広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 村下孝蔵の命日 | トップページ | 泊まれる古民家の図書館 »

2016年6月25日 (土)

マックの復活

先日楠木町にある友人の事務所を訪ねた。
まだちょっと時間もあるし、昼食も食べていないのでお腹も空いている。
アストラムラインの新白島駅を降りてすぐのところにあるマックによった。

外観は以前と全く同じなのに内装は大きく変わっている。
壁にはレンガタイルが貼られ、椅子はちょっと洒落た椅子に変わり、室内はちょっと暗く、落ち着いた雰囲気になっている。
ハンバーグも以前より美味しくなった。

以前のような中高生の溜まり場的な軽い雰囲気ではなく、ちょっとシックになっている。
ちょっと軽く何かを食べる、ちょっとコーヒーを飲むにはちょうどいい。

Image

「マックは変わったなー」と思っていたら、
先日のMAG2NEWSに
http://news.infoseek.co.jp/article/mag2news_207213/
「消費期限切れ肉使用や異物混入問題で消費者の信頼を失い、一気に業績が悪化した日本マクドナルドですが、ここに来て回復傾向を見せつつあるようです。
5月度の既存店売上高は前年同月比21.3%増と発表しました。客数は7.0%増、客単価は13.3%増となっています。
直近の16年1-3月期(第1四半期)の純損益は1億7,600万円の赤字であるものの、営業損益は1億5,100万円の黒字となりました。16年1-3月期は7四半期ぶりに営業黒字に転換することになりました」
と載っていた。

マックの1番店は1971年 銀座三越にオープンした。
それは、ハンバーグという食べ物を初めて経験する人も多く、衝撃的だった。
その後の普及は目覚ましいものであった。
消費期限切れや異物混入問題で一気に業績を落とした間に、
モスバーガーが勢力を伸ばし、
バーガーキングが日本に定着してしまった感がある。

一度落ちはじめた業績を回復させるということは、極めて難しいことだが、
それをマックは実現しつつあるようだ。

カナダ人の女性社長、
やるなー。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ


広島の1号店は本通り店ですね。
高校の頃、溜まり場でした。
ここへ行けば誰か友人に会えました。
外出したら連絡方法のなかった時代でしたからね。
マックの迷走は、小さくした100円物から、馬鹿高い物とか、基本がブレブレになった頃から始まったと思ってます。
マックには、暫く行ってませんね。異物混入でなく、アメリカの肉作りに疑問があるからです。

投稿: やんじ | 2016年6月25日 (土) 09時39分


やんじ様

中国での食べ物は何が入っているの か、全くわからないとも聞きますし、
遺伝子変更された食べ物はどんな副作用があるのか、明らかになっていないとのことです。
ハンバーグのようにミンチされた肉は、なんとなく気持ち悪くはありますね。

投稿: 元安川 | 2016年6月25日 (土) 12時06分


学生時代に日本にマクドナルドを持ち込んだ藤田田の「ユダヤの商法」 を読んだ世代で、ハンバーガーも、それ以前にコーラも、まさかこんなに日本に定着するとは思いませんでしたし、パソコン、ネット、スマホも予想より遥かに早く普及したことに驚くばかりの凡人ですが、日本の大企業も同じレベルで米国、韓国、中国に取られっぱなしなのが残念です。あと何年で「昔は人が自動車を運転していて戦争以上の人が死んでいたらしい」となるのか分かりませんが、その時に日本の自動車メーカーがかつての家電メーカーや携帯メーカーのようになっていないかも心配です。いや、そもそも日本企業などという分類もなくなり「昔は国家なんて厄介なものがあった」と歴史で習うようになるのかも知れません。

投稿: 凡人 | 2016年6月25日 (土) 13時19分


凡人様

今回の英国のEU脱退劇なんぞをみていると、
「昔は国家なんて厄介なものがあった」といえるような世界に、
なって欲しいと願わずにはいられませんね。

テロも嫌ですが、
戦争だけは何が何でも、まっぴら御免ですね。

投稿: 元安川 | 2016年6月25日 (土) 20時10分


横からで済みませんが、「凡人」さんのおっしゃるような歴史的変化はこれまでに起きています。数百年前の日本では、「国」と「国」、今で言えば県と県が戦争をするのが当り前でした。武田、上杉の戦がその一例ですが、今では、新潟県と長野県が戦争をすることなど、口にしたらアホかと思われる時代になりました。

