広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« トトロの生まれたところ | トップページ | 垂直避難でなく、コミュニティ避難を »

2018年7月 9日 (月)

I oT 時代のキッチン?

息子が家を建てるというので、
いずれ、我が家のキッチンをリホームするときの参考にと、
妻と一緒に、息子にくっついて、パナソニックのショールームを見にいった。

息子のオーストラリア人の奥さんはあまり料理はしないらしく、
料理好きの彼が、キッチンの詳細を決めていいいといわれたとのことだ。

最近はIHヒーターが増えているが、料理好きの彼はガスヒーターでなければダメだとこだわっていた。

私自身は、30年くらい前に我が家を建てた時には、設計者に全て任せてしまったので、
出来てから妻に「ここが使いにくい、あそこが使いにくい」と、
建ってからは、文句をいわれ続けている。
という経緯もあり、妻はすっかり、夢中になって見て回っていた。
この先が思いやられるなー。

キッチンなんて、さして技術的に進歩はしていないように思っていたが、
安全性etc.による法的規制も強まり、
パナソニックはコンロを横に3つ並べ、コンロの手前に10cmくらいのスペースを設けた、より安全なモデルを開発したようだ。
パナソニックは、最近はこのモデルを売りにしているようだ。

こんなことでと思ったが、
妻はひどく気に入ったようだ。

年寄りにとって使いやすくもなっている。

天板はステンレス系、FRP系の人工大理石etc.とあるが、
一体成型ができるようになったおかげで、かなり多様なキッチンができるようにもなっている。

一応全体を決めたところで、
お茶を飲んでる間に、即図面と見積書を打ち出してくれた。
凄い!

息子の選んだ内容でいくと、簡単に150万円を越している。
車1台が買えるじゃないか。

31070cb61f8f4aa6b3edf47edadb0cc0

キッチンといえばTOTO,LIXILだと思いこんでいたが、
電気用品関連メーカーのパナソニックが、こんな分野にも手を広げてきたことにちょっと驚いた。料理もかなりIoTの対象になつつある。
パナソニックはキッチンもビジネスの重要な分野とみなすようになってきたようだ。


元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


7年前に建て替えた我が家のアイランド型キッチンもパナソニックですが、当時でも150万円が中心価格帯で、上は500万円まであり、それまで関心のなかった私は驚いたものです。さらに驚かされたのはニトリでは15万円くらいからあったことでしょうか。

住宅設備は主婦にとっては重要なものですから、早い段階から各社のショールームを見てまわりました。もう少しすると全ての家電がスマートスピーカー対応になると思いますが、まだですね。

当時と比べるとLEDが桁違いに安くなりました。当時も半年か1年で半額以下になると思っていましたが、その間照明なしというわけにもいかず、悩ましい選択でした。大型のLED液晶テレビだけは待って、半年後に半額くらいになったのを買いました。

投稿: 工場長 | 2018年7月 9日 (月) 07時11分


工場長さま

「もうしばらくすると、全ての家電がスマートスピーカー対応になる」
というのは、いいことだと思いますが、
それに連れて、価格は安くならずに、高くなるのでしょうね。
そんな時代に、ニトリの価格は魅力的ですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月 9日 (月) 10時02分


コンロが並列で3つあるのは良いですね。
大抵は手前に2つで奥に小さなコンロがひとつですね。
奥のコンロを使うときは、手前を2つ使っていたら、裾に燃え移らないように、また手前のコンロの上にある鍋などで火傷さないように注意が必要ですからね。
家電屋さんでも、パナソニックくらいではないでしょうか?
家電からキッチン、太陽光発電そして住宅建設までやってますよね。
キッチンを見に行って、照明まで見れたら楽ですね。

投稿: やんじ | 2018年7月 9日 (月) 13時48分


やんじさま

コンロを3つ並べるようになったのは、安全上からというのもあるでしょうが、
それだけ日本のキッチンが広くなったとことによるのでしょうね。
それにしてもパナソニックのビジネスモデルは凄いですね。

投稿: 元安川 | 2018年7月10日 (火) 14時58分

« トトロの生まれたところ | トップページ | 垂直避難でなく、コミュニティ避難を »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

7年前に建て替えた我が家のアイランド型キッチンもパナソニックですが、当時でも150万円が中心価格帯で、上は500万円まであり、それまで関心のなかった私は驚いたものです。さらに驚かされたのはニトリでは15万円くらいからあったことでしょうか。

住宅設備は主婦にとっては重要なものですから、早い段階から各社のショールームを見てまわりました。もう少しすると全ての家電がスマートスピーカー対応になると思いますが、まだですね。

当時と比べるとLEDが桁違いに安くなりました。当時も半年か1年で半額以下になると思っていましたが、その間照明なしというわけにもいかず、悩ましい選択でした。大型のLED液晶テレビだけは待って、半年後に半額くらいになったのを買いました。

工場長さま

「もうしばらくすると、全ての家電がスマートスピーカー対応になる」
というのは、いいことだと思いますが、
それに連れて、価格は安くならずに、高くなるのでしょうね。
そんな時代に、ニトリの価格は魅力的ですね。

コンロが並列で3つあるのは良いですね。
大抵は手前に2つで奥に小さなコンロがひとつですね。
奥のコンロを使うときは、手前を2つ使っていたら、裾に燃え移らないように、また手前のコンロの上にある鍋などで火傷さないように注意が必要ですからね。
家電屋さんでも、パナソニックくらいではないでしょうか?
家電からキッチン、太陽光発電そして住宅建設までやってますよね。
キッチンを見に行って、照明まで見れたら楽ですね。

やんじさま

コンロを3つ並べるようになったのは、安全上からというのもあるでしょうが、
それだけ日本のキッチンが広くなったとことによるのでしょうね。
それにしてもパナソニックのビジネスモデルは凄いですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/66918340

この記事へのトラックバック一覧です: I oT 時代のキッチン?:

« トトロの生まれたところ | トップページ | 垂直避難でなく、コミュニティ避難を »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31