広島ブログランキング

  • 広島ブログ
無料ブログはココログ

« 2050年の日本 「JAPAN RESTORED」 | トップページ | 被爆電車図書館を! »

2016年3月13日 (日)

古レールを再利用した街灯

高架になった西武池袋線中村橋駅の下に、なかなか洒落た街灯がある。
なんとも味わいのある。
古いレールを、街灯のポールとして使っている。
灯とのバランスもいい。

Image

使われているのは双頭レールというらしいが、
上も下も同じ形をしていて、逆にすれば、また使えるということらしい。
普段見るレールに比べかなり小さい。
トロッコ列車のレールみたいだ。
調べてみると、30kg/mと、新幹線用の60kg/mのレールに比べ半分の重さだ。

古いといっても桁外れに古い。
街灯の脇のパネルを読むと、
1914年のアメリカのカーネギースチール社製、1926年のドイツのゲーテ ホフヌング ヒュッテ社製社製、フランスのミッシュビル社製等と書かれている。
レール本体にも、きちんと浮き彫りされている。
ポーランドのクロスレフスカ フータ製鉄所製なんてのもある。
日本製は1928年の官営八幡製鉄所製がある。
1914年というと大正3年、102年前になる。

なんでそんなにいくつもの国から、鉄道のレールなんて重いものを輸入していたのか、ちょっと不思議だ。
官営八幡製鉄所ができたのが1901年だから、
日本にレールを作る技術がなかったとは思えないが、
鉄はまだまだ貴重で、レールになんぞ使うことはできなかったのかもしれない。
そんな日本の歴史にも思いを馳せるのがまた面白い。

古いレールをこうして再利用したというのが評価され、
平成15年の「鉄道の日」にパブリックアート大賞の佳作を受賞した、
とも書かれている。

そんな賞があるとも知らなかった。

こんな小さな街灯が、
姿を変えながら、鉄道の歴史をしっかりと保ち、
街の片隅にひっそりとあるのをみていると、
何か心が豊かになった感じがしてくる。

元安川

お願い
この文章の下にある《広島Blog》というバナー(画像)を クリックしてください。

広島ブログ

« 2050年の日本 「JAPAN RESTORED」 | トップページ | 被爆電車図書館を! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/211008/63333907

この記事へのトラックバック一覧です: 古レールを再利用した街灯:

« 2050年の日本 「JAPAN RESTORED」 | トップページ | 被爆電車図書館を! »

関連書籍

  • サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31