広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« ホセ・ムヒカ大統領と国防費格差 | トップページ | 老化と終末期医療 »

2016年7月 8日 (金)

天皇が最強の盾?

「皇室は今や、日本の自由民主主義の最も優れた盾になっている。」こう書いているのはフランスの週刊誌です。

その記事には「80を過ぎる天皇、明仁、その長男である皇太子、徳仁殿下」の記者会見での発言を紹介し「皇室こそが安倍政権に対する抵抗勢力」としています。

この記事は「Japon : la face cachée de Shinzo Abe(アベシンゾーの隠された顔)」という特集で、そこには安倍晋三首相と日本会議の関係が詳しく書かれています。

O0800051513331716206

そこには「日本会議は歴史修正主義で権威主義の極右団体であり、安倍晋三が新自由主義的であると同時に戦前に郷愁を抱く強硬な右翼出身の政治家であることを知らない者はおらず、安倍はプーチンやインドの国粋的指導者モーディを称賛し、祖父は祖父の岸信介が大日本帝国によって併合された満州のナンバー2であり、A級戦犯として投獄されていたことも、誰もが知っている」と書かれています。

そして「安倍晋三は反動的で反民主主義的なイデオロギーの持ち主で、平和的で自由で民主的な憲法の根本的な改変を日本人に売り込み、帝国主義に憧れを持つ、古い秩序への回帰を押しつける目的だけで経済的成功を追求している」とも書かれています。

さらに「日本会議そして安倍晋三の夢は、憲法や教育を変え、1890年代の帝国時代の法(天皇への全面的な服従)にできるだけ早く近づくことだ。」とするも、「それに最も憤り、反対し、それを雄弁に語っているのが、天皇と皇太子だ」ということを書いています。

日本人は多くの国で好意的な評価を得ています。しかし、その一番の理由は日本が「平和の国」であり、それを支えているのが憲法であることを、どれほどの日本人が理解しているのでしょうか。

日本会議は既に国会の40%に相当する289人の議員を送り込んでいますが、それを選んだのは、もちろん有権者=日本国民です。

その記事でも「大多数の国民は、その思想の大部分に反対している。しかし受身的な国民性のため、されるがままになりかねない。」と書かれています。

今度の参議院選挙で、日本国民はそれを否定できるでしょうか。

三宅洋平も日本会議に触れています。
https://www.youtube.com/watch?v=4hnCHVuzVFI

1
2

*お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


>「大多数の国民は、その思想の大部分に反対している。しかし受身的な国民性のため、されるがままになりかねない。」

「辛口」も拙筆ながら今日のブログに、同趣旨のことを書きました。
民進党(民主党)は不甲斐ないので、政権を丸抱えさせるわけには行かないと思いますが、憲法を書き直したい勢力に易々と2/3の議席は与えたくありません。

それなのに・・・・・「されるがまま」。

投稿: 気まぐれ辛口 | 2016年7月 8日 (金) 05時26分


〉「80を過ぎる天皇、明仁、その長男である皇太子、徳仁殿下」の記者会見での発言を紹介し「皇室こそが安倍政権に対する抵抗勢力」としています。

日本人の良心の象徴が天皇家とは・・・

投稿: ゲン | 2016年7月 8日 (金) 09時32分


このフランスの週刊誌と同じことを、一年以上前にまとめて、さらに憲法上それをどう解釈すべきなのか、そして私たち主権者は何をすれば良いのかにまで言及して、どこかの出版社から出して貰いたいと働き掛けていますが、上手く行きません。

