広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 本の栞 | トップページ | 植物は人間の言葉を理解する? »

2018年6月15日 (金)

契約書は破るために作る!

日経新聞の13日の朝刊に、米朝共同声明のポイントとして次の5点が載っていた。
○金正恩委員長は朝鮮半島の完全非核化を約束
○トランプ米大統領は北朝鮮の体制保証を約束
○朝鮮半島で持続的な平和体制を築くため努力
○何十年にもわたる緊張状態や敵対関係を克服する上で大きな意義
○成果実行へ米朝高官で交渉継続

たしかに極めて抽象的だ。
完全非核化のプロセスは書かれていないし、朝鮮戦争終結宣言も載っていない。
拉致の話も書かれていない。
具体的な話は何も書かれていない。
だから失敗だというのは、ちょっと違うように思う。

喧嘩をしていた当事者が戦後初めて会ったというだけでも、極めて評価されるべきだと思うが、
じゃ、これから両者の関係がどうなうるのかというのが問題のように思う。

それには、これは不動産屋のボスとヤクザの親分の会談だと思えば分かりやすように思う。

昔勤務していた大手の不動産会社の大先輩が
「契約書なんてのはな、破るために作るんだ。
破らないことがはっきりしてことなんて、契約書には書かない」
といっていた。
その時はびくりしたが、確かにそうだろうなと、最近は思うようになった。

ボスと親分の会談だから、基本的な方向性だけ示せればいい。
後は事務方が詳細を詰め、その内容でOKとなれば、その時に改めて契約書を結べばいいのだ。
その日が7月◯日ということなのだろう。

ここまで来るためには朝鮮半島の非核化、北朝鮮の体制保証についてはおおよその目処はつけられているようだ。
不動産屋とヤクザにすれば、その商品を売買するためのお金はどうするんだというのが、最大のポイントだろうが、それについては「日本と韓国に計2兆円を負担させる」ことでほぼ話が付いているようだ。

この取引を完全に履行するにはどうするかなんてのは、2人にとっては、
そんなのは技術的な話だ、
「おまえら、ちゃんとやっとけよ」というレベルの話だろう。


戦争を始めた当初にあった共産主義への恐怖感も今はない。
うまくいかなければ、最初からやり直せばいいというのが、2人の共通の理解のように思う。

何しろ今回の契約書には、向かうべき方向だけが示されているのだ。

つまんなく正義を振りかざすのでなく、
ディール、取引の話として、見て行くと極めて分かりやすいように思うが、
さあどうだろうか。


元安川


お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


今回の米超会議は、核攻撃される可能性がでてきたアメリカと、アメリカに攻撃され体制の崩壊を逃れたい北朝鮮との思惑が一致したから行われたと思います。
いままでは朝鮮半島の非核化でしたが、今回は北朝鮮がとなっていることがアメリカの望みを叶えていますね。
だから、北朝鮮の非核かと長距離ミサイルの破棄することでアメリが核攻撃されない、アメリカは侵攻して体制を崩壊させないことさえ決まれば良い会議だと思います。二国間なんですから。
朝鮮戦争の終決は、韓国と北朝鮮がやることで、オブザーバーとしてアメリカと中国が加わることで決まると思います。
核廃絶の具体的なプロセスと言われていますが、北朝鮮の各施設がどのようなのか、核兵器を作るための機器がどうなのか、また核爆弾は何発あり、一つ解除するのにどれくらい日数がかかるかわからないのに無理ですね。それと核開発の研究者や技術者をどうすのかも重要です。
条約なら、お互いの実務者が時間をかけて話し合いその結果をその国の首長がサインして締結するから具体的なものなるのでしょうが、今回は方向を決めて、後は実務者が具体的な話し合いをするだけですね。
今回、アメリが会議を了承せずに経済的な圧力を加え続けたなら、最後の手段として北朝鮮が大陸間弾道核ミサイルをアメリカに一か八か打ち上げていたかもしれませんね。そうなれば世界で二番目に核攻撃を受けた国となりアメリカは屈辱を味わったでしょう。または、アメリカに敵対するテロ組織に核爆弾を売ったかもしれませんね。こちらはよりアメリカが核攻撃される可能性が高いでしょうね。
今回の会議では色々と批判している人は多いですが、すくなくとも今までに決めたことよりも平和に近づいたと思います。北朝鮮は、長年の希望が叶ったのですからね。

