広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

2017年3月

2017年3月30日 (木)

春・キッチンカーとオープンカフェ

地下鉄永田町駅をでてすぐの海運ビルの出入口脇の広場に、
ウッドデッキが張られ、木製のテーブルと椅子が置かれ、パラソルの立つオープンカフェがある。
一部は建物1階にあるレストランのテラス席になっているが、
大きな樹に囲まれた残りのスペースには、シルバーメタルに光るキッチンカーが置かれ、コーヒー、マフィン、ホットドッグが売られている。
キッチンカーはアメリカから持ってきたのだろう、Oregonのナンバープレートがついている。
コーヒー 280円、マフィン 170円、ホットドッグ 380円、
と安い。

Img_9852_2

寒い冬の間にも開いていたが、人が座っているのはほとんど見ることはなかった。
4月も近くなり、陽射しも暖かくなると、かなりの人が座っているのを見かけるようになった。
スマホでみるとここ千代田区の気温は11℃だ。

近頃は大規模なショッピングモールが作られ、
冷暖房が効き、人工的に演出された建物の中を歩き、食べ、生活することが多くなっているが、
こうして外の空気を感じ、コーヒーを飲むのもいい。
何か生きていることの有り難さを感じるから、可笑しい。

市民球場跡地にも、こんなオープンカフェを設けて欲しい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月28日 (火)

599 MUSEUMとプロジェクションマッピングと武田山

京王線高尾山口駅の改札をでると、木製の大屋根に覆われた駅前広場にでる。
今をときめく隈研吾氏の設計だ。
大らかで気持ちがいい建物だが、ちょっと細部の納まりが雑なのは気になる。

駅の裏には温泉がある。
土休日には大変な混みようだという。

高尾山の観光客数は250万人といわれ、日本一観光客が多い山といわれているが、
その高尾山に登った帰りによる人だけでなく、
都心から1時間半程度で、大自然の雰囲気を楽しめる温泉ということも人気となっているのだろう。

駅から数分の所には、599 MUSEUMがある。
高尾山の高さが海抜599mに因んでつけられたという。
面白いネーミングだ。
広い芝生広場の向こうに和風の建物が建っている。
日本の田舎にはこうした和風の建物はしっくりくる。
高尾山に生息する草花や昆虫、木の実などをアクリル封入した展示や、
デジタルサイネージで高尾山の登山ルールやマナーを説明する「599 GUIDE」もある。
高さ3m、幅16mという
真っ白な白い壁には猿、ムササビ、フクロウ、タヌキ・・・・・
等の剥製が貼り付けられている。
その動物たちの生態を、壁に映されたプロジェクションマッピングで、春夏秋冬の高尾山の四季の景色の中に見せてくれる。
面白い!
NATURE WALLと称しているが、
壁に剥製を貼り付けとは、ちょっと変だなと思ってたが、
こうして見せられると、剥製が生きているかようにみえてくるから不思議だ。

Img_9811

駅前広場の整備、温泉、MUSEUM・・
はここ数年に作られたもののようだ。

広島にはアストラムラインに囲まれて、武田山公園ともいうべき自然がある。
安佐南区のHPには、
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1135579179417/index.html
「安芸の守護(しゅご)であった武田氏の本拠銀山城(かなやまじょう)の築かれていた山を、武田氏にちなんで武田山と言います。この武田山とその周辺は、戦国期に毛利氏が広島に本拠を移してそこに城下町を築くまで、中世を通じて安芸国の政治や経済の中心地として繁栄しました。
 この山には、今でも城跡など昔をしのぶ数多くの史跡が点在し、JR可部線・下祇園駅から北西へ武田山憩いの森経由で約80分かけて登ることができます。標高410.5メートルの山頂からは、ふもとに広がる祇園の町、ゆったりと南流する太田川、高層ビルが林立する市街地を一望できます。さらに向こうには、絵のような島々が浮かび、光輝く瀬戸内海の絶景が続きます」
と紹介されている。
市民ボランティアが登山道の整備も進めてくれているという。

いずれ武田山一帯も高尾山のように整備されるのだろうか。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年3月26日 (日)

コンビニで世界を平和に!

