広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 記念切手と葉書が62円に | トップページ | 「おでん」でクリスマスパーティー »

2016年12月25日 (日)

算数の出来ない国

ヒロシマの心を世界に」で『数学で未来を予測する』という記事が書かれていますが、政府の「試算」を見ると、数学どころか算数すら出来ていないと思うことが多くあります。

財政規律、年金制度、発電コストなど、少なくとも政府の計算間違いは算数で分かりそうなものばかりです。

政府は日本のGDPは世界3位といいますが、一人あたりのGDPは世界27位ですし、世界4位の輸出大国であるからと円安誘導していますが、人口比の輸出額は世界44位、「製造業生産額世界第2位のものづくり大国」も人口比ではG7の平均以下です。

あるいは文化・科学技術の分野でも、ノーベル賞受賞者数世界第7位ということですが、人口比では39位、スポーツでは夏季五輪メダル獲得数で50位、つまり、経済、文化、科学技術、スポーツいずれも政府がいうほど上位にはいない、それどころか先進国中最下位レベルということです。

これらは小学3年生で習う割り算さえできれば分かることです。

多くの日本人がこうした政府の説明を受け入れている背景には、日本を「小さな島国」だと勘違いしていることがあるようにも思います。

日本は世界190カ国の中でも、人口では10位(先進国で1億人以上は日本とアメリカだけ)、排他的経済水域では6位で、内陸部の面積ですら、日本はドイツ、イタリア、イギリスより大きく、島国としては最大級であり、欧州の教科書にも「東洋の海に浮かぶ大国」と書かれている国です。

Photo

ただ、一つ他の国と大きく違うのは、日本には純資産が数兆円という大金持ちや、年収100億円を超える高額所得者は一人もいませんし、餓死するほどの貧困層も僅かであり、それが世界で最も所得再配分のうまくいっている資本主義国と言われていた所以です。

その日本がグローバル化されれば、結果は、単純な割り算通り、ということでしょうか。

アベノミクスの初動で、ちゃっかり儲けているジム・ロジャーズやウォーレン・バフェットなどの一流の投資家の多くは「これまでの歴史で、過剰債務という問題をさらなる債務で解決した国はない、アベノミクスは日本を破壊する」と言っています。

彼らの一人がアベノミクスで百億円を儲ける間に、日本の国民にどれほどの恩恵があったのでしょうか。

「我々が歴史から学ぶべきなのは、人々が歴史から学ばないという事実だ」とは、ウォーレン・バフェットの言葉です。

さて、日本に再び桜は咲くのでしょうか。
https://www.youtube.com/watch?v=Bno09IwWlOE

https://www.youtube.com/watch?v=8hAYgokfhF4

2016年12月26日追記Amazonプライム会員の方は以下のリンクAmazonプライムミュージック)でフルコーラスが聴けます。
https://music.amazon.co.jp/albums/B01N74YBFS?do=play&ref=dm_ws_dp_ald_bb_phfa_xx_xx

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


的を射た鋭い指摘に、毎回教えられ感謝しています。

こんな詐術が罷り通るのは、為政者の立場からは、客観的な数字によって、かつてよく使われた言葉を使えば、日本は「東洋の盟主」そして「世界の一等国」であることが証明されている、と言いたいからなのだと思います。そして、私たちの多くも「日本は素晴らしい国」だと信じたい気持があるからなのではないでしょうか。

でも、、「不都合な真実」から目を逸らしては、本当に素晴らしい国にはならないだろうと思いますし、なっていたとしてもそれはすぐ、一炊の夢に化すことは目に見えています。

いろいろと触発されたのですが、長くなりそうですので別稿で開陳させて頂きます。

投稿: イライザ | 2016年12月25日 (日) 22時23分


自分のために都合の良い数字を使うのは、皆同じなんでしょうね。
日本は化石エネルギーでは資源は少ないですが、水力など再生可能エネルギーでは資源大国ではないだろうかと思います。
この記事→http://rocketnews24.com/2015/09/16/632429/ も面白いです。

投稿: やんじ | 2016年12月25日 (日) 22時42分


イライザさん

私の方こそ、多くのことを教えて頂いています。
これからの展開も、楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

