広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 1年ぶりのスキー | トップページ | 靴は修理すれば、価値が上がる!!! »

2017年2月11日 (土)

もう一つのテレビの見方

最近は殆どテレビを観なくなった私ですが、知人からテレビの買い換えに関して相談を受けました。

私としては、今更テレビでもないのではないか、無数の動画が無料でいつでもどこでも観ることができ、テレビ番組の多くもYouTubeにアップされており、テレビ局自身もオンデマンド放送から、一つのアプリで数百チャンネルの放送が視聴できるような無料配信サービスまで行っているのに、時間も場所も縛られるテレビに意味はないのではないか、韓国で「最近はテレビ番組をテレビで見る人は殆どいない」と聞いたのはもう8年も前のことだ、と言いましたが、本人はとにかくテレビが欲しい、それも2画面同時視聴できる機能が欲しい、と言います。

そこで、取り敢えず、テレビについては理解した上で、2画面にするくらいなら、1万円も出せばフルセグ(ハイビジョン)のWi-Fiチューナーがあるので、2画面に対応しないテレビとパソコンやスマホで観た方が、自由なレイアウトでの視聴ができる上に、スマホでは風呂でもトイレでも見ることができるから、2画面対応のテレビを買うより安く利便性も高くなる、と提案しました。

自宅にルーターのようなチューナーを設置することで、Wi-Fiを使って、自宅のどこでも、パソコンやスマホでハイビジョン画質のテレビを見ることが可能になります。パソコンでは画面いっぱいに大きく見ることも、画面の一部で小さく見ることも可能です。

その知人はスマホは持っていなかったものの iPod touch を持っているので、それを使い、42インチのテレビと併せて、21インチのiMacの全画面もしくは画面の一部にテレビ画面を表示したり、食卓の上にiPodを置いてテレビ画面を表示したり、思いの外、便利になった、と言っていました。

更に、100円ショップに売っているような安い防水ケースを買って、風呂でも使っているようです。

ちなみに、そのチューナーの場合、外出先でも視聴できますし、外出先から録画することも可能です。
Photo_2
https://www.youtube.com/watch?v=5voaA-ol4y8

もう一つのテレビ番組の見方として、参考までに紹介してみました。

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


最近の若い人はテレビも持っていないそうです。
受信料収入の無くなるNHKはどうなってしまうのでしょうかね。
スマホ利用者から受信料を取るというのは技術的に不可能でしょうね。

投稿: ケン | 2017年2月11日 (土) 12時03分


ケンさん

ご指摘の心配があるので、NHKも携帯などの機器に受信契約を課すことを検討していますが、そもそもの放送法による受信契約そのものが時代遅れであり、憲法的にもグレイです。

個人的にはNHKは規模を四分の一くらいにして国営にしてしまう方が国民負担も少なくて良くなるのではないかと思います。

それにしても日本には所得税の他に50以上の税金があり、NHKの受信料や年金や保険などの累進性のない義務的経費が多過ぎるように感じます。今後AIなどによって人間の働く場が縮小されれば、富の再分配は益々重要となりますが、そうした時に、こうした所得税以外の義務的な出費はできるだけなくすべきだと思います。

投稿: 工場長 | 2017年2月11日 (土) 12時19分


アンテナから有線でテレビにつなげるのではない、簡単で安上がり方法を御教示下さり有難う御座います。いつもとても勉強になります。

我が家の場合、テレビをリアルタイムで視るというより、録画したものをゆっくり大きな画面でという視方が多いのですが、ついでにテレビそのものもといった感じです。

それと、同軸ケーブル、フロッピー、ハンダ鏝等に愛着を感じていることも大きかったのかもしれません。

投稿: イライザ | 2017年2月11日 (土) 21時55分


イライザさん

あくまで趣味の分野ですから、楽しみ方にもそれぞれのスタイルがあるのだと思います。

その知人からは、この記事を見て「思いの外、便利になった、どころか、大満足です。」というメールもいただきました。

正解は常に一つではなく、様々な選択肢がある、ということが重要である、と改めて思います。

投稿: 工場長 | 2017年2月12日 (日) 08時47分

« 1年ぶりのスキー | トップページ | 靴は修理すれば、価値が上がる!!! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

最近の若い人はテレビも持っていないそうです。
受信料収入の無くなるNHKはどうなってしまうのでしょうかね。
スマホ利用者から受信料を取るというのは技術的に不可能でしょうね。

ケンさん

ご指摘の心配があるので、NHKも携帯などの機器に受信契約を課すことを検討していますが、そもそもの放送法による受信契約そのものが時代遅れであり、憲法的にもグレイです。

個人的にはNHKは規模を四分の一くらいにして国営にしてしまう方が国民負担も少なくて良くなるのではないかと思います。

それにしても日本には所得税の他に50以上の税金があり、NHKの受信料や年金や保険などの累進性のない義務的経費が多過ぎるように感じます。今後AIなどによって人間の働く場が縮小されれば、富の再分配は益々重要となりますが、そうした時に、こうした所得税以外の義務的な出費はできるだけなくすべきだと思います。

アンテナから有線でテレビにつなげるのではない、簡単で安上がり方法を御教示下さり有難う御座います。いつもとても勉強になります。

我が家の場合、テレビをリアルタイムで視るというより、録画したものをゆっくり大きな画面でという視方が多いのですが、ついでにテレビそのものもといった感じです。

それと、同軸ケーブル、フロッピー、ハンダ鏝等に愛着を感じていることも大きかったのかもしれません。

イライザさん

あくまで趣味の分野ですから、楽しみ方にもそれぞれのスタイルがあるのだと思います。

その知人からは、この記事を見て「思いの外、便利になった、どころか、大満足です。」というメールもいただきました。

正解は常に一つではなく、様々な選択肢がある、ということが重要である、と改めて思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/64877366

この記事へのトラックバック一覧です: もう一つのテレビの見方:

« 1年ぶりのスキー | トップページ | 靴は修理すれば、価値が上がる!!! »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31