広島市内にも4ヶ所のスタバがある。
東京にも、横浜にも、国内のあちこちにある。
どこにいっても満席だ。

そのスタバが
「2021年をめどに世界で12000店、24万人を新規雇用をする。
雇用方針の中には難民や失業中の若者の新規雇用をはじめ、アメリカの退役軍人の雇用計画なども含まれる。
スターバックスの従業員数は現時点で33万人で、店舗数は26000店に及ぶ。
日本国内では1245店舗を展開している」
と発表した。
http://www.huffingtonpost.jp/2017/03/22/star-bucks_n_15553430.html

合計すると、なんと3万8000店、従業員数は57万人になる。
凄い人数だ。
あのトヨタでも従業員は38万人だという。


スタバは世界的スケールの57万人のネットワークができているというわけだが、
それは国境を超えている。
平和だからこそ成り立っているともいえるし、
世界の平和に貢献しているともいえる。

因みに、
世界4位の戦力を持つといわれている日本の自衛隊員の人数は25万人、
あのアメリカは140万人、
中国は234万人、ロシアは76万人だそうだ。

スタバの57万人の人数がいかに凄いネットワークを作っているかわかる。
スタバはコーヒーだけでこれだけのネットワークを作ったのだ。

日本にはコンビニという素晴らしいネットワークビジネスがある。

月刊コンビニによるデータによれば、2014年3月末の店舗数は53140店という。
従業員数ははっきりとは掴めないようだが、
1店あたり10人とすれば軽く50万人は越えていることになる。
自衛隊の人数の倍の人々が働き、繋がっているのだ。

コンビニは、今や日本人にとっては、日々の生活に欠かせない社会インフラになっている。
東日本大震災の際にも、様々の面で大きく貢献したことはよく知られている。

この「コンビニ」を世界展開すれば、
それこそ数千万人の人々がかかわるネットワークができることになる。

世界の軍人の総計を軽く凌駕できるのではないだろうか。

Img_9807

そんなことを考えていたら、
昨日3月25日の日経新聞の読書欄に、
パラグ・カンナの著書「接続性」の地政学で
「接続性をキーワードとして現在の世界で展開しつつある。幹線道路、鉄道、パイプライン、インターネット海底ケーブル等のネットワークを通じて、世界の諸地域、企業、人々が相互につながりを持つことで、新たな世界を作りだしている」
と解いているとのことが紹介されていた。
http://bookmeter.com/b/4562053720

それなら、
その接続性のキーワードにスタバも加えるべきだし、
日本の創りだしたコンビニも、
世界の平和に大きく貢献しているいえるのではないだろうか。

日本国政府は、海外に原発を売るとか海外派兵なんて、物騒なことは即刻やめて、
世界に、コンビニを創ることを支援した方がいい。
安倍総理はノーベル平和賞を受賞することだってできるかもしれない。

1店に1000万円支援するとすれば、10万店で1兆円になる。
10年計画でやるとすれば、年間1千億円だ。

日本の防衛予算5.1兆円の2%だ。
防衛予算の新しい分野に加えたらいい。

それで世界の平和に貢献できるなら、安いもんだ。
その気になれば、簡単にできることだ。

どうでしょうか、
安倍晋三総理大臣、昭恵夫人様。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


本日「気まぐれ辛口」卒業します。長い間有り難うございました。

投稿: 気まぐれ辛口 | 2017年3月27日 (月) 07時31分


気まぐれ辛口様

楽しいブログを、どうもありがとうございました。
また「気まぐれ」に戻ってきてください。
卒業生はOBとして、
いつでも出入り自由だそうです。

投稿: 元安川 | 2017年3月27日 (月) 20時23分

2017年3月24日 (金)

愛友ウオークとエキシティと広島駅周辺開発計画

広島駅南口Cブロックの再開発計画がほぼ竣工した。
高さ167m、
敷地面積9680m2、延べ床面積99970m2というから容積率は1037%になる
高いことも高いが、容積率もかなり高い。
マンションは分譲が367戸、賃貸が122戸、計489戸。
賃貸が122戸というのはかなりの戸数だが、それだけの戸数が当初から賃貸というのは珍しい。