投稿: 工場長 | 2016年12月27日 (火) 09時01分


やんじさん

中国電力は沖縄を除けば最も原発依存度の低い大手電力会社ですが、内部には「中国地方の電力は水力だけでも賄える」と言っている人もいました。

また、震災後にドイツから日本に訪問した議員は「日本は羨ましいほど自然エネルギーに恵まれている」と言い、アメリカのシンクタンクも「日本は原発を再稼働させるより、自然エネルギーを中心とした小型分散型の電力にした方が効率的」と結論づけていました。

専門家は皆わかっているはずですが、知識はあっても、正直になる勇気は持ち合わせていない人が多いようです。

リンク記事、なるほどです。

投稿: 工場長 | 2016年12月27日 (火) 09時03分


26日、経産省はこれまでの統計資料を水増しするなど不正に操作していたことを、請負業者の告発により、渋々認めました。
今回のことは第一次安倍内閣のもとで画策されたことですが、これが氷山の一角であることは誰でも分かることで、以前GDPの水増しがバレた時も、安倍首相は取材に対して「私はこの道を進んでいくしかないと思います」と堂々と述べています。
日本人はせめてCIAのデータでも見た方がマシです。日本のGDPはちゃんと43位になっていますから。

投稿: 愚民 | 2016年12月31日 (土) 16時41分


愚民さん

日本は、報道の自由度ランキングも安倍政権になって下がりっぱなし、今や72位という有様で、本当のことが知りたければ海外メディアに頼るしかないというのが現状ですね。

ロシアがアメリカの情報網に介入してきたことはトランプ次期大統領も認めましたが、日本人は自分で自分の首を絞めているようです。

投稿: 工場長 | 2017年1月12日 (木) 20時56分

« 記念切手と葉書が62円に | トップページ | 「おでん」でクリスマスパーティー »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

的を射た鋭い指摘に、毎回教えられ感謝しています。

こんな詐術が罷り通るのは、為政者の立場からは、客観的な数字によって、かつてよく使われた言葉を使えば、日本は「東洋の盟主」そして「世界の一等国」であることが証明されている、と言いたいからなのだと思います。そして、私たちの多くも「日本は素晴らしい国」だと信じたい気持があるからなのではないでしょうか。

でも、、「不都合な真実」から目を逸らしては、本当に素晴らしい国にはならないだろうと思いますし、なっていたとしてもそれはすぐ、一炊の夢に化すことは目に見えています。

いろいろと触発されたのですが、長くなりそうですので別稿で開陳させて頂きます。

自分のために都合の良い数字を使うのは、皆同じなんでしょうね。
日本は化石エネルギーでは資源は少ないですが、水力など再生可能エネルギーでは資源大国ではないだろうかと思います。
この記事→http://rocketnews24.com/2015/09/16/632429/ も面白いです。

イライザさん

私の方こそ、多くのことを教えて頂いています。
これからの展開も、楽しみにしていますので、よろしくお願いします。

やんじさん

中国電力は沖縄を除けば最も原発依存度の低い大手電力会社ですが、内部には「中国地方の電力は水力だけでも賄える」と言っている人もいました。

また、震災後にドイツから日本に訪問した議員は「日本は羨ましいほど自然エネルギーに恵まれている」と言い、アメリカのシンクタンクも「日本は原発を再稼働させるより、自然エネルギーを中心とした小型分散型の電力にした方が効率的」と結論づけていました。

専門家は皆わかっているはずですが、知識はあっても、正直になる勇気は持ち合わせていない人が多いようです。

リンク記事、なるほどです。

26日、経産省はこれまでの統計資料を水増しするなど不正に操作していたことを、請負業者の告発により、渋々認めました。
今回のことは第一次安倍内閣のもとで画策されたことですが、これが氷山の一角であることは誰でも分かることで、以前GDPの水増しがバレた時も、安倍首相は取材に対して「私はこの道を進んでいくしかないと思います」と堂々と述べています。
日本人はせめてCIAのデータでも見た方がマシです。日本のGDPはちゃんと43位になっていますから。

愚民さん

日本は、報道の自由度ランキングも安倍政権になって下がりっぱなし、今や72位という有様で、本当のことが知りたければ海外メディアに頼るしかないというのが現状ですね。

ロシアがアメリカの情報網に介入してきたことはトランプ次期大統領も認めましたが、日本人は自分で自分の首を絞めているようです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/64668915

この記事へのトラックバック一覧です: 算数の出来ない国:

« 記念切手と葉書が62円に | トップページ | 「おでん」でクリスマスパーティー »

関連書籍

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31