、製品にお目にかかったことはない。

これは、ある種のラッピング・カーとも言える。
近頃ラッピング電車、ラッピングバスは日常的に目にするようになった。

自動運転の車の開発はして欲しいが、
こんな遊びのある車は、もっと増えて欲しい。

街が楽しくなる!

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


ぴちょんくん、知っていますよ。
診療所の天井付けエアコンも
自宅のエアコンも
全てダイキンです。
最近の機種は
室外機や冷媒も
よーく考えられています。
更新するときも
ダイキン製品です。

投稿: 緩和ケア薬剤師 | 2018年7月15日 (日) 08時26分


レッドブルの車も派手ですよね、
最近はダイキンも家庭用のエアコンの販売にも力をいれているようですね。
マンションによくチラシが入ってます。

投稿: やんじ | 2018年7月15日 (日) 08時42分


緩和ケア薬剤師さま

ぴっちゃんくん、ご存知ですか。
ダイキンの製品も、もうちょっと真面目に検討してみます。
知らないからといって、無視するのが、一番まずいことですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月15日 (日) 13時07分


やんじさま

ダイキン、
新しい企業、製品がどんどんでてきますね。
それを楽しむ余裕が欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月15日 (日) 13時10分

2018年7月13日 (金)

夫婦なんて そんなもん?

妻がパジャマを買ってきてくれた。
DAKSだから、そこそこの値段がしたらしい。

パジャマなんてとバカにしていたが、
着てみれば、意外と寝心地がいい。

B8601e37164e4e08a271c219861a00aa


実は、私は夏でもパジャマは長袖でないとダメだし、
ボタン付きのシャツは嫌いだし、
上のシャツはきちんとパンツのなかに入れないと嫌なのだ。
そのため真夏というのに、冬のパジャマを着て、冷房を効かせた部屋に寝ていた。

暑がりの妻としては、そのくらいの寒さは良かったようだ。

それにしても、真夏に冬のパジャマはおかしいだろうと、
今回私の希望に適ったパジャマを買ってきたというわけだ。

何十年も結婚していて、ようやく私の思いを理解したというのも、おかしな話だが、
まあ夫婦なんてそんなもんだろう。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2018年7月11日 (水)

垂直避難でなく、コミュニティ避難を

7月6日から8日の間に1000ミリを越えるという記録的な大雨が、西日本の長崎、福岡、広島、岡山、京都、岐阜というとてもなく広い範囲の各地に降った。
死者126名、不明80名超ということだ。
建築物etc.への被害の状況は発表されていないが、膨大であることは推察される。

A1e1f4bfed544145960ad0a5b5f1e371


「あっという間に、濁流に飲み込まれた」という被害者の言葉も多く聞かれる。
屋根の上で救助を待つ人々も、テレビではよく写されてれているのも、今回の特徴だったように思う。

こうしたことに対し、友人の室崎益輝氏がfacebookに
「垂直避難」ではなく「コミュニティ避難」
というタイトルの大変示唆に富んだ記事を書かれていた。
彼は独立行政法人消防研究所理事長もされ、防災計画に大変実績のある人だ。

「・・・警報や勧告や指示が出されても、安全な避難場所に身を移す人が数パーセント以内と極めて少なく、自宅に取り残されて救助を求める人が多く、さらには悲しいことに、土砂や濁流が住宅に流れ込んだことで命をうばわれた人が極めて多く出てしまっています。

今のテレビで、「避難所に行けない人は、自宅の2階や崖から離れた部屋にいるように」という「垂直避難の勧め」が流されています。このメッセージを聞いて、2階でも大丈夫だと思ってしまった人が少なくないのでは、と推測しています。

「遠い、不自由、暗い」といった理由で、指定避難所に避難したくないと潜在的に思っている人ほど、「2階があるから」と避難しない傾向にあります。

しかし、今回に限らず過去の災害を見ても明らかに、土砂、流木、濁流で住宅が無残に破壊され、命をうばわれた人が沢山います。崖に近い住宅、渓流の出口にある住宅、河川のそばにある住宅などは、2階にいても崖から離れた場所にいても、危険だということです。

「出来るだけ安全な場所に、出来るだけ早い段階で、みんなで誘い合って、空振り覚悟で避難すること」が、大原則だということをもっともっと強調しなければなりません。「垂直避難」といった曖昧な幻想を不正確に振りまいてはいけないと、思います。

とはいえ、指定避難所は遠く、夜間の移動は危険、お年寄りには過酷といった問題があることも確かで、それが避難を躊躇させていることも確かです。その問題点を改善することが不可欠で、指定避難所を避難したくなるような快適な場所に変えること、避難したくなるような場所を指定避難所にすることがかかせません。