低層部には、「エディオン×蔦屋家電」をメインに、医療クリニック、薬局、飲食等の店舗が33店出店しているという。

「エディオン×蔦屋家電」はまだオープンしていないが、
蔦屋家電のコンセプトは、単なる家電量販店ではなく、書店、家具、カフェ等と組むことで、新たな生活スタイルを提案するような店舗にするということらしい。
アマゾン等のネット通販の普及によって、書店も家具店もデパートも苦境に立たされているが、蔦屋家電は本を買うこと、家電等の買い物という行為を、「コト化」しようとしているようだ。
どんなお店なのか楽しみだ。

さらに、
元々ここにあった戦後の闇市の面影を残した「愛友市場」が「愛友ウーク」として、ほんの一部ではあるが復活している。
素晴らしい。

産直、旬野菜を売る「旬」では、
トマト 6個1皿 298円、玉ねぎ 5個1皿 98円という価格で売っていた。
安い!

Img_9804

1階の店舗は通りに面して設けられているのもいい。
エビスバーは庇のあるオープンビアバーにもなっているのもいい。
街を歩くのが楽しくなる。

2階屋上には神社もある。

ここCブロックの再開発ビルは神社、愛友ウークとして古さ、懐かしさを残しながら、
家電×書店×カフェ×家具店・・・
いう新しいコンセプトの店舗が作られても素晴らしい。


広島駅南口はB、Cブロックの開発がされ、
北口も駅前広場の整備、二葉の里の開発もほぼ姿を見せてきた。
近年の急激な開発も、貨物ヤード跡地のズムズムスタジアムの建設、広島カープの快進撃が火をつけたといえる。

これで、
広島の街の顔ができたともいえるが、
広島の街の構造が大きく変わるだろうことは確かだ。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月22日 (水)

物語のある料亭・うかい 鳥山

新宿にある外資系の超高級ホテルに勤務する友人に連れられ、
高尾山の麓にある料亭「うかい 鳥山」で食事をした。

京王線高尾山口駅を降りると無料送迎バスがあるというが、
凄い行列だ。
中国人の団体客もいる。
こんなに沢山の人が料亭にいくとはとても思えないが、
1台に乗りきれず、臨時便を増発するという。

10分ほどで山あいにある「うかい 鳥山」に着く。
エッ、こんな辺鄙なところに?

駐車場のすぐ脇には前回の東京オリンピックの前の年に移築したという五箇村の合掌造りの建物もある。
思った以上に大きい。
そのほかにも、移築したという大小様々の建物が、
樹々の間に、
川に面して、池に面して、斜面に、いく棟も建っている。

鬱蒼とした樹々間の細い道を歩き、
池に架けられた狭い橋を渡って、一部茅葺の瓦屋根の離れに案内された。
大きな石の上に靴を脱いであがると、6畳ほどの部屋には掘り炬燵があり、
大きなテーブルの真ん中には2つの囲炉裏が設けられている。
離れは川に面して建っている。
サービスをしてくれる女性は、紫色の洒落たモンペを履いている。

なんとも洒落た舞台装置だ。

Img_9792

鯉の揚げ物はすっきりした味に仕上がっている。
囲炉裏で焼く鳥のもも肉は柔らかく、美味い。
ネギもびっくりするほど甘い。
締めはトロロご飯。
外国人はこのネバネバが苦手らしいが、逆にそんな経験を喜んでもいるという。

都会の料亭の料理とは全く違った素朴な料理だが、
それはそれなりに強い拘りのある料理であり、
美味い!

2時間以上もかかって食事をしたあと、
水芭蕉が咲いている池まで散歩し、
東屋で甘酒を飲み、水車小屋の中を覗いたりした。
ヘーッ、水車小屋とはこーなっているんだと初めて知った。

街歩き番組だろう、井森美幸さんとよゐこのテレビ取材にも出あった。

高尾山に登った帰りに、ここで食事をする人も多いらしい。
結婚式をあげるカップルもあるという。

ここには、千昌夫の歌「北国の春」に出てくるような、どこか懐かしい世界が凝縮されてある。
こんなストーリーのある料亭で食事をするのはなんとも楽しい。
外国人に人気があるともいうのもわかる気がする。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月20日 (月)

熊野トンネルの無料化を!

