広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 耳から入る情報が少なくなると、認知症になる恐れがある! | トップページ | お茶漬け!? »

2018年2月10日 (土)

教育の無償化と制服

公立小学校の標準服(基準服=実質「制服」)にアルマーニのデザインで高価なものを採用したことが国会にまで取り上げられて話題になっていますが、私がPTA会長をしていた公立の中学校でも「制服が高過ぎる」「夫のスーツより高い」と問題になったことがあります。

麻生太郎財務相は「高いって言えば高いでしょう、あなたの背広がいくらか知らんけど」と語ったということですが、麻生さんの背広より安いのは間違いないでしょう。

公立小学校に通う子どもが学校から指定されて着る服の価格の問題で、国会議員の背広を持ち出すのはいかにも麻生さんらしいと呆れるしかありませんが、私はアパレル業界にいたので、アルマーニでなくても制服は高く、その理由も分かりますが、そうならざるをえない仕組みに問題があると思います。

しかし、そもそもは、先日の記事と同じで「無料」と表記しながら、実質は負担があることが大きな問題だと思います。

今、政府は「教育の無償化」を掲げていますが、小学校でも中学校でも、決して無償ではありません。例えば、小学校でも、今回問題になった標準服はもちろん、教材費、学級費、PTA活動費、傷害保険料、給食費、修学旅行や遠足などの学校行事、そして卒業アルバムの制作費などは個人負担であり、決して無償ではありません。

私の二人の息子達はどちらも公立高校に行きましたが、一人は市立、一人は県立で、負担する費用はかなり違っていました。県立高校では、空調設備から電気代、あるいはコピー機まで保護者が負担することもあり、休日に塾の講師を雇っての補習=教育費まで保護者が負担していました。市立高校では、それらはもちろん無償で、保護者の負担はありません。

しかも、こうした費用負担を少しでも穴埋めしようというバザーなどの収益にまで、しっかり税金をかけられることもあります。

携帯の場合、かつては「実質ゼロ円」というのがよくありましたが、日本の教育はいつまでも実質有料です。

Photo

しかし、非難されている銀座の小学校の校長ですが、日本では偏差値の低い学校ばかり作っている学校法人が四国に新たに作る獣医学部も、あれほど問題にされながら入学希望者殺到ということらしいので、生徒不足で廃校寸前の小学校も、この騒動で入学者が増えて廃校を免れれば作戦大成功というところでしょうか。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


バブルの頃は護送船団方式と言う言葉がよく使われました。全員が連携を組んで
仕事や色々な事に当たれですが、戦後の貧しい時代もあって制服を着る様に
なったのではないでしょうか。学校の規則がどうなのか分からないが、結論は各
学校の自由判断に任せても良いでしょう。欧米の様に私服でも良いし、質素な
制服や今回のアルマーニもありでしょう。但し、校長が勝手に決めるのではなく親の
意見を聞いて公平な形で決めれば問題ないのではないか!

投稿: 鯉の応援団 | 2018年2月10日 (土) 10時00分


シェアリングエコノミーの時代です。
PTAで寄付を募り、その資金で購入し、無償で貸し出したら、どうでしょうか。
校門の脇に寄付者の名前を掲示してもいいですね。

投稿: シェアリング | 2018年2月10日 (土) 12時07分


鯉の応援団さん

今回、アルマーニ監修で高価になった服は、正確には標準服もしくは基準服と呼ばれるもので、中学校や高校の制服とは違うものです。

小学校の標準服というのは、式典や団体行動をする時に、できるだけ着るように指導はされますが、表向きは義務ではありません。ですから、原則を言えば、誰が決めようが、気に入らなければ買わない着ないという選択肢もあります。

実は半世紀前になりますが、私が通った公立高校でも制服廃止案があり、当時の校長は生徒会の決定に従う、と言いましたが、圧倒的な女子と保護者の反対で否決されました。

一般的に制服というのは、アルマーニでなくても、しっかりした生地でセミオーダーですから、お父さんの安いスーツよりは高価なものになります。しかし、それ一着で通すわけですから、安いものを何着も持つよりは安いとも考えられます。女子には何を着るか考えなくても良いというメリットと、小学生の場合は、保護者も式典などに何を着せるか考えなくても良いというメリットもあります。

