広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 解約は面倒 | トップページ | 利用規約 »

2017年7月 6日 (木)

駅舎を何色にする?

何年振りだろう、西条駅の工事中に来たことはあるが、
あまりの変化に、それは随分前だったように思える。

JR山陽本線西条駅は白を基調にした真新しい2階建ての駅舎に変わっていた。
黒い平瓦が貼られ、白い漆喰が蒲鉾型に盛られたなまこ壁も一部にあり、
西条駅周辺の酒蔵の雰囲気を上手く伝えている。

Img_3520


広島駅が綺麗になって、
西条駅が綺麗になって、
白と赤に塗り分けられた真新しい227系の電車レッド ウイングが乗ると、
電車の窓から見る錆びついた工場も
緑の森の中に建つ茶色や黒の屋根瓦の民家のも美しくさえ見えるから可笑しい。

駅、電車のイメージには、街のイメージを一変させるほどの影響力があるようだ。

この際、古い駅舎もペンキを塗り直したらいい。
それも白と黒にするだけでなく、パステルカラーの赤、黄色とか、もっと多様な色をぬりわけたらいい。
俄然イメージが変わるはずだ。

日本には建物を塗るという文化はないと思われているが、そうでもない。
厳島神社の紅く塗られた鳥居は美しさを越え、荘厳ですらあるではないか。

マツダのロードスターの紅も素晴らしい。
広島にはカープレッドという文化も育ってきている。

JR西日本の駅舎を塗り直すだけで、
びっくりするほど、広島のイメージが変わるはずだ。
建て替えるのは、かなりのお金がかかるが、
塗り替えるだけなら、さしてお金はかからないはずだ。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 解約は面倒 | トップページ | 利用規約 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/65497666

この記事へのトラックバック一覧です: 駅舎を何色にする?:

« 解約は面倒 | トップページ | 利用規約 »

関連書籍

  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30