広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« スマホでスキャン | トップページ | 人と人とのふれあいの場 »

2018年4月 9日 (月)

森友問題について

先日のコメントで「森友問題」についてのリクエストがありましたので、私が感じていることを書いてみたいと思います。

まず、森友問題に関して、問題とされている主なことは、国有財産の売却に関する大幅な値引きと、財務省による公文書の改ざんですが、正直なところ、野党は事実の究明や再発防止対策より、政局=安倍退陣が目的になっているようにみえますし、与党も佐川氏の証人喚問の質問が象徴的であったように「安倍夫妻の関与がない」ことしか明らかにする気はないとしか思えません。

与党側に立つ人たちは、こうした値引きが決して珍しいことではない、と言いますが、確かにその通りであり、だからこそ大きな問題であるという認識はないようです。そうした人たちは国は借金以上の資産があるのだから財政規律に問題ないと言いますが、実は大幅な値引きをしないと売れないような資産であり、簿価は信用できないということなのです。

また、大幅な値引きの根拠である深い場所にあるはずのゴミが、実はなかったということがやっと表に出てきましたが、これは会計検査院も指摘していたことであり、それ以前に関係者が亡くなっていることからも一年前でも容易に想像できたことです。

更に公文書の改ざん問題でも、テレビに出ている元官僚の人たちが「公文書の書き換えなどありえない」と言っていることも正確ではなく、今回のように「明らかにバレるような書き換え」あるいは「問題にされるような書き換えはしない」というだけのことで、それほど稀有なことでもなく、それも土地の値引きと同様によくあるだけに抜本的な解決策が必要なのです。

国会で行われていることは、事実の解明にも、再発防止にも、程遠いという印象しか受けません。

それから、籠池夫妻が長期勾留されていることについても誤解があると思います。これをまるで政権による口封じだと主張する向きもありますが、残念ながら、北村弁護士も書かれているように、この国では決して珍しいことでもなく、そのことは国連の人権委員会にも指摘され、改善されるべきことですが、この件に関連しているからとは言えないことです。

森友問題に関しては、むしろ、大阪地検は繰り返されるリークから考えても、決して政権に忖度しておらず、籠池夫妻の長期勾留は、むしろ、これ以上の死者を出さないように保護している、という憶測すらあります。

また、籠池夫妻が勾留されているのは、森友問題ではなく、幼稚園の補助金に関わることであり、通常なら、よほど悪質でもなければ、逮捕・勾留ではなく「指導」で終わるようなことだということも、正確に報じられておらず、誤った認識を持っている人も多くいます。

いずれにしても、政権の圧力がなくても行われている長期勾留だからこそ、これも抜本的な対策が必要なのですが、これも政権批判にしか使われていないように感じます。

以下は、葛飾区議会議員の立花孝志氏の解説する森友事件の真相です。
十分なエビデンスがあるとは言えませんが、大きくは外れてはいないとも思います。

葛飾区議会議員の立花孝志
https://youtu.be/buezlSQHYHk

Photo

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


そもそも忖度があったとしても忖度した方が悪いだけで忖度された方は悪くないですよね。それに犯罪であれば検察も動いているわけだしいつまでも国会でやっていることの方が8億円どころじゃない国の損失だと思います。

投稿: 60代主婦 | 2018年4月 9日 (月) 10時43分


60代主婦さん

忖度=他人の心中をおしはかること。推察。(株式会社岩波書店 広辞苑第六版)は、私の苦手なことですが、一般的には、組織においてだけでなく、社会生活でも大切なことだと思います。

ただし、上官の命令は絶対的なものだと言われる軍隊でさえ、米軍の司令官が「大統領の命令であっても違法なら拒否する」と言ったように、法治国家ですから、命令でも指示でもない忖度などで法を犯すということはあってはならないことです。

また、今回の問題の発端は国家予算からみると僅か8億円で、これを「年収300万円の人が100円騙されたと大騒ぎしている」と解説している著名な学者もいますが、私が本文で書いているように、決して珍しくないことであり、そこから派生した公文書の改ざんや隠蔽も、決して稀有なことではない、ということが大きな問題だと思います。

さらに、今回は大阪地検からのリークが続いているように、違法行為として検察にできることにも限りがあり、そこは国会で審議すべきだと思いますが、時間の制約もありますし、野党の攻め方にも違和感があります。もっと違う形の調査委員会などで徹底的に行うべきだと思います。

投稿: 工場長 | 2018年4月 9日 (月) 11時00分


方や軍隊でさえ命令より法律が優先するのに、某国では忖度如きで犯罪に手を染めるという違いは何なのでしょうか?