東広島市黒瀬にあるゴルフ場に行く時、いつも腹がたつのだが、
熊野トンネルを通るときに200円の通行料を払わなければいけない。
それも「ETCはご利用できません」とのことで、
現金で払わなければいけない。

しかし、
そこを過ぎて、新しくできた、ほぼ同じ長さの熊野黒瀬トンネルは無料だ。

なんでこんな違いになるのかよく理解できない。


 Img_9720


嫌なら無料の一般道を通ればいいじやないかといわれればその通りだが、
距離も長くなるし、かなりの急カーブもあり、運転しにくい。

同じ県道34号線にあるのだ。
無料にすればいいのに、と思って、ちょっと調べてみると、
熊野トンネルのある「広島熊野道路は、県道矢野安浦線のバイパスとして、慢性化
している交通混雑の解消を目的に建設されました。
現在では約8千台/日の利用があり、交通渋滞の緩和に大きく役立っています。
広島や熊野方面へと向かう交通量のうち、朝のピーク時は約55%、その他の時は約35%が、広島熊野道路を利用しています。
広島市と熊野町を約2.4kmで結ぶ幹線道路として、東広島方
面とのアクセスの利便性を向上させています。
トンネル部分は1.2kmです」
とある。
トンネル部分は全体の半分というわけだ。

ウーン、それにしても、と思って、調べてみると、
所管するのは 「広島県道路公社、
広島熊野道路と安芸灘大橋有料道路を管理しています」
http://www.hprc.or.jp/gaiyo.html
とある。

熊野黒瀬トンネルは全長約1,100m、
建設の趣旨は渋滞緩和と熊野トンネルと全く同じだ。

益々片や有料で、片や無料の意味よくがわからなくなってきた。

道路にしても橋にしても、日常生活にとって重要な社会インフラだ。

熊野トンネルを早急に無料化して欲しい!

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

 
道路というのは国民生活に必要なインフラであり、原則無料であるべきもので、有料道路は例外的、一時的な存在のはずですが、日本の高速道路などでは有料道路の方が「普通」で恒久的になり、同じく恒久的になっているガソリンの「暫定税率」と合わせ、自動車に関する多重課税の一つになっていると思います。

そして、それは生活に自動車が欠かせない地方と交通インフラの整備された大都市の格差にも繋がっているように思います。役人は自分の仕事や天下り先の確保が最優先なのではないかと勘ぐる根拠にもなってしまいます。

投稿: 工場長 | 2017年3月20日 (月) 08時25分


工場長様

国や自治体の行う「暫定的」というのは、
いつも無期限となり、既得権化し、安定した役人の天下り先となるようですね。

豊洲問題も、
あまり触れられませんが、
東京都から東京ガスへの天下りは相当な人数になっているはずですので、
そこを切って見れば、
まったく別の展開になっていくのではないでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2017年3月20日 (月) 19時12分

2017年3月18日 (土)

タイムシェアリングオフィス ・ シェイクハンズ

これは「タイムシェアリングオフイス」とでもいったらいいのだろうか、
本通りからちょっと脇に入った広銀本店近くのビルの3階に、
「シェイクハンズ」というカフェ+時間貸個人オフイスとでもいった使い方ができる場ができた。

お店を見つけるのにちょっと手間取った。

コーヒー等はセルフのフリードリンク。
どのテーブルにも充電用のコンセントが付いている。
無料のWiFIもついているからYouTubeやNetflixを見るには最高だ。
スキャナーもプリンターもある。

テーブル席もあるが、
私は窓際のカウンター席に座った。
隣の席とは半透明のガラスで仕切られ、私の使用する部分だけで幅⒈5mくらいある。
結構ゆったりしている。

そこで、このブログも書いている。

Img_9713

お客は皆若い人だが、
結構席は埋まっている。

疲れたらゆったりしたソファの席もある。

気分転換にも、ちょっと時間潰しにもいい。


ミーティングもできるというが、個室になっているわけではないので、
5〜6人程度のちょっとした打ち合わせができるといった方がよさそうだ。

望むべくはシャワーがあるといいなー。
そうなると徹夜で仕事もできる!?

