広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 目を開ければ雪国だった | トップページ | アメリカのプロスポーツ選手たちの破綻 »

2018年1月26日 (金)

広島駅前バス乗り場とバスのデジタル革命

広島駅周辺のバス乗り場は全部で30カ所もあるようだ。

広島駅南口だけでも23ヶ所あるという。
利用者の都合を考えて、バス乗り場が多くなったということをいいたいのだろうが、
とてもそうとは思えない。
最近できた案内所の乗り場案内図をみれば、どこ行きのバスが何番からでているかとかはというわかるが、私の目的地にいくにはどのバスに乗ればいいのか、さっぱりわからない。
中の人に聞けばいいのだろうが、あまり利用している人は見かけない。

448a8484e0964e27b69a3c54104a5212


バスの利用者の殆どは乗り慣れた市民でいまさら聞くまでもないということなのだろうか。

スマホのナビで、目的地を吹き込めば、何番のバス停のどこ行きのバスに乗ればいいのかを教えてくれるから、改めて案内所で聞くまでもないともいえる。
ナビは、降りるバス停はどこで、そこからどの道を通れば、何分で目的地に着くかまで教えてくれる。


いずれ、
バスもあっという間にEV化し、自動化するだろうから、
駅前のバス乗り場だって、5〜6台分あればいいということになりそうだ。

そもそもバスが未だにマニュアル車というのも可笑しいが、
デジタル革命の進化は思っている以上に早く、その影響は大きそうだ。

広島市内のバス会社は広電バス、広島バス、広島交通バス、それにJR中国バスと4社もあって、競っているが、
少子高齢化による人口減、過疎化、ウーバーetc.によるバス以外の移動手段の進化を考慮すると、
そんな余裕はもうなさそうだ。

早急に1つになって、協力して、
バスのEV化、自動化を進め、
便数を増やすとともに、
バス停で音声で目的地を吹き込めば、
次のバスは何分後に来るとか、
どこのバス停でおりれば、目的地まで、どのルートを通ればいいいのか、歩いて何分かかるとかの表示するパネルを設けるとか、
利用者の利便性を高めることに努めることが必要ではないだろうか。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


公共交通機関の自動運転での無人化には、疑問があります。
乗客に異変があったら、誰が対応するのでしょうか?
災害時の避難誘導も。それと弱者への補助。
それと貰い事故であったとしても、怪我をした人がいたら救護義務があります。その辺の議論をほとんど見ないのでどうなんでしょうか。
駅やバスセンターは乗り場が集中してますからなんとか目的地への乗り場は見つけられますが、街中のバス停は、行き先がわかっても目的地へのバス停なのかはわかりにくいですね。
せっかく大きなバス停を作ったのですから、地図に路線を表示した図があれば良いですね。

投稿: やんじ | 2018年1月26日 (金) 12時19分


やんじさま

飲酒運転、居眠り運転に限らず、
人がいることで却って事故を大きくしてしまうこともありますね。
悩ましいところですね。
タクシーの運転手さんが、タクシーの無人化は真っ先に進むだろうといってました。
バスのデジタル化を、バス会社、バスの運転手さん、そして利用者にとって好ましいように進めて欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年1月26日 (金) 12時59分


地方のタクシーの運転手と言えば高齢者ばかりで広島でも「運転手の耳が遠いので大きな声で話しかけてください」という看板を掲げるくらいで自動運転の方が安全そうですし、どうしても対応が必要なら車掌が居れば済むことです。それに電車内で出産した例のように乗客の方が役に立つこともあると思いますし、歩行者も自転車も自家用車も皆自己責任ですからバスの乗客だけに保護が要るとも思いません。

投稿: 電車男 | 2018年1月26日 (金) 21時46分


大局的な発想が欠落していて、今までの慣習や広島という狭い枠での考え方が
結果的に小手先の対応、合理性に合致しないバス停留所になってしまっている。
他の大都市は住民の利便性を最優先にして街造りを行っているが、広島市も
公共交通機関の本来の役目である不特定多数の人達への利用者配慮を検討
するべきです!

