広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 里山の樹々の間に沈む夕日 | トップページ | 脱・法治国家=日本 »

2017年12月11日 (月)

壁の飾りになったタイプライター

友人の家の壁に真っ赤なタイプライターが何枚かの絵と並んで掲げられていた。
美しい!
格好いい!

41611d861cb34ecebcfcc95e77fcd0ac


聞けばオリベッティのバレンタインという名称のタイプライターで、
彼が結婚する前に、誕生日のお祝いとして贈ったのだという。
赤いバラのプレゼントより洒落ている!
彼らにとって貴重な思い出の品でもあるのだろう。

でも彼らが英文の論文を発表したという話は聞いていない。

その後すぐインターネット時代になり、ほとんど使うこともなかたったので、今でもこんなに綺麗に保存されていたのだという。

当然、文字列はパソコンのキーボードと同じだ。
キーを打てば、細いハンドルの先についた文字が打たれるようになっている。
完成された美しさがある。

エットレ・ソットサスのデザインしたオリベッティのポータブルタイプライター『ヴァレンタイン』(1969年)で、一世を風靡したタイプライターだという。

当時、アルフベット26文字で文章がかけるという英語を大変羨ましくも思ったものだが、
今ではパソコンにローマ字読みで日本語を打ち込めは漢字変換してくれるし、
スマホではたった12個のキーの操作で文章が打ち込めるようになってもいる。
私の友人は、音声入力しか使わないとすら言っている。

中国語ではどうやって入力するのかと聞けば、
音声の文字を入力すれば、漢字が表示されるのだという。

今では、あの万能と思えた「タイプライターは壁の飾り」になってしまったのだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


まあ~懐かしい☆
このオリベッティーの赤いタイプライター、
欲しかったのです。
手元の国産のが壊れないので、
買えないままでした。
インクリボンを交換するのに
指が汚れるのが懐かしいです。
(巻き戻して使ったりしていました)

投稿: 緩和ケア薬剤師 | 2017年12月11日 (月) 08時45分


緩和ケア薬剤師さま

タイプライターを使われていたということは、
英語の論文を書かれていたということですね。
素晴らしい!

投稿: 元安川 | 2017年12月11日 (月) 08時56分


私もタイプライターというものを使っていた年代で、初めて買ったのは高校生の時だったと思いますが、あまりに手書き文字が汚いことがキッカケでした。

当時は海外ドラマや映画で、エライ人はしゃべるだけで、タイプは秘書にさせているのをみて、とにかく無精で手書き文字の下手な私は、そういう身分になりたいと思っていたものですが、今はエラくはなくても、パソコンでもスマホでも音声入力ができるようになり、キーボードを使うことも稀になりました。

パソコンのCRキー、リターンキーはタイプライターのキャリッジリターンキーに相当するものですが、キャリッジリターンの意味も知らない人が多いでしょうね。

投稿: 工場長 | 2017年12月11日 (月) 09時59分


昔はタイピストと言った職業もあって懐かしいですね。又、この頃の東京は
知的やオシャレ、スマート等のカリスマ性があったが、最近の東京は映画や
テレビの影響で随分印象が変わってしまった様に思います。都知事を始め
首都を動かしているのは地方出身者で、ネイティブな東京人は奥の方に
引っ込んでいる様に見える。私は広島出身ですが、粋が幅を利かせていた
頃の東京の方が好きですね!

投稿: 鯉の応援団 | 2017年12月11日 (月) 10時22分


工場長さま

そう、映画でよく見ましたね、
ボスが秘書の打った文書にサラサラとサインをしているのを。
格好いい!
と感動したもんです。

音声入力の時代になったことで、
秘書の仕事も大幅に減ったのではないでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2017年12月11日 (月) 16時15分


鯉の応援団さま

タイピストもいなくなったし、
電話交換手もいなくなりましたね。
東京と地方の差もなくなりましたね。
国と国との違いもなくなるのでしょうかね。
そうなれば、素晴らしいですね。

投稿: 元安川 | 2017年12月11日 (月) 16時20分


>英語の論文を書かれていた
ごめんなさい。
英語の歌詞カードを作成するのに
便利そうなので父に買ってもらいました。
高校の文化祭でステージの時に
配ったりしていました。

「娘がタイプライターを欲しがる」
という設定が良かったらしく、
すぐ買ってもらえたのが懐かしい思い出です。

投稿: 緩和ケア薬剤師 | 2017年12月12日 (火) 09時21分

« 里山の樹々の間に沈む夕日 | トップページ | 脱・法治国家=日本 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

まあ~懐かしい☆
このオリベッティーの赤いタイプライター、
欲しかったのです。
手元の国産のが壊れないので、
買えないままでした。
インクリボンを交換するのに
指が汚れるのが懐かしいです。
(巻き戻して使ったりしていました)

緩和ケア薬剤師さま

タイプライターを使われていたということは、
英語の論文を書かれていたということですね。
素晴らしい!

私もタイプライターというものを使っていた年代で、初めて買ったのは高校生の時だったと思いますが、あまりに手書き文字が汚いことがキッカケでした。

当時は海外ドラマや映画で、エライ人はしゃべるだけで、タイプは秘書にさせているのをみて、とにかく無精で手書き文字の下手な私は、そういう身分になりたいと思っていたものですが、今はエラくはなくても、パソコンでもスマホでも音声入力ができるようになり、キーボードを使うことも稀になりました。

パソコンのCRキー、リターンキーはタイプライターのキャリッジリターンキーに相当するものですが、キャリッジリターンの意味も知らない人が多いでしょうね。

昔はタイピストと言った職業もあって懐かしいですね。又、この頃の東京は
知的やオシャレ、スマート等のカリスマ性があったが、最近の東京は映画や
テレビの影響で随分印象が変わってしまった様に思います。都知事を始め
首都を動かしているのは地方出身者で、ネイティブな東京人は奥の方に
引っ込んでいる様に見える。私は広島出身ですが、粋が幅を利かせていた
頃の東京の方が好きですね!

工場長さま

そう、映画でよく見ましたね、
ボスが秘書の打った文書にサラサラとサインをしているのを。
格好いい!
と感動したもんです。

音声入力の時代になったことで、
秘書の仕事も大幅に減ったのではないでしょうかね。

鯉の応援団さま

タイピストもいなくなったし、
電話交換手もいなくなりましたね。
東京と地方の差もなくなりましたね。
国と国との違いもなくなるのでしょうかね。
そうなれば、素晴らしいですね。

>英語の論文を書かれていた
ごめんなさい。
英語の歌詞カードを作成するのに
便利そうなので父に買ってもらいました。
高校の文化祭でステージの時に
配ったりしていました。

「娘がタイプライターを欲しがる」
という設定が良かったらしく、
すぐ買ってもらえたのが懐かしい思い出です。

緩和ケア薬剤師さま

そんな使い方あるとは、思ってもみませんでした。

友人がプレゼントした理由はなんなんでしょうね。
今度聞いてみます。

緩和ケア薬剤師さま

「オシャレで有名な作品だから、インテリアとしてプレゼントした」
とのことです。
それを今回壁飾りにしたとのことです。
フーン・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/66144041

この記事へのトラックバック一覧です: 壁の飾りになったタイプライター:

« 里山の樹々の間に沈む夕日 | トップページ | 脱・法治国家=日本 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30