広島市内でも空き事務所が増えている。
そんな空き事務所の活用法として、これから増えそうだ。

世の中、全てがシェアリングビジネスの時代になりつつあるようだ。


元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年3月16日 (木)

鍵社会

なんとなく、なんとなく、
気がつけば、いつの間にか、持ち歩いている鍵だけでも7個にもなっている。

Img_9703

自宅マンションの鍵、
事務所の鍵、
実家の門、玄関の鍵
東広島事務所の鍵、
それに・・・
ここには写っていないが車の鍵、
ポケットは重いし、
鍵の束を忘れた時には、それこそパニックになる。

それが怖くて、スペアキーをカバンの中に入れているし、
忘れたら大変といういくつかは財布に入れている。
ということまで勘定すれば、20個近くの鍵を持ち歩いていることになる。

若者がジーンズのポケットから、格好いいだろうといいたげに、
鍵の束をジャラジャラとぶら下げているのを見かけたことがある。
変なフアッションが流行っているんだなと思っていたが、
あれは忘れ物防止策なのだろうか。

インターネットのパスワードも多い。
その多さにもいささか参っている。
こちらが入力するパスワードだけでなく、
向こうが指定してくるパスワードもある。
私の記憶容量をはるかにオーバーしているから、その保存にも困る。
セキュリティ確保のために時々変更してくださいといわれたって、そんなのとても無理だ。

メールアドレスもじわじわ増えている。

クレジットカードなんか、無料で発行しますとか、申し込めばポイントが付きますとか、
いわれても、即断っている。

しかし現代社会とはなんでこんなに鍵社会になってしまったんだろう。
その割に安全ではない。

面倒臭くてかなわない。

なんとかなんないのかなー。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


日本でもやっと Apple Pay が使えるようになって、対応するクレジット・カードはiPhoneに入りましたし、Suicaもカードを持ち歩く必要がなくなりました。

自宅や事務所の鍵をスマホで開け閉めできるようにするキットも売られていますが、スマホに入ることによって鍵束が不要になるだけでなく、鍵を閉め忘れて外出しても、どこからでも鍵の開け閉めができるなど、便利にもなります。

早く免許証やマイナンバーカードもスマホの中に入らないものかと思っているところです。

投稿: 工場長 | 2017年3月16日 (木) 09時03分


工場長様

鍵やカードがスマホに入るのはいいのですが、
スマホを忘れたり、失くしたりしたら、それこそパニックですね。
その時のために、スペアスマホを持つのですかね。

投稿: 元安川 | 2017年3月16日 (木) 10時22分


カードはカードで存在しますし、落としたスマホのカードは指紋がなければ使えません。カードも鍵も所詮データですから、その場では困りますが、失くしたスマホ以上の損害はありませんし、沢山ある鍵やカードを失くす可能性より、常に身近にあるスマホを失くす可能性の方がずっと少ないと思いますよ。

ただ、スマホがなければ1日でも不便だ、という人は故障などに備えて予備のスマホを持っている、という話しは今日ビックカメラでイライザさんと一緒に聞きました。

投稿: 工場長 | 2017年3月16日 (木) 22時18分


工場長様

インターネット社会には、
それなりのルールがある ということでしょうね。

投稿: 元安川 | 2017年3月17日 (金) 10時42分


ついでに書いておきますと、iPhoneの場合、他のスマホやパソコンあるいは、家族のスマホやパソコンから現在位置が確認できますし、音を鳴らしたり、拾った人へのメッセージを表示したり、あるいはクレジット機能の停止やデータの消去も可能です。