短期的には、山も谷もあると思いますが、私たちが諦めずに平和への努力を続けることで、世界は理想に向けと確実に動いて行くことになると思います。

既に、世界の多くの都市はその認識の下活動しています。そして「目覚めた」国家、さらにそのリーダーたち、そして世界を動かし始めた市民社会等、明るい兆しに満ちています。

イギリスのEU離脱もこの文脈で捉える必要がありますか、長くなりそうですので、まとめて一つのエントリーとしてアップしたいと思います。

投稿: イライザ | 2016年6月26日 (日) 00時41分


イライザ様

コメント、ありがとうございます。

「署名サイト「change.org」に立ち上げられた「英国からのロンドン独立を宣言し、EUへの加盟を求める」とする請願にはこれまでに4万人以上が署名している」
との動きがあるそうです。

いずれ、
EUは「世界平和市長会議」に合流した
なんてということになるのでしょうかね。

投稿: 元安川 | 2016年6月26日 (日) 05時53分

« 村下孝蔵の命日 | トップページ | 泊まれる古民家の図書館 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

広島の1号店は本通り店ですね。
高校の頃、溜まり場でした。
ここへ行けば誰か友人に会えました。
外出したら連絡方法のなかった時代でしたからね。
マックの迷走は、小さくした100円物から、馬鹿高い物とか、基本がブレブレになった頃から始まったと思ってます。
マックには、暫く行ってませんね。異物混入でなく、アメリカの肉作りに疑問があるからです。

やんじ様

中国での食べ物は何が入っているの か、全くわからないとも聞きますし、
遺伝子変更された食べ物はどんな副作用があるのか、明らかになっていないとのことです。
ハンバーグのようにミンチされた肉は、なんとなく気持ち悪くはありますね。

学生時代に日本にマクドナルドを持ち込んだ藤田田の「ユダヤの商法」 を読んだ世代で、ハンバーガーも、それ以前にコーラも、まさかこんなに日本に定着するとは思いませんでしたし、パソコン、ネット、スマホも予想より遥かに早く普及したことに驚くばかりの凡人ですが、日本の大企業も同じレベルで米国、韓国、中国に取られっぱなしなのが残念です。あと何年で「昔は人が自動車を運転していて戦争以上の人が死んでいたらしい」となるのか分かりませんが、その時に日本の自動車メーカーがかつての家電メーカーや携帯メーカーのようになっていないかも心配です。いや、そもそも日本企業などという分類もなくなり「昔は国家なんて厄介なものがあった」と歴史で習うようになるのかも知れません。

凡人様

今回の英国のEU脱退劇なんぞをみていると、
「昔は国家なんて厄介なものがあった」といえるような世界に、
なって欲しいと願わずにはいられませんね。

テロも嫌ですが、
戦争だけは何が何でも、まっぴら御免ですね。

横からで済みませんが、「凡人」さんのおっしゃるような歴史的変化はこれまでに起きています。数百年前の日本では、「国」と「国」、今で言えば県と県が戦争をするのが当り前でした。武田、上杉の戦がその一例ですが、今では、新潟県と長野県が戦争をすることなど、口にしたらアホかと思われる時代になりました。

短期的には、山も谷もあると思いますが、私たちが諦めずに平和への努力を続けることで、世界は理想に向けと確実に動いて行くことになると思います。

既に、世界の多くの都市はその認識の下活動しています。そして「目覚めた」国家、さらにそのリーダーたち、そして世界を動かし始めた市民社会等、明るい兆しに満ちています。

イギリスのEU離脱もこの文脈で捉える必要がありますか、長くなりそうですので、まとめて一つのエントリーとしてアップしたいと思います。

イライザ様

コメント、ありがとうございます。

「署名サイト「change.org」に立ち上げられた「英国からのロンドン独立を宣言し、EUへの加盟を求める」とする請願にはこれまでに4万人以上が署名している」
との動きがあるそうです。

いずれ、
EUは「世界平和市長会議」に合流した
なんてということになるのでしょうかね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/63814363

この記事へのトラックバック一覧です: マックの復活:

« 村下孝蔵の命日 | トップページ | 泊まれる古民家の図書館 »

関連書籍

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31