広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 公式サイト公開 | トップページ | 個人運送業者のネットワーク化! »

2017年6月24日 (土)

広電の架線レス化計画

6月8日の中国新聞に広電が「駅前大橋線での架線レス化を検討している」との記事が載っていた。

路面電車は架線から受電しているから、安く、安定して走れるのだろうと思っていたが、
逆に、クレーン車などに引っ掛けられたり、
鯉城通り、相生通りのように幅の広い道路に張られた架線の維持管理も大変らしい。

架線がなくることの効果は他にもある。
あの蜘蛛の巣のように張られた電線が無くなるだけではなく、
電柱も無くなるわけだ。

景観も良くなるし、地震等の際の安全性も高まる。


Img_0319


最近は電気自動車の開発も進んでいる。
電気自動車のバッテリーを路面電車に積めばいいじゃないかと思ったが
事は、そう簡単ではないらしい。

最大のハードルはバッテリーを積む場所の確保だという。
小型でパワーの大きいバッテリーがないのだという。

そうかなー。

「屋根の上に乗せる」ことができれば、かなりのスペースが確保できるだろうから、
相当に大きなバッテリーでもOKだと思うが、
屋根に乗せること自体が無理なのだろうか。

EVの進化に伴って、
小さくて、高能力で、安価なバッテリーの開発も急速に進んでいる。
屋根に太陽光パネルを乗せたっていいだろう。

路面電車の架線レス化、
是非進めて欲しい。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


私は電気自動車リーフに乗っていますが、広電の架線が蓄電池によってなくなるそれは出来ると思います。既得権を主張する広電が町の活性化を願ってくれれば広島市は綺麗な政令指定都市に代わると思うのですが、いいところに着眼されましたね素敵な広島市になることを、市民全体で願いたいですね!!

投稿: きぬさん | 2017年6月24日 (土) 04時35分


中国では、架線どころか、レールすら無くした列車が来年から走り始めるようです。

https://www.youtube.com/watch?v=qCrAPnzbgDI

投稿: 工場長 | 2017年6月24日 (土) 08時14分


きぬさん

コメント、ありがとうございます。
周回遅れお思われていた路面電車が、時代の最先端を行く交通機関となり、
さらに、架線がなくなれば、
広電はスマートシティ広島を象徴するインフラになりそうですね。

投稿: 元安川 | 2017年6月24日 (土) 10時04分


工場長様

確かにバッテリーで走れるようになれば、
架線だけでなく、レールも不要になりますね。
となると、バスと違いがなくなり、
バス会社から反対がありそうですね。

違いを出すために、ゴルフ場の電動カートのように、
道路に電線を埋め込み、誘導と充電をするようにするということも考えられますね。

投稿: 元安川 | 2017年6月24日 (土) 10時10分


確かに広電の架線は、景観にも良く無いし、災害時や高層ビル化していますから消防などにも邪魔ですね。
バッテリーは、どれくらいの容量が必要なのかはわかりませんが、座席の下は空いているのでは。
また屋根にはソーラー発電なども。
架線もないレールもないなら、電車を走らせる必要もなくなりますよね。二連結のバスの専用レーンでもいい。

投稿: やんじ | 2017年6月24日 (土) 14時26分


今でもバス会社やタクシー会社から見ると、軌道敷を専有している路面電車は邪魔な存在ですが、完全な自動運転が実現すればオンデマンドで時刻表もなくなり、電気自動車も走行中に道路から充電できるようになるので、タクシーもバスも電車もサイズの違いだけになるのではないかと思います。

その頃には道路からは軌道敷だけではなく、信号も車線も横断歩道もなくなり、ニューヨークのハイブリッドバスのように24時間運行が当たり前になるのではないでしょうか。

ヨーロッパでは既にそうした交通網を前提とした都市計画が作られているようです。

投稿: 工場長 | 2017年6月24日 (土) 14時57分


やんじ様

確かに座席の下は空いていそうですね。
100年も続いた路面電車の将来像をイメージするのはなかなか難しいですね。

投稿: 元安川 | 2017年6月24日 (土) 18時21分


工場長様
架線レスの次は軌道レスで、バスとの違いがなくなり、
路面電車がなくなる?
そして信号レス、運転手レスになり、
カーシェアリング、ユーバーが進むと、
車の数は激減し、
街は・・・・
どうなるのでしょうね。

そんな研究は欧米では盛んにされているようですが、
日本ではまったくされていないようなのは残念ですね。

投稿: 元安川 | 2017年6月24日 (土) 18時26分

« 公式サイト公開 | トップページ | 個人運送業者のネットワーク化! »

電力問題」カテゴリの記事

コメント

私は電気自動車リーフに乗っていますが、広電の架線が蓄電池によってなくなるそれは出来ると思います。既得権を主張する広電が町の活性化を願ってくれれば広島市は綺麗な政令指定都市に代わると思うのですが、いいところに着眼されましたね素敵な広島市になることを、市民全体で願いたいですね!!

中国では、架線どころか、レールすら無くした列車が来年から走り始めるようです。

https://www.youtube.com/watch?v=qCrAPnzbgDI

きぬさん

コメント、ありがとうございます。
周回遅れお思われていた路面電車が、時代の最先端を行く交通機関となり、
さらに、架線がなくなれば、
広電はスマートシティ広島を象徴するインフラになりそうですね。

工場長様

確かにバッテリーで走れるようになれば、
架線だけでなく、レールも不要になりますね。
となると、バスと違いがなくなり、
バス会社から反対がありそうですね。

違いを出すために、ゴルフ場の電動カートのように、
道路に電線を埋め込み、誘導と充電をするようにするということも考えられますね。

確かに広電の架線は、景観にも良く無いし、災害時や高層ビル化していますから消防などにも邪魔ですね。
バッテリーは、どれくらいの容量が必要なのかはわかりませんが、座席の下は空いているのでは。
また屋根にはソーラー発電なども。
架線もないレールもないなら、電車を走らせる必要もなくなりますよね。二連結のバスの専用レーンでもいい。

今でもバス会社やタクシー会社から見ると、軌道敷を専有している路面電車は邪魔な存在ですが、完全な自動運転が実現すればオンデマンドで時刻表もなくなり、電気自動車も走行中に道路から充電できるようになるので、タクシーもバスも電車もサイズの違いだけになるのではないかと思います。

その頃には道路からは軌道敷だけではなく、信号も車線も横断歩道もなくなり、ニューヨークのハイブリッドバスのように24時間運行が当たり前になるのではないでしょうか。

ヨーロッパでは既にそうした交通網を前提とした都市計画が作られているようです。

やんじ様

確かに座席の下は空いていそうですね。
100年も続いた路面電車の将来像をイメージするのはなかなか難しいですね。

工場長様
架線レスの次は軌道レスで、バスとの違いがなくなり、
路面電車がなくなる?
そして信号レス、運転手レスになり、
カーシェアリング、ユーバーが進むと、
車の数は激減し、
街は・・・・
どうなるのでしょうね。

そんな研究は欧米では盛んにされているようですが、
日本ではまったくされていないようなのは残念ですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/65442947

この記事へのトラックバック一覧です: 広電の架線レス化計画:

« 公式サイト公開 | トップページ | 個人運送業者のネットワーク化! »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30