実は私もどこに置いたか分からない時に位置情報を見たり鳴らしたりしますが、近くであれば「Hey! Siri」と言えば「私はここにいますよ」と返事もあります。

投稿: 工場長 | 2017年3月17日 (金) 10時59分


工場長様

今新幹線の中ですが、ひたすらiPadの画面と睨めっこです。
メールを書き、ブログを書き、dマガジンを読み・・・
もうすぐ、東京です。
大きな打ち合わせもメールのやり取りですみました。
カラオケ用の歌もiPadで覚えます。
凄いですねー。
リタイアしてもiPadさえあれば、退屈しそうにありません。
それに鍵、カードもスマホに入るとあれば、
あの世にも、スマホを持っていかなければいけませんね。

投稿: 元安川 | 2017年3月17日 (金) 13時07分

2017年3月14日 (火)

若者の思いと夢の街ーJRの高架下

JR中央線東小金井駅に近い高架下に、
ちょっと面白いお店ができたとのことで、見にいった。

倉庫か仮設建築物のような感じだ。
熟練の職人が作ったような完成度はなく、
代わりに学生が作ったかのような荒さと初々しさがある。

工事費もかなり安だろう、
坪あたり数十万円というところだろう。

建物は、白と黒に塗り分けられ、
柱梁は軽量鉄骨が剥き出し、
壁はプラスターボード、
床はコンクリートの洗い出し仕上げだったり、幅10cmくらいの杉板が張られていたりする。

電車の走る高架の軌道とは全く切り離されているせいか、
電車の音や振動は全くない。

Img_9696


当然賃料も安いだろう。
そのせいもあってか、
お店の経営者も若者なのだろう、
かなり実験的なお店が出店している。

食のあたらしい日常料理を提案するという「 ふじわら」
首輪や愛犬用キャリーバッグなどのオリジナルアイテムのほか、
犬や猫と豊かに暮らすための商品をご提案するという「dogdeco HOME」
手作り感のある革製品の工房「safuji」、
夫婦でつくっているというが、不思議な形をした革靴やシャツを売っている「coupé」
様々の思いの込められた全国各地のフリーペーパーが展示され、テイクフリというコーナー。
広島ではみたことがない英語版の案内書 HIROSHIMAもある。
コロンビア、東テイモールのオーガニック等書かれたコーヒー豆が、四角い木箱に入って並えられている「珈琲や」
その場で焙煎してくれる。
価格も200g 1100円程度からとかなり安い。

イベントスペースだという広場を挟んだ向こうにはローソンがある。
ローソンも「マチの健康ステーション」として地域の健康一番店を目指しているというが、地元産の野菜販売に力を入れているようだ。

「珈琲や」でランチを食べながら外を見ていて、

「建物から離れて作られている四角い形の白い鉄骨はドアの枠であり、
大きな白い塀と見えたのはその枠の中のドアが開いた状態だ」
と気がついた。
その白い鉄骨と板が、道路とこのお店ゾーンを区分する象徴となっていたのだ。

しゃれている。


ここは、
最近流行りの街歩き番組で見るような人の歴史、歴史のある街ではなく、
若者の思いと夢だけでお店、街が創られている。

こんな街が広島駅周辺の高架下にできたら、面白い。
期待したい。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

2017年3月12日 (日)

終身正会員となり、会費免除となる!

年度末の3月となると、参加している各種の年会費の請求書がわんさか届く。
合算するとかなりの金額になる。

その1つのある学会から
「個人正会員として50年以上在籍しましたので、終身正会員として待遇し、会費は免除されます」との手紙が届いいた。
こんな制度があるとは知らなかった。
何か得したような気分にもなったが、
50年間、半世紀も在籍していたのに、何か学会に貢献したかといわれると、ちょっと心許ない。

Img_9678

他にも延々と払い続けている会費もあるが、
それらもいずれ会費を免除にしてくれるのだろうか。

卒業した大学も、同窓会の終身会員になっていることで、大学から機関紙が送られてくる。
卒業時に、かなりの額の終身会費とやらを納めたからだが、
同時に寄付金のお願い書も同封されてくる。
途中、確かバブルの頃に終身会員制度の廃止なんて、おかしなこともあった。