一方で、だから日本人はTPOもドレスコードも疎いのだ、ということにもなります。

いずれにしても、なぜ制服や標準服が必要なのか、本当に必要なのか、しっかり議論した方が良いのかも知れません。

ちなみに、半世紀前のその公立高校では、その議論を経て、男子の制帽は廃止され、女子の制服は種類が増えました。

投稿: 工場長 | 2018年2月10日 (土) 13時51分


シェアリングさん

私がPTAの役員をしていた中学校では、PTAが主催して卒業生の制服を斡旋していましたが、結構難しい面もありました。中学生の制服はセミオーダーで、かなり色々な体格の子どもがいて、なかなかピッタリは合いません。

また、制服が高価な理由の一つに、安いスーツよりはしっかりした生地で作られていることもあります。つまり、子どもは大人より遥かに活動的ですから、生地も傷み易いということです。

この2点だけでもシェアリングというのは、かなり難しいのではないかと思います。

それより、前のコメントにも書いたように、何のために制服や標準服が必要なのかという議論と合意があって、そのために何を選ぶのかということを決める必要があるように思います。

また、本当に制服が教育に必要なものであれば、明らかに教育費ですから、これも公費で賄われるべきものだと思います。

投稿: 工場長 | 2018年2月10日 (土) 14時03分


広島の小学校では、標準服と言うのはどういう風に決められているのでしょうか。我が家にも小学生がいたのですが、当時はほとんど子育てに携わってなかったら、知らないのです(⌒-⌒; )

投稿: 中年市民 | 2018年2月11日 (日) 11時48分


中年市民さん

我が家に小学生がいたのも既に20年近く前のことですが、我が子が通った小学校には基準服と呼ばれる標準服がありました。式典や修学旅行など団体行動をする時には、基準服が望ましいとされていましたが、式典でも100%基準服というわけでもなく、修学旅行などは上着は基準服が多いものの、スカートやズボンはバラバラのことが多かったように思います。ましてや普段は基準服でない方が一般的です。

また、広島市内で一番の伝統校には基準服はありませんでした。

ちなみに、報道では「制服」という見出しが多く見受けられますが、建前は決して制服ではありませんし、公立校で制服を設定することは法的な問題もあります。

従って、誰が決めるかということもバラバラで、特別なルールはないと思います。

以下は、元小学校教師の知人から教えてもらったリンクです。

小学校の通学服(基準服)について
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1110896941335/index.html

投稿: 工場長 | 2018年2月11日 (日) 12時20分


校長が何故にアルマーニに決めたのでしょうかね。
また保護者からは、全くといってほど、反対の声が聞こえないようですが、それはどうしてでしょうね。

投稿: 校長 | 2018年2月11日 (日) 19時41分


校長さん

アルマーニに決めたというより、銀座に店を構える有名ブランドでは、アルマーニしか相手にしなかったようですね。それでも、最後まで他言することは止められていたはずですから、独断するしかなかったのでしょう。

かつての名門校でありながら、銀座という土地柄、子どもは減る一方で、自由学区のような扱いを受けており、当然、裕福な家庭が多いということから考えられたことで、これを一般の公立校にあてはめて批判するのはちょっと違うようにも思います。

いずれにしても、標準服に過ぎませんから、気に入らなければ買わなければ良いだけで、それがイジメの原因になるようであれば、そのことこそ教育すべきことで、個人的にはそちらの方が重要な気がします。

投稿: 工場長 | 2018年2月11日 (日) 19時50分

« 耳から入る情報が少なくなると、認知症になる恐れがある! | トップページ | お茶漬け!? »

教育」カテゴリの記事

コメント

バブルの頃は護送船団方式と言う言葉がよく使われました。全員が連携を組んで
仕事や色々な事に当たれですが、戦後の貧しい時代もあって制服を着る様に
なったのではないでしょうか。学校の規則がどうなのか分からないが、結論は各
学校の自由判断に任せても良いでしょう。欧米の様に私服でも良いし、質素な
制服や今回のアルマーニもありでしょう。但し、校長が勝手に決めるのではなく親の
意見を聞いて公平な形で決めれば問題ないのではないか!