私は、近くのコミュニティの中の個人宅でもいいから確実に安全な場所を、みんなで相談して、地区防災計画などで取り決めておき、逃げ遅れた人や高齢者などの避難場所にする、「コミュニティ避難」を推奨すべきだと思っています。」

というような発言をしている。

洪水の起こらないような川の流れ、堤、調整池etc.を作ることは大切なことだが、
こうした災害に対して「逃げる」にしても「いかに逃げるか」を考えておくかも、さらに重要なことだというわけだ。

この際、彼の発言をもう一度噛み締めてみる必要があるのではないだろうか。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


国土強靭化計画がそうですが、
どうも日本国民は、なにかあるとお国、行政でなんとかしてくれという傾向があるようですね。

「逃げる」ということは個人でできることですから、日頃から、考えておく必要がありますね。

投稿: オクニ | 2018年7月12日 (木) 12時05分


今まで大丈夫だったから、まだ大丈夫だとしてなかなか逃げようとしない高齢者もいるようですね。
八木の土石流の時と違って、怖いような豪雨でなく、強い雨が降り続いていたので、まさかここまで酷くなるとは思わなかった人も少なくないと思います。線路の下を通るアンダーパスは浸水してなかったですし。
それと河川の氾濫をいまだに危険水位で判断してますから、これでは逃げる時間は殆どないでしょうね。河川計画では、流域の状況と流域に降る最大雨量を想定しているのですから、どれくらの雨が降れば氾濫するかある程度計算はできると思います。最近の天気予報は一日前から予想降雨量が発表され、時間が近くなると精度は良くなります。
降雨予測で避難指示や勧告は、危険水位観測よりかなり早い時間に出せるでしょう。
それと河川の観測は、水位だけだなく流速などで流量がどうなのかを求めますが、流速なんて計測してないのではないでしょうか?
時間当たりの流量の変化で、水位観測より早く危険かわかるのですから、それが情報として出ないのも問題だと思います。
災害に対しては、まだまだアナログなのは何故なんでしょうか?

投稿: やんじ | 2018年7月15日 (日) 08時38分

2018年7月 9日 (月)

I oT 時代のキッチン?

息子が家を建てるというので、
いずれ、我が家のキッチンをリホームするときの参考にと、
妻と一緒に、息子にくっついて、パナソニックのショールームを見にいった。

息子のオーストラリア人の奥さんはあまり料理はしないらしく、
料理好きの彼が、キッチンの詳細を決めていいいといわれたとのことだ。

最近はIHヒーターが増えているが、料理好きの彼はガスヒーターでなければダメだとこだわっていた。

私自身は、30年くらい前に我が家を建てた時には、設計者に全て任せてしまったので、
出来てから妻に「ここが使いにくい、あそこが使いにくい」と、
建ってからは、文句をいわれ続けている。
という経緯もあり、妻はすっかり、夢中になって見て回っていた。
この先が思いやられるなー。

キッチンなんて、さして技術的に進歩はしていないように思っていたが、
安全性etc.による法的規制も強まり、
パナソニックはコンロを横に3つ並べ、コンロの手前に10cmくらいのスペースを設けた、より安全なモデルを開発したようだ。
パナソニックは、最近はこのモデルを売りにしているようだ。

こんなことでと思ったが、
妻はひどく気に入ったようだ。

年寄りにとって使いやすくもなっている。

天板はステンレス系、FRP系の人工大理石etc.とあるが、
一体成型ができるようになったおかげで、かなり多様なキッチンができるようにもなっている。

一応全体を決めたところで、
お茶を飲んでる間に、即図面と見積書を打ち出してくれた。
凄い!

息子の選んだ内容でいくと、簡単に150万円を越している。
車1台が買えるじゃないか。

31070cb61f8f4aa6b3edf47edadb0cc0

キッチンといえばTOTO,LIXILだと思いこんでいたが、
電気用品関連メーカーのパナソニックが、こんな分野にも手を広げてきたことにちょっと驚いた。料理もかなりIoTの対象になつつある。
パナソニックはキッチンもビジネスの重要な分野とみなすようになってきたようだ。


元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


7年前に建て替えた我が家のアイランド型キッチンもパナソニックですが、当時でも150万円が中心価格帯で、上は500万円まであり、それまで関心のなかった私は驚いたものです。さらに驚かされたのはニトリでは15万円くらいからあったことでしょうか。

住宅設備は主婦にとっては重要なものですから、早い段階から各社のショールームを見てまわりました。もう少しすると全ての家電がスマートスピーカー対応になると思いますが、まだですね。

