広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ハーフで女性のリーダー | トップページ | 落札率99%の異常さ »

2016年9月21日 (水)

落しどころは見えている?

小池新知事が指摘した豊洲新市場の土壌汚染対策としての盛り土が、
「専門家会議」から提案されていたにもかかわらず、
地下空間が作られ、その部分が盛り土がされていないことが明らかになり、
「食の安全が確保されない怖れがある」と大騒ぎになっている。
まさにパンドラの箱を開けた感じだ。

しかし小池新知事は、就任早々大変上手く都民を味方に付けた。
その手際の良さに感心する。
さすが大臣までやったベテランの政治家だ。

そして今、この問題に対し、小池新知事は「専門家会議」と「市場問題プロジェクトチーム」の2つの組織を作って対策を考えるというが、
通常、こうした外部の識者と称する人たちによる組織を作ったときには、ほぼ結論は決まっている。
小池新知事は問題を指摘した時点でそれなりの結論を持っていたはずだとも思える。

今回、どのような結論に導こうとしているのかわからないが、
いわば全く情報のない部外者として、
無責任な野次馬的好奇心から、ちょっとその結論を推察してみたい。

豊洲新市場の工事費については、色々な数字があって、どれが本当なのかもよくわからないが、
ある資料によれば、
土壌汚染対策は、当初の予算が586億円だったのが、実際は849億円とアップし、

建設費は、当初予算が990億円だったが2752億円にアップとしたという。
建設工事に関しては、落札率が99%を越えているという。
「全国市民オンブズマン連絡会議などは落札率90%以上は談合の疑いがあり、95%はその疑いが極めて強い」と指摘しているとのことだが、
それにしても、99%を越えているというのはあんまりに酷い。

ところで問題は、これをどのように決着させるのか、
つまり落しどころをどうするかだ。

ど素人の野次馬として推察すれば、
まずは建設工事を担当したゼネコンにペナルテイを課し、
受注額の2割程度、
2752億円×2割→約550億円
程度の金額を支払わせるのだろう。

次に、その550億円の資金を元に、
地下空間の浸水を防止する工事と盛り土に代わりレンガやセメントで床、壁を分厚くする工事をし、安全性を確保する、
と同時に新市場への移動が遅れたことへの補償をする、
ということが考えられる。

いずれにしろ、
小池新知事としては、当初からなんらかの結論となる仮説があって、問題提起をしているのだろうし、
すでにそれなりの落しどころは見えているのだろうと思う。

こんな拙い仮説より、2つも専門家の組織を作ったのだ、
はるかに優れた結論となることを期待したい。

追記
移転した築地市場の跡地については、今のところ何も決まっていないようだ。
カジノであるとか、Jリーグのスタジアムであるとか、提案は色々あるらしいが・・・
広島の市民球場跡地の利用計画はきちんと決まっているはずだが・・・
現広島市長は、頑なそれを認めようとしない。
だからと言って、どうしようという腹案があるわけではなさそうだ。

元安川

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


大学が移転した跡地に要望が多いのが「大学」、飛行場の跡地に要望が多いのが「飛行場」、スタジアムの跡地に要望が多いのが「スタジアム」って、広島市民って大丈夫か?

投稿: 県民 | 2016年9月21日 (水) 09時32分


県民様

面白い指摘ですね。
広島県人は保守的?
というわけではないと思いますが。

投稿: 元安川 | 2016年9月21日 (水) 09時54分


ゼネコンに責任を求めるの無理でしょうね。
指示通りに建設したのですから。
問題は、天下りの人達が何も考えずに承認している事ですね。
設計図面をまともに見たら、おかしいと気づくのがその地位にある人だと思います。
また、設計に対して指示書があるはずです。
そうでないと見積もりなんてできないでしょうし、図面も書けないと思います。
それと汚染土に対して盛り土は、必ずしも最良の方法とは思えません。
専門家委員会の意見が、正しいとするのはどうなんでしょうか?
盛り土ばかり強調されてますが、汚染を防ぐには不十分だと思います。
盛り土の下に、汚染物質に耐性ある防水シートをひきつめのが、ゴミの埋め立てなどで実際にやってますから、こんなシート敷き詰めてコンクリートで遮断層を作れば良いと思いますが。
だから、今の建物の下にこのようなシート敷き詰めてコンクリートを打設するので良いのではないでしょうか?

投稿: やんじ | 2016年9月21日 (水) 20時56分


やんじ様

汚染土壌対策でしばらく犯人探しをすることで、
様々の汚染を洗いだしたらいいですね。
問題はどような案で、どのタイミングで鉾を納めるかでしょうね。
やんじさんの指摘されるように、
ごみの埋め立て地には汚染物質を流れださないようにするシート防水の技術は確立していますし、
地下工事の防水技術も極めて高いと思われますから、
今回の件も、技術的にはそれほど難しいことではないでしようね。

投稿: 元安川 | 2016年9月22日 (木) 09時40分

« ハーフで女性のリーダー | トップページ | 落札率99%の異常さ »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

大学が移転した跡地に要望が多いのが「大学」、飛行場の跡地に要望が多いのが「飛行場」、スタジアムの跡地に要望が多いのが「スタジアム」って、広島市民って大丈夫か?

県民様

面白い指摘ですね。
広島県人は保守的?
というわけではないと思いますが。

ゼネコンに責任を求めるの無理でしょうね。
指示通りに建設したのですから。
問題は、天下りの人達が何も考えずに承認している事ですね。
設計図面をまともに見たら、おかしいと気づくのがその地位にある人だと思います。
また、設計に対して指示書があるはずです。
そうでないと見積もりなんてできないでしょうし、図面も書けないと思います。
それと汚染土に対して盛り土は、必ずしも最良の方法とは思えません。
専門家委員会の意見が、正しいとするのはどうなんでしょうか?
盛り土ばかり強調されてますが、汚染を防ぐには不十分だと思います。
盛り土の下に、汚染物質に耐性ある防水シートをひきつめのが、ゴミの埋め立てなどで実際にやってますから、こんなシート敷き詰めてコンクリートで遮断層を作れば良いと思いますが。
だから、今の建物の下にこのようなシート敷き詰めてコンクリートを打設するので良いのではないでしょうか?

やんじ様

汚染土壌対策でしばらく犯人探しをすることで、
様々の汚染を洗いだしたらいいですね。
問題はどような案で、どのタイミングで鉾を納めるかでしょうね。
やんじさんの指摘されるように、
ごみの埋め立て地には汚染物質を流れださないようにするシート防水の技術は確立していますし、
地下工事の防水技術も極めて高いと思われますから、
今回の件も、技術的にはそれほど難しいことではないでしようね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/64224749

この記事へのトラックバック一覧です: 落しどころは見えている?:

« ハーフで女性のリーダー | トップページ | 落札率99%の異常さ »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30