広島にある同窓会や学会の支部のおかげで、随分たくさんの人とお友達になれた。

あるNPOの会費も払い続けている。

生命保険、火災保険も毎年延々と払っているが、
今まで、そのご利益に預かったことがない。

まあ、保険のお世話にならず、ここまで生きてこられたことを喜ぶべきなのだろう。
そして、それが保険というものだろうと自らを納得させている。

あっ、自動車保険にはお世話になったな。

年会費というのも、多種多様にある。
ご利益も多種多様にある。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月10日 (金)

梅を愛でる

空き家になっていたのだろうか、
実家の近くの家の解体が始まった。
まず庭の解体、撤去から始まった。
端正込めて手入れがされていたのだろう見事に咲いた梅の木も切られてしまった。
垣根に数本の花の咲いた梅の木の枝が立てかけれた。
「これいただけますか?」と声をかけたら、
「どうぞ、どうぞ。あまりに綺麗だったので、通りがかりの人にあげようと思って、とっておいたのです」
とのことだった。

高さ数mはあろうかという花の咲いた梅の枝を持ち帰り、実家の玄関に飾った。

Img_9671


実家の玄関の正面はガラスになっていて、
その向こうに庭が透けて見える。
ガラスには梅の赤い花をデザインした風呂敷が掛け軸のようにかかっている。
庭には盆栽の梅の花が見事に咲いている。

梅の枝の切り花、
梅の花の掛け軸、
梅の花の盆栽、
と3点の梅の花が並んだ。

梅を愛でる、
これもクールジャパン!

元安川


*願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


「桜を観る」ですが、
「梅を愛でる」ですね。
日本人は、梅には特別な思いを感じるのでしょうね。

投稿: ケン | 2017年3月10日 (金) 09時03分


ケン様

同じような言葉に「愛おしむ」という言葉がありますね。
日本人の言葉の感覚の鋭さには感動しますね。

投稿: 元安川 | 2017年3月10日 (金) 11時12分

2017年3月 8日 (水)

お新古市場とジモティー

最近テレビでは街歩き関係の番組が多いが、
先日は「途中下車の旅」で、西武池袋線が取り上げられ、
そこで入間市にある「お新古市場」が紹介されていたと、友人が教えてくれた。

「お新古市場?」変な名前だなー。
聞けば、
「日本初のマンションモデルルーム展示品専門店”なんだとか・・・」

実家を改修する予定のある私としては参考になるかなぁと行ってみた。
住宅街の中の大きな倉庫の中に、
システムキッチン、洗面所セット、テーブル、椅子、照明器具・・・
が並んでいる。
マンションのモデルルームで使用されたものなので、普段の生活に使われたわけではない、
ということで、新古と称しているようだ。
モデルルームの時の写真が飾られていたりする。

Img_9663

システムキッチン等は部屋のプランに合わせて作られているので、
即実家のキッチンに合うというわけにはいかない。
これはいいかなと思うと、「ご検討中」の貼り紙がされている。
私も実家の図面を持って来なかったので、欲しいなと思っても、私も「検討中」ということになるのだろう。

それにしても安いことは確かだ。
定価の何%とか、何分の1かだろう。
中には数十万円のものが、数万円なんてものもあるらしい。
しかし現物しかないので、次に行ったらもうないということは当然のことらしい。

大塚家具も中古家具の買取、販売を最近始めたという。

つい最近までの日本の住宅にはほとんど家具はなかった。
それが椅子、テーブルの生活に変わったことをきっかけに、
台所もシステムキッチンになり、居間には応接セットが入り、
と様々の家具に囲まれる生活に変わった。
家も大きくなった。
そうした蓄積が、こうした様々の中古家具マーケットを生み出したのだろう。

最近は
「取りき来てくれれば、格安、無料で譲りますよ」という
ジモティー
http://jmty.jp/all/sale-fur
なんていうアプリもあるという。

私も、単身赴任した時に購入した家具が屋根裏に積み上がっている。
邪魔で困っている。
それを今度、ジモティで売ってみるかな。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月 6日 (月)

先人の知恵! 卒業式

イライザさんが息子さんの卒業式に出席し、感動したとブログに書かれていた。

振り返って、私は?
息子、娘の卒業式、入学式に出席したかな?

