広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 新宿中央公園とサンフレチェスタジアム | トップページ | 絹さや&シソと「おあいそ」 »

2017年10月 6日 (金)

82歳の日本人おばあちゃんがゲームアプリを開発した!

「82歳の日本人おばあちゃんがゲームアプリを開発したことで、
カリフォルニア州サンノゼ市で開催されるアップルの世界開発者会議「WWDC2017」に招待され、CEOのテイム・クックからハグされた」
との記事が週間東洋経済に載っていた。
http://toyokeizai.net/articles/-/174799

82歳でゲームアプリを開発したというだけでも凄いことだが、
CEOのジム・クックにハグされたというのだから、そのアプリがかなりの価値のあることだということが窺える。

開発者の若宮正子氏は、今年になってから、アップルのアプリ開発向け言語Swiftを学び、「hinadan」というパズルゲームを開発したのだというから凄い。

縄文時代にまで遡れるらしいという優雅な「お雛さま」をテーマにしているのも洒落ている。

24734e93530c4f08ab661019fafedf5e


ゲームのアプリは若者向けばかりで、シニア向けのゲームがないということが、動機だったという
シニアになれば、若者のように、機関銃のように打ち込めなくなるのはもちろんだが、
指先に湿り気がなくなり、スワイプができなくなるので、シニアでも遊べるアプリを開発しようとしたのだという。
歳を取ればと、耳も聞こえなくなるし、目も見えなくなる、
そうしたことにも配慮したゲームを開発したのだという。

歳を取ると、指先に湿り気がなくなり、スワイプができなくなるなんでことは考えもしなかったことだ。
確かにそうしたことは、当事者であるシニアしかわからないことがある。
故にシニアが開発したアプリには、それなりの価値あるということのは、極めて説得力がある。

それを評価したアップルという企業の慧眼にも頭が下がる。

さらに凄いのは、
若宮氏はこのアプリを無料で公開しているのだ。

このアプリが82歳のシニアが開発したということにも勇気付けられるが、
今後シニアの向けのアプリが様々にに開発されることを期待したい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 新宿中央公園とサンフレチェスタジアム | トップページ | 絹さや&シソと「おあいそ」 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/65876503

この記事へのトラックバック一覧です: 82歳の日本人おばあちゃんがゲームアプリを開発した!:

« 新宿中央公園とサンフレチェスタジアム | トップページ | 絹さや&シソと「おあいそ」 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31