投稿: やんじ | 2018年6月15日 (金) 04時48分


これで6カ国協議のトップで金正恩と会ってないのは安倍だけになったのに未だに安倍支持の保守層には米朝会談すら安倍の成果だと言う連中がいるのには呆れる。しかし従来はリベラルに反トランプが多く保守にトランプ支持が多かった日本だが会談後はまだ一部だがリベラルはトランプを評価し保守には反トランプが増えた。会見では人権問題で突っ込まれたトランプが何千万人(本当は何百万人だと思うが)の命が失われる戦争が回避できたと言ったが確かにその成果は小さくない。金がかかるから合同演習も止めるというのはトランプらしいがいいことだ。日本政府にも金がかかる武器の購入はやめてもらいたいものだ。

投稿: 現実派 | 2018年6月15日 (金) 08時40分


やんじさま

会談後に、トランプ大統領は1時間もの記者会見をしたことにも伺えるように、
トランプ大統領は相当に満足しているのでしょうね。
まあ話している間は戦争にならないでしょうから、よしとしましょう。
裏切られたと思った時が、厄介ですが。

投稿: 元安川 | 2018年6月15日 (金) 12時26分


現実派さま

米韓合同演習に限らず、アメリカは韓国、日本からの撤退をかんがえているようですね。
その隙に中国は進出を考えているようです。
大きことはいいことだ、というコンセプトはそろそろ限界でしょうね。
お金で済むことは、どんどんそうすればいいようにも思います。

投稿: 元安川 | 2018年6月15日 (金) 12時35分


君子豹変す。
トランプ大統領も金正恩委員長も君子ですね。
さて我が国の首相は?

投稿: 凡人 | 2018年6月15日 (金) 16時07分


凡人さま

君子には「志」があると思うのですが。
金委員長、トランプ大統領、そして安倍総理にも、
「志」があるとは、思えませんね。

投稿: 元安川 | 2018年6月15日 (金) 18時48分


もともと日本は米国のサイフでしたが安倍さんが首相になってからは世界のサイフですね。米朝問題も最後は日本のカネですから、蚊帳の外の日本が一人負けという結果ではないでしょうか。消費税の増税分も気前よく世界にばらまかれるのでしょうね。まぁ戦争になるよりマシですけど。

投稿: 銀行員 | 2018年6月15日 (金) 20時38分


不動産屋でもヤクザでもトップになるにはそれなりの能力が必要だと思います。トランプさんは何度も失敗もし運も大きかったと思うものの、金正恩は26歳で国のトップになったのは成り行きとしても僅か10年で年齢も倍で、国の規模も軍事力もそれどころではない相手に対してあれだけの交渉ができたわけで、単純にスゲーっと感心しています。
同じ30半ばでフリーターの息子に爪の垢でも煎じて飲ませたいものですよ。

投稿: オヤジ | 2018年6月15日 (金) 20時50分


私が今回の米朝首脳会談が期待できると感じるのは金正恩氏がまだ若いということです。数年後が老後という世代ではなく、今後20年、30年が重要となる世代ですから、その時代に向かうことを考えれば、何がベターかということははっきりとしており、その方向に向かうだろうことが期待できるからです。

投稿: 老人 | 2018年6月16日 (土) 09時29分


銀行員さま

「稼いだ金は寄付する」
と思えば、我慢できますね。
世のため、人のためと言えるように使って欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年6月16日 (土) 11時06分


オヤジさま

北朝鮮のやっていることは、戦前の日本を思えば、他人事とは思えませんね。
フリーター、私の若い頃を思えば、これまた他人事ではありません。
そうしたことが少しでもなくなっていって欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年6月16日 (土) 11時13分


老人さま

老人は老人なりに、自分の子供、孫にはこんなことは経験させたくないと思うのではないでしょうか。
インターネット時代の凄さに期待したいですね。

投稿: 元安川 | 2018年6月16日 (土) 11時19分

« 本の栞 | トップページ | 植物は人間の言葉を理解する? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