息子の大学院の卒業式には出た記憶はある。
娘に聞けば、高校の卒業式にはきてくれたという。

ということは、後は一切出ていないということだ。

そもそも私自身、
高校の入学式には出たが、
そこから後の、高校の卒業式、大学の入学式、卒業式、大学院の入学式、卒業式に出ていない。
当然その頃の卒業アルバムは一冊もない。

全共闘世代に、特に顕著な、既成の権威や概念は無視する、壊すべきだという思いからだ。
教授をバカにし、
大学にはいったが、授業にはでず、近くの喫茶店で、友人達と延々と議論していた。

その頃最も影響を受けた本は、
コリンウイルソンの「アウトサイダー」だ。
ニーチェも夢中なって読んだ。

国家試験はそれこそ一夜漬けでとった。
だから正直なところ、専門についてはほとんど知らない。

息子、娘の教育、子育ても全て妻に任せ放しだった。
その頃は、ほぼ毎日午前様で、二日酔いで、会社にはいつも遅刻していた。

幼稚園に通っていた息子が、
「お父さんの好きなもの」との答えに「お粥」と書いて、
妻が「おたくのお父さんはご病気ですか」と言われたと、妻が怒っていたことがある。
毎日二日酔いでお粥しか喉を通らなかったのだ。

それで、よくここまでやってこれたと、改めて不思議に思う。
好奇心だけに突き動かされてやってきた?

「結婚式はやらない」
という娘に
「駄目。やりなさい」
「結婚式には、先人の知恵が詰まっているのだ」
と説教し、強引に挙げさせた。

可笑しい?!

元安川


*願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月 4日 (土)

不便→便利→不便・・ケシホン

職場にも我が家にも、毎日かなりの郵便物や宅配便が届く。

どれにも私の名前、住所が書かれているから、
捨てるときには、破いたり、シュレッダーにかけていたりしていた。
ビニール袋に宛名が貼られているときは、ハサミで切って捨てていた。

それを見ていた娘から、「これ使ったら」と宛名消しを貰った。
?!

便利だ!

Img_9653

印鑑の「シャチハタ」のように、
宛名等の個人情報保の上にポンと押せば、黒く塗ってくれる。

個人情報保護スタンプ、「ケシホン」という名称の製品だという。
https://bungu.plus.co.jp/product/security/keshipon/

「エーッ、知らなかったの」
と呆れられてしまった。

結構古くからあるとのことだ。

いまでは、ローラータイプのものまであり、
長い文章も墨消しできるほどになっているようだ。

こうして、便利なグッズが次々とできるのはいいが、
探すのも大変だ。
インクが無くなれば、補充しなければいけない。
これはこれで結構面倒だ。

不便→便利→不便
という回路ができているようだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


2017年3月 2日 (木)

回転しない回転寿司店 魚べい

回転寿司はなんとなく餌を啄む鶏のブロイラーみたいで、敬遠してきたが、
友人が奢ってくれるというので、
回転寿司チェーン元気寿司の系列店「魚べい」にいった。

テーブル席に座ると、
注文は全てタブレットの画像からする。
ものの数分もしないうちに、隣の席との仕切りの脇のレーンに、
F1、新幹線をモチーフにしたお盆に乗ったお寿司がサーッと来て、止まる。

マグロ、貝、サーモン・・・
旨い!

ご飯が心持ち少ないせいもあってか、
あっと言う間にお皿がつみあがる。
なんか急かされたように食べてしまった。

仕上げはカニの味噌汁。
これも旨かった。

食文化の技術の進歩?

Img_9640

出ようと玄関に向かったら、凄い待ち人数だった。
車の中で待っている人もいる。

徹底したセルフサービス、
2巻乗って108円が原則、
元気寿司チェーンの低価格店とのことだが、
味と価格はまあまあ。
人気があるのがわかる。

しかし、
どうもこのブロイラーみたいな雰囲気は好きになれない。

まだ広島には進出していないが、
香港、シンガポールには進出しているとのことなので、
広島店ができるのももう直ぐだろう。

シャレオの飲食店ゾーンに誘致したらどうだろうか。

元安川

*願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

関連書籍

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31