「○○を支持して、孤立しないように世論を盛り上げよう」という呼び掛けをすると「○○の賛美をしている。けしからん」という反発になるお国柄のようです。

天皇を孤立させる、その結果、内閣の言いなりにしてしまい、「元首」として祭り上げる、という作戦に気付かない人が多過ぎます。

投稿: 偽フランス人 | 2016年7月 8日 (金) 17時56分


気まぐれ辛口さん

いくら選挙権があっても、選ぶべき候補者がいないという地域も多いのではないでしょうか。

まさに、悪人を選ぶか極悪人を選ぶか、という選択です。

小選挙区に大きな問題があると思いますが、誰を選んでも決して白紙委任状を渡したわけではないという、国民の意識と、それを具現化した制度も必要に感じます。

投稿: 工場長 | 2016年7月 8日 (金) 19時54分


ゲンさん

「日本人の良心の象徴が天皇家」であることを喜ぶべきか、民主主義の結果を悲しむべきか、複雑ですね。

投稿: 工場長 | 2016年7月 8日 (金) 19時55分


偽フランス人さん

現在のオバマ大統領に対する好意的な報道に何の異論もありませんが、何故、秋葉市長の掲げたオバマジョリティーにもっと大きな支持がなかったのか、とても残念に思います。

この記事も何故フランスで掲載されるのか、ソースは全て日本であるにも関わらず、日本では報じられず、安倍政権以来、報道の自由度ランキングも下がり続けている状況を、多くの人に気づいて欲しいと思います。

投稿: 工場長 | 2016年7月 8日 (金) 19時57分


神社本庁の政治部門である神道政治連盟の国会議員懇談会は安倍自身が会長で、安倍内閣で公明党を除く19人の閣僚のうち18人が会員で、その神社本庁はじめ右翼宗教団体が支える日本会議の国会議員懇談会は安倍晋三が特別顧問、麻生太郎が前会長・特別顧問であるのをはじめ閣僚中13人がそのメンバーで占められる。

投稿: ダイ | 2016年7月 9日 (土) 13時31分


日本会議のメンタリティーは「ニッポンのオッサン」そのもの。国粋主義でも宗教でもない。彼らがやってきたはこと全て「女子供は黙ってろ」に尽きる。だからニッポンのオッサン社会では強い。政治家には女性でもオッサンが多いが、有権者には本物の女性も多いはず。そして新たに加わった未来を担う子ども達、君たちの投票行動に期待したい。

投稿: オッさん | 2016年7月 9日 (土) 13時45分


もう老い先は長くもない私だが、ここまで来てしまっては、もうこのまま安倍晋三首相へ日本の政治・行政を任せて日本経済を無茶苦茶にしてもらって、日本人は70年ぶりに、奈落の底の経験をさせてもらった方がいいのではないかと思う。私は恐怖の時代も貧しい暮らしも知っているが、あれほどにはならないだろう。若者にとっても、こうした試練は良いことかも知れない。死ぬまでの、あと10年か20年で再び日の出を見るためには、この参院選で自民党に頑張ってもらわねばならない。

投稿: 爺さん | 2016年7月 9日 (土) 14時16分


昭和天皇、平成天皇、皇太子と、先の大戦の戦争責任をきちんと理解されているからでしょうね。
戦争責任は、外国に対して言われることが多いですが、自国民を沢山殺しています。
戦争は、集団的自衛権といえども、国連憲章で保障されていようとも、国民の命の犠牲と国民が戦費を負担する事です。
政治家はこの事は何も言いませんが、天皇家の人々はそれを理解しているからこその発言をだと思います。
戦争ができる国を国民が支持するという事は、自ら国のために命を犠牲にして財産を提供する覚悟ができている事ですね。

投稿: やんじ | 2016年7月10日 (日) 19時30分


やんじさん

戦争というのは軍隊が行うもので、標的はあくまで軍人と為政者までで、国民を標的にする大量破壊兵器や空爆は虐殺でありテロ行為だと思います。

その歯止めとしても、戦争被害受忍論は認めるべきものではないと思います。

投稿: 工場長 | 2016年7月23日 (土) 09時17分

« ホセ・ムヒカ大統領と国防費格差 | トップページ | 老化と終末期医療 »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

>「大多数の国民は、その思想の大部分に反対している。しかし受身的な国民性のため、されるがままになりかねない。」

「辛口」も拙筆ながら今日のブログに、同趣旨のことを書きました。
民進党(民主党)は不甲斐ないので、政権を丸抱えさせるわけには行かないと思いますが、憲法を書き直したい勢力に易々と2/3の議席は与えたくありません。