今回の米超会議は、核攻撃される可能性がでてきたアメリカと、アメリカに攻撃され体制の崩壊を逃れたい北朝鮮との思惑が一致したから行われたと思います。
いままでは朝鮮半島の非核化でしたが、今回は北朝鮮がとなっていることがアメリカの望みを叶えていますね。
だから、北朝鮮の非核かと長距離ミサイルの破棄することでアメリが核攻撃されない、アメリカは侵攻して体制を崩壊させないことさえ決まれば良い会議だと思います。二国間なんですから。
朝鮮戦争の終決は、韓国と北朝鮮がやることで、オブザーバーとしてアメリカと中国が加わることで決まると思います。
核廃絶の具体的なプロセスと言われていますが、北朝鮮の各施設がどのようなのか、核兵器を作るための機器がどうなのか、また核爆弾は何発あり、一つ解除するのにどれくらい日数がかかるかわからないのに無理ですね。それと核開発の研究者や技術者をどうすのかも重要です。
条約なら、お互いの実務者が時間をかけて話し合いその結果をその国の首長がサインして締結するから具体的なものなるのでしょうが、今回は方向を決めて、後は実務者が具体的な話し合いをするだけですね。
今回、アメリが会議を了承せずに経済的な圧力を加え続けたなら、最後の手段として北朝鮮が大陸間弾道核ミサイルをアメリカに一か八か打ち上げていたかもしれませんね。そうなれば世界で二番目に核攻撃を受けた国となりアメリカは屈辱を味わったでしょう。または、アメリカに敵対するテロ組織に核爆弾を売ったかもしれませんね。こちらはよりアメリカが核攻撃される可能性が高いでしょうね。
今回の会議では色々と批判している人は多いですが、すくなくとも今までに決めたことよりも平和に近づいたと思います。北朝鮮は、長年の希望が叶ったのですからね。

これで6カ国協議のトップで金正恩と会ってないのは安倍だけになったのに未だに安倍支持の保守層には米朝会談すら安倍の成果だと言う連中がいるのには呆れる。しかし従来はリベラルに反トランプが多く保守にトランプ支持が多かった日本だが会談後はまだ一部だがリベラルはトランプを評価し保守には反トランプが増えた。会見では人権問題で突っ込まれたトランプが何千万人(本当は何百万人だと思うが)の命が失われる戦争が回避できたと言ったが確かにその成果は小さくない。金がかかるから合同演習も止めるというのはトランプらしいがいいことだ。日本政府にも金がかかる武器の購入はやめてもらいたいものだ。

やんじさま

会談後に、トランプ大統領は1時間もの記者会見をしたことにも伺えるように、
トランプ大統領は相当に満足しているのでしょうね。
まあ話している間は戦争にならないでしょうから、よしとしましょう。
裏切られたと思った時が、厄介ですが。

現実派さま

米韓合同演習に限らず、アメリカは韓国、日本からの撤退をかんがえているようですね。
その隙に中国は進出を考えているようです。
大きことはいいことだ、というコンセプトはそろそろ限界でしょうね。
お金で済むことは、どんどんそうすればいいようにも思います。

君子豹変す。
トランプ大統領も金正恩委員長も君子ですね。
さて我が国の首相は?

凡人さま

君子には「志」があると思うのですが。
金委員長、トランプ大統領、そして安倍総理にも、
「志」があるとは、思えませんね。

もともと日本は米国のサイフでしたが安倍さんが首相になってからは世界のサイフですね。米朝問題も最後は日本のカネですから、蚊帳の外の日本が一人負けという結果ではないでしょうか。消費税の増税分も気前よく世界にばらまかれるのでしょうね。まぁ戦争になるよりマシですけど。

不動産屋でもヤクザでもトップになるにはそれなりの能力が必要だと思います。トランプさんは何度も失敗もし運も大きかったと思うものの、金正恩は26歳で国のトップになったのは成り行きとしても僅か10年で年齢も倍で、国の規模も軍事力もそれどころではない相手に対してあれだけの交渉ができたわけで、単純にスゲーっと感心しています。
同じ30半ばでフリーターの息子に爪の垢でも煎じて飲ませたいものですよ。

私が今回の米朝首脳会談が期待できると感じるのは金正恩氏がまだ若いということです。数年後が老後という世代ではなく、今後20年、30年が重要となる世代ですから、その時代に向かうことを考えれば、何がベターかということははっきりとしており、その方向に向かうだろうことが期待できるからです。

銀行員さま

「稼いだ金は寄付する」
と思えば、我慢できますね。
世のため、人のためと言えるように使って欲しいですね。

オヤジさま

北朝鮮のやっていることは、戦前の日本を思えば、他人事とは思えませんね。
フリーター、私の若い頃を思えば、これまた他人事ではありません。
そうしたことが少しでもなくなっていって欲しいですね。

老人さま

老人は老人なりに、自分の子供、孫にはこんなことは経験させたくないと思うのではないでしょうか。
インターネット時代の凄さに期待したいですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/66829341

この記事へのトラックバック一覧です: 契約書は破るために作る!:

« 本の栞 | トップページ | 植物は人間の言葉を理解する? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30