シェアリングエコノミーの時代です。
PTAで寄付を募り、その資金で購入し、無償で貸し出したら、どうでしょうか。
校門の脇に寄付者の名前を掲示してもいいですね。

鯉の応援団さん

今回、アルマーニ監修で高価になった服は、正確には標準服もしくは基準服と呼ばれるもので、中学校や高校の制服とは違うものです。

小学校の標準服というのは、式典や団体行動をする時に、できるだけ着るように指導はされますが、表向きは義務ではありません。ですから、原則を言えば、誰が決めようが、気に入らなければ買わない着ないという選択肢もあります。

実は半世紀前になりますが、私が通った公立高校でも制服廃止案があり、当時の校長は生徒会の決定に従う、と言いましたが、圧倒的な女子と保護者の反対で否決されました。

一般的に制服というのは、アルマーニでなくても、しっかりした生地でセミオーダーですから、お父さんの安いスーツよりは高価なものになります。しかし、それ一着で通すわけですから、安いものを何着も持つよりは安いとも考えられます。女子には何を着るか考えなくても良いというメリットと、小学生の場合は、保護者も式典などに何を着せるか考えなくても良いというメリットもあります。

一方で、だから日本人はTPOもドレスコードも疎いのだ、ということにもなります。

いずれにしても、なぜ制服や標準服が必要なのか、本当に必要なのか、しっかり議論した方が良いのかも知れません。

ちなみに、半世紀前のその公立高校では、その議論を経て、男子の制帽は廃止され、女子の制服は種類が増えました。

シェアリングさん

私がPTAの役員をしていた中学校では、PTAが主催して卒業生の制服を斡旋していましたが、結構難しい面もありました。中学生の制服はセミオーダーで、かなり色々な体格の子どもがいて、なかなかピッタリは合いません。

また、制服が高価な理由の一つに、安いスーツよりはしっかりした生地で作られていることもあります。つまり、子どもは大人より遥かに活動的ですから、生地も傷み易いということです。

この2点だけでもシェアリングというのは、かなり難しいのではないかと思います。

それより、前のコメントにも書いたように、何のために制服や標準服が必要なのかという議論と合意があって、そのために何を選ぶのかということを決める必要があるように思います。

また、本当に制服が教育に必要なものであれば、明らかに教育費ですから、これも公費で賄われるべきものだと思います。

広島の小学校では、標準服と言うのはどういう風に決められているのでしょうか。我が家にも小学生がいたのですが、当時はほとんど子育てに携わってなかったら、知らないのです(⌒-⌒; )

中年市民さん

我が家に小学生がいたのも既に20年近く前のことですが、我が子が通った小学校には基準服と呼ばれる標準服がありました。式典や修学旅行など団体行動をする時には、基準服が望ましいとされていましたが、式典でも100%基準服というわけでもなく、修学旅行などは上着は基準服が多いものの、スカートやズボンはバラバラのことが多かったように思います。ましてや普段は基準服でない方が一般的です。

また、広島市内で一番の伝統校には基準服はありませんでした。

ちなみに、報道では「制服」という見出しが多く見受けられますが、建前は決して制服ではありませんし、公立校で制服を設定することは法的な問題もあります。

従って、誰が決めるかということもバラバラで、特別なルールはないと思います。

以下は、元小学校教師の知人から教えてもらったリンクです。

小学校の通学服(基準服)について
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1110896941335/index.html

校長が何故にアルマーニに決めたのでしょうかね。
また保護者からは、全くといってほど、反対の声が聞こえないようですが、それはどうしてでしょうね。

校長さん

アルマーニに決めたというより、銀座に店を構える有名ブランドでは、アルマーニしか相手にしなかったようですね。それでも、最後まで他言することは止められていたはずですから、独断するしかなかったのでしょう。

かつての名門校でありながら、銀座という土地柄、子どもは減る一方で、自由学区のような扱いを受けており、当然、裕福な家庭が多いということから考えられたことで、これを一般の公立校にあてはめて批判するのはちょっと違うようにも思います。

いずれにしても、標準服に過ぎませんから、気に入らなければ買わなければ良いだけで、それがイジメの原因になるようであれば、そのことこそ教育すべきことで、個人的にはそちらの方が重要な気がします。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/66375142

この記事へのトラックバック一覧です: 教育の無償化と制服:

« 耳から入る情報が少なくなると、認知症になる恐れがある! | トップページ | お茶漬け!? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30