広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 振り込め詐欺救済法 | トップページ | 海水で走る自動車 »

2017年1月15日 (日)

得か、損か。


先日の日経新聞に2016年の党・政府の規律違反処分は41.5万人になるとの記事が載っていた。
新聞に片隅に、見過ごすほどに、小さく載っていた。

因みに日本はどうかというと、
「2013年度中に発覚した汚職事件の件数は112件、当事者として汚職事 件に関係した職員は 112 人」
とのことである。

415,000人: 112人

なんだこの差は?

日本では汚職が摘発されると、大騒ぎになるが、
人口比で見ても、中国は日本の約10倍だが、中国の汚職件数は4000倍ということになる。
比較にならない。

友人は、
「中国の汚職摘発は、
習政権の政敵一掃という意図によるのだろうから、
自派につながる人脈はもちろん人民軍関係者も摘発対象外となっているだろう。
同じ基準で摘発したら、この3倍120万人は摘発されるだろう」
といっていた。

中国では「ライセンス許可が必要なところに、腐敗あり」と言われるほどに汚職は日常化しているらしい。
中国に進出した日本企業も「郷に入れば郷に従え」で、同様に対応しているとのことだ。
大丈夫?と心配になる。

1962年、鄧小平が「黒い猫でも、白い猫でも、鼠を捕るのが良い猫だ」という発言をしたことを契機に、中国は一気に資本主義化への道を突き進んだ。
1党独裁との矛盾が吹き出し、1989年 天安門事件が起き、政権が混乱した。
しかしその時、
「現政権が倒れたたら、1億や2億の難民が日本に押し寄せるぞ。
それが嫌だったら、俺たちの政府を支えろ、と脅かされた」
とのことが巷で囁かれていた。

「民意が国家の行方を決めるのではなく、国家が民意を制御する。
密室ですべてを決める中国式統治を貫く思想だ」
といわれ、
「古来、帝国は人民を食べさせれなくなったら、その帝国は崩壊し、新たな帝国に取って代わられる」
ともいわれている。

近年の中国の経済発展は凄まじい。
色々な問題を抱えながらも、まあ上手くいっているとみていいのだろう。

Img_9424


トランプ氏が次期大統領に当選し、
ツイッターですべての政策、人事が発表されているように、
世界は共産主義か資本主義かといったような「ポリティカルコレクトネス」 PCの時代から、
インターネットをベースにした「損か得」の時代に大きくパラダイムシフトシフトしたようだ。

案外これは上手くいくように思うが、さあどうだろう。

ポール・ポーストの「戦争の経済学」では
https://www.amazon.co.jp/戦争の経済学-ポール・ポースト/dp/4862380573/ref=cm_cr_arp_d_product_top?ie=UTF8
戦争を徹底して経済学的に分析し、今や戦争は一部の軍需産業や石油メジャーを助けるだけで、米経済全体を衰退させてきたともいっている。
「戦争は損だ」という視点を持つことは、それなりに意味のあることかもしれない。

元安川


*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« 振り込め詐欺救済法 | トップページ | 海水で走る自動車 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/64762553

この記事へのトラックバック一覧です: 得か、損か。:

« 振り込め詐欺救済法 | トップページ | 海水で走る自動車 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31