当時と比べるとLEDが桁違いに安くなりました。当時も半年か1年で半額以下になると思っていましたが、その間照明なしというわけにもいかず、悩ましい選択でした。大型のLED液晶テレビだけは待って、半年後に半額くらいになったのを買いました。

投稿: 工場長 | 2018年7月 9日 (月) 07時11分


工場長さま

「もうしばらくすると、全ての家電がスマートスピーカー対応になる」
というのは、いいことだと思いますが、
それに連れて、価格は安くならずに、高くなるのでしょうね。
そんな時代に、ニトリの価格は魅力的ですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月 9日 (月) 10時02分


コンロが並列で3つあるのは良いですね。
大抵は手前に2つで奥に小さなコンロがひとつですね。
奥のコンロを使うときは、手前を2つ使っていたら、裾に燃え移らないように、また手前のコンロの上にある鍋などで火傷さないように注意が必要ですからね。
家電屋さんでも、パナソニックくらいではないでしょうか?
家電からキッチン、太陽光発電そして住宅建設までやってますよね。
キッチンを見に行って、照明まで見れたら楽ですね。

投稿: やんじ | 2018年7月 9日 (月) 13時48分


やんじさま

コンロを3つ並べるようになったのは、安全上からというのもあるでしょうが、
それだけ日本のキッチンが広くなったとことによるのでしょうね。
それにしてもパナソニックのビジネスモデルは凄いですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月10日 (火) 14時58分

2018年7月 7日 (土)

トトロの生まれたところ

これは大人の絵本?

所沢にすむ友人から「トトロの生まれたところ」という本をいただいた。

スタジオジブリを主催するアニメ作家宮崎駿氏が、夫人の朱美氏の挿絵を添えて、トトロの森へのお思いを、プロデューサーの鈴木敏夫のインタビューに答える形で綴った小さな、可愛らしい絵本だ。
出版は岩波書店。

69d27618b38a4bf0b27e6c0e3a687a67

宮崎氏は、50年も前の若かりし頃、お金がないので仕方なく八国山の近くに住み、
家の近くを散策するうちに思いついたのが「所沢にいるとなりのおばけ」で、
それが縮んで「となりのトトロ」になったのだという。

所沢地区も開発がどんどん進むことを憂い「未来に残したいふるさとの景色」としてこの本の作ったとのことだ。

八国山のコナラ、カエデ、エゴノキ、ヤマザクラetc.の木々、
カタクリ、ヤブコウジ、ヒメゼンソウ、チゴザサetc.の
たくさんの木々、草花の春夏秋冬の変化のスケッチが添えられ、あの可愛らしいおばけも登場する。


トトロの森への想いを読んで、見るだけで、所沢に住みたくなってくる。

今流行りの街歩きの絵本版ともいえる。


映画「この世界の片隅で」もこんな絵本にしたらどうだろう。

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2018年7月 5日 (木)

お前の方が気が強い!

古くからの友人と久し振りに一杯やった。
酔いがまわり、友人が面白い話をしていた。

彼のお子さんが高校生の頃、
友人に「お前は気が強いなー」といったら、
「お前の方が気が強いぞ」といいかえされたという。
瞬間、お子さんは「俺より、おふくろの方が気が強い」
と思ったそうだ。

友人はその頃「バカは死ねばいい」ともいったというのだが、
その後、彼は東大理3に進学したそうだが、
お子さんも理1に進学したという。

「気の強さ=頭の良さ 」
という比例関係が成立するのだろうか?

だから、彼は奥さんに頭が上がらない?

それとも、それは彼の戦略かな?

そんなことを彼にいったら、
「だから、俺の方が頭がいいということだ」
と嘯いていた。

世界が平和になるには
「気が強く、頭のいい奴」
がリーダーになるのがいい?

戦争をしているような国のリーダーは、皆バカで、気の弱い奴かな。
???

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


戦争をするのは馬鹿で気が弱いからでしょうね。
気が強く賢いと、戦争でなく違う方法で勝利を得るでしょうね。
気が弱いから、相手に負けないような力で勝つ方法しか思いつかない。
北朝鮮のあの人は、賢く気が強いのかも。
米国のあの人は、気が弱く力を誇示しないと自分を保てない、そしてなんでも力で解決する中東のあの国と仲良くしたくなるのでしょう。

投稿: やんじ | 2018年7月 7日 (土) 08時53分


やんじさま

バカでも気の弱い奴でもいいから、戦争だけはしないでほしいですね。
でも戦争する奴は、バカで、気の弱い奴だと思えてなりませんね。

離婚する奴もそうかなー。

投稿: 元安川 | 2018年7月 7日 (土) 11時04分

2018年7月 3日 (火)

鹿、猪のジビエ料理!