それなのに・・・・・「されるがまま」。

〉「80を過ぎる天皇、明仁、その長男である皇太子、徳仁殿下」の記者会見での発言を紹介し「皇室こそが安倍政権に対する抵抗勢力」としています。

日本人の良心の象徴が天皇家とは・・・

このフランスの週刊誌と同じことを、一年以上前にまとめて、さらに憲法上それをどう解釈すべきなのか、そして私たち主権者は何をすれば良いのかにまで言及して、どこかの出版社から出して貰いたいと働き掛けていますが、上手く行きません。

「○○を支持して、孤立しないように世論を盛り上げよう」という呼び掛けをすると「○○の賛美をしている。けしからん」という反発になるお国柄のようです。

天皇を孤立させる、その結果、内閣の言いなりにしてしまい、「元首」として祭り上げる、という作戦に気付かない人が多過ぎます。

気まぐれ辛口さん

いくら選挙権があっても、選ぶべき候補者がいないという地域も多いのではないでしょうか。

まさに、悪人を選ぶか極悪人を選ぶか、という選択です。

小選挙区に大きな問題があると思いますが、誰を選んでも決して白紙委任状を渡したわけではないという、国民の意識と、それを具現化した制度も必要に感じます。

ゲンさん

「日本人の良心の象徴が天皇家」であることを喜ぶべきか、民主主義の結果を悲しむべきか、複雑ですね。

偽フランス人さん

現在のオバマ大統領に対する好意的な報道に何の異論もありませんが、何故、秋葉市長の掲げたオバマジョリティーにもっと大きな支持がなかったのか、とても残念に思います。

この記事も何故フランスで掲載されるのか、ソースは全て日本であるにも関わらず、日本では報じられず、安倍政権以来、報道の自由度ランキングも下がり続けている状況を、多くの人に気づいて欲しいと思います。

神社本庁の政治部門である神道政治連盟の国会議員懇談会は安倍自身が会長で、安倍内閣で公明党を除く19人の閣僚のうち18人が会員で、その神社本庁はじめ右翼宗教団体が支える日本会議の国会議員懇談会は安倍晋三が特別顧問、麻生太郎が前会長・特別顧問であるのをはじめ閣僚中13人がそのメンバーで占められる。

日本会議のメンタリティーは「ニッポンのオッサン」そのもの。国粋主義でも宗教でもない。彼らがやってきたはこと全て「女子供は黙ってろ」に尽きる。だからニッポンのオッサン社会では強い。政治家には女性でもオッサンが多いが、有権者には本物の女性も多いはず。そして新たに加わった未来を担う子ども達、君たちの投票行動に期待したい。

もう老い先は長くもない私だが、ここまで来てしまっては、もうこのまま安倍晋三首相へ日本の政治・行政を任せて日本経済を無茶苦茶にしてもらって、日本人は70年ぶりに、奈落の底の経験をさせてもらった方がいいのではないかと思う。私は恐怖の時代も貧しい暮らしも知っているが、あれほどにはならないだろう。若者にとっても、こうした試練は良いことかも知れない。死ぬまでの、あと10年か20年で再び日の出を見るためには、この参院選で自民党に頑張ってもらわねばならない。

昭和天皇、平成天皇、皇太子と、先の大戦の戦争責任をきちんと理解されているからでしょうね。
戦争責任は、外国に対して言われることが多いですが、自国民を沢山殺しています。
戦争は、集団的自衛権といえども、国連憲章で保障されていようとも、国民の命の犠牲と国民が戦費を負担する事です。
政治家はこの事は何も言いませんが、天皇家の人々はそれを理解しているからこその発言をだと思います。
戦争ができる国を国民が支持するという事は、自ら国のために命を犠牲にして財産を提供する覚悟ができている事ですね。

やんじさん

戦争というのは軍隊が行うもので、標的はあくまで軍人と為政者までで、国民を標的にする大量破壊兵器や空爆は虐殺でありテロ行為だと思います。

その歯止めとしても、戦争被害受忍論は認めるべきものではないと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/63881210

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇が最強の盾?:

« ホセ・ムヒカ大統領と国防費格差 | トップページ | 老化と終末期医療 »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30