広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 熊野トンネルの無料化を! | トップページ | 愛友ウオークとエキシティと広島駅周辺開発計画 »

2017年3月22日 (水)

物語のある料亭・うかい 鳥山

新宿にある外資系の超高級ホテルに勤務する友人に連れられ、
高尾山の麓にある料亭「うかい 鳥山」で食事をした。

京王線高尾山口駅を降りると無料送迎バスがあるというが、
凄い行列だ。
中国人の団体客もいる。
こんなに沢山の人が料亭にいくとはとても思えないが、
1台に乗りきれず、臨時便を増発するという。

10分ほどで山あいにある「うかい 鳥山」に着く。
エッ、こんな辺鄙なところに?

駐車場のすぐ脇には前回の東京オリンピックの前の年に移築したという五箇村の合掌造りの建物もある。
思った以上に大きい。
そのほかにも、移築したという大小様々の建物が、
樹々の間に、
川に面して、池に面して、斜面に、いく棟も建っている。

鬱蒼とした樹々間の細い道を歩き、
池に架けられた狭い橋を渡って、一部茅葺の瓦屋根の離れに案内された。
大きな石の上に靴を脱いであがると、6畳ほどの部屋には掘り炬燵があり、
大きなテーブルの真ん中には2つの囲炉裏が設けられている。
離れは川に面して建っている。
サービスをしてくれる女性は、紫色の洒落たモンペを履いている。

なんとも洒落た舞台装置だ。

Img_9792

鯉の揚げ物はすっきりした味に仕上がっている。
囲炉裏で焼く鳥のもも肉は柔らかく、美味い。
ネギもびっくりするほど甘い。
締めはトロロご飯。
外国人はこのネバネバが苦手らしいが、逆にそんな経験を喜んでもいるという。

都会の料亭の料理とは全く違った素朴な料理だが、
それはそれなりに強い拘りのある料理であり、
美味い!

2時間以上もかかって食事をしたあと、
水芭蕉が咲いている池まで散歩し、
東屋で甘酒を飲み、水車小屋の中を覗いたりした。
ヘーッ、水車小屋とはこーなっているんだと初めて知った。

街歩き番組だろう、井森美幸さんとよゐこのテレビ取材にも出あった。

高尾山に登った帰りに、ここで食事をする人も多いらしい。
結婚式をあげるカップルもあるという。

ここには、千昌夫の歌「北国の春」に出てくるような、どこか懐かしい世界が凝縮されてある。
こんなストーリーのある料亭で食事をするのはなんとも楽しい。
外国人に人気があるともいうのもわかる気がする。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


« 熊野トンネルの無料化を! | トップページ | 愛友ウオークとエキシティと広島駅周辺開発計画 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/65048017

この記事へのトラックバック一覧です: 物語のある料亭・うかい 鳥山:

« 熊野トンネルの無料化を! | トップページ | 愛友ウオークとエキシティと広島駅周辺開発計画 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30