投稿: 鯉の応援団 | 2018年1月27日 (土) 10時56分


鯉の応援団さま

「広島と狭い枠の中で生きていける」
ということは、大変貴重なことです。
そのメリットを生かした発想、
世界のモデルとなるバス事業を創り出して欲しいですね。

投稿: 元安川 | 2018年1月27日 (土) 13時38分


電車男さま

タクシーに「運転手は耳が遠いので、大きな声で話しかけてください」
との看板が掲げられているとは驚きました。
耳が遠い運転手さんの車に乗って、右折左折の指示がまったく伝わらず、困ったことがあります。
今日は二日酔いですとか、寝不足ですとかの看板も必要かもしれませんね。
でも自動運転になたとき、
アイスバーンになっているとかの判断ができるのかなーとかの心配はありますが、
安全性に関しては、
自動運転の方が優れているということになるのは、時間の問題でしょうね。

投稿: 元安川 | 2018年1月27日 (土) 14時38分


元安川さん、むしろ広島市は街の規模や人口を百万人程度に縮小すべきです。
そうすれば市民の大好きな路面電車をイジル必要はないし、お金もかからない。
今でも行政は立ち往生の状態で街の規模がこれ以上大きくなると手に負えない。
当然ですが市役所の街造り担当者は減らす必要があります。

投稿: 鯉の応援団 | 2018年1月27日 (土) 17時32分


鯉の応援団さま

広島市の人口も、たしか、相当に減少する予想になっていると思います。
中心市街地をどうするかが課題でしょうが、
デジタル革命時代のお手本となるまちづくりをすることも可能でしょうから、
そのイメージを提案して欲しいですね

投稿: 元安川 | 2018年1月27日 (土) 18時13分

« 目を開ければ雪国だった | トップページ | アメリカのプロスポーツ選手たちの破綻 »

自動車」カテゴリの記事

コメント

公共交通機関の自動運転での無人化には、疑問があります。
乗客に異変があったら、誰が対応するのでしょうか?
災害時の避難誘導も。それと弱者への補助。
それと貰い事故であったとしても、怪我をした人がいたら救護義務があります。その辺の議論をほとんど見ないのでどうなんでしょうか。
駅やバスセンターは乗り場が集中してますからなんとか目的地への乗り場は見つけられますが、街中のバス停は、行き先がわかっても目的地へのバス停なのかはわかりにくいですね。
せっかく大きなバス停を作ったのですから、地図に路線を表示した図があれば良いですね。

やんじさま

飲酒運転、居眠り運転に限らず、
人がいることで却って事故を大きくしてしまうこともありますね。
悩ましいところですね。
タクシーの運転手さんが、タクシーの無人化は真っ先に進むだろうといってました。
バスのデジタル化を、バス会社、バスの運転手さん、そして利用者にとって好ましいように進めて欲しいですね。

地方のタクシーの運転手と言えば高齢者ばかりで広島でも「運転手の耳が遠いので大きな声で話しかけてください」という看板を掲げるくらいで自動運転の方が安全そうですし、どうしても対応が必要なら車掌が居れば済むことです。それに電車内で出産した例のように乗客の方が役に立つこともあると思いますし、歩行者も自転車も自家用車も皆自己責任ですからバスの乗客だけに保護が要るとも思いません。

大局的な発想が欠落していて、今までの慣習や広島という狭い枠での考え方が
結果的に小手先の対応、合理性に合致しないバス停留所になってしまっている。
他の大都市は住民の利便性を最優先にして街造りを行っているが、広島市も
公共交通機関の本来の役目である不特定多数の人達への利用者配慮を検討
するべきです!

鯉の応援団さま

「広島と狭い枠の中で生きていける」
ということは、大変貴重なことです。
そのメリットを生かした発想、
世界のモデルとなるバス事業を創り出して欲しいですね。

電車男さま

タクシーに「運転手は耳が遠いので、大きな声で話しかけてください」
との看板が掲げられているとは驚きました。
耳が遠い運転手さんの車に乗って、右折左折の指示がまったく伝わらず、困ったことがあります。
今日は二日酔いですとか、寝不足ですとかの看板も必要かもしれませんね。
でも自動運転になたとき、
アイスバーンになっているとかの判断ができるのかなーとかの心配はありますが、
安全性に関しては、
自動運転の方が優れているということになるのは、時間の問題でしょうね。

元安川さん、むしろ広島市は街の規模や人口を百万人程度に縮小すべきです。
そうすれば市民の大好きな路面電車をイジル必要はないし、お金もかからない。
今でも行政は立ち往生の状態で街の規模がこれ以上大きくなると手に負えない。
当然ですが市役所の街造り担当者は減らす必要があります。

鯉の応援団さま

広島市の人口も、たしか、相当に減少する予想になっていると思います。
中心市街地をどうするかが課題でしょうが、
デジタル革命時代のお手本となるまちづくりをすることも可能でしょうから、
そのイメージを提案して欲しいですね

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/66313987

この記事へのトラックバック一覧です: 広島駅前バス乗り場とバスのデジタル革命:

« 目を開ければ雪国だった | トップページ | アメリカのプロスポーツ選手たちの破綻 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30