広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« コンビニで世界を平和に! | トップページ | 春・キッチンカーとオープンカフェ »

2017年3月28日 (火)

599 MUSEUMとプロジェクションマッピングと武田山

京王線高尾山口駅の改札をでると、木製の大屋根に覆われた駅前広場にでる。
今をときめく隈研吾氏の設計だ。
大らかで気持ちがいい建物だが、ちょっと細部の納まりが雑なのは気になる。

駅の裏には温泉がある。
土休日には大変な混みようだという。

高尾山の観光客数は250万人といわれ、日本一観光客が多い山といわれているが、
その高尾山に登った帰りによる人だけでなく、
都心から1時間半程度で、大自然の雰囲気を楽しめる温泉ということも人気となっているのだろう。

駅から数分の所には、599 MUSEUMがある。
高尾山の高さが海抜599mに因んでつけられたという。
面白いネーミングだ。
広い芝生広場の向こうに和風の建物が建っている。
日本の田舎にはこうした和風の建物はしっくりくる。
高尾山に生息する草花や昆虫、木の実などをアクリル封入した展示や、
デジタルサイネージで高尾山の登山ルールやマナーを説明する「599 GUIDE」もある。
高さ3m、幅16mという
真っ白な白い壁には猿、ムササビ、フクロウ、タヌキ・・・・・
等の剥製が貼り付けられている。
その動物たちの生態を、壁に映されたプロジェクションマッピングで、春夏秋冬の高尾山の四季の景色の中に見せてくれる。
面白い!
NATURE WALLと称しているが、
壁に剥製を貼り付けとは、ちょっと変だなと思ってたが、
こうして見せられると、剥製が生きているかようにみえてくるから不思議だ。

Img_9811

駅前広場の整備、温泉、MUSEUM・・
はここ数年に作られたもののようだ。

広島にはアストラムラインに囲まれて、武田山公園ともいうべき自然がある。
安佐南区のHPには、
http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1135579179417/index.html
「安芸の守護(しゅご)であった武田氏の本拠銀山城(かなやまじょう)の築かれていた山を、武田氏にちなんで武田山と言います。この武田山とその周辺は、戦国期に毛利氏が広島に本拠を移してそこに城下町を築くまで、中世を通じて安芸国の政治や経済の中心地として繁栄しました。
 この山には、今でも城跡など昔をしのぶ数多くの史跡が点在し、JR可部線・下祇園駅から北西へ武田山憩いの森経由で約80分かけて登ることができます。標高410.5メートルの山頂からは、ふもとに広がる祇園の町、ゆったりと南流する太田川、高層ビルが林立する市街地を一望できます。さらに向こうには、絵のような島々が浮かび、光輝く瀬戸内海の絶景が続きます」
と紹介されている。
市民ボランティアが登山道の整備も進めてくれているという。

いずれ武田山一帯も高尾山のように整備されるのだろうか。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« コンビニで世界を平和に! | トップページ | 春・キッチンカーとオープンカフェ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/65073188

この記事へのトラックバック一覧です: 599 MUSEUMとプロジェクションマッピングと武田山:

« コンビニで世界を平和に! | トップページ | 春・キッチンカーとオープンカフェ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31