先日、友人から鹿と猪の缶詰をいただいた。
珍しい!

868814afb45f407ba00d726a1aece1c3


以前鹿、猪の生肉を食べたことがあるが、硬かったりしてちっともおいしくなかった。

そんなこともあり、
しばらくそのまま放って置いたが、
ネットでみれば、牛や豚よりも美味しいという調査もあるではないか。
ちゃんと料理すれば、美味しいらしい。

・美味い順
羊>海亀>オオトカゲ>キジ>地鶏>スッポン>野鳥全般>鴨>山羊>猪>コブラ>豚>馬>鹿>ワニ>鯨>蛙>鼠>アヒル>牛>兎>犬>鳩>イルカ>シマヘビ>マムシ>センザンコウ>リス>ムササビ>カンガルー>コウモリ>陸亀>七面鳥>エミュー>淡水亀>水牛

北広島町に住む友人は、鹿、猪の生肉は
病気の元となる微生物や寄生虫がいたり、血抜きが難しいこともあるので、捕獲してその場で埋めたりして処理しているのだと言っていた。
https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%93%E3%82%A8

しかしこの滋賀県日野町では鹿、猪の肉をきちんと調理したり、缶詰として販売しているではないか。
ちょっと驚いた。

西欧では野生の鳥獣を料理して食べることをジビエ料理といい、古い歴史もあるとのことだ。

日野町のHPをみると、
「「シカはフレンチのシェフと連携し、『日野天然鹿』として出荷しています。また大手カレーチェーンにもシカ肉を出荷しています。さらに町内学校給食へもシカ肉を供給しています。私たちは農業、林業の被害を防ぐためにシカやイノシシを駆除していますが、肉が有効に利用されれば、生き物の供養にもなると思います。
また「獣美恵堂(ジビエどう)」の名前で味噌煮、大和煮の缶詰、ソーセージなど、加工品としても販売しています。
「シカは薄く切ってしゃぶしゃぶで食べてもおいしいです。イノシシは焼肉や牡丹鍋ですね」
「日野町ではシカ400頭、イノシシ20頭を獲っていますが、動物の増えるスピードには追いつきません。ハンターも高齢化していて、後継者がいないのも悩みです」
とも書かれている。

広島県のHPには平成23年に、
「猪による被害額は約50億円、捕獲数 25,000頭 。
鹿による被害額 7千万円、捕獲数6,000頭」
という数字が載っている。

日野町の数字と比べると、
広島県での、捕獲数の多いのに呆れる。

捕獲して、埋設したりすることで
処分してしまうのはなんとももったいない。

県、町として、ジビエ料理としたりして、地域の名物となるような工夫できなのだろうか。

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


猟師さんは食べられてますよ。
血抜きをしっかりとやり、内臓には寄生虫がいるので傷つけないように処理するのは手間でしようね、
たまにそのお裾分けのお裾分けを頂きます。
鹿肉は高タンパクで低カロリーなので、脂まみれ(霜降り)より、身体には良いようです。
道の駅には高額で売られてますね。
駆除したジビエを食用にして販売するためには、許可を受けた処理場が必要ですから、それをどうするかが大きな問題のようですね。

投稿: やんじ | 2018年7月 5日 (木) 04時09分


やんじさま

コメント、
ありがとうございます。

ジビエ料理、
色々難しい課題はあるようですが、
農協の新しい課題として取り組んだら面白そうですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月 5日 (木) 09時55分

2018年7月 1日 (日)

孫の代になると、どうなるかな?

数年前に本棚の一部に、小さな仏壇を置くことにした。
桑の木で作られた45×30×60cmのくらいの小さな仏壇だ。


Be9af8065fc84cbab407999191a5c337


本家を建て替えた時に、仏壇も新しいのに替えたが、何故か母は古い仏壇を残していた。

弟も妹も「お兄ちゃんのために残してくれたよ」というから、引き受けて、我が家に持ってきて、飾ることにしたが、
先日、その本家も処分したので、位牌、大日如来の仏像、それに仏具一式も持ってきて飾ることにしたというわけだ。

我が家は真言宗豊山派だが、妻の実家は浄土真宗本願寺派だから、位牌はない。
そんなこともあってか、仏壇の脇には妻と私の両親の写真が飾られている。

毎朝、毎夕、礼拝しているが、
なんとなく気分が休まるから不思議だ。

お彼岸、お盆にはお墓参りもする。

その時には息子のオーストラリア人の嫁さんも一緒にお参りしてくれる。
日本の習慣に馴染んでくれている。

孫たちの世代になるとどうなるかな。
日本にいるか、どうかもわからないしな?

元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 2018年6月 | トップページ | 2018年8月 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30