投稿: 高齢者 | 2018年4月10日 (火) 06時22分


逮捕者がでているので、森友問題でなく森友事件ですね。
これは行政が主導した三流の詐欺事件だと思います。
ゴミの値引きの根拠となる資料が行政側には無いようですね。
ゴミの存在を示す写真さえ持っていなかった。
行政の人間が、現場でゴミを確認していたのなら、通常なら証拠となるために立会人とゴミとその深さを示す尺が写った写真があるべきです。立会写真が。それもない。
つまり値引きの根拠となる資料が全くない。
それにゴミが多量に埋まっていたのなら、建設前に地盤調査でわかると思います。
もし仮にたまたまわからなかったとしても、地中深くまでゴミがあったのなら、建物の支持杭の設計変更も必要でしょうが、それもしてないようだし、設計変更したのならその賠償金の請求もないようですし。すべてが、デタラメです。
値引き金額が先にあり、そのための根拠を捏造しただけです。
こんなことは最初に問題になったときにわかりきっていたことだと思います。
安部首相の関与ばかりを野党は追求していますが、本来は行政職員の背任とか詐欺ですね。
首相夫人は、首相夫人という肩書の影響力を分かったいなくっての言動なら、軽薄なバカ女ですね。でも、影響力を知っていながらの言動だと思いますから、自分の力の誇示と自尊心を満足するために利用していたとしたら、日本史上最悪の総理夫人ということになりますね。
内閣総理大臣夫人という肩書を利用した籠池氏とそれに翻弄して詐欺行為を働いた行政職員、そして肩書の巨大な影響力を自己満足のために使った総理夫人が関わった事件ですね。

投稿: やんじ | 2018年4月10日 (火) 13時49分


高齢者さん

憲法違反があると、憲法に合わせるのではなく、憲法を違反状態に合わせようとする国、公共より身内を守ることが道義だとする社会に問題があるのかも知れません。

投稿: 工場長 | 2018年4月10日 (火) 22時50分


やんじさん

同じような問題が次々に露呈していますが、今度はカケですね。

投稿: 工場長 | 2018年4月10日 (火) 22時51分

« スマホでスキャン | トップページ | 人と人とのふれあいの場 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

そもそも忖度があったとしても忖度した方が悪いだけで忖度された方は悪くないですよね。それに犯罪であれば検察も動いているわけだしいつまでも国会でやっていることの方が8億円どころじゃない国の損失だと思います。

60代主婦さん

忖度=他人の心中をおしはかること。推察。(株式会社岩波書店 広辞苑第六版)は、私の苦手なことですが、一般的には、組織においてだけでなく、社会生活でも大切なことだと思います。

ただし、上官の命令は絶対的なものだと言われる軍隊でさえ、米軍の司令官が「大統領の命令であっても違法なら拒否する」と言ったように、法治国家ですから、命令でも指示でもない忖度などで法を犯すということはあってはならないことです。

また、今回の問題の発端は国家予算からみると僅か8億円で、これを「年収300万円の人が100円騙されたと大騒ぎしている」と解説している著名な学者もいますが、私が本文で書いているように、決して珍しくないことであり、そこから派生した公文書の改ざんや隠蔽も、決して稀有なことではない、ということが大きな問題だと思います。

さらに、今回は大阪地検からのリークが続いているように、違法行為として検察にできることにも限りがあり、そこは国会で審議すべきだと思いますが、時間の制約もありますし、野党の攻め方にも違和感があります。もっと違う形の調査委員会などで徹底的に行うべきだと思います。

方や軍隊でさえ命令より法律が優先するのに、某国では忖度如きで犯罪に手を染めるという違いは何なのでしょうか?

逮捕者がでているので、森友問題でなく森友事件ですね。
これは行政が主導した三流の詐欺事件だと思います。
ゴミの値引きの根拠となる資料が行政側には無いようですね。
ゴミの存在を示す写真さえ持っていなかった。
行政の人間が、現場でゴミを確認していたのなら、通常なら証拠となるために立会人とゴミとその深さを示す尺が写った写真があるべきです。立会写真が。それもない。
つまり値引きの根拠となる資料が全くない。
それにゴミが多量に埋まっていたのなら、建設前に地盤調査でわかると思います。
もし仮にたまたまわからなかったとしても、地中深くまでゴミがあったのなら、建物の支持杭の設計変更も必要でしょうが、それもしてないようだし、設計変更したのならその賠償金の請求もないようですし。すべてが、デタラメです。
値引き金額が先にあり、そのための根拠を捏造しただけです。
こんなことは最初に問題になったときにわかりきっていたことだと思います。
安部首相の関与ばかりを野党は追求していますが、本来は行政職員の背任とか詐欺ですね。
首相夫人は、首相夫人という肩書の影響力を分かったいなくっての言動なら、軽薄なバカ女ですね。でも、影響力を知っていながらの言動だと思いますから、自分の力の誇示と自尊心を満足するために利用していたとしたら、日本史上最悪の総理夫人ということになりますね。
内閣総理大臣夫人という肩書を利用した籠池氏とそれに翻弄して詐欺行為を働いた行政職員、そして肩書の巨大な影響力を自己満足のために使った総理夫人が関わった事件ですね。

高齢者さん

憲法違反があると、憲法に合わせるのではなく、憲法を違反状態に合わせようとする国、公共より身内を守ることが道義だとする社会に問題があるのかも知れません。

やんじさん

同じような問題が次々に露呈していますが、今度はカケですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/66582326

この記事へのトラックバック一覧です: 森友問題について:

« スマホでスキャン | トップページ | 人と人とのふれあいの場 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30