広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 行政会議の実態 | トップページ | 落しどころは見えている? »

2016年9月19日 (月)

ハーフで女性のリーダー

民進党の代表に蓮舫氏が選ばれた。

与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」の歌ではないが、、
女性は、思考のベースが男性とはどうもかなり違っているようだ。
反面、女性であっても、母となると、自分の子供を守るためには、
身を挺して守るという恐ろしさも併せ持っている。

蓮舫氏は母であり、台湾人とのハーフだという。
万世一系の天皇家をいだくことを誇りにしている日本人が、
ハーフで女性の総理大臣をいだくことになるかもしれないのだ。

身内にもハーフの女の子がいる身としては、
大いに期待したい。

アメリカでは、初の黒人大統領にオバマ氏がなった。

イギリスロンドンでは、初のイスラム教徒の市長に
パキスタン移民2世のサディク・カーン氏が当選した。

ドイツの女性首相のメルケル氏、
イギリスの女性首相にメイ氏・・・
アメリカの大統領に女性がなるかもしれない。
女性のリーダーは、さして珍しいことではなくなった。

世界はどんどん多様化している。
いいことだ。

何でいいかって?
多様化は、世界が平和になることの大きなステップになるだろうからだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


民進=民主は日本を衰退させた極悪党。「二番で良い」と言い二重国籍を隠していた蓮舫が一番になるような党。未だに日本の苗字は使わず蓮舫と称しているのは日本を拒絶しているからではないのか。日本は単一民族の島国だからこそ安全で安心。多様なのは神様だけで良い。

投稿: 民進嫌い | 2016年9月19日 (月) 08時50分


民進嫌い様

本名は村田蓮舫というそうですね。
蓮が姓で、舫が名と思っていました。
タレント時代の呼び名をそのまま使っているようですね。
それでもOKなのですから、
日本はいい国ですね。

投稿: 元安川 | 2016年9月19日 (月) 10時47分


東京都も女性の都知事で腐敗した都政が改善されそうですね。
それから先のコメントにある間違いを指摘しておきますが、蓮舫氏は「2番でも良い」と言ったわけではなく「2番ではいけないのか」と質問しただけで、それにまともに答えられなかったのは、若く有能な科学者を殺したり潰したりして組織を存続させている理研です。

投稿: 都民 | 2016年9月19日 (月) 13時09分


都民様

コメント、ありがとうございます。
「2番ではいけないのか?」という質問が、
いつのまにか「2番でいいのてはないか」というように受け取られてしまったのは残念なことですね。
日本人はもっとディベイト能力を鍛える必要がありますね。

投稿: 元安川 | 2016年9月19日 (月) 14時35分


台湾は1985年から50年間、日本の一部でした。
その頃日本の本土の人と結婚した人は膨大な数になると思いますが、
その人たちの子はハーフとはいいませんよね。

投稿: ゲン | 2016年9月20日 (火) 04時57分


ゲン様

確かにそうですね。
日本人は混血、ハーフという言葉を微妙に使いわけていますが、
韓国、中国等のアジア系との子には、
日本語さえきちんと喋っていれば、
普通の日本人として対応していますね。

投稿: 元安川 | 2016年9月20日 (火) 07時57分


ハーフ=混血は人種や民族の違う親の子を言うもので国籍は関係ありませんが、多重国籍を禁止しているのはアジアの一部の後進国というか人権を無視しているような国に多く、先進国では多重国籍で大統領候補になることもあり、多重国籍が問題視されることそのものが国際感覚や人権意識のない後進民族だという査証です。
広島市も多重国籍でゲイの市長が誕生するほどになれば立派な国際平和文化都市と言えますね。

投稿: 国際派 | 2016年9月20日 (火) 08時30分


国際派様

アメリカも多重国籍は認めているようですが、
どうもそれらの国も。多重国籍については、色々苦労しているようですね。

ウイキペディアによれば、日本にあっては、
「日本国籍を持つ多重国籍者が選挙に立候補することは公職選挙法上の直接規制は無く、国務大臣や内閣総理大臣になることにも法律上の直接規制はないが、国会議員から起用されることも想定されている外務公務員(全権委員や特派大使など)に就任することはできず、選挙で当選しても国籍法により日本国籍を失った場合は公職を失職となる」
とあります。
蓮舫氏は、日本国籍は持っているようですから、
総理大臣にはなれそうですね。

投稿: 元安川 | 2016年9月20日 (火) 09時13分

« 行政会議の実態 | トップページ | 落しどころは見えている? »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

民進=民主は日本を衰退させた極悪党。「二番で良い」と言い二重国籍を隠していた蓮舫が一番になるような党。未だに日本の苗字は使わず蓮舫と称しているのは日本を拒絶しているからではないのか。日本は単一民族の島国だからこそ安全で安心。多様なのは神様だけで良い。

民進嫌い様

本名は村田蓮舫というそうですね。
蓮が姓で、舫が名と思っていました。
タレント時代の呼び名をそのまま使っているようですね。
それでもOKなのですから、
日本はいい国ですね。

東京都も女性の都知事で腐敗した都政が改善されそうですね。
それから先のコメントにある間違いを指摘しておきますが、蓮舫氏は「2番でも良い」と言ったわけではなく「2番ではいけないのか」と質問しただけで、それにまともに答えられなかったのは、若く有能な科学者を殺したり潰したりして組織を存続させている理研です。

都民様

コメント、ありがとうございます。
「2番ではいけないのか?」という質問が、
いつのまにか「2番でいいのてはないか」というように受け取られてしまったのは残念なことですね。
日本人はもっとディベイト能力を鍛える必要がありますね。

台湾は1985年から50年間、日本の一部でした。
その頃日本の本土の人と結婚した人は膨大な数になると思いますが、
その人たちの子はハーフとはいいませんよね。

ゲン様

確かにそうですね。
日本人は混血、ハーフという言葉を微妙に使いわけていますが、
韓国、中国等のアジア系との子には、
日本語さえきちんと喋っていれば、
普通の日本人として対応していますね。

ハーフ=混血は人種や民族の違う親の子を言うもので国籍は関係ありませんが、多重国籍を禁止しているのはアジアの一部の後進国というか人権を無視しているような国に多く、先進国では多重国籍で大統領候補になることもあり、多重国籍が問題視されることそのものが国際感覚や人権意識のない後進民族だという査証です。
広島市も多重国籍でゲイの市長が誕生するほどになれば立派な国際平和文化都市と言えますね。

国際派様

アメリカも多重国籍は認めているようですが、
どうもそれらの国も。多重国籍については、色々苦労しているようですね。

ウイキペディアによれば、日本にあっては、
「日本国籍を持つ多重国籍者が選挙に立候補することは公職選挙法上の直接規制は無く、国務大臣や内閣総理大臣になることにも法律上の直接規制はないが、国会議員から起用されることも想定されている外務公務員(全権委員や特派大使など)に就任することはできず、選挙で当選しても国籍法により日本国籍を失った場合は公職を失職となる」
とあります。
蓮舫氏は、日本国籍は持っているようですから、
総理大臣にはなれそうですね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/64215302

この記事へのトラックバック一覧です: ハーフで女性のリーダー:

« 行政会議の実態 | トップページ | 落しどころは見えている? »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30